日光クリンソウ 千手が浜

クリンソウ 千手が浜

開花情報

TopPage > クリン草

★20200613:日光のクリンソウの時期となりました。 とはいえ、例年のクリンソウの鑑賞というわけには行かないのです。 理由は、やはりコロナの影響で、千手ヶ浜までの低公害バスの運行が行われていないからです。 本当に迷惑な病気です・・・すべての観光が、おじゃんということです。 「素晴らしい紫陽花の寺の寺 雨引観音

無論昔を考えると、この低公害バスは走っていなかったのです・・・ひたすら歩きながら中禅寺湖を半周しながら、やっと到着したのですから、それが本当のクリンソウを見るためのコースだったのかもしれません・・・今でも元気のある方々は、なんのくもなくこのコースを周遊して花を楽しんでいることでしょう・・・・

さて、今年は、梅雨前線が日本の真ん中を上下しています。 今朝も大量の雨が振り、午後まで降り続きました。 現在は前線が太平洋岸に移動していますが、不安定な移動です。 こうしてみると、クリンソウを見るのもなかなか大変だということです。

やはり、無茶をしないで、光徳牧場とか、奥日光周辺でクリンソウを楽しむのが最も良いコース選びとなるのかもしれないですね・・・・

 

★20200612:日光クリンソウが、開花しましたが、今年は、残念ながら、丸沼からの低公害バスが、運行されておりません。 ということは、歩行でゆくことになります。 最も昔はそのような方法でしたが・・・・。この他の方法では、やはり中禅寺湖畔のモーターボートをp利用してゆくことになります。 中禅寺湖畔からモーターボートで千手ヶ浜へ行くこともできます!   「日光クリンソウ 関連」「日光クリンソウバス」「日光クリンソウコースガイド
・片道1名 1,250円(税込)
・往復1名 2,500円(税込)
※相乗りとなることがあります。  ※5名以上での運行となります・・・ お問い合わせ:みはしや(中禅寺郵便局隣) TEL 0288-55-0112

現在、千手ヶ浜までの汽船運行はありません・・・(参考データー 日光湯元休暇村)

なお、クリンソウは、この他こちらで見ることができます。 

1)湯元温泉寺と周辺ホテル。 2)光徳牧場ホテルの庭園内 ・・・いずれも無料で鑑賞できます。 いずれも温泉があるので温泉三昧もできます。 

今年の天候と梅雨: 今年は、梅雨前線が、移動が激しく、例年ならば、関東の東に停滞します。 ところが上まで上がってしまうsので、日光の天候も雨が多い方となります。 俳句にゆくときには、この前線との関連をよく見てからゆくことにいたしましょう・・・

クリンソウ咲き出す

クリンソウ

 

20190609: 今朝は地元紙で、クリンソウの開花が、いよいよ新聞紙上で紹介されました・・・いよいよシーズン入りですね・・・奥日光でクリンソウやズミの花が見頃を向え、初夏かれんな花に見入った。戦場ヶ原では、緑深まる湿原の木道や湯川沿いでズミの花が咲いて、多くの人で賑わった・・・という・・・

 

★20190606: 今年におクリンソウの開花がまちどうしくなりました。 というわけで今日のクリンソウの様子をお知らせしてみましょう・・・当然場所は千手ヶ浜のクリンそうです。 今年は、現在、上から2段め程度の咲き出しており、後一週間から10日位満開にはかかるということです。 様子を確認すると、これで例年並みということで、昨年は咲くのが早すぎたということです。 もう少し待ちたいですね・・・クリンソウの美しさは格別ですからね・・・

さて、クリンソウは、何も千手ヶ浜までゆかなくとも見れるのをご存知でしょうか・・・それは、(1)奥日光の旅館街、温泉寺周辺で見ることができます。 温泉に浸かり花を楽しむのも良いでしょう・・・(2)また、光徳牧場のホテルの庭でかなり多くのクリンソウを鑑賞できます。 もちろん無料で見ることができます・・・・日光のクリンソウの時期は、梅雨前線が、太平洋側のため、日光は比較的良い天候が続きます。 梅雨後半では、やはり日光も雨の時期に入りますが・・・

今年のクリンソウもお楽しみください・・・


 

★20190427:ラムサール条約 に登録されている奥日光の 湿原周辺を走る低公害(ハ イブリッド)バスが26日、 今季の運行を開始した。  この日は霧雨で、あいに くの天気となったが、午前
8:10分の第1便にはハイ カー5人が乗り込み、県日 光自然博物館から記念品が 贈られた。湿原と中禅寺一 湖畔の組み合わせが素晴らしい」と話していた。
バスは、市道へのマイカーI 乗り入れが禁止されている区間の代替としてiされている。昨季は8 万4千人が利用した。  3台 のバスが、戦場ケ原入り口 の赤沼蠢から中禅寺湖西
岸、千手が浜までの市道9 •55kmを片道約30分で往 復。途中、小田代原、西ノ 湖入り口に停留所がある。
運賃は大人300円、子 ども150円。11月30日ま で。運行される TEL 288•55•0880

 

ここでは、[日光の千手が浜]の有名なクリンソウの開花などを紹介しています。 また、クリンソウのコースガイド、「千手ヶ浜」に行かずにクリンソウを見る方法、バスによるコースの旅など 「クリンソウ」 について紹介しています。

20180619: 「クリンソウが最後の見頃」 となりましが、千手ヶ浜までゆくのには、赤沼から低公害バスでゆきます。 その低公害バスの特別記念乗車券が発売されました!低公害バス運行25周年ということです・・・

運賃支払いは、現在、現 金払いだけであり、切符の 販売は初めて。 赤沼自然情 報センター(赤沼)で 取り扱っている。 低公害バスは1993年 に運行開始。 自然保護のた め、戦場ヶ原と中禅寺湖西 岸の千手ヶ浜を結ぶ市道1 002号線の-般車両通行 が禁止されたことに伴う代 替交通となった。価格はi 2回分の600円。11月末 までの秋の紅葉時期まで利用できる。    参考:「日光中禅寺湖畔を歩く

1)開花情報

2)開花状態

3)クリンソウの場所紹介・・コースガイド

4)千手が浜に行かずに見る方法

5)この千手が浜に行く方法

6)その他、日光参考データー


2)開花状態


       ★クリンソウ紹介  日光にある中禅寺湖の千手が浜には、今、「クリンソウ(クリン草)」 が美しく咲き誇っている・・・・一般的には、日光の湯本近辺一帯は、このクリンソウの花で埋め尽くされているのが今の時期なのです。 そして興味深いことは、別のところでも、例えば、「湯本温泉の庭先、旅館などの入り口」にはこれらの、クリン草が沢山植えられており、宿、ホテルの入り口を飾っているのです。 それでも自然に群生している場所はと言えば、この中禅寺湖の西に位置する千手が浜の一帯が一番素晴らしいと言えるのです。 この「千手が浜」は、日光の中禅寺湖周遊汽船に乗れば最終的に到着するコースなのですが、この時期は、あまり通い便としては多く出航していないので、一寸、不便なのです。 そこで、ここに行くためには、竜頭の滝の上の赤沼の駐車場から低公害バスを利用して小田代ヶ原を経由して、反対側の千手が浜までバスの旅となるわけです。 ほぼ、この赤沼から30分程度の旅となりますが、千手ヶ浜に到着すると、その後は湖岸に沿って南方向に約一キロ程度歩くとこのクリン草の群生地に到達するのです。(20090619現在)   参考情報:「クリン草の画像その他紹介ページ」 「美しいクリン草咲く日光湯本温泉と湯の湖」  20090629 「速報日光霧降高原・キスゲ咲く様子!

日光クリン草

  ☆☆☆ 「日本いい旅で日光から湯西川が紹介されました」☆☆☆20130614 参考情報: 今、このコースを通過すると戦場ヶ原では、ワタスゲが満開です! 6月いっぱい見られるのでとても素晴らしい時期に入っているのです! 「NEWクリンソウ紹介」  では、この千手ヶ浜の様子を見てみましょう! 「☆☆竜頭滝最新版」千手ヶ浜のバスの停留場に到着すると、周辺は鬱蒼とする山の中に入っているというような感じで、後何処へ行けばよいのかと感じるような自然樹林帯に到着するのです。 そして、その前を川が流れているので、その流れに沿って約十分程度先に向かって行くと中禅寺湖の淵に出るのです。 天候の良い日に行けばここから男体山が大きく展望できる地なのです。その他右の対岸には八丁出島の様子、そして、中禅寺湖スカイラインの山々が手に取る様に見えてきます。

 そうです・・・あの有名な半月山とその峠に至る山並みです。 もしそれより奥を見てみれば、多分秋ならばあのイタリヤ大使館の別荘跡地近辺も見えてくるはずなのです・・・・静かな湖面を揺るがして、一艘のボートが走り去って行きました・・・・そして周辺に少しですが、クリン草が咲き誇っているのです。 (それにしてもかわいそうにこれらの「クリン草(クリンソウ)」は、鹿よけの網の中で咲いているのです)「花と旅は、みちくさ情報へ!」 バラの美しいアンディウイリアムボタニックガーデン  関連情報:日光の花情報は、いろいろな場所で提供されていますが、やはり奥日光の野花も含めて、「日光観光協会」が一番わかり易いのです。 例えばワタスゲの咲き出しとか、クリンソウの咲き出し情報は、ここで見てからゆけば間違いないでしょう・・・・!

参考情報:

  • 日光中禅寺湖を歩く_2
  • 日光中禅寺湖を歩く_1
  • ☆☆☆ 参考: 最も簡単に日光のクリンソウを温泉に入ってみるのには、湯ノ湖にゆけばたくさん見ることができます・・・・「湯の湖とクリンソウの紹介」・・・・この奥日光の湯の湖周辺には、クリンソウが旅館ホテルの周りにたくさん植えられておりこの時期満開となっています。 また、宿泊できる温泉寺デモクリンソウが沢山花をつけているのでそれだけ見てもご利益があってそこで温泉もはあ入れますから色々楽しめます。 無理にバスで中禅寺湖の対岸までゆくことも無いでしょう・・・・そういう方々は、こうした場所でゆったりとひとときを楽しんでみてはいかがでしょうか!

      千手ヶ浜は、樹林の間から急に現れ、非常に明るくまばゆい中、あまりの明るさに目の調整も出来ないくらいでした・・・・中禅寺湖と男体山が見えてきました・・・・

    多くの人たちは、ここから右に曲がりクリン草の群生する場所に行くのです。 それにしても周辺にある巨木は素晴らしい物であまり見かけないような太い巨木です・・・・最近では、殆どこういう木は切られてしまいないのですが・・・流石に自然が残ると言うことの大切さをを痛感したのでした・・・

      千手ヶ浜の湖面の直ぐ脇にこうした、小さいながらクリン草が群生していました・・・勿論周辺を見ると点々と花は咲いているのですが、群落という形では見ることが出来ません・・・

     

      千手ヶ浜を約一キロこうした美しい風景を見ながらハイクして南下して行くのです。 清涼な空気と散乱とした夏の光が照り注ぎます。 この時期は梅雨時ですが、日本海に前線が停滞していない限り、この地は、空に厚い雲が有って藻、下界とは比べ物にならないほど天候に恵まれるのです。

     この日も下の宇都宮周辺は陽が出ませんでしたが、この地域では、雲が多いとはいえ、ほぼ快晴でした!・・・こうした天候が毎年の状況なのです。 遠くの山々を見るためにはやはり秋迄待たなくてはならないのです・・・

    みちくさ情報へ

      急に道が狭くなり、こうした民家の入口が現れるのです! 仙人庵と書いてありました・・・ここだけに人家があり他は、この周辺では民家は見ることが出来ません。 そして、順路が示されており、クリン草の名所なのです! では、「クリン草の群落」を見てみましょう!

     

      この地は、私も知りませんでしたが、丁度「わさびを取るような清流」が流れており、鱒の養殖が行われており、その清流に沿ってクリン草が咲き誇っているのです。 こういうややじめじめした栃を好むのかも知れませんが、梅雨時に合わせて満開を迎えるこれらの花を見に来るのにはその天候が要となるのです!わさびの採れる清流と言えば、私は、「大王わさび園」しか知りませんでしたが、非常に似通っている風景でした・・・

     

    クリン草咲く日光千手ヶ浜

           こうした清流に映し出されるクリン草の群! そしてその澄んだ流れの中から醸し出される幽幻な雰囲気は、一般の町中では決してみることの出来ない自然あふれる風景として、皆の心に焼き付くのです・・・

      こんなに多くの人達が鑑賞、そして写真撮影へと駆り立てているのです・・・

    クリン草

     

      この、「クリン草」 を鑑賞するためには、前にある民家を左に曲がりそしてずっと置くまで行くと清流の流れている花床二等着するのです・・・先に右に標識のとおり行くと一周してしまい、この美しい水辺を見逃すので注意しましょう!・・・・水辺と花がやはりここの一番の魅力でしょう! 参考: 奥の建物は、数年前に焼失したと聞いています!

    クリン草

      クリン草は、街で見るよりも色がやや黒ずんでいるのです! 自然の栄養で咲いている花々は、街でできあがっている一輪の美しい花びらとは、うって変わった配色をしていることに気が付きました! やはり自然との毎日の競争が、こうした色合いを花に与えたのでしょう・・・

    クリン草咲く日光千手ヶ浜

      以上、クリン草咲き乱れる日光千手ヶ浜の様子です。 ハイクするのに良し、花を観賞するに良し、自然をおうがするに良し、また西の湖、そして、あの有名な「小田代ヶ原」の探索に良し、いずれをとっても素晴らしい名所の数々を一度に見て歩けるのですから、一度訪ねては、いかがでしょうか!・・・・尚ここの低公害バスの発着は、季節のよって異なるので、こちらでチェックしてから出かけるように致しましょう・・・・日光 低公害バス 時刻表

    みちくさ情報へ

    ・クリン草咲く千手ヶ浜までの紹介地図

    クリン草咲く日光千手ヶ浜の地図案内

        ★★低公害バスで旅をするときのコース:  低公害バスは、上の赤いラインを走るのです。 全体で約30分かかりコース内は乗り降り自由です。 千手ヶ浜ー西の湖入り口は、歩行20分。 西の湖入り口から小田代ヶ原まで歩行ー50分。 小田代ヶ原から車庫まで約30分と言うコースです。 やや健脚方のコースですが、道は全線舗装されているので、そう言う点では、心配ないのですが、「クリン草の花」を目的の方々が多いので、あまりこの間を歩っている人は、いなかったようです。    ご参考お得情報  ★ わざわざ、ここまで行かなくとも見れるクリンソウ・・・「クリンソウは、「湯元温泉」そして「光徳牧場のアストリアホテル」で見られます!」  ここならば、「低公害バスなどに乗ら」なくとも楽しめます・・・

       歩く方は、熊予防の鈴を用意しましょう・・・・赤沼駐車場は、平日でも、11時頃になるとこのシーズンは、マイカーでいっぱいになるようです。 バスの待合い時間は、それほど気にならなかったです・・・・まあ、なんと言ってもこの小田代ヶ原のコースは、素晴らしいので、是非一度、来て楽しんでみて下さい! 勿論、中禅寺湖畔から、戦場ヶ原を通過して、湯本までのコースは観光的に素晴らしいコースですが・・・・現地クリン草咲く千手ヶ浜の詳細地図 その他クリンソウの見れる場所:「日光上三依植物園で4000株のクリンソウ開花・・6月中旬ころまで!」

    4)この千手が浜に行く方法

     A) バスによる方法

     B)バスに乗らないでクリンソウを鑑賞する方法・・・これはいたって簡単で光徳牧場に行くことです。 また、奥日光の旅館街に行くことです。 この時期には、クリンソウは、沢山咲いています。 ここに行くとクリンソウと温泉に入れますから   温泉寺周辺がお勧めでしょう・・・

     C)その他の方法: 汽船による方法・・・ 

    「千手ヶ浜コース」として紹介されており、2018年の運行は、6/1~6/30の毎日(6/18は運休)となっております。 寄港【船の駅中禅寺─(20分)→菖蒲ケ浜─(15分)→千手ケ浜】  所要時間40分です。 ¥940.-です。 詳細は、「中禅寺湖クルージング」から見ると良いでしょう。



     

     

    ARCHIVES:

    ☆20170611:お得な情報・・

       日光中禅寺湖に新しい汽船が就航する。 6・24,25日にその汽船を見学する無料ツアーが組まれる。 この汽船は、クリンソウの咲く千手が浜で組み立てが行われているので、クリンソウも楽しめる。 無料なので参加してはいかがだろうか・・・ 参加希望者は、 ず中禅寺湖機船のホ ムぺージの申し込みぺージにアク 3セスし、必要事項 を入力して応募するだけです。

    20170609: 2017年の6月9日: 今朝の新聞で日光のクリンソウが咲き出したと紹介がありました。 実際は、今月の2日頃から咲き出したようで、そろそろ見ごろの時期になるでしょう・・・昨年は、10日も早く、今頃は見ごろに入っていたのです・・・


     

     ★20160603:  2016年のクリンソウの見ごろは、すでに始まりました!   ■クリンソウが咲き出しました・・・現在、8分咲き程度で、例年よりも10日早いという・・!・・・日光千手ヶ浜 クリンソウ場所・コースガイド詳細    

     ★★ 「日光クリンソウ咲く場所のコースガイド詳細」★参考:「クリン草の旅情報(20160527日現在」・・・・・★参考「日光特集一覧


    その他、日光参考データー:

    1)  日光とは

    2) 日光竜頭の滝

    3) 日光丸沼温泉

    4) 日光市内紹介

    5) 日光植物園

    6) 日光旅 1

    7) 日光旅 2

    8) 日光湯元

    (注記) 下の写真集には、リンクがあります・・・・マウス移動してクリックすればその各の場所、好きなところに行くことができます!   日光概要を、お楽しみ下さい!

               
    日光龍頭の滝春 龍頭の滝春 神橋 日光五重塔 含満ヶ淵 龍頭の滝を歩き楽しむ!
               
    日光植物園 日光杉並木公園 光徳牧場 大笹牧場 中禅寺湖スカイライン 中禅寺湖
               

    ARCHOVES:

    ☆2018クリンソウ開花情報

    ☆20180531: ついに 「クリンソウが見頃」 となりました。 千手ヶ浜の九輪草の美しさを堪能している写真が報道されました・・・

    20180528:日光千手ヶ浜と千手の森で、クリンソウが、開花したと情報が入りました。 まだ一番下の花が開花しただけなので、来週あたりから、だんだんと見頃となるかもしれません・・・待ちどうしくなってきました・・・

    20180519: 今日現在の栃木のクリンソウの状態は、三依で咲きだしています。 また、あじさいの状況は、葉の上に花芽が付き始めています。 まだ全部とは言えませんが種類によっては、ほとんど花芽がついています。 順調と言えるでしょう。 県内は今まさに薔薇のシーズンで見頃が始まっています。  ご参考 「真岡の井頭公園ではほぼ満開のバラが楽しめます

     開花時期について: 2年前の2015年は、6月12日現在見ごろとなっており、TVでも紹介されて多くの観光客が来ています・・・本当にこの時期の天候は悪いのですが今年は雨量が少ない成果曇り日が多いのでハイクには最適でしょう!    ★参考「日光クリンソウバスの旅・・・出来ました」★★「2014年のクリンソウの開花状態紹介

      しかし例年は、6月の下旬あたり(毎年20日前後)が見頃となるので梅雨に入った6月の初旬では、少し早すぎすのです。 以下の記事は、満開の時期を紹介している!とても美しい状態でした。 6月6日現在では、兵庫県のクリンソウが満開という情報が伝えられています・・・絶滅危惧種ということで大切に扱われているようです・・・★参考情報 「光徳牧場とくりんそう

    その他周辺探索情報

    塩原温泉 今年の塩原温泉は、これで決まり!  
    大谷川公園 この杉並木公園の直ぐ北側に有る大きな美しい公園です  
    那須ガーデンアウトレットの追加情報 アウトレットの内部を、子供の遊び場そして、農産物売場を細かく紹介!  
    ユリ満開の塩原ハンターマウンティン 塩原の美しい花の名所・・東日本一の広さとボリュームを堪能!  
    那須の秋を満喫しよう! 那須岳の秋を満喫しようと思っている人の、美しい風景と周辺紹介  
    濁り湯の塩原温泉新湯を探索 塩原温泉にもこんなに素晴らしい温泉が、あったとは驚き!!  
    明治の森公園と青木邸 那須アウトレットから直ぐの場所にある青木邸・・・・白色の綺麗な建築物・見学可能  
    那須殺生石 あまりにも有名な那須の殺生河原!紹介  
    那須鹿の湯 温泉の元祖・那須の鹿の湯・・・まるで過去に戻ったような雰囲気有る温泉湯  
    那須フラワーワールド 那須にあるこれほどにも美しい花の楽園・一度は探索したい場所  
    お帰りがけによる温泉一覧 アウトレットから帰りがけに立ち寄る各地の温泉施設紹介  
    最新の周辺温泉街外湯など紹介 鹿の湯周辺探索(最新版)  

    旧情報:★20161003:「日光紅葉情報始めました!

    ★20160616:注意:世界遺産の日光東照宮で修理のため国宝「眠り猫」が取り外されました! ただし、複製品が取り付けられています・・・12月に完成して、戻されるそうです。 三猿は7月から修復に入り、9月まで修理となり、修復の様子は、西回廊で、見ることができるという・・・

    那須アウトレットに行こう!(20081205)| 「最新のインターパークビレッジ情報」

    那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)     「軽井沢アウトレットモール

         宇都宮のアウトレットモール |イオンレークタウン

    素晴らしい観音沼の秋            那須地域に「白鳥が飛来しました!」

    最新の「那須茶臼周辺紅葉」20081010を、どうぞ!         「ロマンチック村秋・2008」   「周辺の紅葉状況

    真っ赤に燃える 「那須フラワーワールド」 20081010もどうぞ!  ベルモール宇都宮

    「真っ赤に燃えた那須茶臼岳トレッキング!」 20081010  「佐野プレミアムアウトレ

    ット」  | 四季の花々・一月軽井沢アウトレットと周辺紹介  ファッションクルーズアウトレット紹介 |大洗アウトレット 御殿場アウトレット紹介|春は、佐野インターから30分程度で行ける、「太田芝桜公園」へ!|チュウリップ満開の「ぐんまふらわーパーク」へ!道のり、約一時間程度|八ヶ岳アウトレット

    栃木県みちくさ情報へ戻る

     

    ★年度別、花情報の一覧集です・・・・参考に楽しんでみてください・・・色々あります。

    ▲ページの先頭へ