益子焼窯元共販センター

花、旅ドライブ情報を提供!

ここでは、陶芸の町の益子の様子、とくに窯元センターに焦点を当てて紹介!

益子焼窯元共販センター 周辺

★ 益子焼窯元共販センターとは:

   ★20170425:第99回 益子春の陶芸市が、4・29-5・7日まで行われます。

 益子焼窯元共販センターの入り口である・・・・流石に大きな狸が皆を迎えてくれるのだ! 特に子供は、大喜びするところである。 ここはとても広い場所であり特売の時には、誰でも来れる場所でもある。益子駅から列車などで来る場合にも直線的にこれる場所でありとても歩行者にもありがたい場所でもある。「益子陶芸の町を歩くmap」 益子アジサイ祭り

益子散策マップ」「益子観光パンフレット ・・・陶芸体験宿舎食事益子の森 文化財マップ1 文化財マップ2カフェ そば・うどんパンマップ益子紀行益子まちあるきMAP など色々準備されています!

また、外国の方には、英語のパンフレットもありました・・・



 

☆期間中どのように行けばよいのでしょうか!(2016年の陶芸市祭り)

1)現在、会場内の巡回バス、益子直通バス、益子ー笠間シャトルバスなどが運行されています・・・そのほか、秋葉原からの直通バスも運行されています!

・会場内巡回バス 運賃:1回100円  運行日 4/29〜30、5/1、5/3〜5/5、5/7、5/8 •運行時間9:40〜16:20の間、約20分間隔で運行 •運行ルー卜葉、下の様です・・・

真岡鐮道益子駅西 臨時駐車塌 -->岡鐵道/益子駅 -->鹿島神社前バス停-->城内坂-->陶芸メッセ -->益子マルシェ--陶芸メッセ入口 -->城内坂バス停-->益子町 役場-->(真岡鐮道益子駅西 臨時駐車塌)というように循環しています! 詳細は、下で対応しています。

     參問い合わせ先:益子町観光協会0285-70-1120

 


益子直通バス・・・JR宇都宮駅ー益子直行バス〔臨時号〕運賃:片道1、150

運行日 4/29305/1.5/35/55/7 運行時間JR宇都宮駅東口 9:00城内坂交差点北10:00着 城内坂交差点北16:30JR宇都宮駅東口17:30着  問い合わせ先益子町観光協会0285-70-1120


 


☆秋葉原からの直通もあります・・・これは茨城交通での利用となります。 関東やきものライナと称されています。 益子秋葉原  片道のみ……2,000

2枚チケットは2枚綴りのお得な 回数乗車券。1人で往復に使って も、2人で1枚ずつ使ってもOK!

2日間有効のお得なクーポンパスも・・・・詳細: 「北関東ライナーバス


 

 

    「益子駅周辺紹介」 下の地図でも紹介しているが、益子に来て益子の歴史にふれるにhじゃ、西明寺がなんといっても有名である。国定重要文化財で笑顔出迎えてくれる閻魔さんがなんといっても素晴らしい・・・また、西明寺に曲がる路の角にある日下田藍染工房が歴史的にも素晴らしく、うまくいくと、その仕事をやっている藍瓶の空いている情景を見ることが出来る。 もちろん藍染めの商品も展示販売されているから絶対にお見逃しなく・・・!☆☆「西明寺について:この寺は、これらの陶芸の町の一山後ろ側に位置している寺です。 笑い閻魔がいることでも有名ですが、天平9年に行基菩薩瓦解算下古刹として有名です。 三十の等とか樹齢800年のしいの木、などがあり、国指定の文化財です」


その他の関連情報 益子の楽しみ方など

   ★ 群馬県の峠の釜飯で有名な釜を作っている店・・・「益子焼のつかもと本店と周辺

2015年新年催事・・・初詣に出掛けたら.ちょっと足を伸ばして益 子でのんびりとした時 間を過ごしましょう。お.薦めは「窯元よこやまが 運営する人気のカフェレ ストラン」 レトロな雰囲 気の和の空間でゆった りできる「益子の茶屋」 では、益子産地粉のそ ば、あったか土鍋ラど んポルチ—ニソースハ. ンバーグのランチや、新 メニュI苺のパイ包みや ティラミスなどが登場。
ランチと力ポチヤスイーツが楽しめる「がぼ茶 庵」では、力ポチヤのパン グラタン、パスタ、オム
ライスのランチや、苺の スイ—ツがおすすめ。

  益子の茶屋  芳賀郡益子町益子3527-7  O0285-72-9210  AM 10:00 〜PMS: 00 月 定休
  かぼ茶庵  芳賀郡益子町益子3527-3  S0285-70-3478  AMI1:00〜PM5:00火曜定休
  パン工房森ばん  芳賀益子町#子3908 80285-70-8555 AM 10:30〜PM4:30 月!!定休
  ピッツエリアヨコヤマ  芳賀益子町益子3527-7  «0285-72-9211  AM11:00〜PM4:30 (±.日.み
  森のしストラン   芳賀郡益子町益子4037  &0285-70-2223  AM11:00〜PMS: 00金曜定休

  窯元よこやま直営店  「陶芸の丘よこやま」  「陶楽」でのショッピン  グ。益子焼との出合いが
待っています。  ※全店2日より営業

 

その他、益子の詳細参考地図などは、ここから手に入れられます。 

 

城内坂の様子

城内坂の様子はなかなか面持ちがある・・・・坂と聞くとそんなに差sかなのかと思われるがそんなことはなくほとんど平らである! 色々な店があるのでここはゆったりと散歩しながら見るのがお勧めである!

 

     古式な、藍染めの工場である。 この城内坂にある・・・・しかしちょっと見ると分からないかもしれないというのも下の写真に示すような民家でわら屋根であるからだ・・・・こんなに美しい民家が工房だなんてちょっと計り知れないであろう・・・・

これが藍染めの工房である日下田家である。 入り口に最近では、工房の紹介があるので是非見て行きたい場所の一つでもある・・・

 

この共販センターへ来るのには駅から城内坂の通りを抜けるが、この両側には昔風の窯元が列をなしてあって、古風なたたずまいでその特徴を発揮している店が多いのも興味深い・・・どっからどこじゅう、益子焼きだらけである・・・千両箱を抱えている面白い焼き物が、ここで見つかった! ・・・多分商売人の方が、買っていくのであろう ・・・・面白くまた興味深い物である。 共犯センター周辺は、沢山の陶器店がそろっているので、そこで希望のものが手っ取り早く見つかるのが、何よりなのであろう。 この益子焼窯元共販センターの入り口が、大きな駐車場になっているので、普通の日であれば、ここに車を駐車して十分買い物が、出来る事が嬉しいのである。

 

途中見つけた案内地図である。 ちょっと見ずらいで後から分割して紹介してみる・・・

城内坂をしばらく東に進むとだんだん大きな建物が多くなり、ついに目玉でもある共販センターに到達する。 ここでは、点との店から、本が前の店が乱立する場所であり、毎年の祭りの時には、目玉商品を購入することが出来るわけである! それにしても、途中の古い店では、登り窯を見ることも出来るが、ほとんどは、今は石油式の釜で政策が進められているようである・・・現在では、では、考えられないようなクラッシックなお店が、点在しており、そこかしこで、皆を迎えているのだ。 そして、レトロ調の郵便ポストも、ここでは健在であり、不思議とそれが似合う町なのである。 陶器展示などたくさんあり、それを、見るのに時間を惜しんではいられないのである・・・・そして、ここでも小さな春が・・・・古いポストも美しく塗り替えられてご登場・・・なんと夢がある町であろうか!

 

この益子焼窯元共販センターの前の店では、このような登り窯が綺麗に今も健在に残っている。嘗ては、このような釜がいつも火が焚かれてれていたが、今は遠い昔となってしまったのである。 さて、この共販センターから少しすぎると路が曲がるがその右側の狭い道を曲がると例の軽井沢の横川駅の釜飯弁当の有名な釜を作っている塚本陶芸の店先に出る! 昔は、ここでたくさんの陶芸家が陶器を作っている様子が見られたが今では、もう自分の店を持っているのであろうか・・・・その姿はそれほど多くはない! それでも陶芸販売の店先はまるで大きなデパートを思わせるような広さで本当に多くの陶芸品が販売展示されているので驚くほかはない・・・

 

今も懐かしい陶芸の町で、ここでは陶芸教室も多数行われているので、時間のある方は、是非挑戦してみては如何だろうか!これら風景は、昔とちっとも変わっては、いないのである。 今でもこのような風景は、希望がある人は、自由に観覧することが出来る。

 

ここは、あの有名な塚本の販売所と展示館である。 最近は益子焼きとは思いもよらないような美しい陶器が出現していて、本当にカラーフルになったのである。

 

☆☆☆ 下の地図は、益子の陶芸位置の中心図です。 この地図の赤丸近辺にはリンクが張ってあるのでマウスでクリックするとその場所の紹介にゆくことが出来ます・・・・ご利用ください!

陶器の町益子、城内坂周辺地図

     益子を楽しんで探索するためここに概念図を紹介しておきましょう・・・下に西明寺中央部には日下田藍染工房、そして城内坂へと連なっているのです。 右中央部の益子窯元センター周辺が、一番の賑わい地点なのです!

急にこんなに美しい花の紹介であるが、春にはこうした花の山がこの傍にあって有名な場所でもある! 山一体がこのような早秋の色で埋め尽くされる様は誠にきらびやかでもある・・・・

周辺探訪: 益子西明寺 益子の藍染・日下田工房 、 周辺温泉一覧、 地蔵院、宇都宮家の墓、益子参考館、陶芸メッセ益子、 益子窯元のつかもと、真岡観光リス村、井頭公園、井頭温泉、名産品

 

 

 

 

 

以上看板の案内地図を写したので見ず来駕、上の益子の紹介地図と一緒に見て参考にしていただきたい・・・この案内板を見るといかに窯元が多いことかおわかりいただけるでしょう!

近隣の観光:ここから近い位置には、真岡があります。 また茨城県側では、雨引観音なども近くです。 真岡では真岡井頭温泉、そして渡欧期ならば、道の駅二宮とその近辺でイチゴが楽しめます! また木綿会館で真岡木綿も体験できます。 ここは、北関東道路の比較的傍なので首都圏へ帰るときには、色々なコースが選べるところです。 

 最新情報:【益子】町内の食と農をPRしようと、飲食店や農家らが出店して2010年から毎月1回開かれている「益子朝市」がこのほど、開催50回を突破した。 これら節目を記念して21日、益子のましこのマルシェ広場(旧陶芸広場つかもと)でィベン卜「朝市だよ!全員集合!」を企画。 歴代出店店舗24軒が再結集し、感謝の気持ちを込めて来場者をもてなす

「正式ページ: 益子観光協会

温泉一覧湯治場一覧名産品一覧神社仏閣一覧など参考にしてみてください。 栃木観光一覧集

 

  1. 初春の里山を愛でながら益子を走ってみませんか。 【開催期日】 3月8日(日)午前10時【参加資】1,500円 【申し込み】城内公民館 午前8時から(当日のみ受付) ※中学生以上から参加可※ゼッケン で当日2名まで 益子参考館に入館可【駐車場】共販センタ一南駐車場 【公式 HP】https://sites.google.com/site/jyounaizaka/ 【問い合わせ】 益子走友会代表大塚
  2. 昨年10月にオープンした日々舎(Natural Bakery): 「おいしい」はもちろん 「からだが喜ぶ」パン作りを目指しています。それは正直に、自分たちが毎日食べたいパンです。 パン作りの素となる自家製酵母は、身の回りにある素材から起こし・・・・ パゲット、カンパ一ニュなどハード系お食事パンもおすすめです:Shop DATA 所在地》益子町益子4283-5定休日》月曜日HP ≫ http://nichinichisha.com/
  3. ★★★ 益子陶芸の町の場内坂のスポットに、陶芸品販売の「窯元センター」があり、そこで新年の初売り情報が発信されています。 平成27年1月1日(木)から、1月12日の間で新年初売りの期間と言うことです・・・陶器全品一割引、人気の福袋3000-、5000-、等、輪投げ運試し、特設点と三個で1000-、初売り大特価販売も模様されるとのことです・・・また、新春巨匠陶芸展も同時開催されるそうです。 また、益子本格手打ちそば、花の郷、ステーキホール輝では100%国産牛のステーキ、ジェラートブルーメ、ソフトクリーム、等、不ルール、浅い千葉、くださいな(果菜菜)、そして、人気沸騰のぽんたまんじゅう等が販売されるそうです・・・

    「★おすすめ情報・・・花開花歳時記 参考に!」 「2013年秋の陶器市のパンフレット」栃木県の益子町は、陶芸の町で有名である。 中でも 益子焼窯元共販センターでは、毎年定期的に行われる陶芸祭り、陶器市で、沢山の人達があちこちから、この益子焼窯元共販センターを目当てに訪れ、沢山の掘り出し陶器が展示されて、安く販売されているのである。参考:「益子の町全紹介一覧

     今日は、そうした販売所が、どのような所なのか、写真でスポットを当ててみたかったのである。 北関東の素晴らしい隠れた紅葉名所一挙公開

    参考:益子市も2014年の夏から場内通りで「益子夜市&里帰りウイーク2014」を実施するという・・・これは、最初の試みであり、場小内坂で夏の夜を楽しく楽しんで村王といった行事ということです・・・初日には特設場も設けられえて大々的に行われるということです・・・

     

    少なくとも年に3回から、4回程度行われるこの陶芸市は、ここにさえ来れば総ての陶器が、ほぼ出そろう処から、最近では、その町並みもすっかり変貌して、美しく改良工事が施されて、往年の風情は完全に無くなってしまっているところさえあるのだ。  多分知らない方もあるかも知れないが、この益子焼窯元共販センターの傍には、今でも昔懐かしい、’登り窯’があって、それを見学することが出来るのである。 是非とも興味がある方は忘れずに見てきて欲しいものである。 ☆☆☆ 「窯元センターの店一覧」「窯元センター詳細案内図」「窯元センターのみやげ品」 「花散歩」  「梅の名所一覧」  ☆☆☆ 「花とドライブ情報一覧」  ☆☆☆「栃木観光情報」「益子陶芸市の紹介」 


▲ページの先頭へ