五色沼

紅葉の五色沼 

    今年2018年も福島は、もう素晴らしい紅葉を呈している。 今年2018年はいつが見頃かと調べてみると、以下のようです。 20181026日現在:

<2018年10月24日(水)更新>

■裏磐梯
磐梯山山頂付近
  →10月24日現在 色あせ
   途中の登山道は見頃です。

五色沼(毘沙門沼)
  →10月24日現在 見頃~まもなくピーク

五色沼(裏磐梯物産館周辺)
  →10月24日現在 見頃~まもなくピーク

曲沢沼・大沢沼
  →10月24日現在 見頃

中瀬沼・レンゲ沼
  →10月23日現在 見頃

小野川不動滝
  →10月18日現在 色づき始め

デコ平湿原
  →10月15日現在 見頃~色あせはじめ

雄国沼
  →10月13日現在 色あせはじめ

ということは、五色沼は今週から、来週にかけて一番見頃ということです・・・

 かって、もう40年以上前になるだろうか、この地を初めて訪れた頃は、東北自動車道というような道路は無く、鬼怒川温泉経由で、会津街道から道を北にとりそして、やっとの思いで、福島県の 「五色沼入り口」 に到着というような旅をしたことを思い出すのである。 今では、良い道路が沢山完備しており、首都圏からも、午前十時頃迄には到着出来て、ゆったりとした秋の紅葉を存分に楽しむことも出来るようになったのである。 今回のこの旅の一節も、「秋の一番良い時」 をねらって行ったのであり、本当に素晴らしい秋の紅葉に出会えたのである。 その総てをここに紹介は出来ないにしても、その中の素晴らしい場所だけでも、ここに紹介しようと言うのがこのページの目的なのである。 実を行って、私自身関東から福島県は、かなり遠い気がしてならないのである。 しかし先ほど述べたように高速道路さえ利用すれば、至極簡単に到着できることは確かなのである。   「 美しい曽原湖」   「美しい観音沼

   尚、五色沼をゆっくりとスライドで楽しみたい方々には、 「五色沼スライド」 をご利用下さい!

 

五色沼風景

   今回私の通った五色沼の旅は、決して特異な道筋を歩んだ分けではないが、先ず磐梯高原を車で登りはじめて、裏磐梯に到着するが、その手前の左側に大きな「五色沼」という大きな案内の表示板があって、それに従って進めば、もうそこには、沼の入り口に沿った駐車場なのである。 一般駐車場に車を駐車して、そこから行動を開始するのである。 この時期には、中学生であろうか学生の集団が、先生の引率によってこの沼に沿った 「自然観察道路」 を回遊していたのが、とても印象的であった

    五色沼の駐車場から、少し南に歩けば、そこでは、土産店などあるが、そこには大きな素晴らしい池(実はこれが五色沼の一つ)が広がっており、ボートなどで楽しんでいる人も多々見かけられるのである・・・・それにしても、この周辺の紅葉は素晴らしいもので、この池と木々の色のコントラストが、ちょっと普通では見られない素晴らしさが漂っているのである。 この場所では、当然バスの一団も来ており、非常に混雑する場所なのであるが、それに比してハイク道を行く人は少ないので、そちらの方まで探索することをお奨めしたい!

    この周辺は、探索道路へ、行く人、土産などを買い込み持ち帰る人などが、各人それぞれなのであるが、この時期の五色沼(毘沙門沼)は、夏の軽井沢が、まるでやって来たような混雑ぶりとなる。 今では、軽井沢は、都会化してしまい、この地のように自然は、残っていないような気がする・・・・多分、それは色々な複合都市が現地に出来上がってしまったのかも知れない・・・ しかしこの地は違う! 未だまだ自然がいっぱい残っており、自然は、皆を迎えてくれているのである。 素晴らしい観光地なのである。 周辺探索も、山側に行かなければ、比較的紅葉の差が少ないので、誰でも簡単に探索できるのが、いいところと言えよう。

 この美しい五色沼の探勝路は、ここから始まり、ほぼ3.7kmの遊歩道を探索するわけであるが、ゆったりと歩くと多分一時間程度で最終点に到達すること出来る・・・・・この間、約7つの沼が点在していてそれらの自然は、誠に素晴らしいのである。 日光の戦場ヶ原と比べれば、川の流れはないにしても、ここは沼が、多く点在しており、個々の沼の色が変化に富み、そして何より木之種類が、豊富で、大自然の探索を、気軽に出来ると言うことが素晴らしいと思うのである。

    この探勝路を少し入るともうこのように素晴らしい木立の紅葉が続くのである・・・・・そして素晴らしいのは、全部紅葉色が同じではなく異種の木々が散在しているところから、その場所々のムードが、ともに異なっていることが、何と言ってもこの地の素晴らしいところなのである。 そして忘れてはならないのが、沼の色がことごとく異なった表情を反映してくれることなのだ。

 さあ! 待っていた天候が大分良くなってきて、あの勇壮な磐梯山が見えてきたのだ・・・・素晴らしい面持ちの山の姿である! ご承知のように、ここから見る磐梯山は、裏磐梯である・・・・従って、山の噴火による亀裂の走ったすごい瓦礫の場所が見て取れるが、何せ逆光になっているので、午前中の早い時間でないと、この様に写真では見えなくなってしまうのである。 そっれにしても美しい山と沼の対比そして、この時うまくボートが近づいてきてくれたのだ・・・・いい思い出の一こまが切り取れたのだった!

    ここは、歩くにつれて沼の色が、多様に変化するのだ。 そしてその名称も皆異なる・・・・深泥沼、るり沼、そして、竜沼などと名称は複雑である。 それらを事前によく調べて行かれると素晴らしい自然探索が出来ることであろう。 初夏のこの地は野鳥の鳴き声が素晴らしい場所である。 秋の紅葉は、言うにおよばずであろう・・・・・

    何とも言えない紅葉の色の数々、本当にいつまでもここで見ていたい感情に浸のであるが、時間との勝負でもあるのだ・・・やはり、ここは陸奥なのであろう!・・・・ 東北自動車道で、白河インターを過ぎると、直ぐに、ここから’みちのく’と、案内板がある。 それを見ると、ああ、いよいよ東北かと、思うのが常なのである。

    磐梯高原は、車で通過しただけでは、その美しさは分からないだろう・・・・そして車が止まっているところには、その見所が沢山転がっているのだ・・・良く周辺を調べて、探索を楽しもうではないか! 

    この高原は、やはり温暖化であろうか、例年の紅葉時期が遅れるようになってきているのだ。 しかし、このため訪れる時期が多少ずれても素晴らしい紅葉が長続きするので地方から訪れる人達には、逆に、それが素晴らしいこととなるのであろう。 そして、今年も自然は、待ってくれているのである。 その訪れる時期が、例えいつであれ、’壮大な高原の美を’余すところなく、我々に見せつけてくれるのである。

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

周辺探索情報

塩原温泉 今年の塩原温泉は、これで決まり!  
大谷川公園 この杉並木公園の直ぐ北側に有る大きな美しい公園です  
那須ガーデンアウトレットの追加情報 アウトレットの内部を、子供の遊び場そして、農産物売場を細かく紹介!  
ユリ満開の塩原ハンターマウンティン 塩原の美しい花の名所・・東日本一の広さとボリュームを堪能!  
那須の秋を満喫しよう! 那須岳の秋を満喫しようと思っている人の、美しい風景と周辺紹介  
濁り湯の塩原温泉新湯を探索 塩原温泉にもこんなに素晴らしい温泉が、あったとは驚き!!  
明治の森公園と青木邸 那須アウトレットから直ぐの場所にある青木邸・・・・白色の綺麗な建築物・見学可能  
那須殺生石 あまりにも有名な那須の殺生河原!紹介  
那須鹿の湯 温泉の元祖・那須の鹿の湯・・・まるで過去に戻ったような雰囲気有る温泉湯  
那須フラワーワールド 那須にあるこれほどにも美しい花の楽園・一度は探索したい場所  
お帰りがけによる温泉一覧 アウトレットから帰りがけに立ち寄る各地の温泉施設紹介  
最新の周辺温泉街外湯など紹介 鹿の湯周辺探索(最新版)  

那須アウトレットに行こう!(20081205)| 「最新のインターパークビレッジ情報」

那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)     「軽井沢アウトレットモール

     宇都宮のアウトレットモール |イオンレークタウン

素晴らしい観音沼の秋            那須地域に「白鳥が飛来しました!」

最新の「那須茶臼周辺紅葉」20081010を、どうぞ!         「ロマンチック村秋・2008」   「周辺の紅葉状況

真っ赤に燃える 「那須フラワーワールド」 20081010もどうぞ!  ベルモール宇都宮

「真っ赤に燃えた那須茶臼岳トレッキング!」 20081010  「佐野プレミアムアウトレ

ット」  | 四季の花々・一月軽井沢アウトレットと周辺紹介  ファッションクルーズアウトレット紹介 |大洗アウトレット 御殿場アウトレット紹介|春は、佐野インターから30分程度で行ける、「太田芝桜公園」へ!|チュウリップ満開の「ぐんまふらわーパーク」へ!道のり、約一時間程度|八ヶ岳アウトレット

 

場所:地図はこちら   道路情報 道路・ドラぷら この那須アウトレットへ行くのに便利な、黒磯板室インター完成しています・・・・2009/3/下旬・・・・細部は、0287-62-7155、0570-024-024 等へお聞き下さい!

栃木県みちくさ情報へ戻る  | 春の花咲く軽井沢アウトレット・2009

 

▲ページの先頭へ