花桃の里 阿智村

栃木県みちくさ情報 花桃の里 ここでは、長野県の花桃の里を紹介しています。

長野県 花桃の里

  

--->★★2017年日本一の花桃の里・・・現在7分咲きです

★ 参考:鼻桃の差とは、近くにもあります。それは長野県の上田です・・・2016年の「余里の一里花桃の里」開花が始まりました・・・現在7分咲きです・・・「 長野県上田市武石余里(より)地区でハナモモが咲き始めた=写真。集落の農道沿いや民家の庭先など約4キロにわたって約2千本が植えられており、地元の 住民グループ「花咲(はなさか)じいさんクラブ」が世話をしている。濃淡のピンクや白色の花が、新緑の季節を迎えた山あいの集落を彩っている・・・」と信毎新聞で紹介されました!   


その他の関連情報

  1. ★参考情報:ほんとの夜と出会う秋・・・という題目で、長野木曽町の開田高原の牧場、4〜26日。午後8 〜9時。周辺の光源を消し真の暗闇を体験するツア一。専門家から星の説明を受け、夜の厩舎の見学も。阏町観光協会0264 • 22 • 400

 

          

長野県の阿智村という場所に「花桃の里」という場所がある。 ここは、食用の桃ではなく、一般的な庭園などに植えられている「花桃の花を楽しむ」ためのものです。 そういった花木が、この自然の山中に多く集められている自然の広大な地域・・・そこに咲き誇る一群落の桃の花はとても素晴らしい場所なのです。  その地域が「花桃の里」渡渉されている一帯です。  なんといってもこの地域は、大きな山間の地域ですからこうした花類は多いのですが、花桃だけがこの一帯に植えられているのです。 一般的には、昼神温泉に宿泊して 次の日の朝、この花を見に行くといったコースが一般的なようです。 花桃の里と昼神温泉 のコンビは素晴らしく、多くの観光客を満足させてくれる場所といえるでしょう・・・  ★ここの「花の開花実績表」が紹介されています。 

    

それにしても、ここの花桃の里は、天竜峡が現れる近くであり、そして妻籠街道の周辺ですから、関東から見るとかなり遠いということには違いないのです! 最も首都圏から行くならば、直接中央高速で行けば、まっすぐに長野県の岡谷から名古屋に向かえばよいわけです・・・この花桃の咲く地域から、もう少し先に行くと、そこは名古屋ですから・・・・・・長野県も広のでこの周辺昼神温泉周辺まで来ると、やはり山が多い地域となります。

 昼神温泉は比較的新しく出来た温泉街で素晴らしいいで湯の観光地です。 そして温泉から花桃の里へと向かうのですが、 途中、少しではあるにしても花桃が咲いているところが多く、その場所、場所で桃の花がいろいろな形で見えてきます・・・しかし、やはり花桃の鑑賞地は、なんと言ってもここから先にある、月川周辺となり時間的に早く到着すると「手前の方の駐車場」が利用できるのです。 到着時間が遅くなると、もっと上流の奥の方の川沿いの道際に駐車する様に誘導されるのです・・・

ただし、この奥の方に誘導されても奥の方の景観も素晴らしいので、花を見る限りでは、そちらを鑑賞したい方にとっては、きっと都合が良いのかもしれないのです・・・しかし、色々な地方色豊かなテント店、食べ物の店などが開いている場所といえば、やはり到着した最初の駐車場周辺なのでそこまで戻ってこなければならないのです。   

 

 5月の連休に入っても、未だ見ることの出来る花桃の里は、ここの花桃の里といえるのです。 関東地域では、同じ時期同類の花は散ってしまい、次の花を求めて北方へと探索する時期ですが、ここ南信州には、遅い春がやっとやってくるのです。 この花桃の里は、電力会社の社長であった、福沢桃介(福沢諭吉の娘婿)が、ドイツのミュンヘンから3本の苗を購入して、木曾の発電所に植えたのが始まりと聞き及んでいます。 何はともあれ、この時期に咲き誇る国内でも有数のこの桃の花畑は、素晴らしい見応えのある桃源郷であることには、違いないのです。 

 

花桃の里

 さて、ここ花桃の里は、あの長いトンネルで有名な恵那山トンネルの手前にあって、木曽路の旅と共に訪れることが出来る場所である。 そして、嬉しいのは、昼神温泉から約15分で到着できるところが嬉しいのである。 車は、次々とこの花桃を目がけて上ってくるが、さすがに、この地域は、広大な恵那山である故か、混雑はしても駐車場には、事欠かない場所である。 また、広大な地域にこれだけの花桃が植えられているせいか、かなりの人が、ハイクを楽しみながら歩るっていても、それ程目立たないのが、何か私には、印象的であったのだ。「花と旅は、みちくさ情報へ!」 20100124: 分かりやすい「早春の花散歩」でお出かけ下さい!

 

花桃の里全体像

月川を渡る前の到着地点から見る花の里の風景です。 素晴らしい田園風景が続きます・・・・鯉のぼりが沢山上げてあって周辺の雰囲気を盛り上げています・・・こうした自然を楽しみながらの花桃の探索はほんとうに素晴らしいひとときとなるのです。 もう、田畑の土も緑色にかkが焼き始めもうすぐに田畑に水が入るのでしょう・・・鳥のさえずりも聞かれます・・・・

 

花桃の里とこいのぼり

      この、花桃の入り口付近にある’鯉のぼりと花桃’・・・・これを見ると如何に広大な地域に花桃が植えられているのか、お分かりいただけるだろう。 この月川沿いに花桃が植えられているのである! 尚、ここと同じように楽しめる花桃の里は、他に 「余里一里花桃の里」がある!

 

月川沿いの花桃

      この月川沿いのこれは中程にある桃の群落地・・・・月川は、大きな川幅があるので、こじんまりした感じは、しない! この様な中を山に向かってハイクしながら、花桃を鑑賞して行くのである。 特に、ここの呼び物である、三色咲き分けの桃は、確かに珍しく、それを見ていて、荘厳な感じさえしたのである・・・・多分それは、外国から輸入してきたと聞いたからでもあろうが・・。

 

花桃の里・花の中で

花だらけの中を一人歩く姿は本当に素晴らしい情緒です。 まるで花の山を自分一人で独り占めといった感覚です・・・

 

花桃の里と橋から見る風景

      この周辺は、’はなもも街道昼神温泉郷’とも総称して呼ばれており、色々な地域が、この花桃を植えており、山の高度差を利用してだんだんと咲き上がっていき、長い時期に亘り、観光客の目をドライブしながら楽しませてくれているのが特徴である。 また、町の名前も美しい・・・・例えば、清内路村とか阿智村とか、何か関東地域から行くと、夢のような美しい名称に浸ることも出来るのである。 さすが自然がいっぱいで、美しい地域だと言うことが、ここを訪れると、直ぐに分かるのである。 そして、忘れてはならないのが、ここは、木曽路の名物である、天竜下りとか、御岳山、そして、馬込、妻籠街道の由緒ある昔からの街道筋であることを忘れてはならないのである。 多分歴史的に興味を示す方々には、垂涎の的と成るに違いないのである。

花桃咲く頃

      この日は、やや雲が多くなってしまったが、それでも青空が出てきて、素晴らしい花見より日となった! 空に輝く桃の花は素晴らしく、また迫力に富むものであったのだ。

花桃の里案内の場所にて

     花桃の里の本当の中心地です。 かなりしっかりとした表示が真四角の気に刻まれて立っていました・・・

      街道筋を歩くとこの様な建物も散見され、この周辺も現在桃の花を植え込み中で、近い将来には、この周辺がもっと素晴らしい桃源郷となることは、疑いも無いことであったのだ!

花桃の里

      三色咲き分けの花桃・・・・誠に珍しく、また美しい!

花桃の里を謳歌する

花桃の里の美しさ

花桃の里と周辺道路

花桃の里と渡る橋周辺

      月川にかかる橋を渡り、上流へと探索する人々! 周辺の花桃の美しさに見とれて、佇む人、ゆったりと歩く人、人それぞれの気持ちが、花桃によって動機づけられ、行動し、その美しさにより高揚している一時でもあったのだ。

      「車の駐車場等の参考事項」  さて、この地は、朝方になると、流石に有名地であるから、昼神温泉からの車の出入りが多くなる・・・・はっきり言ってしまえば、早めはやめの出発がいいと言うことになる。 そして現地に着いたら、脇目もふらず、この登りの上がっている場所より上を目指すことである。そして、温泉旅館の月山の左折する丁字路より上に行くことである。すると、案内人が来て駐車場をていきょうしてくれるのである。 ここから、これらの花桃を鑑賞するには、非常に近くて簡単である。
  最も時間に余裕があって、ここでゆったりとという方々には、先ほどの鯉のぼりの泳いでいる近辺の一番賑わっている場所にも駐車場はあるので、心配はない。 それにしても沢山の人だかりが出来ることには、ちがいないのである。 良くもこんな山奥にこれだけの人が来る物だと驚嘆するばかりである。 そして、もう一つ注意しないと行けないのが、ここに一番近いインターである。長野方面から来た人は、ここでは下りられないので、昼神温泉の入り口で、下りていないと、結局、恵那山トンネルまで行くことになるので、これだけは良く研究しておこう! 大変なことになるからである。

     (因みに、ここは、栃木県内から行く場合は、足利、大田に出来た新しい北関東自動車道路を用いて、飯田山本インターまで約4時間半、そこから20分程度で昼神温泉着であり、そこから15分でこの花の里に到着することが出来る。 それにしても、途中花の里が多いので、見逃すことがないよう、良く研究調査をしておいた方がよいだろう!) 

      最新情報: 私の勧める国内の桃の花の名所集!(文字をクリックするとその写真に行けます)

以上私の選んだ桃の花ベストです・・・・あんずの里は桃の花とほぼ同時に咲いていますので追加しています!

★参考情報 山梨桃   新しい花桃の里は、こちらから!   北関と群馬の早春の花旅一挙公開  桃源郷 関東紹介   花見山紹介 

・・・・・・・・・・・ENGLISH
20090410現在の「甲府桃の花」「韮崎の桃の花と白鳳三山」「清春白樺美術館と桜」 :その他 「松田の河津桜」 ☆☆☆ 「花旅情報一覧集」 ☆☆☆「早春の花を楽しむ」 <20120402山梨 見富村と桃の花畑 日本の原風景

その他の国内ベストポイント紹介: 花見山満開新府桃の花、 余里一里の花桃の里桃の花咲く一宮花桃・すみよしや

関連紹介: 上高地軽井沢から近い桃源郷イオンレークタウン「最新軽井沢アウトレット紹介へ(20081130)」     「軽井沢アウトレット

配置マップ」  軽井沢アウトレットと周辺紹介

那須ガーデンアウトレット   那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)    ベルモール宇都宮

宇都宮のアウトレットモール  「美しい浅間山風景」  「湯治場一覧」   「ラジウム温泉と風景」  「焼き物の益子紹介」

| 四季の花々・一月軽井沢イーストの紹介ファッションクルーズ紹介 |大洗アウトレット道路情報

旧情報: 今年2014年も、この桃の花を見ようと今から気にしてこの桃の花の美しさ、場所を検索、検討している人が多いのではないでしょうか・・ ここは、同じ信州でも伊那の方ですから南信州ということになります・・・★参考情報:2013年は、5月3日が満開の最高の見頃でした!

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

pagetop