那須八幡つつじのドライブコース

那須つつじ吊橋のドライブ

今日は、那須のつつじが2018年も見頃となったので紹介したいと思います。 

1)那須つつじ吊橋からの探索コース

2)那須八幡崎からのつつじ吊橋へのコース

3)那須のつつじを楽しんでから、那須フラワーワールドへの探索

4)須賀川、大桑原つつじ園、牡丹園へのソライブコース

5)白河フラワーワールドの花の楽園コース

    以上の順で紹介してみましょう・・・


1)那須つつじ吊橋からの探索コース

  今年「2018年)は、今まで暑い日が続き先週はちょっと寒かっただけです。 全体を通してかなり温度は高かったのです。 例年ならば、5月の下旬ころが、那須の八幡のツツジの見頃ということに成るのですが、もう見頃となってしまいました。

那須のつつじ吊橋は、人気の場所です。 昨日は、てまえまでの紹介でしたが、今日は、全部紹介してみましょう・・・吊橋の楽しみが多くあるのでしょう・・・悲鳴を上げながら渡っている人もいました・・・・

    那須の茶臼岳も素晴らしく映えていました!!

このつつじ吊橋を渡ると、すぐにこうした木道のハイキングが開始できます。 つつじは、問題なく楽しめる時期に入りました・・・・

   新緑の色と対比して、下界で見る光景とはかなり異なった美しい花の光景が見られます。 上まで全部見て帰るまで早くて一時間から2時間のコースがあります。それよりも何よりも、空気が清々しいことがなんとも言えないです・・・

そこで、人気の那須八幡のつつじを見にゆく、ドライブコースを紹介してみようと思います。


 

先ず、栃木県の宇都宮市から行くことにしましょう。

朝8時半に出発します。 そして、那須のICで降りて、そのまま那須のつつじ吊橋を目指します。

今は、那須の街なかを通過して、「那須友愛の森道の駅」を通過します。 ホテル街を通過して那須神社、そして、鹿の湯を下に見て、那須の殺生石を通過します。 すると、今までは有料道路の料金所があったのですっが、現在は、なくなっており全線無料です。

そして、その料金所を通過すると左側に矢印のある看板が現れます。 なすつつじ吊橋方面と書いた案内板です。 ちょっと小さいのですが、そこを右に曲がると、つつじ吊橋のパーキングに着きます。

入ってみると、狭い駐車場でせいぜい30台程度までした停められない駐車場です。 そこを感度は、歩行で東の方に行くと、つつじ吊橋方面の、木道が現れます。 この木道を約10分程度ジグザグに進むと、もうそこは、つつじ吊橋です。

吊橋をわたり、風景を楽しみましょう・・・もともとこの周辺はつつじの数も少ないのです。 左に那須茶臼岳が噴煙を吐いてよく見えてきます。 とても素晴らしい光景です。

また、右側には、山際で咲いているツツジの群落が、かなり遠くですが見ることが出来ます。 またその奥には、那須の温泉街とか、遠くの風景が見られます。

このつつじ吊橋をわたり切ると、後は、山岳のつつじコースに入ります。 色々なコースが設定されているので、それを見ながらハイクを楽しむのがこの場所の醍醐味です。

このつつじ吊橋パーキングは、駐車時間の制限はないため、ここから、上の八幡の方までつつじの探索の為歩くと、全部見て歩くと一時間から2時間以上かかります。 そういう人が駐車すると、なかなかパーキングは空かないので、諦めて、その上の無料駐車場に向かったほうが良いでしょう・・・

それと、このつつじ吊橋から上を目指すと、登りコースだけです。 帰りは、下りますが・・・そういう点で考えると、上から坂を降りてきて、左側「西側)から登る坂も少ないのでおすすめです。 右「東側」のコースは、降りるようにすると、楽です。

 

2)那須八幡崎からのつつじ吊橋へのコース

このパーキングは、最も広い場所であり、安心して車を止められる場所です。 ここから建物裏に出て行くコースもよいのですが、それは、帰りのコースとしたほうが良いのです。

先ず、このパーキングからは、入口側にゆき、ホテルの方に登りましょう・・・すると、10分程度で、八幡崎つつじの名鑑にある、最高の展望場所に至ります。 この場所に車を止めている人もありますが、数台しか停められませんが・・・

そして、この場所から、下を見てみましょう・・・・なんと行っても最高の展望場所ですから、八幡崎の美しいツツジの全貌が眺められるでしょう。 そうしたら、少しのボルト右に降りるコースが現れます。

もう、ここまで来たら、下り一辺倒で、つつじ吊橋を目指しても良いでしょう・・・また、色々別れているコースがあるので展望台を目指しても良いでしょう・・・今年2018年は、途中の木道を修理しているようで、通れない場所がありました。 この場所は、このパーキングのトイレの場所に表示してあったので、よく見て進むと良いでしょう・・・

後は、皆様のお好みでコースを楽しんでみてください・・・・逸れるような恐ろしい場所はありませんから・・・

さて、ここからが、思案のしどころです・・・どちらに向かうかです。 この場所からは、次の3つのコースに分かれるでしょう・・・

1)戻るコース・・・・戻るコースとは、いま来た道をつつじだけ見て帰るコースです。 なにかここまで来て、残念な感じもします。

 

2)山に登るコース・・・山に登るコースは、茶臼岳など見て周辺をを楽しむコースです。 時間があれば、ロープウエイで那須の茶臼岳の麓まであっという間に登れます・・・「茶臼岳を歩く」但し、これは天候の良い時の話でしょう・・・そして帰りがけに温泉に入って帰ると行ったコースです。 那須の大丸の広場には、土産店も多いのですが、この土産店の二階で白色の温泉に浸れます。 知らない方も多いのですが、土産店で聞いてみると良いでしょう・・・

  また、下に降りてきて、殺生石と那須神社を楽しむこともできます。 また、ここからならば、伝統的な、鹿の湯を楽しむことも出来ます。男女別にできているので、互いに楽しめる場所です。「鹿の湯周辺

3)那須フラワーワールドに行くコースと別れます。・・・以下のコースでは、このコースを詳細に紹介しています。

3)那須のつつじを楽しんでから、那須フラワーワールドへの探索

さて、この場所から帰るときに、また同じ場所を辿るのは、あまり面白くないでしょう・・・そこで、さっきの八幡崎の最高点から少し行くと右に折れる道が現れます。 ここも今は無料開放押された道であり、有料道路の名残りです。

そこを道なりに降りてゆくと、左に折れる道もありますが、真っすぐ進んで、甲子温泉方面に進みましょう・・・・10分位走ると、左にマウントジーンズのスキー場が現れます。 そうしたら、そこを右に曲がります。

暫く走ると、那須どうぶつ王国の看板が見えてきます。 それ粗15分位走ると、那須フラワーワールドに到着します。

4)須賀川、大桑原つつじ園、牡丹園へのソライブコース

那須フラワーワールドから右に曲がり、白河方面に向かいます。 左に曲がってはいけません。 北に進むのです。 すると、福島県西郷村に入ります。

ここを暫く走ると、4号線に出ます。 そしたら、左に曲がり20分程度で、白河ICに出ます。 右側に曲がりこれに入り、須賀川を目指します。 30分程度で、須賀川に出ます。

須賀川ICを出ると丁字路に出ますが、ガイド案内板があって、大桑原つつじ園は右に曲がれと表示されています。 案内が良いので、15分程度で、その場所に着きます。

広い駐車場があるので、停めてから、歩行で園内を楽しみましょう・・・・今はまさにシャクナゲの満開の時期です・・・

ここのシャクナゲはいくつあるのかわからないくらい多いです・・・・こうした場所を探索しながら、楽しむわけです・・・丁度芍薬は咲き始めでした・・・

あまりのシャクナゲの多さに驚くことでしょう・・・やはり福島県は、自然豊かです。

さて、そこから、戻り今度は、東に向かい、須賀川牡丹園を目指します。 本当に、見る場所が多いので花でいっぱいの気分に浸れます。 約30分位走ると、須賀川牡丹園に到着します。

5)白河フラワーワールドの花の楽園コース

さて、花を楽しんだら、高速に戻り、白河に戻ります。 白河の南湖公園を目指します。 その南湖公園の北せいに位置する白河フラワーワールドは、素晴らしい花の楽園です。 静かな街なかの雑踏を離れて花を楽しめます。

すっかり初夏の色を取り戻した、白河フラワーワールドの美しさ・・・休憩所から安楽椅子でこの景色を堪能できます・・・ジャーマンアイリスも咲き始めており、販売も始まっていました・・・

  以上、これがコースの最後です。 全線250km程度です。 楽しめる花の旅となったことでしょう・・・毎年、できればこのコースを楽しんでいます。

皆様も参考にして、このコースで楽しんでみてはいかがでしょうか・・・

 

 

▲ページの先頭へ