古峰ヶ原の古峯神社(古峰ヶ原神社)総集編

私の古峰ヶ原神社と周辺の一覧紹介

古峯園の紅葉の美しさ

古峰ヶ原神社の春・・・これは、2007年春の様子である。 鹿沼市内から、古峰ヶ原方面へ初区道中に沿っての美しい風景ばかりを集めたものである。 途中鹿沼市の有名な千手山公園、そして、周辺の農村田園風景、途中の綺麗な川の流れ、大芦川の渓流を堪能して、そして目的の古峯神社に到着するのである。 周辺は花の満開時期で、本当に美しいときであった。 大芦川の上流では、太公望達が釣りに熱中していたが、それにもまして春の萌えるあの美しい彩りはなんと表現して良いか本当に分からなかった・・伝伝

神社から庭園へ

古峯神社への道・・・これは、上記ですべてを語りきれなかったので、追加記事ということで、加筆したものである。 今日見てみると春のあでやかさと何ともいえない陽の光が、何ともいえない雰囲気を醸し出している様子が手に取るように見える・・・本当に美しいものである

古峰ヶ原周辺の山々の紅葉

古峰ヶ原神社途中周辺風景の紹介(秋)・・・古峰ヶ原周辺は、いつも驚くほど遅い時期に紅葉がやってくる。 そして、その時期には訪れる人たちも激減してくるのである。 枯れ葉が落ちて風に舞い、写真など撮っていると、本当に今年もこれで終わりかと、思うことひとしおである。 空の色は、真っ青になって、コバルトブルーの色からウルトラマリーンと、その美しいグラディエーションを作り、何ともいえない雰囲気である。 それらの中で、今年中頃訪れてみたら、川の工事で美しい流れがなくなってしまっていた。 美しい自然は今そのときにしかないのだと、心に言い聞かしての旅であった。

こうした鹿に出会えるかも

小来川周辺の秋・・・小来川は、この古峰ヶ原周辺に行くときに、日光方面から入る最も近い、しかも楽な道である。 誰が通っても危なくない道であり、もし皆様が、この辺から日光方面に行きたいときには最も、お奨めのルートなのである。 それほど視界はないが、本の数十分でこの小来川と今市方面絵の分岐点に到達することが、出来るのである。 この小来る川には、温泉が一軒だけあって、秘湯になっているのだ! 秋の周辺探索などにはもってこいの場所を提供してくれるところなのである。 最近では、農村の生産物を売るお店なども出来てきて、今まで殺風景だったこの地に、観光の、のろしが上がっているのである。 また、ここの渓流は、子供などと、遊ぶのには、最高の場所であり、ここを知っている人達は、結構、散歩がてら、遊びに来ているところである。 晩秋の秋の風景の彩りは遅く、何か静寂さの中にひっそりと佇む奥農村風景を現出してくれる処なのである。 ここは、南に下るとさつきで有名な鹿沼市に続いており、ここから高速もあるので、めっぽう交通事情は良いところなのである

古峯神社の天狗の面

古峯神社の素晴らしい紅葉・・・時間がある方は、この写真集を是非見て頂きたい。 とにかく古峰ヶ原神社の紅葉がこれほど綺麗なものかと驚かされるであろう。 この時期に行くのがなかなか難しいのであるが、タイムリーの時期に行きさえすればこのように美しい紅葉が見られるのである。 このシリーズは、鹿沼の周辺から大芦川沿いを北上して、古峯神社に到着し周辺土産点なども紹介してあるので、全貌をつかむのには最高の写真集と思われる。

古峰ヶ原神社の紅葉

周辺温泉一覧、 湯治場一覧を見る

古峰ヶ原神社への交通 の目安

例示: -=定期バス; ー=電車; ーー=新幹線

1)東京ーー(宇都宮新幹線:一時間10分)ー鹿沼(日光線:15分)・・・新鹿沼(定期バス:一時間10分)-古峰ヶ原

2)東京-----浦和ic(首都高速:40分)------鹿沼IC(東北道一時間)------古峰ヶ原神社(地方道路40分)

2014年10月28日 古峰ヶ原神社の古峯園でもみじが見頃になっている! 今年は、秋の訪れが例年よりも4-5日早く10月28日現在で 6割程度が紅葉を始まっている・・・ことしは、11月第一週までが見頃でしょう・・・  2013年 情報 「大芦川上流白井平橋と紅葉大特集  古峰ヶ原神社

 

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集  

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!