栃木県大平山あじさい(アジサイ、紫陽花)祭

栃木あじさい坂

 

TopPage >栃木あじさい坂


今年のアジサイの生育状態:

  

★20170617:今朝の新聞で、アジサイ坂の様子が紹介されました。やはり寒さで一週間程度遅れており、今月下旬が万回とのことです・・・

20170613:今日の天気は、かなり梅雨らしくなりアジサイの色が、いっそう色付いています・・・祭りの時期には、間違いなく見られるでしょう・・・

20170610:入梅してから、晴れていますが、アジサイは急に色付いてきました。もちろん黄色い色のアジサイも多いですが、これでスコア氏雨が降ればいいのでしょう・・・今年のアジサイ祭りが発表されて、

【期間】 

2017/6/16~7/2

 

【駐車場】
  ・あじさい坂駐車場・あじさい坂周辺駐車場は有料(300円)
   (※駐車料金の一部を東日本大震災被災者への義援金とします。)
  ・大曲駐車場は無料 ※バスの駐車は大曲駐車場にお願いします。

【アクセス】
   ・JR両毛線・東武日光線 栃木駅からバス(国学院行き)で約15分
   ・東北自動車道 栃木インターチェンジから約20分

  ※あじさい坂駐車場は大変混み合いますので、大曲駐車場を利用されるなど渋滞緩和にご協力下さい。
    また、バスは太平山北側の遊覧道路から山に進入し、大曲駐車場でお客様を降ろし、
    あじさい坂のふもとでお客様を乗車させるなどのご協力をお願い致します。

≪琴と尺八の演奏会≫
6月18日(日)・6月24日(土) ①午前11時~ ②午後1時30分~
  [琴]生田流宮城会  [尺八]都山流

≪二胡と箏・二胡とピアノの演奏会≫
6月25日(日)   ①午前11時~  ②午後1時30分
  [にこっと]二胡・箏   

7月2日(日)   ①午前11時~  ②午後1時30分
  [下野音女]ピアノ・二胡

≪とちぎの四季観光写真コンテスト 入賞作品展≫

≪あじさい俳句コンクール 入賞作品展≫ 
 
≪景品が当たる抽選会≫ 
お土産品を500円以上お買い上げの方に、抽選で景品をプレゼント

≪ゆるキャラの競演≫7月1日(土) 午前11時 【とち介・グレッピー】

 

                        と報道されました・・・今年も期待できそうです!!


20170603: 6月には行ってからかなり色がついてきました・最も鑑賞できる状態ではないですが、花はきれいになってきています。 あと少しですね・・・

☆2017年5月28日: 今年のアジサイは、生育は順調で花の大きさは、7センチくらいに育っています。  しかし未だ黄色い色で鼻とはいえません。やはり6月に入らないと本格的なアジサイの時期にはならないのでしょう・・・

  ☆寄り道・わき道・回り道紹介


  ☆昨年の情報

    2016年6月16日: 今年のアジサイの生育は例年より一週間ほど早く、18日から月末までが、見ごろといわれています・・・

    20160612:最新:「大平アジサイ祭りコースガイド」 だいぶ色ついてきました・・・全体的には、4分先といってもよいでしょう・・・明日の雨でもっと色ずくでしょう・・・○参考「益子あじさい祭り」 ★20160615:能護寺  あじさい 写真と紹介

   ★2016年6月6日現在のアジサイの開花状態は、青のアジサイが、色がかなり付いた状態です・・・黄色の部分が残っており、色が淡白であり、一方、赤系は、少し薄い色が目立つようです・・・アジサイ祭りが、6・17日からですから、まだ、完全な色の見ごろとはいえないようです・・・首都圏では、そろそろ見ごろとなってきているようです!★参考「あじさいの紹介カテゴリー

   ★2016年5月30日現在のアジサイの開花状態は、青のアジサイが、色がつき始めた状態です・・・黄色の部分が残っており、色が淡白であり、まだ、見ごろではありません・・・アジサイ祭りが、6・17日からですから、まだまだということになるでしょう・・・

  ★注意!!!      「今年2016年の乗用車道路修理中」・・・・ 注意事項・・・・:今年6月20日まで、道路修復のため大曲手間へは、通行できません・・・大平神社方面は、国学院の上の「太山寺」直ぐ上を右折して上る必要があります。 アジサイ坂手前から左の広い道は利用できませんので注意ください・・・ アジサイ坂は、通常どうり利用できます。 「参考地図」「太平山 交通規制・駐車場案内図 - 栃木市

  ★20160531:「黒羽アジサイ祭」りが、6・20-7・12日間で行われます・・・この地は、芭蕉の歴史探索地であり、那珂川の鮎も食べられます・・・栃木のアジサイよりも少し遅れて始まります!” 参考:ここのアジサイは、駐車場が有料です・・・・無料でアジサイをゆったりと見る場所としては、「黒羽アジサイ祭り」があります。

  ★平成28年とちぎあじさいまつりのお知らせ::太平山県立自然公園内 あじさい坂にて 「とちぎあじさいまつり」が開催されます。

【日  時】  平成28年6月17(金)から7月3日(日)
【場  所】  太平山県立自然公園内  あじさい坂
【駐車場所】  あじさい坂駐車場・あじさい坂周辺駐車場は有料   大曲駐車場は無料  バスでお越しの際は、大曲駐車場をご使用下さい。


 

☆大平山とあじさい坂:

    太平山神社へ続く約1,000段の石段の両側にセイヨウアジサイを始め、ヤマアジサイ、ガクアジサイなど約2500株のあじさいが色鮮やかに咲き揃います。

    また、この山は、登山愛好家の山でもあり色々な地点から、大平山をめざして登れて、多種のコースが設定されており、そちらもまた興味深い場所なのです。 また神社仏閣も5カ所もあって、これも見逃せないところのひとつです。 今日は、その中の一つ 「アジサイ坂」 を見てみましょう! 

あじさい咲く大平山


      このアジサイ坂は、栃木の市内から、最初の鳥居をくぐって、國學院大学の道を通り、六角堂を左に見て、登るコースがあじさい坂として整備されている。 この坂は、ごつごつしたやや滑りやすい石が並べられており、雨の時には、アジサイの花には、適していますが、人が上るには、特に注意しにといけないようです。 ここ下には駐車場が整備されており、上る手前で、300円で、駐車可能です。 山の上には、大駐車場がありますが、ここから歩くのはちょっと大変でしょう・・・ 


    そこから山を登り山頂近くにも駐車場もあるので、そちらに、置けば、無料となるのですが、ここも最近は有料となったようです。   ゆっくり歩いて15分程度の散歩観光コースであるが、最後の大平神社まで登るとなると結構たいへんで、30分以上かかるのです。 ちょっと足井の弱い方は、最後の会談がきついかもしれません・・・結構その坂は、厳しいものがあるのだ! この撮影時は、アジサイの花が、3-4分咲きでまだまだ見れる期間は、十分ある時でした。 

    雨が降った後の、来週半ばあたりが一番いいのかも知れないと予想していました。 では、今日のアジサイを見に行こう! (20070619現在)  やはりこれを見ると毎年前後するにしても7月中旬から下旬ころが、最高の見頃となるようです!

白いあじさい

    このときには白色のアジサイがすばらしく咲いていた・・・まだ緑色の花目が多くあるのでこれからが見ごろであり、まだまだ見ごたえがある時期が続くのでした・・・

 

栃木あじさい坂にて       あじさい坂の現在の様子です。 この時には、まだ3分咲の状況・・・・とは言っても鑑賞するのには、十分でした。 ただ満開の時の色は、まだ薄く本当の色合いは出ていなかった様です!  基本的には、アジサイ坂を上り詰めると、大平山神社に到着して、参拝することになります・・・

   参考情報: 大平山神社とあじさいは、ここから      あじさい寺で有名な大中寺は、ここから

 

    この時には、駐車場を山の上にしてそこから歩き始めたのですが、この周辺は、「謙信平」見晴らしは素晴らしいのですが、梅雨時の空は、やはりガスがかぶっています。 それでもすがすがしい朝の風が、とおりすぎています! 鳥のさえずりも聞こえておりそれだけでも山の空気が美味しく感じられるのです! 

あじさい咲く頃

    あじさいも近寄ってよく見ると本当に複雑な形をしているのです! 皆様はどちらのあじさいが好みですか? ガクアジサイですか?それとも一般的なあじさいですか? 情緒は、どちらもありますが!

のこぎり草

   この時期には、色々な夏の花が咲いているのです・・・一寸、これらのあじさいから目をはずして周辺を見てみましょう・・・・血止め草のノコギリ草なども見事な色合いで、道脇を飾り、咲いているのです!

 

    あじさい坂の高尚な案内板、この看板が皆様を迎え入れてくれます! 最近は、バスツアーでこの地を訪れる人達が多いようですが、そういう人達は、息を切らして登ってきて、時計を見て、後何分かかるの・・・等と声を掛け合って登り、比較的忙しい旅路をすごしているようでした!

謙信平から望む関東平野

  ここ大平山は、「謙信平」と呼ばれるお立ち台、展望台があって、早春と特に秋の空気のすがすがしい時期には、遠く富士を望むことが出来るのですが、今は夏ですから、このように田畑は稲でグリーン色に変化しています。 この場所の傍には団子屋などがあって、その一時を楽しませてくれているのです・・・・

 

   ここはあじさい坂の登り初めの場所! この周辺はバスの駐車が多いようですが、ここからが、色々はあじさい花の見所が多いのでよく見て歩きましょう!

あじさい坂にて

    色々な店も最近は出来ておりお茶も出来るようになりました!  カンジュースだけでは・・・という方には、大変重宝することでしょう・・・

あじさい坂の裏より

   ここ謙信平近辺は、山裾に沿って小道が出来ており、上から望むばかりでなくこうした細い道に入り、美しい風景を見ながら歩く小道があるのです・・・・もし時間がある方は、このように一般道からはずれた場所を回るのも情緒があるのかも知れません・・・

その他近辺探索:  雨引観音 ,  磯山神社のあじさい あじさい満開の本土寺 あじさい寺で有名な大中寺は、ここから

     ☆☆☆その他関連情報☆☆☆

    1) 太平山を鑑賞してから皆様は何処に出かけますか? 真っ直ぐ帰る・・・・何処かに寄る・・・・・検討中などといろいろあることでしょう。 そこでここではちょっとしたアイデアを低起用してみます。 一般的には、栃木市内を展望して歩くといった楽しみ方も多いでしょう。 うずま川の流れを楽しみながら船に乗ってみるのもよいでしょう・・・しかし温泉という手もあるのです。 なかなかこの周辺は、水の綺麗な遊水地も近いので楽しめるものなのです。ここには、赤見温泉があります! そしてこの遊水地が佐野市に近いところから、佐野のアウトレット見学といった遊び方もできるでしょう! とにかく色々見るところが多いのがこの地域の特徴なのです。 ちょっと奥になりますが、栃木蔵の湯というのもあります!

2)俺は、まだまだあじさいが見たい・・・・といった方々には、この紫陽花坂の裏(西の方)に行くと大中寺があります。 ここには歴史的な伝説の多い寺でありあじさいと昔の妖怪変化の話を楽しむこともできるでしょう・・・・また、清水寺と呼ばれる寺もあります。 少し山の中腹なのであじさいは遅れ気味ですが、素晴らしい場所で車で行くこともできます。 ぶどう団地の中を楽しく登ってゆくとこの清水寺(きよみずでなくセイスイジと呼びますが)なかなか歴史的な寺です・・・

今年2015年の、大平山の紫陽花の見頃時期は、例年「6月20日前後から開催される予定です」が、今年2015年は一週間以上早く見頃になっています・・・ ・・・・昨年は、まあまあ、の年でしたが、その前年は、梅雨がはっきりせず雨がほとんど降らずアジサイにはかわいそうな季節だったのです! 大平山は、最近はご承知の方も多くなり「ブドウ団地」が出来たことから秋にはかなりの人で賑わいます。  ★ Hot! Hot->「旬な7月情報

   ★ 「2015年紫陽花は現在見頃で、 下野新聞SOONによると・・「栃木市平井町の太平山県立自然公園あじさい坂でアジサイが見ごろを迎え、石段の両側に咲く色とりどりの花々が訪れた人たちを出迎えている。 あじさい坂は太平山神社の参道。約1千段の石段があり、アジサイの名所として知られている。  同市商工観光課によると、ことしは例年よりも10日から2週間ほど開花が早い。 」

栃木県みちくさ情報へ戻る

大平山アジサイ参考用地図:ちず丸へリンク

栃木あじさい坂の場所地図

大平山案内地図

ここに詳細な大平山周辺の地図を載せておきます・・・・中央の点々の道が紫陽花坂の散歩道です。 信玄平にも山の山麓ですが駐車場があります。 茶屋があって眺めが素晴らしい場所です。 左中央に「大中寺」の因縁のいわれがある七不思議の寺があります。またその西側に地図には紹介していませんが天井画が綺麗なあじさい寺の「清水寺(セイスイジ)」があります。 この時期武道がまだ青いですがたわわになっている光景が見られます・・・・まるで山梨県の勝沼の風景そのものです! より細かい案内地図は、「大平神社と紫陽花紹介」で!

  最新情報: 2014年6月13日(金)から~6月30日(月) ?18日間執り行われます。 

20130612今日は、バラの名所と紫陽花の名所を紹介してみました! その他、ここで見過ごしてしまった方はこちらの名所が待っています!!  20130609黒羽あじさい祭り


 

    

  

               最新情報 :花情報も参考ください! 

    この紫陽花坂を訪れたときそのまま帰ってしまう人もいますが、この大平さんの南斜面を訪れてみてはいかがでしょうか・・・こんな小さな山と思っている人も良く調べてみるとたくさん観光場所があるのです。 例えば、この時期少し早いのですが、蓮酢物のぶどうは、出来ています。 そうです・・・大平ぶどう団地の訪問です。 また、この紫陽花坂かから、大平神社脇を通過して七不思議の大中寺を尋ねるのもちょっとした廃棄気分にひたれるでしょう・・・そこから少し登ってここにある清水寺(ここは、残念ながらきよみずてらと呼ばないでセイスイジですが)の紫陽花もこの時期花が咲いていることでしょう・・・そして、少し佐野市の地域に降りて行とラーメン、ソバの名所もあります・・・・そこからは北関東自動車道路も繋がっているので首都圏に帰るのにも非常に楽に回れるようになっているのです!

    最新情報: 大平さんのあじさい情報は、栃木の観光協会のページから見ることが出来ます。「2014年大平あじさい祭り開花情報」2013年の紫陽花は、現在まだ咲き出しです。雨が少ないので少し遅れるでしょう・・・ 20100622現在のあじさい状況は 「大平あじさい坂2010」 「本土寺あじさい2009は、こちら!」 「紫陽花祭り2010」  20110611現在の栃木あじさいは、 まだ残念ながら色が少し付いてきた状態です。 あじさい祭りは、6・17日から7・3日まで行われます。  ☆ 20110601バラ満開のアンディウイリアムボタニックガーデン  アジサイの花一覧 「大平ぶどう団地」「足利吉祥寺の紫陽花

見なければ損する「旬のあじさい有名所!」 雨引観音のあじさい 大中寺のあじさい 大平神社 鹿沼磯山神社あじさい

       

清水寺のあじさい

★その他有名な寺のアジサイ:

永井太田の高野山真言宗能満山能護寺は、天平15年(743年)に国家安穏・万民豊楽と五穀豊穣を祈願のため行基上人が開山し、後に弘法大師空海が再建されたと伝えられています。
近年、妻沼の「あじさい寺」として親しまれ、毎年6月上旬から6月下旬頃は、境内に50種類800株をこえる色とりどりのあじさいが咲き乱れ、県内外から多くの見物客が訪れます。鐘楼の鐘は、元禄14年(1701年)に鋳造されました。乳の間に百字真言の梵字が鋳込まれているのが特徴で、市の文化財に指定されています。  詳細は、熊谷市のページで・・・

★もう6月上旬から見られうアジサイの花々・・服部農園あじさい屋敷・・・総面積27,000㎡の屋敷に18,000㎡、300品種・10,000株以上のあじさいが色彩豊かに咲き競います。どの地点からも美しく咲き乱れるあじさいを、一望できます。お問い合わせ
服部農園あじさい屋敷
〒297-0042 千葉県茂原市三ヶ谷719
℡&fax 0475-24-8511

 

▲ページの先頭へ