伊豆 花の旅

伊豆春の旅

★20190220: 今朝はTV朝日の依田さんが、伊豆の河津桜を紹介していました・・・今年はもう河津桜まつりが行われているのです・・・ところで、ここマツダの河津桜の様子はどうでしょうか・・・今年2019年は、もうすぐ満開になりそうです・・・「足柄COM」で見ることができます。 ここは、運がよいと上まで行けるのですが、混んでいると、川べりの方の駐車場となります。 いずれにしても素晴らしい場所です・・・「松田の河津桜」は、こちらで紹介しています。


 

20180306: 伊豆の河津桜が満開です! 河津さくらを見にゆきましょう・・・

いつも例年2月の下旬あたりからいろいろの花が咲き出す・・・特に河津さくらは素晴らしく一度は見たい場所の一つである。 「河津桜と伊豆の旅」  ★☆20170219:「伊豆の河津桜見ごろに」 ・・・・開花が気になってみてみると、もう見ごろを迎えているので驚きました・・・最もこの桜は焼く1ヶ月間にわたり、素晴らしい花を見せてくれるので、見る時期は長いのです。 河津桜は満開になる前の6~8分咲きが花にとても勢いがあり綺麗で、花情報で5~6分以上であれば見頃になりますと花の情報局で紹介しています・・・七滝あたりの桜は、さすがに標高が高いのでまだということです・・・今年2017年も見ごろが来たのです・・・

況してや小田原の近くには松田の河津さくらもあって桜いっぱいの旅ができる。 最近の日本いい旅で春の花の旅が紹介されましたが、未だ知らない場所が沢山あるものだと驚かされました・・ここではそれにそって自分なりの旅を紹介してみましょう・・「伊豆早春の旅

東京から熱海そしてJR伊東線で来宮に行く、ここは約1時間で3570-という、熱海梅園はもう3月下旬で春爛漫でピンク、白などいろいろな花が満開、野梅系、(やばいけい)、冬至梅、等色々な花が咲いておりここでは広さが4.4Haの広さを誇っている、赤い八重寒紅、一重野梅、能代など驚くほどその種類は多い、 ,梅は58種類473本があるという大きなばい煙でもある、

大盃などというさつきのような梅の種類もあるという、しだれ桃も綺麗だ、呉服枝垂(呉服枝垂)などというものもあり綺麗だ、この熱海の梅まつりは3・9日までとのこと入園料は比較的安く300-、開演時間は8:30-16:00であり、その他の時間は入園が自由で無料とのこと・・・興味深い・・・・しかし北関東などと比べるとあまりにもい梅の花が早く咲くので驚かされる。これはやはり海の近くで温暖だからなのでしょう・・・

伊豆半島は、やはり基本的には熱海そして伊藤、片瀬白田、そして桜で有名な河津、最終的には伊豆急の下田ということになるだろう。伊豆急行を使うと何もなくこの地に到着することが出来る。 車での旅は結構途中の混雑などで大変でも有る。

伊東温泉は、なかなか広い場所で道の途中から左に折れる、人口、32186人で年間観光客が647万人という、相模湾を望む素晴らしい温泉地もある、ここでは花の名所として桃源山というお寺の伊豆の花の名所を尋ねる、松月院が有名、ここは桜寺、山門を入ると奥に本殿が見えその途中にきれいな桜の花が配されている素晴らしい準日本的な風景が楽しめる、この時期にはカンザクラと呼ばれる幾重にも花が積み重なったような花が見て取れえる、やはり一般の桜とは異なっている、そめいよしのは、4月上旬から中旬とのこと、いかにこの桜が早く咲くのか驚かされる、弁天堂にある赤い柱などとのさくjらの美しさが映えるのは今の時期かもしれない・・・・それにしても驚くのは、なんで普通の桜と今咲いている桜が時期的にこれほど異なるのだろうかということである・・・まあ、いずれにしても伊豆の花の時期は始まっているのであれう!

そしてここから陽気館へと進む、ここでは売りが全市内一望の大野天風呂静山荘,陽気館と宣伝されている、かなり裏道に入るがやはり山間の場所問言うこととなる。ここは伊東の山が少し出っ張って見える小さな山であるがこうしたホテルが有るのは知らなかった・・・、かなりしっかりとした建物の作りで中に入り、この登山電車の定員は6ン名でありそれに乗って大露天風呂に行くのである、これが外人にもとても人気であるという、操作は自分でやる、四角い箱が登ってゆく格好であり、管内専用の電車の形をしており45度で距離が30mというからなかなかのものである、所要時間はたったの1分、この上は確かに高台の露天なので風景んお眺めは抜群である、透明なゆで綺麗だ、ここから有名な初島が見える、」カルシウム、ナトリウム塩化物温泉である。

また伊東駅に戻り、小室山公園のつばき園が有名、無料で見て入れて所管いは、つつじ園ともなる、ここは川奈亭、川奈別邸としても有名で小室山周辺にたくさんのものがある、一体が小室山公園となっているのである、よく見ると、この周辺には色々な楽しみの場所が多く、川奈ホテル、伊豆高原ステンドグラス美術館、小室山リフト、蓮慶寺、川名駅、などが有名な観光地となっている、この伊豆急では発行から2日間が有効な切符、途中下車してもこの間ならばいろいろ見て歩けるといった旅ができるのである、1570-である、伊豆急行はかなり長い間を走るようでもあるが、実は、わずか45kmで駅が16ということでこの地域に密着した電車であることがいえよう、伊藤、革な、富戸、城ヶ崎海岸、伊藤高原、伊豆大川、伊豆北川、伊豆熱川、片瀬白田、伊豆伊那撮り、今井浜海岸、稲梓、蓮台寺、そして終点の伊豆市野田駅ということになっている、ここでは、リゾート21という車両が3タイプ用意されており、ドルフィンというブルー系、あるふぁーという赤系そして黒と赤のバンドでしめているデザインの黒船電車があってどれも自由に乗ることができる。

今回は川奈で降りて衣類がこの駅の構成は変わっており何かデパートの入口のような感じがする液、ここでは、魚処おお田、という看板のある店に入る、かなありのゴルファーなどが個々によって食事をするという有名ドコロ、人数も多い、ここは、太田水産ということである、地あじ膳など1365-で食べられる、海鮮味味噌汁1260-なs度かなりリーズナブル、二階の広い二部屋は客でいっぱい、地あじ膳1365-、というから忘れないで心しておこう・・・

ここには、直ぐつばき園があって有名・・・このつばき園は、1.ha あって椿は1000種類、4000-本というから驚くほかはない、蜀江(しょっこう)、卜半錦(ぼくはんにしき)、等色々、ピンク系の春曙紅(しゅんしょっこう)、一般的なあkの斑入りの絵姿など盛りだくさん、石の階段でしっかりと出来ている道を登ってみて歩ける良く整備されて無料のぼたん園でもある、中にはつばきの館があっていろいろな模様しが行われている。

川奈からあるファーリーゾートの電車に乗ると外側を見ながら座れる座席で伊藤周辺の海を見ながら楽しめる電車を味わえる、また、城ヶ崎海岸ではいつの出る海の上の吊り橋の上を歩いて楽しんだりすることもできるのです、この城ヶ崎駅を降りると温泉もあって足湯ぽっぽの湯と言われる、もちろん無料、そして、この城ヶ崎駅は1991年の伊豆急の開通30周年記念でログハウスに改築されており、カナダの木材で出来ているという、ここでは伊豆四季の花公園、というものがあって花を鑑賞できる、広さ、1.7は、花の種類300種類である、金魚草、パンジーなどたくさん咲いている、菜の花も沢山なっており春を感じる、この公園は海のそばなので花と海が楽しめる光景がある、500-。

そして、北川温泉、あ違っわ温泉、熱川ではゆけむりが見える、片瀬白田、ここに大観荘がある、ここは比較的安く泊まれて駅の前にあるので多くの人が利用して言えるという、つるし雛などで綺麗に入り口が飾ってる、料理自慢の宿として知られる、ここも海岸のそばで部屋は7つ、つきのひかりと呼ばれる名湯、透明である、ナトリウムカルシウム塩化物硫酸塩温泉である、風呂はやや丸い作りで周りは黒い色で湿られている、中はやや緑系の石で作られており落ち着く、伊勢海老、あわびステーキ、金目鯛の煮付けなどが出る、伊勢海老のエビ味噌焼き、これで、15900-というからこの割烹の宿はお得である、この片瀬白田駅からすぐに南にゆくといよいよ買わずであり河津桜の名所となる、河津川のほとりにこうした美しい華が咲くのでこの時期には大木うの人が訪れてくるjのである、ピンクの花、そして川の流れ、末期色の菜の花とそれはそれはきれいな光景が続くのです、3月10日までという、また、ここには買わずカーネーション見本園というのがあって300-で見ることができる・・・

そして蓮台寺駅で降りて、なまこ壁で出来ている、ここでは金谷旅館にあるってゆく、ソ行は江戸時代というから庭の感じ漏れキディ的であり、梅の花が咲いている、」そして千人風呂が有名、対象4年に作られているという、総ひのき作りで5mと、15メートル、ひのき作り、千人風呂である、単純温泉でとても広い

下田に黒船電車でゆく、人口、24072人、年間観光客が292万人、というから驚かされる、寝姿山ロープウエイ、下田ロー^ぷう英と言われている、往復料金が1000-であり見晴らしが良い、花の山でもある、この時期推薦、キンセンカ、石段を登ると菜の花、桜、カワヅサクラ、などが見ることができる、寝姿しゃまの上からはかなり広い眺望があって素晴らしい海と花が見られる・・・やはり最終的には下田でこのたびは締めくくられあのであるが、霜だというとm樹菓子は灯台を見て歩くのが常であったようだ・・・最近はいろいろあるので目移りするのでよく前から準備して旅に出ないと見失うコースが多いようでも有る・・・

 

 

▲ページの先頭へ