さくらの花旅

栃木周辺の花旅

栃木市周辺の花旅を楽しむには、その概要を知っていないと全てを見ることが出来ません。驚くことにこの周辺には沢山の名所が多くすぐにその地に行き着くことができます。然し実を言うとなかなかそれらが全部まとまっていないので見逃す方々は多いのが現状です。今日は、そういう場所を一度にまとめて紹介してみたいと思います。是非参考にしてプランを立っててみてはいかがでしょうか・・・・★★★「桜のカテゴリー集」  ★ 「さくら紹介カテゴリー集

 

栃木市内の桜 

もうこれは誰でも知っているあまりにも有名な栃木の太平山の桜です。これについては誰も異論はないでしょうがちょっと混み合うのが残念です。

つがの里

割合知られていないのですが、ここのしだれ桜は天下一品です。しかも空いているのが特徴であり、駐車場も完備しています。そして他に素晴らしいのがいろいろな銘木の数々がかなり近い場所に揃っているということなのです。)そういうように旅を進めるとかなりの量の桜を堪能し、おまけにここつがの里では、片栗の花まで鑑賞できるといった夢の様な桜鑑賞のタイミングが作られているのです。

 

では、このへんで地図と桜の名所を照らし合わせてせてみましょう・・・・

 

地図の概要説明:

左上に星野の里がある。この時期の(3月下旬)星野の里は、街道筋からピンク色に梅の花が満開を迎えて、色つきが見られるがほぼ終りに近い。最もその年によるので、行ってみる価値はあるだろう・・・・左中央部に大柿カタクリの里というのが見られるがこれは街道筋から見られる無料のかたくりの里である。 これも外せない場所となる。ちょっと上に行くと龍興寺の天然記念物のシダレサクラがほぼ満開を迎えているはずである! 構想道路の右側に長福寺という寺があるがここの花寺のしだれさくらも時期的には少し遅れるがほぼ満開が近いはずである! そこから少し上に行くと西方さくらの銘木というのがあり、ここは個人宅であるが素晴らしい桜の木がミられる。 そして中央下がつがの里の桜で国庫が一番スケールが大きいのである。 また壬生の小川の流れに沿って枝垂れ桃が咲素晴らしい景観が望めるが、これはほぼ桜が終わる頃が満開となる・・・花之江の郷、そして栃木植物園は、有料の施設である。

 

つがの里は、この地図で真中です。 ここは、東北道路と北関東自動車道路のちょうど分岐点にある場所なのです。 そして、ここはアクセスとしては、都賀ICを利用するとすぐに行くことができます。 最も栃木市内から向かっても直ぐ行けるところです。

つがの里で驚かされるのは桜の時期にこのように綺麗な片栗の花を間近に見ることができます。ちょっと奥まった寺の下の片隅に咲く花の群落です。

 

ここは山頂の駐車場の場所に咲く桜でも山桜の種類であり、この端を見るには桜の先終わりごろ満開を迎えるのが常である。 迫力満点の桜である・・・

 

つがの里はしだれ桜が多く広い公園なので子供たちが遊んだり、語り明かしたりするにはもってこいの場所となる・・・駐車場も広くとってあり混雑は少ないのである・・・・直ぐ傍を東北道おが走っているのでその音が気になるかもしれないが・・・

この公園の広さは、八幡山公園くらいなので簡単に登れるが、こちらは駐車場が直ぐ側にあるのでとても利用しやすい・・・その点八幡山公園は駐車場が遠いのでちょっと足が遠のく・・・・

とにかく綺麗な花が沢山あって色々楽しめる公園であり、後ろ側に子供の楽しむ遊ぶランド、遊具も用意されているのでありがたい!

満開の時期には、この広い場所で三々五々祝杯を交わしている人がたくさんいるのを見かける・・・・

最近では外人の方もこれら桜を見に来ているようであり、ますます世界的に観光ムードが楽しめるようである。

黄がまだそれほど大きくなく若木なのでその桜の花の迫力は素晴らしいのである。

     以上、栃木市近辺からアクセスの良い場所の桜三昧の道のりを案内いたしましたが、今年2012年は、すべての花が遅れ得ているので何処へ出かけてもきっと良い花を見ることができる年と予想されます。皆様の良い花を見るための参考になれば光栄です!

栃木県みちくさ情報へ戻る