茂木と彼岸花

茂木と彼岸花

●特記事項:  今年2016年の彼岸花の季節は、ほぼ終わりました。 沢山の方のこのページへのおいで、ありがとうございました。 ★最後に、多くの方に、このページを見ていただきありがとうございました。 これからは、通常のページに戻り紹介を続けます。

  そのページは、こちらです。 「栃木県みちくさ情報」 「花旅」 「花旅散歩情報」・・・以上のページが主体となり、色々な旅、花情報、季節情報を 紹介していきます。  よろしくお立ち寄りくださいませ。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

20140923日現在: 茂木町の城山公園では、既に彼岸花の見頃を迎えています! 

★20130928(まだ見れる彼岸花特集」  20111005 烏山彼岸花と茂木城址彼岸花満開 茂木には,彼岸花の群落がある茂木城址があってここにはちょっと変わった他では見ることの出来ない変化のある彼岸花の群落地があるのです。

 ここは,高速道路からは比較的離れておりやや首都圏からは遠いような気がすることは否めない場所なのかもしれません。 今日は,彼岸花を中心にこの茂木地域に焦点をあわせて紹介してみることにしてみましょう! 最近なんといっても茂木といえば若人が騒ぐツインリンク茂木がなんといっても有名なのでしょう・・・・しかし茂木の歴史的な場所から見えれば,茂木城址があって、そこ周辺の旅が中心と言えるでしょう! 茂木駅から見ると茂木は、益子などで有名な蒸気機関車が発車していたり していてその関連の観光も素晴らしいのです。 さて、まずは最初にここで茂木周辺の地図を見てみましょう・・・・そうすれば周辺の旅の様子も見えてくること請け合いです・・・・近くの彼岸花名所:  彼岸花一覧集  茶の里公園と周辺  北関東彼岸花・烏山から茂木まで」 北関東彼岸花・烏山から茂木まで-2」 茂木から茶の里公園と彼岸花 3」 茶の里公園彼岸花から簑沢へ 4」 

 

 

彼岸花咲く茂木周辺地図

     地図の下から見てゆくと茂木町の役場から真北にある城山公園が彼岸花の名所となっている。 ここは,茂木駅からは,真北に向かう主道を北に行くとこの山にゆくことができて,無論車でも頂上まで登ることができて頂上付近には30台程度の車を停める駐車場が準備されている。しかしいざこの山をめがけて行ってみると、道が民家に消されて姉妹本当にこの道で良いのかと思う程の狭い道となる。 そして急に右折するとそこからがこの城址公園ののぼり坂となっているのである。  最も彼岸花はこの頂上より少し下った場所から案内板があるので、ここから探索道路を歩きながら見ることになっている。 そしてこのすぐ傍には神社があってここにも6台程度の車を停める駐車場があるので、すいているときにはここも利用出来ることになる・・・・もしそこの駐車場の止めたならばすぐそこから歩きながらこの絢爛豪華な彼岸花の鑑賞へと旅立つことができるのである。

彼岸花咲く茂木城址

     上の方へ行ってみると地図上では、那珂川の流れが紹介されている。 なんといってもこの周辺はあゆのメッカであり、大瀬のやななどは天下に名高い場所である。 その大瀬やなの手前に鎌倉山がある。 この鎌倉山は、以下にも紹介してあるが、那珂川の流れを上から展望するばかりでなく、超有名なのは霧が立ち込めた周辺の山々の展望なのである。 那珂川があるゆえ温度差が発生して綺麗な薄霧がたってその感じが素晴らしいのでカメラマンはその時期にこの地を訪れることになるのである。 そしてここからは有名な高畑の棚田が比較的傍にあるので訪れるとよいだろう・・・・名産品 、大瀬のやな場

     茂木城址公園の彼岸花は,今年(2010年)は,10月の2-3日が満開の最後を迎えていた・・・以下に遅れたかがわかるでしょう! 異常です・・・しかしこの休日には道の駅からもシャトルバスが無料で出ていてここまで鑑賞したい方々を誘導しており,上の写真のように案内板もしっかり出来ていて皆を誘導することを十分配慮されていることが非常に好感できるのである! ちなみにこの紹介している写真は10月5日現在の写真です・・・今週いっぱいは,なんとか見ることが可能でしょう・・・)

     ここは城址は,なくなってしまっているが、その場所は、よく整備された広大な地が広がっており,なんといっても下の街並みが広大に見て取れるのも有り難い山の構成なのです・・・この山の南斜面には至る所の彼岸花が群生しており,特に上に黄色の彼岸花も大事にまとめられて植えられておりこれらが増えると非常に楽しい場所になることでしょう!

     彼岸花咲くお堂

     ところで,今回発見したのですが,この茂木から千本の交差点を右に曲がり大瀬の方面へ向かうと素晴らしい彼岸花の咲く街道筋に出くわしたのです・・・道の両わきが彼岸花でいっぱいなのです! これは,294号線の下郷から大瀬絵の街道筋で338号線つたいなのです。 皆様の中には大瀬と言ってもわからない方があるでしょうが,ここは梁で有名な場所で今は落鮎がたくさん食べられる那珂川の名所なのです! そして,聞くところによると巻頭の写真大会で優勝したと言われる彼岸花のお堂が,この大瀬の手前を左に曲がった民家の隣にあるのです。 今回そこを紹介されていってみたのですが少し遅かったようです! 確かにコスモスが咲いていたり彼岸花が咲いていたりして,とても美しい環境でした・・・・

コスモス咲く街道筋

     今年は,暑くてコスモスの咲き出すのも遅かったのですが、顔道筋にもコスモスが綺麗に咲き出しました・・・・やはり自然もだんだんと平年並みに戻ってゆくのでしょう・・・それにしてもこの街道筋には沢山の美しい場所が多いのです・・・

鎌倉山より望む大瀬地区

   すぐ近くに鎌倉山があるので、勧められてゆくことにしました! ここは早春などは、那珂川と霧の構成で写真を撮るメッカです・・・・・今で葉山町上まで舗装されているので一階登れるようになっています。 ただ頂上の駐車場が狭いのでこれが問題ですが・・・

彼岸花でいっぱいの農家

     しかし,数年前訪れたときに満た彼岸花の農家ですが今も健在です! これほど増やすのも大変だったことでしょう・・・・ここは高畑の棚田の直ぐ側です。 今年は、まだ10月3日の週は見頃が続くことでしょう! 高畑の棚田はもう稲架がけされ稲は残っていませんでした!

本郷近辺で見た彼岸花咲く街道筋

     この周辺は,車はそれほど多くないので,道端の花を見ながらのたびには適しているところでしょう! この周辺は今が満開なのでしょうがまだ新しい目があるので大丈夫でしょう・・・・一般的に彼岸花は咲いている場所が固まっているのですがこの街道筋全般に咲いているので素晴らしい場所と言えるでしょう・・・・

     大瀬から西に向かい那珂川沿いに進むと高畑の棚たの案内が出てきます。 この未知に左折するとすぐにこの世9ウナ岩場に出て清流が流れています。 なかなか見事な岩の造形美です! 高畑の棚他はこのようにもう秋の気配でした・・・・

     途中沢山のコスモスの花を見ながらの旅となりましたが,素晴らしい環境です・・・蕎麦の花も今は満開を迎えており,しばらく見とれてしまいました・・・・この地域は静かな地域ですからいくら見ていても疲れることはないでしょう・・・・

彼岸花咲く茂木城址公園

     では,最後に茂木城址の斜面に咲き乱れる 彼岸花をお楽しみください・・・・

  1. 9月27日は、蓑沢地区の彼岸花まつりです。 蓑沢彼岸花公園は、おょそ六千平方メートルに五万本の花が咲き揃っています 。毎年地域の皆さんが公圃内の手入れをしていて、「美しい里の風」景を創り出しています。当日は午前十一時から午後ニ時まで お餅など地域の皆さんのおもてなしのほか小学校の児童たちも一緒におまつりを楽しみます。 子どもたちが彼岸花咲く土手を歩く姿など、花の背景にぴったりではないでしょぅか。 さて、今月も終盤です。早くもニ十六曰は彼岸明け、そして二十七曰は十五夜です。黄金色の田んぼでは稲刈りが進み 、収穫を迎ぇています。深まりゆく秋の一日、里山でのんびり過ごしてみませんか。駐車場は美野沢小学校校庭をご利用ください 。道の駅東山道伊王野からクルマで約十分。ナビは那須町立美野沢小学校か電話番号0287-75-0259を入力でお越しください。
  2. 20150925:簑沢から茶の里公園、そして茂木城址公園の彼岸花を見るルート紹介!
  3. 20150924:「茶の里公園の彼岸花」について・・・昨日、「那須簑沢」から「茶の里公園」そして、「茂木城趾公園」というように彼岸花の名所を見回ってきました。  いずれもすばらしい彼岸花の名所ですが、残念ながら、茶の里公園では、その周辺がすべて黒く彼岸花が変色しており、今年は完全に終わっていました。 他の場所は、未だ見られるのに、なぜこの茶の里だけ終わってしまったのでしょうか・・・分かりませんが、今年の異常気象と、以外と暑い彼岸と言うことなのでしょう・・・今年は、茶の里公園周辺の彼岸花は残念ながら終わっていました・・・!!
  4. 20150922:茂木城趾公園の彼岸花が見頃に!

 

栃木県みちくさ情報へ戻る