真岡市井頭公園と花ちょう遊館

井頭公園と花ちょう遊館

☆20160516:井頭公園ばら見ごろ迎える 

例年クリスマスがちかずくとこの場所で金色のさなぎがぶら下がって目を引きます・・・黄金色のサナギを飾り付けたクリスマスツリーが真岡市下籠谷の井頭公園花ちょろ遊館でお目見えし、来場者を楽しませている・・・ドイツ卜ウヒのツリーを彩っているサナギは、黄金色のォォゴマダラのサナギなどが飾られたツリー・・・120個のほか、黄緑色のリュウキュウアサギマダラとアサギマダラの60個で、計約180個もあると言うから驚かされる・・

 ★ 2014年の企画展示: 黄金色に輝く“サナギのクリスマスツリー・・・・11月26日(水)から、花ちょう遊館内で“サナギのクリスマスツリー”を展示します。これは生きている蝶のさなぎを飾り付けるものでとても珍しいものです。 黄金色をしたさなぎでクリスマスととても良くあいます。 さなぎが100個もあるそうです。 リュウキュウアサギマダラのさなぎと言うことです・・・また、今頃でも蝶が飛んでいる室内を見て歩けます・・・
メタリックな金色やエメラルドグリーンに輝く蝶のサナギ(もちろん生きている本物のサナギです)が、クリスマスツリーを飾ります。
展示期間は平成26年11月26日(水)〜平成26年12月28日(日)の間、展示場所は「花ちょう遊館 蝶ゾーン」内です。

★ 参考: 真岡情報一覧

 


ここで紹介する「熱帯植物のある花ちょう遊館」には、そうした、植物のほか、蝶々なども、いることが分かります・・・・一寸名称がこっておりわかりにくいこともあるのですが「花ちょう遊館」のちょうは、蝶を表している名称なのです! また思いも寄らない動物たちがこの公園には潜んでいます・・・・イグアナ、そして他熱帯の生息する鳥も飼われていたのです!

     この公園は、出来たのが古く関東地区の方々には十分に知られているところです。 車社会になって、宇都宮市内などからも行っても決して遠くなく市内の有名なデパート福田屋百貨店が真岡に出店したことでも有名です。
この公園は、初夏にもなるとボタン、バラと次々に美しい花が咲いて行き有名な場所なのですが、温泉施設も有って遠く茨城県からもこの総合公園には来訪客が多いところなのです。 しかし今日紹介するのは、そこにある熱帯植物と蝶(ちょう)が乱舞する美しい熱帯博物館とでもいえる「 花ちょう遊館」なのです。

井頭公園ちょう遊館

     先ほども言いましたが、「ちょう」とは、蝶々のことであり、沢山の蝶々が熱帯植物の中を乱舞し、人の顔の周辺まで飛んできます。 そう言う点では、お子さま連れにはとてもうれしいところでしょう・・・・この辺が一般の熱帯植物園とは異なっているのです!
 私もここは過去数回、訪れましたが、このように「花ちょう遊館」と言うように、名前が無理に作られているようなので、この館イメージが沸いて来ませんでした・・・・。 もっと、一般的な名前を付けて蝶々もいるよ・・・と言うイメージにすればもっと沢山の人たちが来ると思うのですが・・・ まあ、私の批判めいたことはここまでにして・・・・、とても良いところですから行ってみてください。

では、井頭公園に着いたのですから、前置きはこの位にして、早速この園内を見ていきましょう。 あ、その前に蝶々とはどのような物か見てみましょう・・・20070504のボタン咲き状況はこちら!  最新情報 :井頭公園のバラやっと見頃で現在5分咲き・・・・やはり今年の開花は遅れている状態

 

井頭公園井頭公園ちょう遊館

     ここには、2つの大きな建物がありますが、食堂と展示室が左側、そして熱帯植物園が右側に紹介してあります・・・・ ここが一番広い場所でしょう・・・・ここからバラ園そして後ろが広大な池のある公園施設へと誘われて行くのです!

 

井頭公園

     バラ咲く頃の井頭公園は、このように美しい公園に変身します。 この時期は沢山の来るまで駐車場がなくなるほど混雑するのです! まあ、早春の美しさは本当に綺麗であり、誰もがこの公園で自然を堪能したくなるのでしょう・・・・

 

井頭公園井頭公園

     やはりこの時期が一番華やかな時期であり花の販売も行われているのです・・・最近ではイチゴなどもこの周辺の農家とタイアップして販売されておりより多くの楽しみが増えてきているようです・・・・

 

井頭公園ちょう遊館

    このちょう遊館内は一般の熱帯植物園とそれほど変わり有りませんが動物たちが一緒に住んでいると言うところが変わっているのです・・・確かに一般的には植物だけが展示してあるのですが変わった動物たちも見れるので面白い興味深い館となっているのでしょう・・・

 

井頭公園井頭公園

     外のバラの花はこんなに素晴らしく燃え上がったいるのです! 誰も無料で見られるのですからこんなに有り難いことはないのです・・・・

井頭公園ちょう遊館

     この館の中では、こうした熱帯の動物も飼われているので子供達には必見でしょう・・・・しかしこれらの動物たちは花間に隠れているので見えるときは非常に少ないので少し辛抱が必要でしょう・・・・

井頭公園井頭公園

     外の沼、池の畔を探索するのもお勧めです・・・・ここは温泉施設がある方にボート小屋があってそこから遊具に乗ることが出来るのですが、こちらからはかなりの距離があるのが難点でしょう! しかし楽しくこの公園内で過ごすのならば時間はきっと関係ないのでしょう・・・・・

井頭公園ちょう遊館

    例のイグアナです! ・・・・このように大事に囲われた場所にいるので外に逃げ出すことはないでしょう・・・・暇な顔をこちらに向けてご挨拶と言った感じでゆったりとしていました・・・・

井頭公園井頭公園

     沼の反対がわに到着しました・・・・こんな感じのボート乗り場がもうけてあって本格的なピアと言って良いでしょう! 

井頭公園ちょう遊館

     蝶は、甘い容器から滴るおいしそうなごちそうを賢明になめている様子が分かります・・・・これらの蝶はその部屋にはいると沢山いるので人の顔の傍まで来てご挨拶してくれます! 勿論採ることは出来ませんが・・・・

井頭公園井頭公園

     沼の静かな反映を見ながら過ごすのも良いのかも知れません・・・・とても静かな佇まいを見せる公園の周辺です。 多分周辺をゆったり回ると一時間程度は楽に掛かるでしょう・・・・それほど広い公園内の施設なのです・・・・

★ 旧参考情報:     最新情報: 20110601バラ満開のアンディウイリアムボタニックガーデン 先日、真岡市の大前神社を紹介しましたが、その時に、井頭公園の一部を紹介しておきました。 。今回は、この公園が、決して温泉とプールの公園でないと言うことをことを紹介してみようと思います。

栃木県みちくさ情報へ戻る