栃木県中央公園の春と西洋石楠花(しゃくなげ)

栃木県中央公園の春

     宇都宮市内の西方に栃木街道沿いに位置している「栃木県中央公園」がありここに西洋石楠花(西洋シャクナゲ)が満開と聞いておとずれたのでした・・・・ 流石西洋という名が付くだけあって、大柄であり花も多くついており、一般に山などで見る物とは性格が異なることが一見して分かるのです・・・・関連情報: 「赤城寺のシャクナゲ」 「シャクナゲ咲く鳳台院


ご承知のように、この公園は、船田知事が残してくれた素晴らしい洋式庭園であり、この地では、これほど綺麗にまとめ上げられた庭園は、殆ど見あたりません・・・それ程素晴らしい所なのです。 新宿御苑程は、広くはないにしても、この栃木県(宇都宮)中央公園はその四季折々の木々、花々の彩りは格別と言えるところです。 一般的には、公園というと、運動公園に付属している程度の作りが多いのですが、ここにはちゃんとしたテーマがあって、それに従って木々が配列されています。 形は小さいのですが、日本庭園も出来ています・・・・そして何よりも、都合がよいことは、博物館と一緒なので、どちらからでも見て歩けるという正に上野公園のような感覚に浸れる場所なのです・・・・今回はその栃木県中央公園に咲いている西洋シャクナゲを紹介してみましょう・・・・ 今、この時期まさに新緑の時期!、目も覆うような緑の中を、散歩する人が沢山いたのです・・・ (20070520現在)

 

     西洋石楠花は、あまり見たことは無かったのですが、確かに日本のシャクナゲと比べると、背も高く花も一回り大きい出で立ちであり、花の形は同じでした。ジャンボサイズと言うところでしょうか・・・・・ 今が最高の見時なのでしょう!!

 

ここは、先ほども述べたように栃木街道沿いから入り、直ぐ駐車場があり、入りやすい訪れやすい場所です・・・・・水と木の反映は美しく、また大きな池には、子供達が喜ぶ鳩などもいて、美しい公園を現出しているのです・・・・

 

 

 

栃木県公園の秋

     栃木県公園内の秋の様子です・・・・2009年11月も既に6日となり立冬になります・・・・・もう少し秋の葉が美しく残っているのかと思いきや、このユリの木の葉は、すっかり冬を思わせる様子でした・・・・今年は何か季節の移ろいが早いようです!

秋の公園内にて

     本当は、このページは西洋石楠花のページなのですが、秋もここに追加してみました・・・・こんなに綺麗になっているのです・・・・ご承知のようにこの地域は、学校が多いので学生達がこの周辺のベンチに座り昼の食事をしている姿が目立ちました・・・・

     古風な菊の花の展覧会が15日まで催されているようです・・・・これを見るとやはり秋は深まっているのでした! 今月に入り、新型インフルエンザも急に猛威をふるってきたようです・・・・

      もし遠くから来る方のために、地図を追加しておきましょう・・・ ここは、無料駐車場があり、それほど混み合いはないのでその点では、心配ありません・・・・大丈夫でしょう! また、ここは、宇都宮博物館の東側ですから、博物館見学とここをあわせてみては如何でしょうか! 尚、公園と言えば、壬生わんぱく公園壬生おもちゃ博物館井頭公園公園、等ありますが、その他、日光杉並木公園大谷石の町公園日光大谷川公園、等々が沢山、盛りだくさんです・・・・日柄の良いときに是非訪れてみては如何でしょうか!
       尚、参考ですが、ここから、大谷観音ろまんちっく村も側ですから、コースに入れては如何でしょうか!

地図:ちず丸へリンク

栃木県みちくさ情報へ戻る

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.