とちぎ秋まつり 旅

とちぎ秋祭り 周辺


   ★20181108: 今月の9-11日は、とちぎ秋まつりが開催されます。 天候も良いようで、祭りは花が咲くでしょう・・・初日は、9日で子供の祭りが主体です。 10-11が本祭と言えるでしょう・・・この祭りは、惜しいことに2年毎になってしまいました! それでも歴史ある街ですから、楽しみいっぱいです・・・  


ここでは、栃木市の秋祭り、人形山車の様子を紹介しています。

1)とちぎ秋まつりの概要

2)何で小江戸というのだろうか・・・

3)岡田記念館と嘉右衛門町伝統的建造物保存地区について

4)うずま川沿いの舟下りの旅

5)駐車場について

6)ARCHIVES

7)栃木を歩き楽しむ 1

8)栃木を歩き楽しむ 2


1)とちぎ秋まつりの概要

2018年の栃木秋祭りが行われます。 ここでは、この前のまつりの様子を紹介しています。  ・・温かい日和に恵まれて道路いっぱいの人が集まっています。 毎年行われないので、残念です。 

 ここを、訪れて感じたことは、栃木駅からまっすぐですが、祭り会場までが、意外と距離があることです。 足が疲れました・・・

  この前は車で行ったのです。 今回は歩き・・・やはり遠い・・・帰りがけに、気が付いたのは、無料バスが駐車場まで出ていて、それほど込んでいなかったのです・・・ということは、来るまでイオンなどの指定駐車場まで行ってから、シャトルで街中の栃木警察の白い建物の裏まで、送ってくれるので、これが最も近いようです・・・以上、今回感じたことです。 東武電車では、大平山のハイクもあって、駅は混雑していました・・・祭りも盛況です! 今日も暖かく日和が良いので最終日は込むことでしょう・・・

   2年前から山車の引き手が少なくなったため一般公募であつめたということです。 この祭りは、栃木市のとちぎ蔵の街大通りと周辺会場で開催栃木市のとちぎ蔵の街大通りと周辺会場で開催されるのですが、栃木市は、比較的碁盤のような町なので、迷いや少ないのが特徴・・・豪華な人形山車巡行のほか、さまざ まなイベントも同時開催されます。 参考尾情報:「栃木蔵野町を歩く」「栃木の町を歩き楽しむ」「栃木秋祭り駐車場

 

山車の様子・・・大きな鳥が印象的

  2016年から初 めて、公募で鬼まった一般市民らの出車の曳き手・・・

  なかなか見ものです。本まつりの2日間は、9台の人形山車 と獅子頭1対が、同大通り を巡行するそうです。 栃木の山車 は、江戸型人形山車と呼ば れているそうです。 上下三段構造で、 最上部には、古事記に登場する神々や英雄、三国志の 武将などを象った人形が飾 られているのだそうです。 

  確かにここを見ると、高いところに人形や取りなどがあしらわれているのを見ることが出来ます。 また、巡行中の山車が向かいあって、お囃子を 競演する「ぶっつけ」と呼ばれる行事は、祭りの見どころの1つであり、祭りの頂点でもあり、 迫力ある祭りの見所の一つとなるでしょう・・・

   また、夕方から行われる「ちょぅちんの灯り」が幻想的な 夜の山車巡行」これまた、見落とさないようにしたほうが良いでしょう・・・夜になると山車にちょうちんの灯りが、浮かび上がり、それら山 車の姿は、幻想的な美しさ があります。 大方の人は昼間の祭りで帰ってしまいますが、この夜間にかけて行われる行事が美しいのです・・・

では、ここで、栃木市内の概要図を紹介してみましょう・・・市内は、うずま川が流れており、これがまちなかを横切っています。 栃木駅は、一番下で南です。 右上に新栃木駅があり。電車が迂回していることがよくわかります。 とても良くできている町並みです。 祭りは、南北に走る、市内のメイン道路で行われるため、車両は、全面的に通行禁止です。

裏道に行くと色々な小さな商店があるので、町中かだけでなく裏も行くことを、おすすめします・・・

栃木市エリアマップ

栃木秋祭り

蔵の町に展開される素晴らしい秋の祭りとその歴史絵巻が本当に歴史のある栃木の町に一斉に展示されるのである。 生きた祭り、これらの伝統は、素晴らしいものである。 前に行ったとき、感じたことは、祭り中心地にたどり着いたとき、スピーカーからおいしい汁粉ですよ!!と言う声が聞こえてきた・・・ふと、そちらを振り向くと、ブティック店の中からであった! そして様変わりしたその店の中で汁粉を振る舞っていたのだ。非常においしく、頂いたが、町全体でこの様に、祭りに協力している姿を見て、その素晴らしさに感動した次第である。 今回もそのように行われることであろう。「全部見せます栃木秋祭り」 

 

この祭りは、金(きん)がかなり使われている豪華な祭りである・・・・それは、山車を見れば分かる。 これだけの遺産が引き継がれている町は流石に素晴らしいものだ。 思うにここは、空襲でも焼かれてなく、宇都宮のように全焼、壊滅した地ではないからである。

☆☆☆ その他 11/18-25日にかけて、第13回新そば祭りが実施されます。 出流観音と周辺のそば屋が主体です。 場所は、出流ふれあいの森特設会場となります。  出流観音とそば屋出流赤見温泉

参考:現在出流満願寺の周辺のそば屋は、。全部で、9軒紹介されています。・・・ 権兵衛茶や、いずるや、いしやま、福松、福寿や、出流山荘、岩本や、やまぶき、さとや、となっています。

祭りの盛り

 

蔵野町の展望、そして、歴史散策、沢山見るべき物が多いが、この時は多分これらの山車で、その他には目もくれないことであろう・・・町中の車通行もある程度制限されるが、それでもこの町中の行事が行われる努力が、素晴らしいといつも思うのである

 

荒物店

全部見せます栃木秋祭り」 

最近はこの地域の麻の販売も変わってしまっている、古い雑貨屋さんがそれでもがんばって昔の箒などを店頭で売っている姿を見ると、都心から来た人たちはそれに群がって見てとって、購入しているのである。まだまだ沢山の古き良き非の思いでの残るこの地域は、今後も観光開発が進むのであろう・・・すばらしいの一言である。


町の中心地にこれだけの屋台が沢山なラブとそれはそれは、本当に迫力がある物である。 しかし県内も、このような素晴らしい祭りが行われる所は多々残っているのである・・・例えば日光市、鹿沼市等々である。 つい先日鹿沼市のぶっつけ祭りを訪れたがあの祭りも素晴らしく、県内の歴史もまだまだ温存されていることに安堵の気持ちを持つのである。☆ 「絢爛豪華な山車と栃木秋祭りスライドショウ」 

祭りと子供ら

伝統の残る栃木の祭り、まだまだ紹介したいことがいっぱいです・・・しかしこの辺で終わりと致しましょう。 尚、この祭りの全貌は、スライドショウで紹介していますので、興味がある方はご覧下さい。


 

2) 何で小江戸というのだろうか・・・

  「川越市、栃木県栃木市、千葉県香取市(旧佐原市)は、江戸との舟運で栄え、江戸情緒を残す蔵造りの町並みと江戸天下祭の影響を受けた山車祭りがあることから「小江戸」と呼ばれています。」 ということだそうです。

言ってみれば、この山車には、からくり人形こそないが、その他はわざわざ高山まで赴かなくとも素晴らしい雰囲気を味わうことが出来るのである。 そして、私が最もお薦めしたいのが、駐車場である。 町のどこから入ったとしても、至る所に駐車場があって、ホボランティアーの人が、案内してくれるのである。むろんこの駐車場は無料であり心配はない。 そしてここから町の中心地に行くのであるが、歩ってはじめてみる古き良き町栃木の姿が見て取れるのである。 ある時この町の川野周辺には昔からのもんじゅやがあって、駄菓子屋と同じ雰囲気でおいしい焼き物が頂ける紹介があったが、今も健在であり、旅の人の心をアz畳めてくれるのである。話によればこのもんじゅやの地図が観光協会で頂けるとのことでもあった・・・☆ 「絢爛豪華な山車と栃木秋祭りスライドショウ」 をお楽しみください!

☆今年(2012)は、重伝建地区(栃木市嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区のこと)に新たに指定された町並みも見所の一つ!

☆☆☆今日11月10日の祭りの状況をここに紹介しうてみましょう・・・・・・・・今日の祭りの山場です!

鳥と太鼓を形どった独特の出しです・・・・迫力満点です

子どもたちも一時出しが動く前まで清冽です・・・・ご苦労様です! 素晴らしい装束姿です・・・・さすが伝統文化は素晴らしものですね!

 

街の中心地の方の大切な伝統の祭りの様子です・・・・街でおのおの競っているのです!

屋台を回転している様子です・・・

   

このまつりは、2年おきの祭りで来年は行われません・・・・

 

栃木秋祭り

蔵の町に展開される素晴らしい秋の祭りとその歴史絵巻が本当に歴史のある栃木の町に一斉に展示されるのである。 生きた祭り、これらの伝統は、素晴らしいものである。 前に行ったとき、感じたことは、祭り中心地にたどり着いたとき、スピーカーからおいしい汁粉ですよ!!と言う声が聞こえてきた・・・ふと、そちらを振り向くと、ブティック店の中からであった! そして様変わりしたその店の中で汁粉を振る舞っていたのだ。非常においしく、頂いたが、町全体でこの様に、祭りに協力している姿を見て、その素晴らしさに感動した次第である。 今回もそのように行われることであろう。「全部見せます栃木秋祭り」 

 

この祭りは、金(きん)がかなり使われている豪華な祭りである・・・・それは、山車を見れば分かる。 これだけの遺産が引き継がれている町は流石に素晴らしいものだ。 思うにここは、空襲でも焼かれてなく、宇都宮のように全焼、壊滅した地ではないからである。

☆☆☆ その他 11/18-25日にかけて、第13回新そば祭りが実施されます。 出流観音と周辺のそば屋が主体です。 場所は、出流ふれあいの森特設会場となります。  出流観音とそば屋出流赤見温泉

参考:現在出流満願寺の周辺のそば屋は、。全部で、9軒紹介されています。・・・ 権兵衛茶や、いずるや、いしやま、福松、福寿や、出流山荘、岩本や、やまぶき、さとや、となっています。

祭りの盛り

 

蔵野町の展望、そして、歴史散策、沢山見るべき物が多いが、この時は多分これらの山車で、その他には目もくれないことであろう・・・町中の車通行もある程度制限されるが、それでもこの町中の行事が行われる努力が、素晴らしいといつも思うのである

 

荒物店

全部見せます栃木秋祭り」 

最近はこの地域の麻の販売も変わってしまっている、古い雑貨屋さんがそれでもがんばって昔の箒などを店頭で売っている姿を見ると、都心から来た人たちはそれに群がって見てとって、購入しているのである。まだまだ沢山の古き良き非の思いでの残るこの地域は、今後も観光開発が進むのであろう・・・すばらしいの一言である。


町の中心地にこれだけの屋台が沢山なラブとそれはそれは、本当に迫力がある物である。 しかし県内も、このような素晴らしい祭りが行われる所は多々残っているのである・・・例えば日光市、鹿沼市等々である。 つい先日鹿沼市のぶっつけ祭りを訪れたがあの祭りも素晴らしく、県内の歴史もまだまだ温存されていることに安堵の気持ちを持つのである。☆ 「絢爛豪華な山車と栃木秋祭りスライドショウ」 

祭りと子供ら

伝統の残る栃木の祭り、まだまだ紹介したいことがいっぱいです・・・しかしこの辺で終わりと致しましょう。 尚、この祭りの全貌は、スライドショウで紹介していますので、興味がある方はご覧下さい。


 

3)岡田記念館と嘉右衛門町伝統的建造物保存地区について

今年から認定地域に指定された岡田記念館のある場所、栃木市嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区の今日あるった場所です。ここは新栃木駅からすぐでした・・・バスも出ていました。

ここは、歴史的な、町並み保存ということで、これからますます保存が勧められてゆくことでしょう・・・このときも、色々な店が出ていました・・・

 

栃木市嘉右衛門町伝統的建造物群保存地区

古臭い町並みということで、よくもこんな店構えが残っていると驚かされます・・・

下は理髪店のようで、文化遺産となることでしょう・・・多分写真家の方には、垂涎の場所なのでしょう・・・


 


 

5)うずま川沿いの舟下りの旅

うずま川船下りの様子

 

うずま川の船下りの様子です。 船町場ができて休んで待っていられます。 舟歌を聞きながら楽しめる旅です・・・

船渡し場


 

5)駐車場について:

 

駐車場は、昔と変わり無料では、なくなり周辺の駐車場は、驚 察跡地、市文化会館など 合計6所あります。いず れも500円(会場内で使 える協力感謝券200円券 付き)。蔵の街大通りまつ り会場は、11日午前10時? 午後4時、.12、13曰午前9 時半?午後9時?は全面通 行止め。ほか会場周辺で交通規制が行われます。

 

また、まつり会場や栃木駅で は、市観光ボランティア協 会のスタッフが、秋まつり や観光案内などを行い、無 料駐車場総合運動公園、 イオン栃木店からのシャ トルバス内では、秋まつり の見所などを紹介するそうです。

 「栃木を歩く」   「蔵の町を歩く」   「鹿沼ぶっつけ秋祭り 「日光を歩く」 「佐野赤見温泉」「佐野どまんなか田沼道の駅」 「蓬莱山の紅葉」 「佐野唐沢山の紅葉

先日のチラシでは、総合運動場だけ紹介があったのですが、最近の情報では、祭りの駐車場はふえて、イオン栃木店、がつぃかされ、その他、旧福田や立体駐車場徒歩か7カ所と紹介があります。

これらは500円で、この中に200円の市内で利用できる半券がついていると言うことです。

 ☆☆☆最新の駐車場の紹介は、ここから見ると分かります(20121107現在) TEL 栃木秋祭り運営本部=0282(23)6678,6679 この時期、うずま川では、川沿いのライトアップと、うずま川遊会が行われます。 

併せて綺麗なLEDによる4万個以上の発光ダイオードによる美しい光のページェントが行われています!☆☆ 参考情報: 栃木市のパンフレットdownload出来るページを発見しました! たくさん素晴らしい情報が乗っています。

以上、前回の栃木祭りの様子でした。 とても豪勢な祭りです 是非お出かけを・・・


 

6)ARCHIVES:

 ☆最新情報:20170611日 宇都宮市で、栃木県内県内5屋台が集結して引き回しを17日に行う・・鹿沼、大田原、栃木烏山、そして宇都宮の5種類の屋台が一同に展示され、ひきまわされる・・全部有名な屋台は見ることが出来る・・・

☆旧情報:  2014年のとちぎ秋まつりが、11月14日と16日に行われます。  今年2012年の紹介は、「全部見せます栃木秋祭り」       栃木県の昔の県庁所在地である栃木市、2008年は2年に一度行われる 「とちぎ秋まつり」 が11/15.16日に催しされるのである。 一時毎年という声もあったようであるが、隔年に実施されるようである。 今年がそれに当たるのである。 この祭りのなんと行っても素晴らしいのは、奥飛騨地方の高山での祭りに匹敵する山車が繰り出されることである。 これを見れば素晴らしい人形が山車の上に連なり、下から見る人を圧倒する素晴らしい山車なのである。 

    ★参考情報:
  1. 栃木で「歌麿道中」 とちぎ山車会館周辺をあでやかに練り歩く花魁姿などに扮した・・・栃木市とゆかりのある 浮世師喜多川歌麻呂にちなんだ「歌麻呂道中」が、10月1日行われました。歌麿と縁の深い栃木をアビールする「歌磨まつり」のメインイベント。歌麻呂が描いた江戸情緒を再現しよろと、花魁、子役のかむろ、振袖新造などに市民らが扮した。一行は舟に乗って巴波川をゆったりと行き来した後、とちぎ山車会館周辺を練り歩いたという。

 

「栃木秋祭りスライドショウ」   「栃木を歩く」   「蔵の町を歩く」    鹿沼ぶっつけ秋祭り

▲ページの先頭へ