冬桜 藤岡 

桜山公園の冬桜 

★鬼石の冬桜は有名ですが、この場所でロウバイが満開です。 150本もあるロウバイが、われをと咲いているのです・・・冬桜ばかりでなく見る価値があるでしょう・・・

★ 2016年11月15日:今年の冬作らの見頃です・・・かなり咲いてきていることが分かります。 ・・・例年は、11月の下旬が満開となります。 開花情報は、こちらがよいでしょう・・・「藤岡冬さくらら開花情報

藤岡の冬桜は、「紅葉と桜が同時に見れる名所」として素晴らしい・・・正式には、「上州鬼石桜山公園のふゆさくら」と宣伝されている。 ★ 「さくら紹介カテゴリー集

アクセス方法: 毎年ここは、楽しみにしてみることにしている。 今年2014年は、11月の18日に訪れてみた。 昨年と比べると一週間ぐらい早い訪れであった。 例年通りの旅の道筋で、本庄児玉ICから直線的に鬼石に入り、そこから桜山公園を目指したのである。  下にそのときの詳細を紹介していますが、この公園は、紅葉と冬桜を同時に楽しめる場所となっています。 何か豪華な公園といえるでしょう・・・鉢巻方に出来ている公園で山肌を巡りながら周囲を望むことも出来ます。 また直線的に山頂を巡るコースも出来ているので、簡単なハイキングコースには最適でしょう・・・花が少ないこの時期に桜の花を見ることが出来るのがなんといっても有名な場所と紹介できます・・・

高速道路も整備されており、関越道路に入るのにも、二通りのコースが選べます。 東北道から本庄小玉ICをめがけたり、高崎のほうから回り込むことも出来ます。 この下に紹介地図がありますが、これでも、左上が、桜山公園で最も有名な冬桜のコースです。 そして、周辺はこのときには、りんご狩とかみかん狩りが楽しめるコースです・・・尾穴痔地図で、左下には、城峯冬桜公園があります。 こちらは、埼玉県側ですが、薄久保ダムを介して、三波石峡があって、これらも観光的には素晴らしいコースです・・・

こちらの公園は、どちらかというと、公園に冬桜が咲いているといったコースです。 規模は小さいですが、見晴らしは素晴らしくやはり見ておきたい公園と冬桜でしょう。 お勧めのコースです・・・「小平河川公園」「神流川水辺公園(かんながわみずべこうえん) 」 ・・・群馬県と埼玉県の県境、神流川流域にある公園です。町内の小学校の子どもたちが「こんな公園が欲しい」というタイトルで書いた作文や絵をもとに設計されました。   ★大きなコンビネーション遊具や広い芝生エリア、色々な石の展示物などがあります。大自然に囲まれながら、バーベキューを楽しむこともできます。   ★園内を囲む広い清流では、川遊びや釣りをする人で賑わっています。  ★鯉のぼりも名所としても有名です。   「 道のオアシス神泉 」 、「道の駅上州鬼石

もみじの美しい藤岡、鬼石

 毎年変わったコースではない。 現在は、紹介されている通りバラバラの咲き具合と言って良いかもしれない。 藤岡の紹介画面からもそのようになっている。 最初この表現が、よく分からなかったが、訪ねてわかったことは山頂から下まで、全部咲いており、道すがら見えるのであるが、満開ではないということである。 駐車場から山頂付近まで見頃が連なっているということである。

では、この冬桜の昨エリアそ細かく見てみましょう・・・下の地図がその場所、スポットです。 群馬県の藤岡市、そして埼玉県の神川町の両方にまたがっているのです。 藤岡を見たら、帰りには、是非城峯公園の桜も見て帰りましょう・・・時間的には30分もあれば行行ける距離です。 行く場合には、関越道で、藤岡インターの手前の本庄児玉、又は藤岡ICからここを訪れると効率的です。

藤岡冬桜の咲くスポット紹介図

ここは、冬桜を見るだけでなく、もみじがきれいなのでそれだけでも紅葉の旅が楽しめる場所なのです・・・

藤岡桜山公園のもみじの紅葉

それにしても少し早めに訪れると分かることであるが、とにかくもみじが綺麗で素晴らしく、そこに冬桜が、咲いているといった感じなのである。 とにかくこの鬼石地域は、冬桜を植えているお宅が多く、庭木として利用されているのである。又道の脇にもかなり植えられており小さっぱりした白色、そしてややピンク系の花が可愛らしく観光客を迎えてくれているのである。

御荷鉾山を望む冬桜

道路の下を見てもほとんど花は落ちている様子はなく、次から次へと咲いてゆく感じである。 蕾があるか見てみるとまだまだ蕾は健在で11月の終わりから12月の初めまでは間違いなく咲き誇る様子である。

椿と冬桜

 最も、観光客にしてみれば、余り月が過ぎてしまうっと、気温が寒くなってしまいハイクか寺楽しんでみても寂しい感じがしてしまうので、毎年早めに訪れているということなのである。 しかし今回は最も早い訪れであったが、もみじの紅葉は素晴らしく、ここではその療法、又、後半では、冬桜だけといった鑑賞ができるのであり、いろいろその人個人の楽しみ方が出来るということなのである。

もみじと冬桜

この冬桜の見頃は、パンフレットによると、10月の下旬から、12月の中旬と紹介されているので、やはりかなり長い間の鑑賞ができるのだということが分かり、いつも訪れているのは、やや早い方に入るわけなのである。 しかし、ご承知のようにあまり遅く尋ねるともみじがなくなるので冬桜竹の鑑賞になるということを知ったほうが良いだろう・・・

藤岡桜山にて

というわけで、少し早めの時期の冬桜の鑑賞を写真でしていただきたいのである・・・とても素晴らしい桜がこの時期に見ることが出来るこの藤岡だけの地域に群生している桜なのである。

藤岡桜山の山頂の冬桜

ここでは2台冬桜の共演といった紹介のパンフレットもあって、その訳は、冬桜の名所が二つあるということなのである。 ではどういうことかというと、ここは、群馬県の県境と埼玉県の県境が神流湖(下久保ダム)に依って区分されており、その対する埼玉県川には、城峯公園の冬桜があるからなのである。 今、まさにこちらの公園の冬桜は満開を迎えていたのである。 参考:「城峯公園の冬桜

跡からこのコースの紹介をしてみたいと思います。 参考:「旧藤岡の冬桜の紹介頁