小山飯塚の思川桜並木と菜の花・そして桃の花咲く里

おもいがわ桜・天平の丘の直ぐ隣の美しい歴史の村

 
☆ 20130408 「小山菜の花まつり)と称される飯塚地域の国定史跡琵琶塚古墳で2013年は、2週間以上早く咲きだしいた! 4月7日から開始で菜の花摘みも出来る!   ★ 「さくら紹介カテゴリー集

北関東 花開花時期 歳時記

  1. 2015年:桜の名所でステ一ジイベン トやライ卜アツプなどを行う 「おやま千本桜まつり」が、小 山市内各地で始まった。
    4月 19日まで。
    市の花オモイ ガワザクラ(思 川桜)やソメイ ヨシノが見ごろ を迎えるこの時 季恒例のイベント。
    4、5の両 日には乙女1丁目の「乙女か わらの里公園」などで「ままだ ふるさとまつり」を開催。11日 には「おやま思川桜まつり」 が 観晃橋南側の思川アプローチ で開かれるという! 何といってもこのさくらの色は素晴らしいのでぜひ尋ねてみてほしい・・・
  2. 城山公園と間々田八幡公園 などでは桜の開花に合わせラ ィ卜アップを実施。
    各公民館 が事務局の桜まつりも順次実 施する。
    おやま千本桜まつり実行委 員会の担当者は「小山市なら ではの思)Ih
    桜のかれんさを多 くの人に見てほ しい」と話して いる。
    イJ、ノ 問い合わせは
    同まつり実行委 事務局(
    同市観光協会)TEL0285ー30ー4772 地区ごとのイべ ン卜については各公民館へ聞いてほしいという

今年で2回めとなるそうであるが、以前からここは好きな場所で訪れている! この思川桜は素晴らしい色で咲き、ソメイヨシノが散った跡咲くのが有名! 小山市内の観光橋から大学の構内に咲く思川桜も見頃となっているはずである!ここでは例年の咲き出すデータが書いてあるのでそれと比較しても今年の早咲の度合いがよく分かる! 子供連れでゆくのはここは最高であろう・・・★★★「春のドライブスポット紹介!」 「軽井沢からのドライブスポット紹介」「休日のドライブ情報

★天平の丘の八重桜の具合を見に行った時に、いつも通過する私の好きな道を通った時、あまりの美しさに絶叫したのであった!・・・・とも言うのは、それは、もう既に、桜の季節が終わっているのに、ここだけは、咲き乱れているのである・・・・そのとおりである・・・・・実は、「おもいがわさくら」・思川桜なのである。 これは、少しずれて満開を迎える色の美しい桜であり、八重桜が咲くまでの息継ぎに咲いてくれる非常に貴重な桜なのである。 しかも、誰も殆ど見ていない街道筋の、素晴らしい桜並木なのである。 本当にもったいないと思いながらも、暫く、この桜を、鑑賞させていただいたのである・・・・全く以て、偶然の出会いとはいえ、素晴らしくもあり、美しく、誰もが心打たれることであろう。 実は、これが、あの有名な、思川桜なのである! 先ずは、ごゆっくりと、ご覧下さい! (取材日:20080415AM)  20090413日の小山市の飯塚地域の桜の状況と周辺案内「20110413: 思川桜と琵琶塚古墳の菜の花開花情報」 20120420: 2012年は、4・20日が見頃迎える!

★20100418: 満開を迎えた思川桜と桃の花そして菜の花!
20100420:小山のアウトレット・小山遊園ハーベストウォーク

思川桜

 ここは、先ほども紹介したが、天平の丘公園から、ものの一キロ程度しか、離れていない場所にあるみちなのだ。 そこから、南に位置した、下野市と小山市の境界の所にあるしずかな、村なのであるのだ・・・・ちょっとこの場所も、天平の一部と思われるが、別の区域に成っていて、ロマンの街道筋なのである。 ここには、鑑賞するための駐車場もあり、ロマンの歴史を物語る案内看板も立っており、本当に、もっと皆が訪れないと、もったいないような美しい環境の場所なのである。 私は、ここは絶対に行かなければ損をする場所の一つとして、今日ここに急遽紹介する訳である。

 

     ここは琵琶塚古墳と呼ばれている地域です。 ちょっと小山・・・壬生街道筋から一本東に入ったところなので本線だけ通過している方々には、きっと分からない場所かもしれませんが,姿川寄りにある道と言えるでしょう。 そして何よりもこの未知はあの早咲の桜「淡墨桜」、の場所からまっすぐ南に下った道のほぼ終わり際のところにあるのです。 地元の人の手入れが良いので菜の花とこの思川桜そして八重桜と咲き乱れるのです! ほんとうに素晴らしい場所なのです・・・

 

sakura

     これは時期が良い時に訪れるとこのように道際にたんぽぽとかたくさんの早春の花、菜の花が咲き乱れています・・・そして思川桜が咲いているのですからこんな素晴らしいことはないでしょう! そしておまけに無料駐車場もあるのですから至れり尽くせりです!

 では、ここがどの様な場所かというと、小山市としては、ここも周辺も、沢山の遺跡が発掘される指定場所となっているのである・・・・多分耳新しい方々が、多いこととは思うが、この周辺には沢山の歴史的遺産が発掘されており、研究されているところだったのである。 その他に、ここには、実際の’桃の栽培’も行われており、私もここで桃の花に出会ったのには本当に驚いたのである。

 

桃の花

  この街道筋は,本当は天平の丘近辺から歩きながら訪れるのがベストと考えられますが、天平の丘の八重桜が咲く頃には散ってしまいますので,その間ということになるのです・・・・やはり八重桜の頃になるともう早春の感じは、残念ながらなくなてしまい、そしてやや初夏の感じが肌で感じられる頃となってしまうのです・・・

桃の花

     これが、桃の栽培を実施している農家の道端にある景色であるが、とにかく素晴らしい環境にある場所だと、直ぐに分かったのである。 この標識のある場所から南を向けば、直ぐに、あの美しい、思川桜の並木が見られのである。 至れり尽くせりの場所である。 しかし、残念ながら、和tしの発見がおそかったので、桃の花は、ほぼ満開であり、後それ程もたないであろうが、この桜は、まだまだ生育が良く、蕾もあることから、次の休み頃までは、完全にOKといえるだろう。

 

     尚、今回は、この桜並木があるなんて知らなかったのであるが、思川桜の有名処の、白鳳大学の春も、全く同じ’咲き具合’であったので参考に紹介しよう。

思川桜満開

     これは思川提での桜の具合で、地元紙でも、本日満開と紹介されていたのだ!

 

桜

      では、思川桜のほぼ満開の様子をクローズアップで楽しんで、いただきたい!

     ☆ ところで小山の桜がいかに透明色で美しいのかここで他と比べてみましょう・・・・では,最も有名な地域の「松田河津桜」から見てみましょう。

 

松田河津桜の美しさ

       では,今度は伊豆の本場の「河津桜」と比べてみましょう・・・・

伊豆河津桜咲く頃

       以上2箇所の桜を河津桜として紹介してみましたが、桜の色合いはいかがだったでしょうか? そうです・・・・小山の思川桜が如何に綺麗な清楚な色であるか、簡単に皆様もわかっていただけたでしょうか・・・・・・それ程貴重な桜の花なのです!

場所地図:地図はこちら  壬生の桜と菜の花

つつじの花名所

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

Copy Right Copyright(C) 2006-2010 monoda. All Rights Reserved.