古峰ヶ原神社を歩く

 

古峰ヶ原神社と周辺を歩く

 

  •  ★★ 20161104:「古峯神社の秋紹介
  • ★最新情報: 20161027:2016年の古峰ヶ原神社の紅葉が見頃となりました。( 広大な池の付近にある「もみじ」も色づきました。)・・・と紹介されています。 これは、鹿沼市のHPの中で紹介があり、大きな池のヘリのもみじが色ついているという内容です。 リンクをたどるとそのページに行けます。 このもみじは、下にも紹介していますが、一番早く色がつくもみじです。 例年は、11月5日頃が最も美しい紅葉の時期なのです。 2014年は、このもみじが枯れて落ちた頃おまいりに言ってきたのですが、その写真が、これです。 このもみじが枯れても周辺のもみじが沢山あるので、まだまだ大丈夫です。 ここ、10日間くらいが、最高の見ごろなのでしょう・・・
  • 20151105:古峰ヶ原の古峰神社晩秋の紅葉とTVで紹介された道を辿る!

 

 

★★最新情報: 古峰ヶ原神社の古峯園でもみじが見頃になっている! ★参考1: 「天狗の面で有名な光丸山法輪寺」 「迦葉山の天狗

 今年は、秋の訪れが例年よりも4-5日早く10月28日現在で 6割程度が紅葉を始まっている・・・ことしは、11月第一週までが見頃でしょう・・・ ここは、かなり大きな池があって園周辺で美しく夏にハナ菖蒲が咲くのです。 現在7分咲き・・・  私のホームページで、古峰ヶ原神社(正式には、古峯神社)というページが, 数ページありますが、これは、春夏秋冬素晴らしい景観を与えてくれる古峰ヶ原地域であるからです。 古峰ヶ原地域は、栃木県内の人なら、誰でも一度は、訪れている名所であり古峰ヶ原神社としても、皆に慕われている神社、すなわち「古峯神社」なのです。 

この古峰ヶ原神社へは、宇都宮市の西部に位置する鹿沼市から行くのが、常道な道筋となります。実は、この地域に行くには、もう一本、日光方面から小来川経由で直接入る道が、あるのです。 これを用いると日光方面へ如何に早く行けるか、驚く程なのです。 しかし、今日の探訪地は、鹿沼市から古峰ヶ原周辺と言うことになります。 これは、徒歩だけでは、厳しいので車かバスの乗り継ぎと言うことになるでしょう。 しかし、いつ訪れてもこの古峰ヶ原神社周辺は、素晴らしい場所で、いっぱいです。 是非とも訪れて見て下さい。 最新情報   紅葉の状況 : この場所の紅葉探索地図と紹介 最新情報 古峰ヶ原神社 「大芦川上流白井平橋と紅葉大特集  古峰ヶ原神社紅葉 「鹿沼市のおもてなし地図ができていました・・・紹介します!」 「2013年の白井平橋の紅葉は、11・17日が最高で、今週いっぱいでしょう・・・」

   ☆☆☆☆ 最新情報: 日光例幣使そば街道>第一回 あるってみんべ!小来川!!・・・来る20121118日に行われる「秋の紅葉を見ながら名所をのんびり散策、お昼は小来川の新蕎麦をどうぞお楽しみください」の行事です。 皆さんお誘いの上お出掛けください!

天狗の面のある迦葉山 「名産品」「湯治場情報

古峰ヶ原神社にて

 

 まず、鹿沼から公共機関などのバスで、大芦側川の流れに沿って、遡上します。 多くの太公望が、この川の周辺には、いつもいて大物を釣り、楽しんでいる姿が見受けられます。 そして、川幅がだんだん狭くなるころ、一の鳥居を通過するのです。 この一の鳥居は、かなり大きな造りで車道を見下ろしているので、誰でも見失うようなことはありません。 そして、しばらく行くと左側に大きな神社が見えてきます。 初めて、見た方は、それが古峰ヶ原神社と思うことでしょう・・・・実はここ、有名な修験者の寺、金剛山なのです。 嘗ては、この大きな刀を持った神は、路際には、居なかったのですが、近年建立されたものであり、その迫力たるや、あまりの迫力で睨まれており、驚かされるのです。 さて、そこを通過して、しばらく登ります。

 すると、道が広くなってきて、左にトンネルが、見えてきます。 そうです! ここが古峰ヶ原神社、実名で「古峯神社」です。 車を降りてこの参道を右に行きましょう。 周辺には茶屋が、3件程度あって、寒い日には、饅頭なども煙が出ており、暖かく感じるでしょう。 ほのかな煙を出して、手焼きのせんべい等もありますが、これらは、見る見るうちにみなの足を止めて、売れ行き抜群なのです。

 ご承知のように、この山を超えると、足尾の山々が連なっており、日光の山が、立ちはだかっているのです。 しかし雪は、比較的少なく、冬でもこの地に来る人は多いのです。 初詣のお参り、七五三のお参りなど、沢山の行事をやっており人気の神社なのです。 では、この神社に来るまで、平行して流れる大芦川とはどのような川なのでしょうか! ちょっとその風景を見てみましょう。

 

大芦川の流れ

 地図を紐解いてみるとわかりますが、この大芦川、源流は、日足トンネルの東側の、地蔵岳、そして、古峰ヶ原高原にその源流をたどることができるのです。 やはり日光の水の流れを汲んでいるといっても過言ではないでしょう。ここは、少し南に行けば、この地では有名な前日光牧場、すなわち井戸湿原に至る場所なのです。 現在、この古峰ヶ原周辺からトンネルで、粕尾峠までは、直通では、残念ながら行けませんが、横根山の麓から上五月までのルートは、既に完成しているので、車でも通過することができるのです。

 多分、この活雲山のルートの開通も真近いことでしょう。 では、なぜこの古峰ヶ原神社、すなわち古峯神社は、これほど根強い人気の神社なのでしょうか? それは、ここに至る、道筋が、自然豊かであり、また、山奥深い場所であり、霊験新たかな感じがするからでしょう。 そして、何よりも、この神社の屋根が、いまだに、かやぶき屋根で出来ており、まるでその造りが夢のような建物だからでしょう。

古峯神社茅葺の古峯神社

 ところで、皆さんにお聞きしますが、この神社、ただ、境内から、中央の位置で、手を合わせて参拝だけして、お帰りになっていませんか??? 実は私も知らない時には、そのようなことをしていたのです。 ある時、何か沢山の人が、境内の正面から、靴を脱いで入っていくのを目撃したのです。 そうです! 皆、ご祈祷をしていただくためでしょうか・・・・ところが、それが違うのです。 ここは誰でもここから入って、御祈祷の場所等を見ることが、できるのです。 そして、お祈りを申し込めばよいのです。しかも、ここでは、お昼の御膳などが用意されており、それを戴くことができるのです 勿論、誰でもです。 この中を見て驚くことは何も、講を組んできた人ばかりでなく、一般の人たちも、沢山部屋で休憩いなどしていて、お膳を戴いたり、御祈祷等を受けたり、それはそれは賑わっているのです。 もし、まだ一度もこのようにしたことが無い方は、是非とも、一度そのムードを味わってみては、いかがでしょうか・・・・そして、すべての申込案内が、正門から入って左側にあるのです。 お払い、御膳、何でもそこでお願、申し込み、出来るようになっているのです これは、本当に驚きの神社なのです。 人気がある秘密は、ここにあったのです。

古峯神社

 ここは、古風な情緒がいっぱいの神社です。 今時、本当にこのような神社は、在ること自体珍しく、多分私が、個人的ではありますが、思うのに、他、どこを探しても無いのかもしれません。 大切な歴史遺産の神社のような気がしてならないのです。 ゆえに、遠く都内、そして、横浜などから来る人たちも多く、いつも賑わいを見せている神社、それがここ、古峯神社なのです。

天狗の面

 これが一番大きな、美しい天狗の面です。 このほかにも廊下にまだまだ沢山古代からの歴史的な天狗面が、奉納されており、この神社の歴史が、訪れてはじめてわかるのです。 皆様も、外で手を合わせて帰るようなことのないよう、必ず中まで入ってから、お参りし、そして、ご祈祷などして、行ってください。 そうすれば、如何に、素晴らしい神社であるかその時になって、お分かりいただけるでしょう。

天狗の面

 そして、ここで食事を取ると、小さいながら小ビンのお神酒が、土産品で、いただけるのです。 素晴らしい味のお神酒でした。 またたずねたいと思っています。 さて、今度は、この神社には、もうひとつの有名な場所が、あるのです。 それはこの神社の庭園です。 何か庭園というと、狭いところにごたごたと木が植えられていることを思い出しますが、そんなものでなく立派な日本庭園です。 この裏山の山間地の広大な場所を利用して、素晴らしい自然公園が整備されているのです。 特に春秋は、沢山の人たちで賑わいを見せており、軽い食事などもできる場所が整っているので忘れずに見て参りましょう。 一集、約40分は、かかるでしょう。 写真など撮り歩くと一時間は楽に過ぎてしまいます。

古峯神社庭園

 さて、長くなるのでこのくらいにしますが、上の写真にあるように、庭園はかなり広大で、しかも広緑樹が、沢山あって新緑と秋には、このような風景を堪能できるのです。 他県から来る方々は、多分ここで、ゆったりと一日を過ごすこともできるので、古峰ヶ原一帯とこの古峯神社の旅を楽しんでは、如何でしょうか? 夢のように美しい場所なのす。

古峰ヶ原神社への交通 の目安

例示: -=定期バス; ー=電車; ーー=新幹線

1)東京ーー(宇都宮新幹線:一時間10分)ー鹿沼(日光線:15分)・・・新鹿沼(定期バス:一時間10分)-古峰ヶ原

2)東京-----浦和ic(首都高速:40分)------鹿沼IC(東北道一時間)------古峰ヶ原神社(地方道路40分)

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

▲ページの先頭へ