河津桜

河津桜咲く河津町

  ★★ 河津さくら開花と旅: 201701月なのに、もう、今年の河津さくらの旅の情報が宣伝されていました。 たとえば:1)河津桜/まつだの桜/みなみの桜/熱海梅園/小室山椿・ 2・26・21そして、3月2日という行程です。 2)「早咲き桜r河津桜まつと菜の花」という旅です。 2月15日から毎週予定されています。 この時期に伊豆のほうに出掛かるのも良いのではないでしょうか・・・

: ある時期のの河津桜の様子が知りたくて調べてみました・・・するとアクセスが多くてサーバーが停止していました・・・それほど皆が見ているのです! 「今朝も曇りとなっていますが河津桜の開花は進んでいます。 河津川沿いの桜並木は、3分から6分咲きとなって、見頃を迎えた桜も多くなってきました。すでに原木は6分咲きとなって見頃を向かえています。 町中がピンクに染まりはじめました。 川沿いの桜にはそれぞれ地区名と桜の通し番号が付いています」と報道されています・・・・どこでもも花の時期到来ですね! また今年も尋ねたウィと思います・・・ 河津桜は,伊豆半島の河津町に咲く美しく早咲の桜なのです。 毎年新しい年が来るとすぐに桜が開花しますが,梅の香りを楽しむまもなく桜が開花するのです。  関連情報: 松田の河津さくら咲き出す!  ★ 「さくら紹介カテゴリー集」 

関東地域の人達は,春と花を待ち望んでいるので,この河津桜の開花を聞くとどうしても見たくなるのは当然なのかもしれません! 河津桜は,早く咲くとともにその色にも迫力があります。 また,花のふさも多くの花束がこってりと咲いており本当に素晴らしい花と言えるでしょう! 写真にとってみるとその色の強さが一層感じられるのです・・・・今回この伊豆の美しい花を見る機会があったのでここで紹介しておきましょう。 このころの伊豆半島は,もう春爛漫であり菜の花の黄色い色もこの桜と呼応してほんとうに美しい周辺の美を構成しているのです。 それにしても河津桜の河津町周辺は、ほんとうに多くの人でまるで浅草の浅草寺の祭りの時と同じ人だかりが出来ているのですから本当に驚くばかりです! 

★★ 河津桜を見るときの交通渋滞対処について:

河津桜を見るとき、熱海からゆく方が多いと思います。 ここで最初の難関があります。 ビーチライン最後から熱海に出るとき混雑で30-40分かかってしまいます・・・ここは手前で出てしまうことです。 次の難関は、やはり、伊東の出口です。 ここは道も細いので受胎を避ける事は難しいかもしれませんが、熱海ほどではないので我慢できるでしょう。 それ以外は、割合空いているので簡単です。 もう一つ完全に渋滞を避けるならば、天城高原ICを利用することです。 伊豆スカイラインならば有料でもほとんど車は走っておらず道もほとんど通常どうりであり、難なく通行できるので超お勧めです! これならば、熱海もなんのそのということで、小田原、箱根まで悠々と行けるのです・・・是非渋滞緩和のために利用するとよいでしょう・・・尚、河津さくら鑑賞の時には、どの家でも駐車場を提供(ただし有料)しているので、何処に車をおいても大丈夫です。 帰りは、伊豆街道すじにでて、東海岸を巡って帰るのもお勧めでしょう・・・

参考: 「花桃の里」 「松田の河津桜

河津桜咲く頃

    河津桜は、上の写真のように美しい川が流れているのでその花の美しさが一層強められているようです。 初めての方々は,この桜が海辺に咲いているように思われるかもしれませんが,この河津町は、海の海岸からは中に入った場所であり,決して広い町ではないにしても素晴らしい花の町です。 興味深いことは,こんなに混雑するように見えても関東の日光のようには,混雑はせず,車を停める駐車場も全町を上げてのガイドによって初めての方々にも安心して駐車できるエリアを紹介してくれるので安心です! 車を止めてからすぐにこの美しい花のコースに入れるのも本当に嬉しいことです! ちょっと参考ですが,混雑すると言っても町の裏側の道では,至って静かな環境が維持されているのですから,やはり関東の混雑とは,比べものにならないと言えるでしょう・・・・安心して訪れることが出来るのです。

河津桜

     この花を見ると関東では非常に思川桜に酷似していると言えるでしょう・・・しかし思川桜は写真にとったときにはもっと透明感があってあの桜も素晴らしい花と言えるでしょう! 面白いことにあの思川桜は一般の桜がわき終わり一段落した後八重桜が咲く前に咲き出すという特徴があるのです!

     このような伊豆鉄道の真下から散策を開始してゆくのです。 探索の場所は非常に広くその全貌を見るのにはやはり一泊しなければならないのでしょう・・・この時は熱海から朝出発してこの河津についたのですが、それほど道中は混雑はなかったのです(平日だったせいもあるのでしょう)・・・・

河津桜

     ちょっとした空き地にも綺麗に飾る心が浸透していてとても好感の持てる待ちと言えるでしょう・・・・なんといっても河津町の役場に電話をするとパンフレットを無料で送っていただけるのは,さすがにサービスの点でも素晴らしい体制が出来ているようです!

     実はこの時の河津町の交通混雑状況花状況は,先ほど紹介した役場からの情報で出かけることが出来たのでした! 

 

河津桜を楽しむ

     河の反対側(海側)を見ると逆光でちょっと光が良くないのですがちょっと変わった光景が見て取れます・・・・この筋がたくさん買わずsわくらが咲いていますが対岸にはそれほど多くの花はまだ植えられていないようであり,商店街があるのが見えますが,そちらはこの桜祭りには関連していない場所です。

     川の堤防,そしてその下側には歩く歩道があるので行き来するには十分な広さがあって比較的楽に探索できるのです。 それにしてもたくさんの名産品でしょうか驚くばかりの品数がたくさん販売されているのです・・・・

河津町にて

     では,ちょっと探索時の様子を見てみましょう・・・・このような店が沢山並んでいるのです。

河津桜と出店品

     ここではさつまいもが販売されたりはちみつが販売されたりと多範にわたって商売がされていました・・・・ここは自然豊かな町ですから当然なのでしょうが裏にはもう山が迫っている伊豆半島です・・・・自然の利を活かしての販売合戦が展開されていたのでした・・・・

     この街は伊豆半島ですからみかんは当然ですが,何か黄色が強く光る果物がありました・・・・ドライブ中,その柑橘類が目に止まりましたが,結構甘さの強いあt等らしい品種とのことでした。 前年ながらまだ関東のスーパーなどでは見られないようです!

     とにかく店の前には,沢山の人だかりができておりどれを見てよいやらちょっと考える暇さえなく、花を見るのか店を見るのか心構えが必要なのかもしれません! 春には人が冬の寒さを忘れ財布のひもも緩むのでしょう・・・・とても良い商機といえそうでした・・・

     地元産の何か変わった食材,地酒,あらゆるものが出ているのが印象的でした!

▲ページの先頭へ