つくば梅林

つくば梅林 茨城   

 20110311:昨日、筑波の梅祭りに行ってきました! 入園する場所の入り口に、四阿屋の紅梅は、そろそろ終りと書いてありましたが、それほど悪くなくまだつぼみもついていました・・・混雑はそれほどもなくそれほどの風もなく、温暖な日でした・・・最も北関東では、風が強く、それほど温暖ではなかったようです・・・ここのところ寒さがぶりかええしており、TVなどでも桜の開花に影響が出るといっています。 花粉の出る日も長引くと警戒していました・・・まだ、筑波は見ごろです・・・楽しめる期間が長くなるかもしれませんね・・・

今年2017年の筑波の梅林は、東屋付近の紅梅が見ごろとなっている・・・これから白梅が咲き出す・・・筑波 この筑波梅祭(筑波梅林)は、以前もここで紹介していますが、春の感じを強く感じられるベストスポットとして超お勧めの場所です。 

筑波の春は、このように紹介されています・・・「筑波山梅林は筑波山中腹(標高約250メートル付近)に位置する梅林です.4.5ヘクタールの園内には、白梅・紅悔・緑がく梅など約三十種類の梅が約千本植えられており、園内のいたるところには筑波石の巨岩が散在し、梅とのコントラストも素晴らしく、独特の野趣があります。

「展望あずまや」からは眼下に梅林全体を見渡せ、山麓の畑圃風景や学園都市の街並み、好天日には東京の簡屑ビル等や富士山も見渡すこともでき、関東富士見百景のひとつとなっています。」・・・乞うしてみると魅力的な場所のひとつです・・・梅の本数約1,000本(紅梅約200本、''白梅約800本といわれていますから、かなりの花が見られます・・・この場所の特徴は、足が不自由な方はバスで上まで無料で送ってくれるのです・・・2台のマイクロバスが、交互に移動して頂上まで運んでくれるので有難いです・・・

車で行っても駐車場が今回広く出来ており駐車難ということは感じられなかったのです。 以下に、この日の満開の梅の花の様子を紹介して見ましょう・・・

 

    まず、筑波梅林の上り口の梅の花の開花状態です・・・これを見るとお分かりのようにほぼ満開ということです・・・こうした状態で春の茶色の筑波の山を対象にして美しく梅の花が咲いているのです。 自然を横臥するにはもってこいの場所といえるでしょう・・

筑波梅林2015年の状態

     下の写真は、筑波梅林の一番頂上付近の四阿(あずま屋)を見ている場所です・・・個々は車椅子でも登れるように配慮されているのでいろいろな人が来ていました。 自然にやさしく全部木で出来ているのぼり口です。

 

筑波山梅祭りの様子2015年3月17日

 

     筑波梅林の 梅を見に行ったのでその他のことは関係ないようですが、矢張りバス以外の交通手段では、駐車場は、重要な観光地のテーマです。 

駐車場の拡大に伴う変化と感触

     今回の筑波梅祭(筑波梅林)を見て、感じたことは、駐車場がとても広くなったのですが、そこからこの頂上まで無料マイクロバスが出ています。 しかし、残念なのは、途中で下車、乗車できないことです。 今までの下の駐車場から上るコースが良かったので今回は、そこまで徒歩で戻り上り始めましたが、矢張り素晴らしかったです。

     歩くコースも整備されていますが、ほとんどの方々はこのマイクロバスを待っているようでした・・・バスが小さいので駐車場から乗車する人が列をなしている時間もありました! 足が丈夫な方は、あるって見たほうが断然素晴らしい梅咲く場所を鑑賞できるのです・・・・歩くことをお勧めします!

 


その他の関連情報

  1.   ★★★ 2014年筑波梅林の見頃について: 毎年訪れる筑波梅林・・・・なにかここは、風情があって、近郊ではここに比較できる梅林は何のかも知れない。 「 20140311現在・・紅梅満開とのことです!」 参考情報:「筑波の旅

    • 20150302:筑波梅林紅梅満開、白梅2分咲き!・・・やはりり筑波は暖かいようです。「以前のの筑波梅祭りの様子
    • 今年は、北関東も都内も雪が降って2月中旬から下旬まで雪の原だった。 未だに周辺の地域では梅の花が咲く時期に板彫らないような気がしてえいた! ところが意外と筑波の梅林の花のページにアクセスが集まるようになってきているので調べてみたら、もう梅祭りが行われていることがわかったのです。 やはりその内容は少し今年は遅れており3月上旬が見頃ということになっていました・・・  「つくば梅林」 は、栃木県から見える切り立った独特の山、筑波の山腹にある。 特に冬の寒い風が吹くときに、南東方面を見るとこの山が寒々と独特ののこぎりの形をして正座している姿は、誠に雄壮である・・・・ここへは、今では北関東自動車道炉ができているので簡単に行くことが出来るようになった!ここで、筑波梅林を訪れた時の歴史を振り返ってみよう・・・

    • ★参考: 【筑波山の聖地を巡る】筑波山パワースポット巡り参加者募集・・筑波山は、山全体が『御神体』としてあがめられており、その山の中には、様々な伝説が語り継がれている、奇岩怪石や、パワ―スポットが点在しています・・2015年3月21日(土)・・この筑波山パワースポット巡りは参加費をいただきません無料にてご参加いただけます。・・本イベントでは『筑波山神社の御神木「大杉」』『立身石』『大石重ね』『紫峰杉&男女川源流』の4か所と中腹にある「筑波山梅林」を巡るほか、皆様の体に筑波山のパワーが宿るよう筑波山神社によるご祈祷を予定しております・・・詳細は、「筑波山ケーブルカーロープウエイへ」


以下、今までの状況紹介しています。御ゆるりと楽しんでみてください・・・★「 筑波神社などの紹介は、こちらから!」 ★ 「筑波ボタン園

    ★2013年3月12日、筑波梅林がほぼ満開の素晴らしい梅の花を鑑賞できた・・・ここは、以前も紹介したように公園であり、直接上野東屋に登るコースもあるが、息切れがするので公園の道を少し迂回して登れば簡単に登ることができてそのほうがいろいろな方向の風景が楽しめる場所なのである・・きっとそういう点では、有名な水戸の偕楽園都の比較もできおるのですが、そちらでは平坦な場所と歴史探訪といった感じですが、こちらの筑波梅林は、は自然と梅の花をいやというほど楽しめる場所なのです・・・「梅の旅探索の詳細は、こちらから!」(ここでは、筑波の梅と筑波神社などの紹介も行っています) 「3月から4月にかけての花の旅情報もあります」 「2013年の筑波梅の旅野詳細はこちらから!

筑波梅林の様子

    ★ 2012年3月16日 筑波梅林が、鑑賞にやや早い気もするが、8分咲き入っている感じ、蕾もまだ残っていた・・・呼応してみると今年2014年も決してそれほど遅いといった感じはないことがわかる!この歳も2月の末に雪が降ったのである・・・「筑波山の梅鑑賞の2012年版の詳細はこちらから

筑波梅林の様子_ピンク色の花が多いのが特徴

    以上、数年前と比較して筑波梅林の開花状態が 、それほどの違いはないということがわかる。ここはやはり満開の時に訪れるのが素晴らしく山並みに白い梅の花が霞んで垂れ込める風景はほんとうに素晴らしいのである! ここまで回想録です・・・


  ★★  ここ筑波梅林の梅は、まだ栃木県内では 「梅の花」 が咲かないうちに、何時とはなく(知らないうちにの意)早春から咲き出す「梅の花の名所」なのである。 そう言う意味合いでは、まだ咲かないか、まだ咲かないのか・・・・などと考えているうちに春が来てしまいちってしまうことが時々有る。実は、今年2014年3月、この筆を執っている時も、全く同じ感じでいたら梅の便りが来たということなのです・・・ 

   やはり筑波梅林は、海に近いのでその南麓は、暖かな空気に包まれるのが早いのであろう! というわけで、見逃すときが往々にあると言うことなのである・・・・・ここは、正式には 「筑波山梅林」 と称されており、春になると沢山の人で賑わう場所でもある。 嘗ては、ここに行くには下館コースと筑波学園周辺から訪ねる二つのコースが有るが、筑波学園のコースの方が、個人的には好きなのである。 ところが、最近は、北関東自動車道路が出来たので、それを使用すると簡単に行けるので、嘗ての下館コースが、近くなっているのである。 実は、私もここ「筑波梅林」は暫く訪れてはいなかったのであるが、今回、再訪してみたのである。 

筑波梅林を登るときの美しいピンク色の梅林、と筑波の山々

   つくば梅林にゆくと、駐車場に通される・・・・比較的簡単な駐車場で案内人が親切に案内してくれる。 そしてここは、公園なのだ・・・途中ちょっとした茶屋があるのでここで一服してから登るのが良いが、実は、此の茶屋から直接登り口があるがこれでゆくと坂が険しく大変である。 そこで公園の舗装道路を伝わってゆくと紅梅もなくすんなりと東屋まで到着する。 帰りがけに此の茶屋へのコースを取れば、全く拾う小を感じずに昇り降りができてしまう・・・・此のコースが絶対のおすすめなのである!

   驚いたことに、観光開発が以前よりも進んでおり、より豪華にこの祭りが運営されている事を知ったのだ。 最近は、この地域は首都圏に近くなり、高速道も整備され、しかも、公共交通である [つくばエクスプレス] の完成で、首都圏からの来訪者が増えており、都内からの車が目だったのである。 さすがに筑波学園都市なのである(此の学園都市から30分はかかるが・・・)・・・・

    この「筑波梅林」に栃木県側から行くのは、比較的最近は、楽であり、手っ取り早く言えば、二つのコースが考えられる・・・・先ず、道が一番いいのは、下妻まで出て、そこから左折して、学園都市を右に見て、通過して行くコースと、昔からお馴染みの下館を通るコースである(現在では、下館が薄れて筑西市 地域となっているようであるが、ちょっと昔の名の方がピンと来るのであるが・・・・・・)。 
    今回は、嘗てからの、下館コースで行ってみたのである。 この道は、昔から余り変わらず、道幅も所々広くなっている程度の改良であるが、驚いたことには、この筑波の山々が道際から見えなくなってしまっていることである。 

栃木県内から筑波梅林に行く交通手段は:

     ・・・、その理由は、住宅、工場等が道際に建ってしまい、往時のような展望は、見られなかったことなのである。 それにしても昔からの懐かしい工場の煙突など、嘗ての面影は、いまだにしるひとにとっては、懐かしくイメージ的には、その名のこりが残されていたのである。 ところで、最近ではもっと簡単な道ができた!・・・・それは、北関東自動車道を利用するコースである。 乗り口は、どこでも良いが、例えば、壬生インター、真岡インター、それぞれどこでも良いだろう・・・・そして直ぐにトンネルを通過したら、桜川筑西ICで降りるのである。ここで降りるとすぐに雨引き観音の下に出るのでそれを真壁の方に向かい、すぐに筑波の下に出るということである・・・・

    参考情報:20120316 筑波梅林紅梅満開の紹介  20120225 筑波山梅まつり開花3分咲  ☆☆☆ 「梅の名所一覧」  ☆☆☆ 「花とドライブ情報一覧」  ☆☆☆「栃木観光情報」  最新情報「満開の筑波梅林2013

筑波山梅林の美

     この「筑波山梅林」は、山の南斜面のほぼ中腹に位置しており、温暖なせいか、宇都宮市などと比べてかなり梅の咲き具合が早いのである・・・・これは最近始まったことでなく、注意して見ていると、この筑波の梅祭りが、始まると決まって、その後暫くしてから当地でも、梅が咲き出すという流れなのである。 それにしても今年(2008)は寒く、北関東の梅の咲き具合が10日程度遅れているのである。  ここからの眺める関八州の眺めは、素晴らしいものである。 今日は、遠方に富士の姿が見て取れたのであるがそれを写真で紹介するには、コントラストが無く、お見せできなく残念で有った!

早春梅林・筑波紅梅咲き乱れる筑波


 

筑波の四代祭り

筑波山では、年間を通じて春夏秋冬にわたり四代祭りがある・・・

1)つくばフェスティバル ・ 五月中旬
科学と国際交流をテーマにした イベントであり、 こどもたちが科学を体験しK 学べるイベントや
国際交流フェア、ステージや イベントなどを開催します。  〔開催場所〕 つくば駅周辺

2)冬筑波山梅まつり
二月〜三月 筑波山中腹の筑波山梅林で 約一ヶ月間開催される・・・
梅林には 、 紅白梅約1000本の梅が咲き、 梅林内の各スポットから関東の絶景を楽しめます。
中でも梅林最上部の(あずまや)からの 眺めは、最高でお勧めです。開催期間には、野点茶会などが
開催され、家の中で湯茶が無料で振舞われます・・・上るとき、下りるときと楽しんで自由に飲むことが出来ます。 筑波(水戸)は梅ですから梅茶、昆布茶が振舞われます。

3)八月下旬
つくば市最大のおまつりです。 ねぶた、日本一の万灯みこし、地元の神與パレードがすばらしいです。 つくばの自慢の品が勢揃いする バザー広場、音楽やダンスが 披露されるステージ、 大道芸の路上ラィブが 行われるアート夕ウンなど、 多彩なィベントが 開催されるのです。
〔開催場所〕
つくば駅周辺

4)秋つくば物語
十月下旬 国指记史跡の 平沢官衙遺跡にて開催。 壮大な遺跡を背景にコンサート、遺跡ガイド、遺跡のライトアップなど 趣向]を凝らした 祭りです。 筑波山の自然とともに 夕暮れまで続く 人気のイベントということです。
〔開催場所〕
平沢官衙遺跡


 

     この日は、天候に恵まれ風も穏やかで沢山の観光客が訪れていた・・・中には、もうこれ以上登れないよ!・・・等と、悲鳴をあげて登ってきたお年寄りもいたが、概して、それ程キツイ登り勾配ではないののが本音である。 せかず、あせらずに楽しみながら登れば、最高の観梅の場所として推挙できるすばらしいばしょの一つといえるのである。 なにせ、ここからの眺望が素晴らしいからに他ならないのである。

筑波と紅梅と関東平野

      これだけ美しく咲く紅梅を見るのも最近では、暫くぶりである! 皆がこの関東平野越しに富士の姿を見る時、誰もが、大きな歓声をあげているのが印象的であった!

筑波山を見上げる風流な筑波梅林

     現在は、白梅が三分咲き、紅梅が満開と言っていたが、上の四阿周辺は、まだまだ紅梅の蕾も残り、満開ではなく、あと一週間ぐらいは、蕾が残るようであった! それにしても筑波山の木々の色が、綺麗で春を楽しんでしている人は多かったのである。

白梅と筑波

      やや逆光気味ではあるが、こういう風景は、小さな低い山からでは見ることが出来ない所である。 しかも春の独特の霞が漂い、その中を探索するこのコースは、通常は、車で上れるコース、即ち公園であり、これを歩って登るのに約30分、下りのに約20っ分程度の非常に時間的にも手頃な観梅コースなのである。 ここの特徴はやはり急な斜面に咲く紅梅と白梅であり、群馬の秋間梅林と比べてもそん色無い場所である。 非常に美しい健康的な場所である。

紅梅と散歩白紅梅咲き乱れる筑波の春

     これは、ほぼ頂上付近からの眺めであるが、ここから四阿に行き、そして下るコースとなるのである・・・・特に、この上の四阿では多くの人が関東平野の眺めを楽しんで、ごった返してしていたのだ・・・流石に水戸黄門様のいた場所だけあって、こんな山の中にも東屋があること自体風流であり、ここからの眺めも格別良いのである。 ここまで上り詰めてくるといつの間にか沢山の人がこの周辺でまとまってくるのがわかり、こんなに人が来ているのかと驚嘆さうるばかりなのである!

四阿と紅梅

紅梅咲き乱れて

     私の場合、山から下りるコースでここまで辿り着いたのであるが、この中腹ではこんなに大きな木があって、満開である・・・その満開を迎えた梅の大木の下では、沢山の人が、写真を撮るために身を寄せ合って、皆るんるん調であった! 当然暦では、立春になっているのであるが、黒茶色に彩られた周辺の梢の色から、ピンク色の花が咲く梅の花々は、何とも例えようのない美しさに浸ることが出来るのである。

美しい梅の咲く頃筑波から見る眺望美

紅梅の咲く頃

     登山風に登る人も多く、ここから、山の頂上を目指すのであろう。 しかし、ここを直通で上がるのは、手強いのでやはり最初は舗装されている自動車道路を利用して、だんだんと歩行していった方がズーと楽なのである・・・ 遠くつくば市の風景がみえて、沢山の建ても尾が照り光っていた! このつくば市も見る場所が多いので、是非時間があれば見学をお奨めしたい・・・花が好きな方々には「筑波実験植物園」などは素晴らしい熱帯植物なども見て取れるので、おもしろいのかも知れない!

筑波山の春

     それにしてもこの筑波山の麓から見るこの様な美しい風景、「筑波の山」の周辺色は、もう既に春が、来ていることを、十分に示していたのである!! 現在は、北関東高速道路が出来て、市内から真岡、そして桜川周辺まで一気に行けるようになったので、それを利用して、「雨引観音」などを旅の行程に入れてみれば、魅力的な旅に成るであろう。 また「益子」なども此路によって寄り近くなっているので、首都圏の方は、茨城方面から帰ることも出来できるので、まるまる一周できるコースとなっているのである。 参考に関東の梅の咲く時期的な道筋は、先ず東京の青梅地区から始まり、そして早春はといえば、「星野遺跡の星野」、そして、ここ茨城の水戸黄門の「水戸偕楽園」そして、この「筑波梅林」それからして、「宇都宮市内の梅」へとリレーされて行くのである・・・・

筑波山梅林周辺の探索案内図

筑波梅林の探索紹介図詳細

   ★★皆様の参考に散策と地位のホテルなども紹介しておきましたので楽しんでみてください・・・・意外と小さな山の割りには沢山の温泉ホテルがあることがわかります! そういう目で見ないとわかりませんが沢山の 観光施設 があることがわかります・・・・ つくばグランドホテル   筑波山ホテル青木屋、  筑波温泉ホテル、  彩香の宿一望、  筑波山神社、  筑波大御堂 筑波山ケーブルカー駅 筑波山ロープウエイ駅、等など

     筑波山梅林と筑波温泉郷の案内地図

筑波梅林と車による筑波神社周辺までの案内ドライブ地図と駐車場の地図

上の筑波山探索地図の説明:

筑波も良く見るといろいろな楽しみの場所が多い、温泉もこんなにあることは、知らなかった!

アルカリ単純泉ででミネラル 分を多く含み肌ざわりのやさしい眺望抜群の美人の湯。と紹介されて尾r地日帰りニューよくも可能です。筑波神社参拝後にも周辺の温泉で体を休めることが可能です・・・

筑波山神社は、関東の霊峰「筑波山」をご進退とした3000年の歴史を誇る古い神社です。 中腹は、拝殿より山頂を含む、370Haあるといわれています。 眺望は、関東一円にいたるということです・・

筑波神社

1.筑波山江戸屋  O029-866-0321; 2.つくばグランドホテル  0029-866-1111; 3)青木屋 029-866-0311、 4)筑波温泉ホテル 0029-866-0521; 5)彩香の湯 一望 O029-866-2222  6)筑波ふれあいの里029-866-1519  7)筑波山京成ホテル O029-866-0831

2.自然研究路コース: 男体山頂付近を周回 筑波山の自然観察に適した コ丨スで、眺望も豊かな場所・・・

3、御幸ヶ原コース: 筑波山神社?御幸ケ原 樹齢数百年の杉の巨木群と出 会える定番のコース。 尋ねてみると上の梅林の一番上のコースから近道があるのでこれを行けば、自動車の通行しない道でと意中まで行ける。

4.白雲橋コース: 筑波山神社?女体山頂 奇岩怪石スポッ卜が点在する 筑波山満喫コース

5.おたつ石コース: つつじヶ丘?弁慶茶屋跡地 (白雲橘コ丨スと合流) 弁慶茶屋跡地から白雲橋コー スを経て女体山頂へと向かう短 いコース。

6.迎場コース
つつじヶ丘ー酒迎場分岐 (白雲橋コ丨スと合流) 勾配が緩やかなコースで初心 者におすすめ。

以上有名な山のコースが設定されています。 個々は男体山が、871m、そして女体さんが、877mとほんの少しだけ高さが異なります。 また、ケーブルとロープウエイで、行き帰りのコースの楽しみも待っています。 そしてこの間の自動車道路もかなり長いのでドライブも楽しめるコースです。



栃木県みちくさ情報へ戻る  星野の里  雪割草咲く頃  座禅草咲く星野地域  関東大桃源郷  花農場あわの   関東花情報  梅一覧リスト 筑波梅林などの探索の参考ハイク紹介

★旧参考情報: 20140308 「満開の筑波梅林」(筑波も今年は遅れ気味です!・・・パンフレットD/Lは、ここから! 

周辺探索情報

塩原温泉 今年の塩原温泉は、これで決まり!  
大谷川公園 この杉並木公園の直ぐ北側に有る大きな美しい公園です  
那須ガーデンアウトレットの追加情報 アウトレットの内部を、子供の遊び場そして、農産物売場を細かく紹介!  
ユリ満開の塩原ハンターマウンティン 塩原の美しい花の名所・・東日本一の広さとボリュームを堪能!  
那須の秋を満喫しよう! 那須岳の秋を満喫しようと思っている人の、美しい風景と周辺紹介  
濁り湯の塩原温泉新湯を探索 塩原温泉にもこんなに素晴らしい温泉が、あったとは驚き!!  
明治の森公園と青木邸 那須アウトレットから直ぐの場所にある青木邸・・・・白色の綺麗な建築物・見学可能  
那須殺生石 あまりにも有名な那須の殺生河原!紹介  
那須鹿の湯 温泉の元祖・那須の鹿の湯・・・まるで過去に戻ったような雰囲気有る温泉湯  
那須フラワーワールド 那須にあるこれほどにも美しい花の楽園・一度は探索したい場所  
お帰りがけによる温泉一覧 アウトレットから帰りがけに立ち寄る各地の温泉施設紹介  
     

那須アウトレットに行こう!(20081205)筑波山梅祭り情報

那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)     「軽井沢アウトレットモール

     宇都宮のアウトレットモール |イオンレークタウン

素晴らしい観音沼の秋            那須地域に「白鳥が飛来しました!」

最新の「那須茶臼周辺紅葉」20081010を、どうぞ!         「ロマンチック村秋・2008」   「周辺の紅葉状況

真っ赤に燃える 「那須フラワーワールド」 20081010もどうぞ!  ベルモール宇都宮

「真っ赤に燃えた那須茶臼岳トレッキング!」 20081010  「佐野プレミアムアウトレ

ット」  | 四季の花々・一月軽井沢アウトレットと周辺紹介  ファッションクルーズアウトレット紹介 |大洗アウトレット

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

  pagetop