大桃源郷

桃源郷

 

    桃源郷と呼ばれる場所は、かなり国内にもある・・・しかしその中でも最も素晴らしい桃源郷は、多分、山梨の桃の花咲く桃源郷と比較的新しい花桃の里ではないかと思う・・・

★20180407: ここで紹介している桃源郷・・・例年は、段々と花が咲いてゆくのですが、今年は、ちょっと大きな変化があって、一度に咲きだしてしまいそうです・・・・ということは、いろいろ選んで行けないということです。 すでに山梨県の桃の花は、開花が始まり、2週間近く早くなっています・・・開花情報をよく確認して、行事をおすすめします・・・今年は、花好きに方々には、残念な年になりそうです・・・・

  ここでは、関東近辺の桃源郷を全部紹介してみようと思っています。 とにかく、この桃源郷、最近では訪れる人が増えて、大変な混雑するのです・・・

    そこでとりあえず、「三大桃源郷」 と言うような名前で、ここに紹介してみたいと思ったのです。 関東地域から旅をするには、この地域の桃源郷斧旅が、おすすめです・・・・

 この写真を見れば、そのおのおのの特徴がよく分かるようになっています。 是非参考にして、今年の春の花の旅のときに、訪ねてみてください! 

★★★20120328 「さくら名所一覧で紹介しました」・・・参考にしてください!”    以前の 「甲府桃の花」「韮崎の桃の花と白鳳三山」「清春白樺美術館と桜」
** 「栃木県と周辺花情報」も ご利用下さい!**

1)場所名・・・桃源郷

2)概要説明

3)その他追加情報など の順で紹介してみましょう・・・


 

1)花桃の里・月川・昼神

花桃の里は、関東からは、少し遠い場所にあります。 長野県の飯田を超えて、有名な、長いトンネル(恵那山トンネル)のある場所の手前です。 南信州阿智村 と呼ばれる地域です。 花桃の見頃は、意外と早く、3月中旬から見られるときもありますが、例年は、3月の20日ころからと思って良いでしょう・・・・

甲府桃花

花の開花年表   この地域は、高速から入り、昼神温泉で宿泊するのが一般的です。 今までは、乗用車で花の咲いている場所まで行くのが一般的でしたが、現在はシャトルバスで行くようになっているようです。 混雑緩和でしょう・・・

自然の広大な地域の川の近くに桃の花が、咲き誇ります。 早く回れば、一時間程度で鉾王でも回れますが、この地域には、花の咲く場所が他にもあるので、そちらも合わせてみると良いでしょう・・・ただし、その花の時期は、微妙に異なります。 高低の地域ですから、それにしたがって、咲く時期も異なります。 ということは、花鼻の期間ならば、、いつ行っても見られるということなのでしょう・・・・妻籠、馬込の旅と合わせてゆくと良いでしょう・・・・とにかく自然が大きく雄大で、驚かされます。


 

2)花桃の里・すみよしや

このすみよしや花桃は、飯田地域から東に行く農村地帯の個人の花桃の里なのです。 しかも花桃の苗も販売している有名な場所で、多くの人が、この地の花ももの美しさに惹かれて訪れているのです・・・・

   ご覧のように小さな川の縁に出来ている花の里でありこの時期だけの美しい早春の一時を満喫できる場所なのです・・・・おすすめとしては、この地域に行ったときには、同時に訪れる価値のある場所と言えるでしょう・・・

すみよしや花桃


 

3)花桃の里・余里一里・上田

同じ花桃の里でも、こちらは、比較的近い場所にある花桃の里です。 長野県の上田ですから、軽井沢から少し置くと思えばよいでしょう・・・佐久市から行くのです。 ここの花桃の里は、同じ桃でも枝垂れ桃の里です。 規模はそれほど大きくないのですが、この花桃を見る住民の方が、皆様を接待してくれます。 個人の庭の花とか、チューリップとか、自然野草とか見られます。 5月の初めの連休の頃が嘗ては、満開でしたが、最近は、4月の下旬ころと変わってきています。

車を入口の駐車場に停めて、あるきながら見るコース。 また、途中の駐車場に止めて見るコースと色々用意されています。 コースはゆったりと歩いても40分程度です・・・歩行のほうが、山裾の美しい花桃を見ることが出来ます。 最終コースには、売店なども出店されており、珍しいものも購入できます。

余里一里花桃の里


 

4)花見山

花見山といえば、福島県の花見山とみな知っている場所でしょう・・・最近は、駐車場はかなり北の方にできており、そこからバスで花見山までピストン輸送されます。 バスなど出来た人は、一番近くのバスの駐車場に止められます。 足の不住な人は、花見山近くの駐車場に止められます。

花見山の全山開花の時期は、花桃、桜、などなどありとあらゆる花が咲いて驚くほどきれいです・・・しかしなんと行ってもおすすめなのは、、青空のときで、山の残雪風景が見れるときをおすすめします。 山が見える可、見えないかで、この花見山の風景日が全然異なってしまうからです・・・

花見山


 

5)桃花咲く新府

さて、桃の花が咲く有名地も色々紹介していると、最期には、やはり山梨近辺ということでしょおう・・・・この地域ならば、都内からも中央高速道路で比較的楽に行けるからです・・・中でもおすすめは、新府の花桃でしょう・・・

余り聞いたことがないという方もあるかもしれませんが、新府は、山梨県の北に位置する美しい山の見える地域です。 ここからは、長野県の佐久とか、長野県の八ヶ岳が近くです。

とにかく、残雪の山々とももの花が咲くコントラストは、絶妙です。 こんなに美しい光景の場所があるということが、知らないということは、もったいないことです・・・日本でも有数の美しさを誇る場所なのですから・・・

韮崎新府と桃の花


 

6)桃の花咲く一宮

一宮と聞けば、あの「桃の産地」ということがすぐにおわかりいただけるでしょう・・・ここは、高速道路ならば、ぶどうの特産地、勝沼の隣合わせの場所です。 談合坂から登ると道は下り始め、最初の場所がこの地域です。 

桃の花は、この勝沼地域でも見ることが出来ますが、やはり花を見るならば、一宮近辺がベストでしょう・・・・山裾のいたるところから、桃の花を鑑賞することができるからです。 最近では、この山裾に、高速のリニアーモーターカーの路線が建設されて、この通貨を見るのも一つの楽しみになってきています。 時間で見られる時期が、ひょうじされています。 しかし余り早いのであっという間です!!

甲府市内と桃の花


 

7)古河総合公園の桃花

ちょっとかわって、意外と知られていない、北関東の桃の花の名所です。 ここはお殿様が作ったと言われる美しい公園の中の桃の花を鑑賞する場所です。 意外と広く、はないっぱいのこーすがあって、こんな場所に桃の花の鑑賞場所があったのかと驚かされるばかりです。 4月下旬に見頃があるので、意外と早く先終わってしまうのが特徴と言えるでしょう・・・・

古河総合公園


 

8)佐久の桃畑

軽井沢の作です。 この場所は、桃の栽培自体少ないのですが、浅間山を背景とした美しい写真の取れる場所と言えるでしょう・・・軽井沢から本の30分程度の場所であり、高速道路の下辺りに桃の花が多く咲いている場所です。 佐久の鯉と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか・・・

佐久の桃の花


 

9)杏の里

皆さん、杏の花はご存知でしょうか・・・意外と白いのですが、やや食らったい感じの花ですが、これを遠くから見ると、ピンク色で見えてきます。 独特の花でこれも桃の花と同じ鑑賞の対象となるのです。 この杏の花も、以外と早く咲くので、大体は、山梨県の一宮の桃の花の満開の頃が、この杏の里の満開と言えるでしょう・・・中央高速で、長野にも行けるので、お帰りにこの地を訪れると行ったこともできるでしょう・・・

土壁と杏の昨小道


 

10)壬生町のしだれ桃と小川

壬生町の小川の脇に、農家の方々が枝垂れ桃を植えました・・・それらの花が最近は大きくなり、かなりの距離でこのしだれ桃を鑑賞できます。 知られざる名所と言えるでしょう・・・・あるきながら見ると、かなりの距離で驚くことでしょう・・・

壬生のしだれ桃


 

11)長野市松代東条のあんず

長野県は、あんずの里と言うと、社地域の杏の里だけと思っていたのですが、意外や意外、この東条のあんずの里もあることを知りました・・・・写真をとるには、こちらのほうがアルプスの美しい山肌があるので、すごい風景が撮れます。 しかしやはり、天候が良くないとそれは望めないでしょう・・・・しかも朝方の時間帯がおすすめで10路をすぎる頃には、モヤが増えてきてしまいますから・・・

東条松城あんずの里

 


 

12)佐久の花桃街道

佐久市にも枝垂れ桃の街道筋が出来ています。 佐久市は、コスモス街道で有名ですが、春のひとときを桃の花でも楽しめるのです。

佐久の花もも

 


13) 秩父 長留の桜

 秩父の春は、素晴らしく花で彩られる・・いつだったかもう20年以上前に、小鹿野、両神近辺から花の咲く街道筋に出たことがあった・・・しかしこの街道筋は、道が少し分かりずらかったが、「紫原温泉」に至ることだけが分かっていた・・・地図で再度確認してみると、道としては、かなり秩父の武甲山の位置よりも奥のほうに位置していることが分かる。 とはいえ、ここは「秩父のミューズ公園から裏街道で行くと意外と容易に到着できるのである。  という事は秩父の市内からは、川を渡り公園の方に登り小鹿野の方に向かえばよいことになるのである・・・

>


 

14) 小鹿野町・岩殿沢の花桃街道

以前秩父に花桃の里があるということを聞いていた。 しかし、しばらく忘れていて今年の春が来て花桃のページを見ているとその花桃の概要が分かってきた。 そこで今回この地域に旅に出かけて見てみようと考えたのです。 秩父は自然が多く花が咲くのは、あたりまえと、考えながら調べて行くと、秩父路でもなかなか大きな花の路であることがうかがえるのです。

>


 

15)花桃の郷 秩父寄居 

この秩父寄居にある花桃の里は、意外と早く桃の花が、全山に咲く場所です・・・この入り口から出口までかなりの距離ですが、桃の花がいっぱい咲いています・・・意外と早く咲くために、知らないうちに花が終わってしまったということがあるようです・・・秩父は花の里です・・・いろいろな花がこれから咲きますが、この場所も素晴らしい場所のひとつです・・・もう直ぐ満開になります

>


16)小鹿野町 長若の花街道

写真でも分かるように、山々は早春の装いであり若葉が咲き出す何とも言えない時期に出会ったのである。 山桜の花は既に満開の時期を過ぎて、葉が出だした時であった。 多分この時は時期的には、花桃が満開の時で合ったのだろう・・・・行けども行けども此村は花が咲き乱れていたのである。 山間遅春、来たれば花多き土地がら!・・・・

>

▲ページの先頭へ