雨引観音

あじさいの雨引観音

 ★桜川市本木の雨引山楽法寺が、アジサイの見ごろを迎ええている・・・今年は空梅雨の影響で、例年より1週間ほど開花が遅れたが、雨引山中腹の境内に 向かう山道では、青や白、ピンクの花びらが彩りを添えている。植えられているのは、西洋アジサイやガクアジサイなど約3千株。約30年前から檀家(だん か)らが増やしてきた。今ではこの季節の観光名所になっている・・・

 

 

  雨引観音は、その季節季節で素晴らしい景観を伝える・・・・この時期も最も素晴らしい紫陽花の花の鑑賞となったのである! 雨引き観音(あまびき)は、一度、春に訪れたが、今回のあじさい時期も美しい装いとなる名寺である事がわかっていた! なかなか訪れる機会に恵まれなかったのですが、 今回折良く訪れることが出来ましたが、その時の美しさをこの写真で十分堪能していただきたいのです。 この地は、筑波学園都市からは、ほぼ一時間程度で行ける場所であり つくばエクスプレス開業に湧く筑波地域から、名峰筑波山を右手に見ながら、この雨引観音に向かうのです・・・・筑波が、目の前右手を通過する頃、その先に見えてくるのが、加波山である・・・・この辺は、真壁地区で石切場が多いのでその山肌は掘られて露出しているところも多く、ちょっと異様な姿を呈している場所が多いのですが、この石加工工場を過ぎた頃に道は、大きく右に迂回しながら加波山の麓を通過するのです・・・・と直ぐに右に曲がるとすぐ「雨引観音」の入り口に到達するのです。

 

 この時期は、周辺の彩りが、単純な黄緑色の田んぼの稲で埋め尽くされているのですが、山の色と田園の色が全く同様な緑一色でそまり、あまり色的には変化の無い無機質な時期なのです。 そして、当然の事ながら、梅雨の晴れ間をぬってこの山を登り詰めると、果たしてそこには、美しく朱色に塗られた「雨引き観音」の山門が現れて来るのです。(20080628現在)   ☆☆☆「早春の花を楽しむ」 (春の雨引き観音はこちらから)     「本土寺あじさい2009は、こちら!」「関東アウトレット一覧」 「あみアウトレットだけの限定店の紹介!」「旧軽井沢銀座と周辺」 「ららぽーと柏の葉

最新情報: 20110601バラ満開のアンディウイリアムボタニックガーデン  天狗の面のある迦葉山

雨引観音

      私も知らなかったのですが、この「雨引き観音」は、下の駐車場に着くと山門まで至らずとも、あじさいの花が山の上まで咲き乱れているのが見て取れるのです・・・素晴らしい景観に圧倒されます・・・そしてかなり美しく荘厳な感じがする場所に、その観音は安置されているのでsう。 この山自体見て見れば分かるのですが、それ程大きいわけではないのです。 少し曲がりくねった道の先に、駐車場がみえてくるのですが、 実際は大駐車場はこの奥にあるのです。 

 

しかし、山門を通り正式に参拝して見たいとの心中からこちら(手前)の駐車場にきめたのでした。 折りしもおり、車で上ってきた親子が、その母親が足が悪いのか{こんなさか登るの!!」と驚嘆していたのを見たのですかさず、「この上ちょっと行けば、大きな駐車場があって、そこからならば境内にすぐいけますよ!」 と教えてやったら、喜んで娘が母親をそこまで車で連れて行ったのを思い出すのです・・・・こういった場所がこの雨引き観音なのです!

雨引観音とあじさい

   この観音は、正式名称は、「雨引山楽法寺」と呼ばれ、板東第24番札所となっているのである。 今回、初めてこの寺を巡礼している信者と出会うことが出来たが、皆すばらしく元気よく参拝をしている姿をかいま見て修行とはこういうものかと心を打たれたのである・・・・20130609黒羽あじさい祭り

 

雨引観音参拝

     参道両脇に咲くあじさい群でいっぱい・・まさに圧巻! そしてこの時期が満開であったと言えるのです!・・・・この地の特徴として比較的満開は毎年遅い様なのです。(栃木の大平山神社より遅いのです)

 

      最近、驚くことには、沢山のバスが来ていることである。 そして参拝者をバスから波のごとく送り出しており、参道は、次から次へと人の波が出来ているのであった。

 

あじさい咲く参道

   参道を上る途中眺めてみれば、山頂付近迄、あじさい群の山であるが、そこまでは思ったより比較的楽に昇ることが出来るのである!

 

     この山門は歴史的にも古く屋根がわらがそれを物語っているが、門自体の色は、朱色の修復がすんでいるのであろうか・・・・素晴らしい周囲の緑と調和していたのである・・・春訪れた時とは、全然異なる面持ちであったのだ・・・

     山門付近は、多くの人があじさいを鑑賞しており、今年のあじさいの咲き具合など語って昇っている人達も多いのである。 毎年、決まっておとずれているのであろう・・・・このあじさいの時期も素晴らしいのですが、桜の花の咲く雨引き観音も素晴らしい場所なのです・・・・

     この山寺は、なまこ壁などもあって、色々楽しめる観音寺である。 上り下りしたにしても道程は、見た目ほどキツイ寺ではなくそれも一つの特筆出来る特徴であり、沢山の人達が、訪れる所以なのであろう。

あじさい

周辺探索: 栃木周辺の温泉もどうぞ!春の雨引き観音あじさい満開の本土寺達磨寺のシャクナゲ、 笠間稲荷、 筑波山、 益子西明寺、 大平山とあじさい、 大中寺とあじさい、 

栃木県みちくさ情報へ戻る

近くの探索場所など: 牛久シャトーワイナリー雨引観音筑波梅林水戸偕楽園

 

周辺探索情報

   茨城県は、比較的縦長の県なのです。 そして、茨城の分け方には5分割の方法があるようです。 例えば、上から観の国、然の国、遊の国、探の国、そして知の国と分かれているのです。そしてこの牛久阿見地域は、知の国に該当しているのです。 上から目立つところを見てみると、筑波フラワーパーク筑波山(876m)、筑波研究学園都市筑波エキスポセンター筑波美術館霞ヶ浦大橋霞ヶ浦総合公園雨引観音と花雨引き観音とクジャク筑波と花水戸偕楽園

★その他参考情報:

★ そろそろ紫陽花の時期到来である・・・北関東でも梅雨入りして急に紫陽花の色が濃くなってきたからである。 「北関東地域で名寺とあじさい」といえば先ず以ってこの雨引観音を紹介したい場所である。北関東自動車道がなかった時には、ここは比較的遠い場所であったが、今は違う! 10種3,000株のあじさいが新緑の境内を彩ります・・・参考:「神社仏閣一覧」★20160615:能護寺  あじさい 写真と紹介

 20130621 現在 見頃です!(参考報道:雨引観音紫陽花) 20130612今日は、バラの名所と紫陽花の名所を紹介してみました! 20120329 雨引観音の桜紹介写真集  「桜一覧集」  20100215: 星野と同じような余り知られていない 「錦鯉公園の紅梅の咲く山里」 を紹介しました! ☆ 桜咲く雨引観音 ☆ 「横浜アウトレット

▲ページの先頭へ