グリムの館

イルミネーション開始

  ★20191126日: 下野グリムの森イルミネーションが開催された・・・24日から開催が始まり、今年も多くの人で賑わっている。 これは石橋地区の住民らで阻止区する人たちが市のウインター活性化を促進するために行っているイルミ。 今年は、昨年よりも5万旧多い過去最多を誇るという・・・55万球というから驚くほどだ・・・例年の白鳥の白、そり上の撮影場所などがあって家族連れで多くの楽しみがモテる。開催時間は、PM5時から9時まで・・・来年の1月3日まで開催されるという・・・・

「グリムの森イルミネーション」が11月24日(日)から1月3日(金)までの毎日開催され、午後5時から午後9時まで点灯します。
 グリムの森が55万球の電球を使用したイルミネーションの幻想的な光に包まれます。特に、お城のイルミネーションは幻想的で童話の世界のようで、子供から大人まで楽しめます。
(入場料は、グリムの森・グリムの館とも無料です。)
 
 【休館日の点灯について】
・グリムの館は、毎週火曜日と月末日、年末年始(12/28~1/4)が休館日です。
・イルミネーション期間中の休館日は、イルミネーションの点灯時間中(16:30~21:00)のみ
 開園
します。

「インスタ映え」するということで、奇跡の一枚を狙ったインスタグラマーの方々も多数訪れていますが、撮影の時にはマナーを守ってお願いいたします。 

★20181212: 今年もグリムの里のイルミの時期がまいりました。 1月3日までの予定で、開催します。 10周年記念ということで、大々的にイルミも増えています。・・・栃木旅ネットより


 

毎年行われるグリムの里の美しいイルミネーション祭りが行われている。 燃す既に6年が経過したと言われるこのイルミネーション、毎年美しく輝くページェントが現在行われており沢山の電球で広大な庭園が光に埋め尽くされている。 この時には、音楽賞も行われているときだったのでグリムの館の中には入れなかった物の、外では多くの人が夜の美しい電球のLED野色に親しんでいたのです。

例年館の前では、色々な物が販売されていますが、年々その点と小屋の造りも大きくなっており発展しているといえるでしょう。 緑の色で歩くところは、すべてが緑色の鮮やかな色でガイドされており数年前の物とは変わってきていました。 

話によると、ここの石橋の地域活動は、すべてボランティアーで行われており、施設もすべてボランティアー野かたがたがやっているそうです。 またこれらの資金源も街の中での寄付と言うことで地域活動が素晴らしく実ったイルミネーションの祭りといえるでしょう。

昼間訪れたグリムの館の感覚とは大きく異なり、夜景に美しく「湖城が現れて白鳥が水の上に舞う」姿はとても素晴らしい景色というか、幻想の姿そのものです・・・

時間的には、多くの人が、薄暗くなる時間帯出来ているのです湖押し時間を遅く湯気宇と駐車場の車の混雑も少なくなるようです。 夕映えの時期には、とても多くの車でごった返していますが、その後の一巡した後には、かなり車も少なくなって駐車場の空きも多くなるので、お勧めです・・・

寒い冬とはいえこれだけの施設がきらびやかに光っている夜間ページェントを是非皆様にお勧めしたい場所です・・・

 

1) グリムの館について

 このグリムの館・・・・JR石橋駅にもその人形が自動で動く時計などがあっておもちゃのまちのイメージが強く撃ちだされています。 最も今は、石橋というより下野市と呼んだだほうがピンと来るのかもしれません・・・しかし、やはり石橋駅があるのでその場所から近いということでは、やはり石橋地区なのでしょう。 最近市の名称が変わって下野市となり分かりずらいですが、JR石橋駅ならばすぐ分かるでしょう!  駅自体も子供ランド向けの飾り付けがしてあり有名なオルゴール付きのドイツ風の人形が踊る姿が見られます。 小さな町ですが、かんぴょうの街としても有名です・・・・駅のすぐ前にこのカンピョウの川を利用したふくべい細工の店もあってその歴史を物がっ立っています。 そこから数キロ西の方向にゆくとグリムの館があります。 どちらかと言うと公園風の場所にドイツ的な建物がっ建っておりグリムの童話集などの展示物が多くなされている場所です。そして最近になって、クリスマス時期に夜間の点灯を行い美しいいるーみネーションを展開しているのです。 最近では、いろいろな場所で行わwれていますが、LEDが安くなったのでこれに合わせてまちぐるみで行うところが多いのでしょう・・・ましてや、個人宅でも驚くほど豪華なイルミをやっているところが見つかりますから・・・

   グリムの館と言う名を聞くと子供の頃を思い出さざるを得ませんが、確かにこの建物は、しっかりとした大きな建物であり本当にドイツにでも来たような感じになるから不思議です。 また、前には比較的広い広場があって底からその全貌を見ることができます。 建物は、主に音楽とか、美術館などで構成されていますが、色々なも用紙が行われているようです。 この周辺にはいろいろな観光名所があるのでお出かけには、好都合です! JR駅は、石橋駅が都合が良いのです。

グリムの館 建物

   これが、グリムの館全貌です。 石橋市とドイツの町が手をつないで、これを作ったのです。実際行ってみると、建物が大きい割に周辺から気があるせいか見えませんが、大きい建物で、喫茶室、ホール、図書室、ギャラリーホール等々かなり大きな物です。 名つんはここに噴水の水が流れて子供達が戯れます・・・結構一日、周辺でお遊びが出来るところなのです。環境は周辺が今は住宅地に変貌しています。ここ欠点と言えば来るのに見つけずらいと言うことです。 あとで良い地図を紹介しますが、本当に見失います! デモ最近では、かなり標識が増えてわかりやすくなっていました!


 

  2)イルミネーションについて

 最近では、冬の風物詩の美しいLEDによるイルミネーションが夜間展示が行われています。 無明石は入り口に一つだけあったのですが、今では全然スケールが変わりとても綺麗なイルミが点滅しています・・・・なにせここは大きな公園ですが、この周辺を探索できるように道を光らせて作ってあるので探索には持って来いでしょう。 もちろんグリムの館の市展示室内も見ることが出来るようになっているので楽しめます・・・・

グリムの館イルミネーション

   入り口から中にはの超ど真ん中に位置しているい最大の建物の威風堂々たるイルミです・・・・これはかなり大きく迫力があります。入り口は綺麗に着飾ったような出来となっているのですが、これは外からは見えないような構造になっており庭に入るといきなり見ることが出来るような演出がされています・・・・配色はとても綺麗で驚かされます・・・・また正規入り口から入ると今までのドイツ風の建物は見えないように工夫されているのでネオンが目立ちます!

   トナカイの鳴き声も聞こえてきます・・・・ジングルベルのそりも子どもたちの夢を拾ってきているようです・・・・庭にあるような花が下の大地を飾って色鮮やかに咲き誇っています。

 

グリムの館 建物

   いよいよ昔からのドイツ風のグリムの館が現れます・・・・ここは一つだけ開放されているので見ることもできます! ここで寒い時には立ち寄って内部を見て楽しむのもよいでしょう・・・・昼の建物と夜間の建物がかなり異なっていることがわかります・・・・とても綺麗です・・・・


 

3)グリムの館 内部について

グリムの館 建物

   グリムの館の中はこんなに綺麗に照明がなされており、ゆったりと楽しめます・・・・ドイツから持ってきているグリムのお話とか、小物が以前よりも増えて展示されていました・・・・もちろん無料で見ることができます。

 

グリムの館 建物内展示物

   赤ずきんちゃんの小物展示です。

グリムの館 建物内展示物

   何か昔童話の世界で見たような人形があちこちに並んでいました・・・・

グリムの館 建物内展示物

グリムの館 建物内展示物

   この建物の二階も開放されていました。

グリムの館 建物内展示物

グリムの館 建物内展示物

   グリムの本を読むこともできます・・・・

グリムの館イルミネーション

   王子様が別の建物のイルミの前で皆を待っているようです。 全般的にとても豪華なイルミが施されています・・・・以前とぜんぜん異なる力の入れようです・・・・きっとこの「グリムの館もイルミ」で有名になることでしょう・・・・

その他関連情報ドイツ村

   結構この公園は、整備がしてあります・・・今、石橋いや、下野市は、がんばっております・・

旧データー: グリムの館と言うのが石橋に有るのをご存じですか?  ここで、最近夜間のイルミネーションが開始されました!今年2013年は、白鳥の城ということで、グリムの森イルミネーションが転倒されており、今年でもう5年になるという・・・2014年1月4日まで店頭が毎日行われている。 入場無料2013年1201日から点灯・・・・

4)ARCHIVES:

  

▲ページの先頭へ