白樺湖池の平 ゆり園

池の平ゆり園

ここでは、白樺湖周辺の観光地、白樺湖・黄金アカシヤの森、ゆりの花などを紹介しています。

1)NEWS:

2)白樺湖・黄金アカシヤの森

3)黄金の森・ユリとキスゲの丘の具体的な内容

3)関東の主なゆり園の紹介


1)NEWS:

>

☆20180525: 今朝は朝日TVでここ白樺湖が紹介されました。 天気予報の依田さんです。 この時期はと言うと、まだ周辺が、春です。 新緑がきれいで、清々しい朝が堪能できます。 もう少しすぎると、このページで紹介するユリの時期を迎えます。 TVでは、フクロウと遊ぶことが出来るとのこと・・・佐久市から近いので訪ねてみてはいかがでしょうか・・・


 

 

2)白樺湖・黄金アカシヤの森

白樺湖のゆりが見頃になりました。 見ごろは8月中がお勧め! 池の平は、白樺湖畔にある高原の一大レジャーセンターである。 沢山のホテルが乱立しており冬はスキー、そして夏は、スポーツからレジャーまでなんでも揃っている素晴らしい若者の楽園である。   Google Map 「白樺湖・黄金アカシヤの森

  ここは、避暑地であり、多くの大学の運動場もあり、夏をすごすには快適です・・・北関東から行くときには、意外と近く、北関自動車道路で軽井沢に向かい、佐久ICで降りてから、約一時間です。 周辺の光景は素晴らしく、夏を涼しくすごせます。

 ここには、近くに女神湖もあるが、今回は白樺湖畔にある 「池の平ホテルの南側」 に広がっているユリの花を紹介してみよう・・・

  割合、ここのユリの花は、ホテルの裏側に行かないとわからないので知らない方もあるかもしれないが、遊園施設から見るとそちらに気を取られてしまい、この花の楽園が目につかないのである。 

  しかしそれにしても公的な駐車場は、この周辺にないので、ほぼ一律1000円・一日という値段が付いている。 後からわかるのであるが、ゆり園の反対側の道の側に色々販売している物産展がありその駐車場ならば、時間区切りで安く駐車できることもわかった・・・

  黄金アカシアの郷・・・紹介図

池の平周辺のユリの花

ここは、「池の平ホテル」が、直営しているユリ園です。 黄金の木の郷と紹介されて有名な場所です。 

黄金の森・ユリとキスゲの丘の具体的な内容

数10種類のユリやニッコウキスゲ、宿根草や山野草、コ二ファーガーデンや日本初の黄金アカシアガーデンなどが揃った、白樺湖の自然と調和した美しい庭園です。展望リフトや散策など思い思いにお楽しみいただけます。

  • ユリとキスゲの丘
  • 百花園
  • 菜の花コスモガーデン
  • 芝桜、ジニヤガーデン
  • 山野草ガーデン
  • アイリス、ラベンダーガーデン
  • 黄金アカシアガーデン
  • ユ二ファーガーデン
  • 自然林ガーデン
  • ハマナスガーデン
  • ロックガーデン
  • シャクヤク園

 

池の平周辺のユリの花

しかし一般的には、どうしても近くにある駐車場を利用してしまうのが常であろう! 池の平ホテルのすぐ南隣りにゆり園があるので、ここから入場料を払いリフトに乗ってスキー場の上を目指す・・・かなりきついスロープなのでリフトがないと夏は登れないだろう・・・・途中写真など撮られて一般的なコースと同じ感じでリフトは登る! 思ったより高くない所で頂上となる・・・・勿論、これはゆり園の頂上であり、山の頂上はもっと先まである。

長さ330m、黄金アカシアの丘・山頂までを5分で結ぶ2人乗り展望リフトに乗り、爽やかな風を感じてみてはいかがでしょう。 遠くに白樺湖と車山、 足もとには美しい花々の可憐な姿をお楽しみいただけます。特に秋には、リフト真下にコルチカムが 一面に咲き乱れる別世界が広がります。リフトを降りた後は15分程度の「自然遊歩道」で高山植物観察もおすすめです。

池の平周辺のユリの花

     この下の写真を見ると、黄色の木が沢山ある・・・ちょっと真夏のシーズンになんだろうと思うでしょう・・・

これがあの有名な「黄金アカシアの木」で、すでにユリのシーズンから木の葉が、真黄色になってきているのです・・・

周辺の車山などと風景画素晴らしくマッチしており、夏の暑さを忘れそうです・・・こうした高原の美しさは、ここ、白樺湖を訪れないと分からないことでしょう・・・

      尚、池の平らホテルの隣のこの「ユリの里の周遊コース」は、ここのページから見るとよいでしょう・・・

全体図画、このようになっており、楽しめます。 なお、この池の平らホテルの駐車場には、宿泊した方だけの駐車が可能です・・・とにかく、白樺湖は夏は、ちびっ子が多く集まり、学生も沢山この時期をテニスとか体育で活動している時期です・・・素晴らしい自然を満喫するとよいでしょう・・・

大ごんの色に染まる白樺湖高原

 これは蓼科山の山麓ということなのでかなり広大な大地が広がっているのです。 ゆりはこの時ほぼ満開であり、上からの遊ランドを見る風景は抜群である。 意外と白樺湖が隠れて消えないことがわかる・・・それにしても先ほど紹介したように池の平ホテルが下に大きく見えてゆり園が丁度その建物で覆われているので下からはこのゆり園が見えない構成になっている・・・よく出来ているものである。

池の平周辺のユリの花

ここは、全体が遊園施設で固まっているので両方に入場料を払えば一日いられることになる。 しかし、ゆり園だけ見て帰るには、先程述べたように駐車料金がかさむのです! 関東来るには、やはり軽井沢を通過して、佐久市に入りそこから白樺湖を目指すコースが最も早い・・・

この白樺湖畔から大門峠を通行して別れる諏訪湖方面、そして八千代高原、そしてその時通過する八ヶ岳の展望など素晴らしい自然が待っている。 この時には、蓼科高原の方は入らずに谷生高原に大門峠から入った・・・・以前、ピラタスの丘など見るので蓼科の道路を通過したことも多かったが、まったく今も、昔も蓼科の道は、自然にあふれている素晴らしい場所であることには、違いない!

池の平周辺のユリの花

池の平周辺のユリの花

この周辺は、女神湖、高山植物園、御泉水自然園、蓼科牧場、樽ヶ沢温泉、白樺高原美術館、車山高原、車山高原スキー場、大門街道というように、名だたる名所がたくさんある。 その中の一部であるゆり園をここでは紹介しているのである。

池の平周辺のユリの花

池の平周辺のユリの花

このゆりの丘は、年間をとおして利用されているが、春から秋までが、そのもっとも美しい時でもある。 

特徴として、5万平方の地に咲く、50万種、500万株の花が咲くと紹介されており、おおごんの森、キスゲとゆりの丘と紹介されている。 この黄金の森が、大きく他と異なる場所であり、特に綺麗な黄色の木々の葉が素晴らしく咲き誇ろ白樺との対比が素晴らしい場所なのである。 

池の平周辺のユリの花

池の平周辺のユリの花

ちょっとここを始めて訪れたのでは、分からないのであるが、この黄色の木は、アカシアの木の葉が色を出しているのである・・・

・誠に清々しく夏に訪れると全く素晴らしい・・・・高山植物、北欧風コニファーを同時に見ることができるのは日本でここだけ。夏はユリ、ニッコウキスゲ、シャクヤク。秋はコスモス、アカシアなどをはじめ、雪解け直後から晩秋まで次々と咲く花や緑の庭園を満喫いただけます・・・・と紹介されている。 5月から10月までが最も素晴らしい鑑賞の時期であり、10月ころになると車山周辺も手伝ってその美しさは最高潮に達するのである・・・・いわゆる秋の紅葉の始まりでもある

コスモス佐久白樺湖畔

車山を見る

その他:

池の平湿生花園

春は1万株のミズバショウやザゼンソウ、リュウキンカ、夏はサワギキョウ、ミソハギ、秋はリンドウや草もみじ・・・。多彩で貴重な水中、水辺、湿原植物を遊歩道を巡りながら手軽に観察することができます。

  • 遊歩道
  • ヒツジグサの池
  • アサザの池
  • 大ミズバショウ園
この他、御泉水自然園・御泉水の森も近くにあります。 様々な種類の花々と多くの鳥たちが集う、緑と水の楽園。
静かな森の中には鳥の鳴き声だけがこだまします。
蓼科山の中腹、標高1830m総面積169haに広がる自然園は、伏水による湿原を中心に、
色とりどりの高山植物、樹林を巡る散策コースが整備され、沢山の野鳥も生息。
森の中は、緑と水の宝庫で野鳥の泣き声だけがこだましています。

 

関東の主なゆり園の紹介

全般的には、ユリの花の公園としてみてみると、スキーの行われるゲレンデのゆり園は、時期が尚早であり、やはり7月下旬から8月のお盆辺りが一番素晴らしいのである・・・ここからは、塩原温泉の奥の「ハンターマウンテンのゆり園」は素晴らしいが、まだみることはできない・・・その他ゆり園: 「岩倉のゆり園」「鹿沢ゆり園」「タンバララベンダーのゆり園」など数々ある! その他「サンメドウズ 清里スキー場/ハイランドパーク」「アルプの里大ゆり園」「富士見高原のゆりぱーく」「白馬岩岳「ゆり園&マウンテンビュー」「国営武蔵野丘陵公園の山ゆり」「西武球場前のゆり園」「大田吉澤ゆり園・・・太田市北部運動公園の東側」「日光だいや川公園の山百合」「花みつき公園の山百合」「富士芦ノ湖パノラマパーク ゆり園」等がある!

参考: 「大田 吉沢ユリの里

☆ 休日の過ごし方にも色々あります。 明日何処へゆこうかと急に決まることもあるでしょうし、計画的に行く先を決めてから細かく調べることも多いでしょう・・・・「今年の夏のレジャーには、栃木パスポートの利用がお得!!・・・

 

 

▲ページの先頭へ