つくば牡丹園

つくば牡丹園 Peony Garden Tokyo

   ☆20180405: 今年のつくば牡丹園は、開花はどうだろうと調べていたら、倒産していました!・・・Peony Garden Tokyo と改名!

「つくば牡丹園」運営の(株)茎崎観光農園(茨城県つくば市若栗500、代表:関浩一)は10月12日、水戸地裁土浦支部へ民事再生法の適用申請、監督命令を受けた。監督員には、小菅稔弁護士(電話029-835-7810)が選任されている。

負債額は約2億円。  (株)茎崎観光農園(茨城県)/民事再生申請

日本人観光客の来園増加は、牡丹を愛でる人も高齢化が進み、消費不況もあり見込まれず、中国など訪日観光客を来園させるような方策が必要だろう。つくばには外国人も多く、そうした事業体と提携するなど何らかの仕掛けが必要だろう。  JC.Netより

但し、今までのHPでそのまま、別の名称に変更されており、驚くなかれ、(Peony Garden Tokyo) という名称になっていました。 そして、「ようこそ、ボタン、芍薬の6万株が咲き誇る、ピーターラビットの庭へ」・・・と紹介されていました。 要は、HPは昔のままで名称が英語が加わっていました・・・無論、つくば牡丹園でも検索できます・・・

現在、今年は、開花が早いので、プレオープンで入場料は半額、そして、4/14-5/31日までが、正式オープンということです・・・


過去の歴史:

20170515: 5・6日から==>5・21日まで・・・日本最大の芍薬の花の咲く祭典を実施中。・・・250種以上・2万株の芍薬が花を咲かせている・・・「最新情報葉、ここから」 ・・・つくば牡丹園は、平成元年に設立されました。  すり鉢状の、池の眺望が美しい高低差のある庭園には、550種類の牡丹や250種類の芍薬をはじめとした花々が咲き誇ります。  敷地面積は約20000坪、牡丹・芍薬の本数は約30000株であり、ともに日本一です。  無農薬・酵素農法にこだわった花職人の心と技がつくる花の咲きくらべを是非ご堪能ください。・・・・ここは、牛久沼の南側の場所です。 かなり周辺も広大なので、道を間違わないように行きましょう・・・

★20170417:筑波ボタン園は、4・21日から開園です・・・また、芍薬は、5・6日からオープンです。

過去2000-17年も筑波山麓の筑波ボタン園が、開園するという・・・温暖な場所なのでかなり早くから咲くので有名です。 筑波といってもここは、牛久沼の近くと紹介した方が分かりよいのかもしれません・・・つくばボタン園は、昔は、この近くの寺の場所に植えられていたボタンです。 園内を歩きながら寺のボタンを楽しんだのでした。 数年前から、この筑波ボタン園は、大きく変わり、別の広い場所に全株が移動したようです・・・新たに訪ねてみると昔の面影はなく、広大な農地の中にボタンがなっており、それを楽しみながら見るようになっていました・・・駐車場がやや土の中なので、天候が良いときには、少しほこりが飛びます・・・・きっと雨上がりのときは泥が多くなるのでしょう・・・

こういった場所にあるボタン園ですが、牛久地域の観光と組み合わせて訪ねるとい楽しい旅が出来るのかもしれません・・・一般的には、牛久シャトー、牛久沼、そして、牛久大仏などと組み合わせてゆくと良いでしょう・・・「網アウトレット」も組み合わせるといいのかもしれませんね!

 

つくば牡丹園という場所が筑波の茎崎地域にある。 この場所は、牛久沼の北上流といってしまえばわかりやすいだろう・・・ ★ 「ぼたん関連情報カテゴリー

このつくば牡丹園は、茎崎霊園の北隣に位置している。 勝手はこの霊園の中に牡丹の花の探索路があったが今はこの隣の広大な場所に変わっているようである。 駐車場の位置も広くなって以前とは全く変化したぼたん園になっている。 この場所は筑波都市と呼ばれる地域で牛久沼と丁度その間に位置しているので場所的にはわかりづらいが、高速道路の谷田部ICがある場所から至近距離の場所と説明すればよいの
かもしれない・・・・20140308 「満開の筑波梅林」(筑波も今年は遅れ気味です!・・・パンフレットD/Lは、ここから! 

 

★参考: 【筑波山の聖地を巡る】筑波山パワースポット巡り参加者募集・・筑波山は、山全体が『御神体』としてあがめられており、その山の中には、様々な伝説が語り継がれている、奇岩怪石や、パワ―スポットが点在しています・・2015年3月21日(土)・・この筑波山パワースポット巡りは参加費をいただきません無料にてご参加いただけます。・・本イベントでは『筑波山神社の御神木「大杉」』『立身石』『大石重ね』『紫峰杉&男女川源流』の4か所と中腹にある「筑波山梅林」を巡るほか、皆様の体に筑波山のパワーが宿るよう筑波山神社によるご祈祷を予定しております・・・詳細は、「筑波山ケーブルカーロープウエイへ」


つくば牡丹園にて

つくば牡丹園の入場料を支払いこのようなパンフレットを受け取る・・・・・入場券もここにある!

 

つくば牡丹園にて

周辺のとにかく新しい街が現在できており道も広く広大な場所であり、その南の方のまだ手が付けられていない場所に古くからある街道筋でこのつくば牡丹園が、昔からあったわけである・・・・歴史は、とにかく古いといえる!駐車場からあるってすぐの場所に入場口があって入場料金の800.ーを払いはいることになる。 入ればすぐ牡丹の花と芍薬の花がお出迎えしてくれるわけである・・・・集えっhの開発が遅れており殆どが雑木林であるがここだけは花と素晴らしい木々が植えられており清々しい気分にひたれるぼたん園となっている・・・・交通的には便利な場所とはいえないだろう・・・・

 

つくば牡丹園にて

このぼたん園は、四季の庭と称して季節の訪れとともにあるって散策したり農業体験なども出来る施設である。 冬の庭に都大して冬牡丹があったり、今回のように春から初夏のボタンと芍薬、」夏から秋は、野菜とか果実収穫といったように式に応じていろいろな配慮がされているようである。 今回はその中野ボタンと少し時期は早いが芍薬の時期となっているわけである。

つくば牡丹園にて

園内は、野外舞台、ぼたん茶屋、食事処、と大きく別れて枝折自然林を北に配して者が、紫陽花、シャクナゲ、ボタンさつきと言った構成で時に応じた美しさが見て取れるわけである・・・池にはカワセミも訪れるというから自然は豊富な場所といえる! ボタンは、降り義なるを含めて、トリビュート、島錦、胡蝶の舞、花競、島津紅、などの数々の品種の銘花がさいておりその中で鉢植えの花が販売されているので今逝くと花の咲いている状態で花苗を仕入れることが出来る!

つくば牡丹園にて

一番奥の方にゆくと食事処も用意されておりテントもあって名産品などの販売も行われていた・・・・

つくば牡丹園にて

ボタンを見た跡の疲れを一時休んでまた探索といった気分になれるかもしれない・・・・

つくば牡丹園にて

芍薬もこの時期咲き出したばかりでほとんどの芍薬は蕾であった!

つくば牡丹園にて

庭園内も昔から見るとかなり異なり四角い形になっており昔の面影は殆ど無い・・・・

つくば牡丹園にて

つくば牡丹園に茶がイ駐車場から入る・・・・入り口はわかりやすく駐車場にガイドもいる・・・・

つくば牡丹園にて

つくば牡丹園に入るとこうした大きな園内の案内看板が目に付く・・・・

つくば牡丹園にて

ドコモ園内は同じであるが、こうして花を見ながら楽しんでひとときを過ごすのが常道だろう・・・・

つくば牡丹園にて

綺麗な芍薬に目を奪われている人達も多い・・・・

 

近場情報

筑波梅林・・・ 「つくば梅林」 は、栃木県から見える切り立った独特の山、筑波の山腹にある。 特に冬の寒い風が吹くときに、南東方面を見るとこの山が寒々と独特ののこぎりの形をして正座している姿は、誠に雄壮である・・・・ここの梅は、、まだ栃木県内では 「梅の花」 が咲かないうちに、何時とはなく(知らないうちにの意)早春から咲き出す「梅の花の名所」なのである。そう言う意味合いでは、見逃すときが往々にあると言うことなのである・・・・・続きを読む

水戸偕楽園・・・・日本国内ならば、偕楽園と聞いて知らない人はいないであろう! それだけここは、水戸黄門のゆかりの地として名高いところである。 私も、もう何年経つであろうか、暫くご無沙汰していたのであるが、今回チャンスが訪れてので、訪問したのである。 観梅と言うことが目的であるが、千波湖の駐車場から、遠方に見えるあの美しい梅の数々、それはそれは、ちょっと普通では想像出来ない美しい風格有る庭園であることが分かる・・・・そしてその上に、特・・・続きを読む

大洗アウトレット・・・関東周辺には、沢山のアウトレットが出来ているが、海の傍のアウトレットと言うと、ここと、「横浜のアウトレット」 ということになる! ということで、ここでは、大洗リーゾト-アウトレットを紹介しましょう。 昔から栃木県から海に行くには、茨城周辺の海と相場は決まっていたのである。 その水戸市の大洗海岸の直ぐ側に現在・・・続きを読む

大洗アウトレット2・・・・「酒々井アウトレット紹介」 「大洗リゾートアウトレット」と聞くと、嘗ては、栃木県内では、かなり遠方にあるという気持ちがしていた! 確か暑い夏が来ると、この地では、茂木経由でこの太平洋岸の海を目がけたのである。 しかし最近この大洗アウトレットが出来た頃から、この間の高速道路の完成がささやかれ、笠間稲荷で有名なインターは早くも完成していたのである。 何時・・・続きを読む

筑波梅林2・・・ ☆☆「筑波梅開花2013年最新情報」「筑波神社と筑波周辺の旅」 : 関東の名峰筑波山の南斜面にとても見応えのある梅林がある。 今年2012年は、いつまでも梅の花が咲かないで見をもませたが、やっとの思いで紅梅が満開を迎えた。 さすがに名峰筑波に咲く梅林は、コースが山がちの公園だけあって見応えがあり、関東平野を見渡せることでも有名な場所なのです。 今年は、天候が・・・続きを読む

 

 

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

花情報

牡丹の寺 大慶寺・・・ 北関東でも牡丹の花がほぼ満開をむかえている。 特にここ太田市にある大慶寺では素晴らしい量のボタンがてらないに咲いており、また藤の花も満開をむかえている。 それにしてもここは東国百花寺になっており赤い山門をはいると直ぐに牡丹の花が咲いており素晴らしい場所なのです。 実はここは、秋になると彼岸花が咲く名所の早川淵の傍の寺なのですが、今回訪れてみると、手前からぼたん祭りというような旗がたっており非常にわかり易い場所でした。 そして・・・続きを読む

ローズガーデン坂野・・・・つくば市から近いところにバラの素晴らしい園があります!  外国の文献でバラのは名咲く素晴らしい庭を見たことがきっと一度や二度はあるでしょう。そしてあれは夢の楽園、そして国内では見られないと思っている人も多いことでしょう! 実は、これイギリスで昔からある庭とバラの組み合わせで有り、国内でも個人的にそして会社経営でも行われているのです。 県内でも・・・続きを読む

群馬の成田山のシャクナゲ・・・・関東でシャクナゲが咲く寺というと有名なのが笠間の大願寺でしょう。 しかし探してみれば、他にも沢山あることが分かりますが、一寸知られていない素晴らしい今まさに満開の寺を紹介いたしましょう・・・一寸変わっ・・・続きを読む

筑波の茨城バラ園・・・・バラ満開の咲く茨城フラワーパーク 、本当にここは素晴らしいバラの名園です! とにかくバラの数が多いのが一番の魅力でしょう・・・・ここは、一寸言ってみないと分からないのですが、とにかく沢山のバラが山裾に植えられておりそれが段階的に咲いて行くと言った紹介の仕方がよいのでしょう。 このバラ公園は、筑波山の東側に位置しており石岡という当たりに位置しているようです! 筑波山がこ・・・続きを読む

群馬フラワーパーク・・・群馬県に、フラワーパークがあることは以前から知ってはいたのですが、なかなか遠いようで、訪れることはなかったのです。 今回偶々大田北運動公園で、芝桜が満開と言うことで、訪れたときに、ついでに一度見てみようと言うことで、探索がてら行ってきたのでした! 以前から、ウエブ上とか、宣伝広告でその広い場所・・・・続きを読む

那須フラワーワールド・・・20070516 那須フラワーワールド初回の状況・・・「この、那須フラワーワールドは、正式には2007年6月から正式オープンと言うことでしたが、20070516日に訪れてみると、チューリップが、満開でした・・・。 素晴らしかったのです。 今年は那須連山の雪も例年より多く、この雪山と花園の対比が、非常に美しく、何か東北のとある場所を思い見るような風景の一端を味あうことが出来たのでした! 実は、ここは、嘗ては、サイロがあって牧草で覆われていた、美しい草原だったのです。 それがいつの間にか、このような「一大フラワーセンター」に変わっていたのでした! 「那須フラワーワールド」の地図情報などは、このページの最後に載せてありますが、とりあえずその美しい全貌を見てみましょう・・・」 続きを読む

那須フラワーワールド2008・・・那須フラワーワールドは、まだ出来て新しい名所で有りますが、すっかり現地に根付いて沢山の人で賑わいを見せている素晴らしい場所です。 那須の観光資源が素晴らしい上このような美しい花の楽園が出来て、名所が増えたといえるでしょう。 と言うわけで今日は、那須のフラワーワールドを紹介いたしましょう。  開花情報 20120514白河フラワーワールド  続きを読む

那須フラワーワールド2009・・・今年2009年は、どちらかというと、暖かさが急激に来てしまい、今回訪れてしまったときには、すっかり初夏となってしまっていた・・・実はチュウリップが少しは残っているかと思っていたのですが、殆ど終わりで、アイスランドポピーとリビングストーンデージ、そして目玉は、ルピナスでした! すっかり、那須の残雪は消えており、朝日岳野浦に残雪が点々と見えていたのです。 何時訪れてもその美しさが堪能できるここ、那須フラワーワールドは、素晴らしい環境に恵まれている場所なのです。 ではそういう意味合いで、今回訪れたときの内容を見てみることにいたしましょう!(20090521現在) 続きを読む

那須フラワーワールド2011・・・今年も夏が終わり那須地方にも急激に秋が近づいています。 今までの暑さが嘘のように爽快な秋がもう目の前に来ているのは事実でしょう・・・・今日はそうした時期に入ったゆえに今冬でも有数の花の世界にお誘いいたしましょう! 秋の那須フラワーワールドの状況です。 この地はご承知の方も覆いと思いますが東北道の白河インターから降りると比較的近いのですが、マウントジーンズスキー場にゆく途中に位置しておりいろいろな動物ランドのある場所です。 小高い丘の場所にある花の里ですが、ここから見る那須連山の美しさは格別です。 いつも言うようですが那須の山を見るには、山に登って茶臼岳を見るか、あるいはこの那須フラワーワールド(俗称:那須フラワーパーク)辺から見る山の風景がもっとも美しい・・・続きを読む

那須岳早春・・・・ 栃木県の那須には、有名な茶臼岳、朝日岳があるが、以前、白河付近からこれらを見た風景を紹介しておいたが、今回、その時のお約束のとおり、もっと接近した、茶臼岳と朝日岳の様子を見てみたいと思う。 ここが、最も一般的な場所と言えるかも知れないが、一般の方々は、多分、ここまでは、こないで那須の有料道路周辺だけを見て帰ってしまう方々が、多いようである。 どちらかというと、関東の山々は急峻な山々が多く、富士山のように遠くから眺めて、だんだん近づいて行く様な旅は難しいのである。 従って有料・・・・続きを読む

那須岳早春・・・・那須岳は、春は花、秋は紅葉、そして冬は雪山と素晴らしい景観を見せてくれる栃木県内の名山である。 私は、那須岳の登山はあまりやらない方だが、周辺からこの山の姿を見に、冬から早春にかけて行くのである。 山には当然その時々の美しさが潜んでいるが、特に早春2月頃の山肌に雪を沢山被った美しさは、何とも例えようのない美しさなのである。  栃木県内から・・・・続きを読む

花のお城・・・・・那須インターから那須温泉を目指すと、直ぐに右側に大きな「お菓子の城」が出てくる。 この裏側に、今日紹介する「お花の城」があるのだ。  多分このお花の城は、花の庭程度に考えている人も多いと思うが、実はこれ「ベゴニアの素晴らしい、温室庭園」なのである。 一度見た人は、きっと再びあの花のすばらしさを見てみたいと思わずには、いられないだろう・・・・ と言うのも、このベゴニアは、南洋の国から、はるばる持ってきて、改良されている品種が、展示さ・・・続きを読む

那須森のビール・・・・ 本日は那須にある那須森のビル園について紹介してみましょう・・・・最近、WBAというイギリスの世界ビールを選定するところで、この那須森のビールの、ビアーアワード2012で、ここのビール 「ナインテイルドフォックス」(この名称は那須の九尾狐に由来している名称・・・)が受賞したそうである・・・・続きを読む

その他関連情報

2016年、4月18日(月)~5月22日(日)まで『春の庭へ』開催!!・・・・面積6万㎡の園内には550種、10,000株の牡丹をはじめ215種、5,000株のしゃくやく、80種500株のバラが植栽され、彩り豊かな花々が次々と咲き競います!  また、開花調整の難しい牡丹の大輪を一年中楽しんでいただけるよう『牡丹の園』もオープンしました。1月から2月は冬の牡丹、寒梅。4月から5月は牡 丹、芍薬、桜。6月はバラ、アジサイ。10月から11月は寒牡丹、バラ。12月は紅葉と一年を通して花々が織りなす美の競演を楽しむことができます。

以上、那須ガーデンアウトレットの概要です。 尚、先の紹介した駐車場道路事情などは、こちらからご覧になれます。

那須アウトレットに行こう!(20081205) 軽井沢アウトレットと周辺紹介

「軽井沢アウトレットモール」     宇都宮のアウトレットモール

周辺温泉一覧  、ユリ満開の塩原ハンターマウンティン、  濁り湯の塩原温泉新湯を探索

那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)

素晴らしい観音沼の秋            那須地域に「白鳥が飛来しました!」

最新の「那須茶臼周辺紅葉」20081010を、どうぞ!   「ロマンチック村秋・2008」    「周辺の紅葉状況

真っ赤に燃える 「那須フラワーワールド」 20081010もどうぞ!  ベルモール宇都宮

「真っ赤に燃えた那須茶臼岳トレッキング!」20081010   「佐野プレミアムアウトレット」   八ヶ岳アウトレット

イオンレークタウンファッションクルーズ紹介 御殿場アウトレット紹介|春は、佐野インターから30分程度で行ける、「太田芝桜公園」へ!|チュウリップ満開の「ぐんまふらわーパーク」へ!道のり、約一時間程度|矢板インターからは、「市貝芝桜」 もどうぞ! | 春の花咲く軽井沢アウトレット・2009

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

温泉関係

     那須七湯:那須には7つの素晴らしい温泉があってその全体を七湯と称している・・・・中でも三斗小屋温泉(山を登らなくてはダメ)以外は車でも歩きでも行けるので人気が沸騰している。 ちなみに七湯は、三斗小屋温泉大丸弁天八幡高雄鹿の湯ということになっており湯量豊富で素晴らしい景観を伴っている! 中でも、やはた温泉の春は、ツツジが満開の時には最高でしょう!

     北温泉:これは最も野趣的にも魅了できる温泉・・・大丸から少し下った場所を左折する・・・・今は幻の滝を見る観瀑台もできたのでそれもお薦めの一つ。 昔この北温泉は、岐路が多いということで「岐多温泉と呼ばれていたが現在では北温泉の長定着している1200年前からの湯場・・・温泉プールもある。 天狗が発見したということで、風呂には天狗の面が2つも飾ってある湯が特徴・・・・

     那須シャトルバス・・・・鹿の湯の上の観光案内所から出るが、切符もこの案内書で購入できる。乗り降り自由で¥1000.ーとリーズナブル!

▲ページの先頭へ