古峰ヶ原神社

古峯神社

    ★ ★ ★ 20161104:「古峯神社の秋紹介

20150627:花ショウブが見ごろに! 古峰ヶ原神社は、神社の裏手に素晴らしい紅葉の名所と池がありますが、夏には、花ショウブが満開になり素晴らしい景観を見せてくれます! 入場料は¥300.-です。 昨日20141111日、東京テレビで古峰ヶ原神社白井平橋の紅葉が報道されました。★「古峯神社と御朱印ガール

ここか鹿沼から40分程度の場所で美しいこの神社の古峯園と呼ばれる二本四季庭園ですが、これが映しだされました。 最もこの時には、大芦川の白井平橋の紅葉が画面全面に映しだされました・・・正にこの場所は今が見頃・・・古峰ヶ原の古峯園の紅葉よりもかなり遅れて紅葉します。 テレビ放映の内容をここでさかのぼってみましょう・・・参考:2014年の古峰ヶ原の紅葉状態

白井平橋の紅葉を撮影する人達

     鹿沼市に来たので紅葉の場所を独り占めしたいと考えまず古峰ヶ原方面に行く。ここで古峯神社古峯園に行く・・・・ この神社は、”紅葉神社”とテレビなどで紹介されており絶景の庭園があって芸術の秋を堪能できるという・・やすらぎの庭園の紅葉は、さすがに抜群で一見の価値十分あり! ということです。 又、天狗の面の書いてある国内ここの古峰ヶ原神社だけの御朱印がいただけるという。¥500-、

     又この時期の紅葉ならば、20141111日現在、最も紅葉が素晴らしい白井平橋のオオモミジが最高の魅力。 この紅葉は、比較的遅くほぼ古峰ヶ原神社の紅葉始まりから2週間程度遅れると予想すれば、例年の予想として大丈夫であり、そのもみじの紅葉がまさに今始まってあり、その絶景が眺められる。 今年2014年の予想では来週いっぱいOKと予想されている。

参考:ここで鹿沼から古峰ヶ原までのドライブマップを見てみましょう.。

★地図の案内::下の地図で東北道路から、古峰ヶ原にむ向かい、薄いオレンジ色のラインをたどると古峰ヶ原に行く。 古峰ヶ原の場所はもっと広いがこの古峰ヶ原は古峯神社の位置を示している。 白井平橋は、この古峰ヶ原の手苗の一の鳥居位の場所を右折して大芦川の渓谷の脇を進むと有名なもみじの渓谷が現れる・・・大鳥居からは約1分程度である。

鹿沼から古峰ヶ原までのドライブ地図

白井平橋をバックに見るもみじの渓谷美

     この場所は山岳の渓谷の中にあるため風などが吹くことがなく温暖な山間の盆地のために温かい環境があるためと思われるのです。 この渓谷に降りる手前には、大きな農家の家があってそこのお人にいろいろ聞くとこの周辺の旅路の情報が得られるのです・・・渓谷の下は車は入れないので橋の手前に駐車して歩くことになるのです・・・参考:古峰原と周辺探索

     とにかく人気のスポットでカメラマンでごッタ街している場所です・・・
この場所は、鹿沼市からほぼ一本調子で行ける道筋です。 約約40分で行けるので大人気のスポットなのです。


     この古峰ヶ原神社は約1300年前に建立されたと言われる神社です。 この古峯神社、別名、天狗の社とも呼ばれており屋根が未だたっても古風な藁屋根である。

    そして天狗の面がいたるところにあって天狗にちなんだある者が密かなブームという・・・ この古峯園は、今が見頃の日本式庭園で25000坪の広さを誇っているのである。


     一般的には、紅葉の見頃は10月の下旬から11月の中旬が一般的である。 鯉が庭園の広大な池にいるので鯉の餌やりもできる。 餌は入場時に、入場券を購入するのでその場所で購入すると良いだろう・・・

古峯園の晩秋の紅葉と佇み

     ここの茶屋ではおしるこ、くずきり、珈琲、田楽など色々なメニューがあるので周辺の紅葉を見ながら楽しめるのである。 そしていよいよ今流行のお天狗の面が書かれている芸術的なイラスト入りの御朱印が目にとまる。

    この旅の、帰りがけに鹿沼市にある、CAFÉ&GelateriaHoneyB というお店に入る。 ここの特徴はイタリアン系の食事ができるが、なんといっても全てのものに、自家製独特のはちみつが入っている料理ということが売りである。 鹿沼市の村井街にあるレストランである。
客のの90%が女性というからその内容は、自ずとわかるだろう・・・
     一番の売りは、自家製はちみつの入ったジェラートがなんといっても有名・・レストランの祝辞メニューでは、ハニー明太くりーむぱすた¥1240-、小松菜のときのこのハニー和風ツナパスタ、¥1200-、パンケーキピサ、パスタなどのメニューにはすべての自慢のハニーが入れられている。

    以上、今年の秋を鹿沼周辺の古峰ヶ原神社(古峯神社)で過ごしてみてはいかがだろうか!参考:古峰ヶ原全特集版

古峰ヶ原神社への交通 の目安

例示: -=定期バス; ー=電車; ーー=新幹線

1)東京ーー(宇都宮新幹線:一時間10分)ー鹿沼(日光線:15分)・・・新鹿沼(定期バス:一時間10分)-古峰ヶ原

2)東京-----浦和ic(首都高速:40分)------鹿沼IC(東北道一時間)------古峰ヶ原神社(地方道路40分)

古峰ヶ原周辺の紹介

   ★★★ 注: 下の写真にはリンクが貼ってありますので、写真をクリックするとその場所の詳細な紹介に行きますのでご利用ください!

古峰ヶ原神社周辺紹介地図


上で紹介したようにこの古峰ヶ原の古峯園は、古峰神社のすぐ境内の脇から入る山麓にある日本式の庭園です。 山麓故色々な古木が沢山あって、その木々の葉が色づく分けです。 ここに行くのには、もっともよい方法は、東武浅草から特急電車で新鹿沼までゆくことです。 上の地図を参照して下さい。