大田原 紹介

大田原周辺 紹介

ここでは、大田原地域をワイドに紹介しています。

1)大田原竜泉寺紹介

2)大田原周辺の紹介

)那須高原:

4)大雄寺など

5)大田原神社の社殿

6)北金丸ザゼンソウの名所

7)那須アウトレットなど 

8)美しい那須フラワーワールド

9)なかがわ水遊園

10)塩原温泉の旅

11)大田原温泉 旅

    ★★★20140120:大田原に有る北金丸の座禅草群落地が毎年座禅草の繁殖が少なくなって絶滅危惧があるので、この場所を改良して水気を増やす作業に取り掛かったということです! 参考情報: 「栃木とらふぐ」★ 「大田原関連情報一覧


 

20150811: 大田原地域で秋の花ミソハギが見ごろという・・・紫の美しい花が咲き出している。 中田原の巻川沿いで美しく咲いているという・・・」  周辺地図

1)大田原竜泉寺紹介

蛇尾川沿いの小高い山にあった大田原城は、南北に連なる山を竜に見立てて「龍体城」とも呼ばれた。 その龍の東武に位置したことから、山号を「龍頭山」とした龍泉寺。本尊は不動明王で、御朱印には「龍頭不動尊」の文字がしなやかにうねる。背後にある火焔の印に”は、不動明王を指す梵字「力ーン」が入る。 右上の印は、不動明王が持つ剣の形。全ての悪や煩悩を減し、生あるものを救う本尊にfする心が御朱印に込められている。

平安中期の天徳年間(957ー961年)に創建されたとされる真言宗智山派の古刹。室町の1545 (天文14)年、当時の領主だった大田原資清の築城に伴って城内に蓮し、以後、大田原氏の祈願寺としての役割を果たしてきた。 「お城山」として市民の憩いの場となっている龍城公園に近く、奈良・秋篠寺を摸した平安時代建築様式の本堂が、美しい・・ 北関東三十六不動尊霊場、下野三十三箇所力所観音霊場などの札所。「亡<なっ祖父に代わって巡っているという若者が来てくれたこともある」と住職が言う。 ジャズやアンデス音楽など、境内で開かれる多様なジャンルの演奏会も寺の懐の深さを表しているという・・・TEL0287-22-2978   下野新聞より


2)大田原周辺の紹介

 確かに、この場所は、民家の裏庭といった感じの場所で色々手が加えられているのですが、毎年少なくなってきているのは確かなのです。 駐車場もそれほど広くはないのですが、観光客は、那須神社とか道の駅の裏手なので簡単に来られる春の風物詩として、人気が高い場所なのです・・・ 「光丸山の大天狗の面」「那須ガイド」 ここでは、栃木県の大田原周辺の地図を紹介しています。 大田原は栃木県の県北地域にある比較的広い地域です。 下の地図では、緑色で示している部分が大田原地域です。 上の方から見てみると那須連山の地域にレベルがあることが分かるでしょう。 そうして見るとかなり遠いと考えますが、ここには、自動車などでは、焼いたから入るコースが比較的適しているのです。那須高原も最近では、那須インターでなく那須高原のスマートインターから降りて黒田原に向かうコースがあるのでこのコースもおすすめな道です。 東北荘を木谷雪この周辺まで来ると那須連山の美しい風景が満喫できますが、この大田原地域からも那須を見て楽しむことも出来ます。 比較的自然に恵まれている地域で温泉などもいろいろな地域に分散してあるという特徴がある場所なのです。 先ず全体の構成を見てみましょう! 現在の市町村の構成は、西側に那須塩原市(塩原温泉を主体とする場所)、上側に那須町(黒田原駅を中心とする簑沢の彼岸花、那須道の駅周辺です)、そして大田原市(道の駅東山道伊王野、那須与一の郷、雲巌寺などの名所の多いところです)の構成です。 また、大田原市の名産は、赤唐辛子が有名です!とうがらしの郷と呼ばれている地域です!  ☆☆☆「早春の花を楽しむ」 「那珂川の福寿草群落地

羽田沼の白鳥

     羽田沼と白鳥飛来地全集合: 白鳥jの飛来地として名高い「羽田沼」・・・この地図のほぼ真ん中にあるでしょう・・・それほど広いぬ間ではないのですが素晴らしい自然がいっぱいのところです。 そしてこの沼から那珂川を下り湯殿大橋という場所がありますがここは川の流れに沿って白鳥の遊泳をしている大自然のある名所です! そして、この地域最初に白鳥が現れたと言われている琵琶池の白鳥の飛来地!・・・・地図では一番下のほぼレベル的には矢板のエリアです。 この三つが栃木県内の白鳥が見られる名所です! ここは、ばらばらに行かないで、北のほうから今紹介した順序で回るか、あるいは焼いたからこの琵琶池に入りそして湯殿大橋にというような逆回りの観光も素晴らしいのかもしれません・・・・。

この白鳥のコースは、すでに詳細に紹介しているページがあるのでそちらを見ていただき、ここではこの周辺の観光施設について見てゆくことにしましょう・・・・北から見てゆくことにしてみましょう!

 

那須高原

     3)那須高原: 

 那須高原は、知らない方はいないでしょう。 秋には素晴らしい紅葉春には素晴らしいつつじ、そして年間をっ通じての「にごり湯の温泉」、どれをとっても素晴らしく本当に今日はどこえ行くか? といった感じのエリアで満杯です・・・・

 

大雄寺

    4)大雄寺など

 ☆ この周辺は、那珂川があることから鮎街道と名打って数のように鮎街道筋が出来ています。 色々なお店がここはありますが、この街道を通過しながっらそういう店を見つけた走るのも楽しい物なのでしょう・・・「名産品」 ここから直ぐなのですが、一般的には黒羽の名寺:大雄寺(だいおうじ)があります・・・・今では珍しい藁屋根の残る寺で鐘つき堂(鐘楼)もあって、時期を見計らってゆくと座禅の修行もすることが出来る古刹です! この蕎麦には沢山の芭蕉の残した句碑、歴史が沢山残っている地域です。 鮎の土産物もこの周辺で店が沢山あります! また、この周辺まで来ると、「雲巌寺]も探索範囲に入ってくることでしょう・・・・

 

雲巌寺秋

5)大田原神社の社殿

 蛇尾川沿いの龍体山に社殿 を構え、街を見守る大田原の総鎮守。 樹齢300年、高さ 約30Mのご神木のスギなど古木に囲まれ、厳かな空気に包 まれている。

御朱印は神社名と日付を墨書したシンプルな作りとなっている。 宮司は「参拝者の日々の安全と健康を願って書いている」と話す。10月の皇位継承儀式「即位礼正殿の 儀」まで、「奉祝御大礼」と書かれた特別御朱印も用意しているというから、楽しみだ・・・。

創立は807 (大同2)年で、元は那須郷の湯泉神社だった。 1904 (明治3)年 に中田原から市街地を一望で きる現在地に移転し、地域の 繁栄と安泰を見守り続けてきた。 毎年1月には、建設業者が 一年の安全を祈願する風物詩{太子祭」が行われるなど、地域住民の生活に根付いた信 仰が寄せられている。

2011年の東日本大震災では、境内にある大田原護国神社の社殿などが倒壊し、本殿も半壊した。

住民の寄進やボランティアに支えられて復興を遂げ、宇賀神宮司は「皆さんがこの神社を大切に思ってくれていることを改めて実 _ 感した」という。 地域への感 「謝の気持ちを御朱印に込めて書く。その思いは、被災を経 てより強くなっている。

大田原市山の手2丁目2039  TEL0287・22・2205   下野新聞より


 

    6)北金丸ザゼンソウの名所

 ☆ 大田原から西の方角へ(国際医療福祉大学の方面)走ると、「道の駅那須与一の郷」があります。 ここは結構広く大きな道の駅なのでたっぷり休みながら買い物をすることができるでしょう・・・・このすぐ側には、民家の農家でたくさん「座禅草」が咲く素晴らしい家があります・・・・ぜひ寄ってみたいものです(わからないときにはこの那須与一の道の駅の案内書で聞くとすぐ案内してくれます! 約10分程度で行けるので見落としのないように!

 

座禅草

   7)那須アウトレットなど  

☆ そして、この周辺では珍しいとても建物が素晴らしく、自由に周辺散策ができるホテル兼研修施設で安く泊まれるのが、「ふれあいの丘、エスポワール」でしょう! とてもきれいな丘の上にある施設です・・・・夢のあるタワーのある建物です・・・・この周辺には、比較的田園地帯でこうした宿泊施設があないので、ここはレクレーションを兼ねて素晴らしい場所なのです! このホテルの裏山には、座禅草の群落名所などあって白鳥と共に旅する人たちの探索道路も完備されているのです。 尚、「那須アウトレット」もこの場所から近く、黒磯板室ICから5分の場所にあるのです・・・・

 

那須アウトレット那須アウトレット

     ☆ さてちょっと上に戻りますが、黒田原という駅がありますが、ここからに死にゆくと義経街道と云われる義経の古に通過した街道筋があって、その途中に簑沢という地域があります。 ここから北に行くと福島県の白河に出るのですが、途中白河の関彼岸花の簑沢と続きます。白河では、「バラの美しい小峰城」、そして花のメッカの「那須フラワーワールド」、そして「那須連山を望む地域」に出ることが出来るのです。

小峰城とバラ

白から小峰城とバラ・・・現在は、震災の後、このバラ園は閉鎖しています。  残念なことです・・・最も、「白河フラワーワールド」があるのでこちらで楽しめます。

那須フラワーワールド

8)美しい那須フラワーワールド

     ☆ 那珂川を南に下ってくると、だんだんと川の両側が広くなってきますが、このあたりに「なかがわ水遊園」があります。 一般的には、水族館は海の近くにありますがここは那珂川の縁にある有名な水族館です。 外国から取り寄せた大きな魚が、ガラスの中を泳ぎ回っておりちょっとした迫力を感じさせてくれます。 時期が良いと子供らは手で色々魚、小動物を手で触って戯れることができるので、そのようなことを望んでいる方々には、もってこいの場所でしょう!

なかがわ水遊園

9)なかがわ水遊園

     ☆この地図の一番下に琵琶池と紹介していますが、以前にはここが白鳥の水棲地だったのですが、今はその面影を残す野鳥の観覧する小屋など残されておりまた変わった風景を堪能できるのが興味深い場所なのです・・・・時間があったらこの周辺にも行ってみることをおすすめします。 そして、ここからもっと南に下ると、もうさくら市です。 この周辺は、喜連川と呼ばれる地域で、田畑の中央に小高い山があるのですがその周辺が温泉でいっぱいです。 道の駅もあるので、そこでも温泉を楽しむことが出来て本当に何処で入って良いのやら選別に苦労するところなのです! この喜連川は、なんといっても春には素晴らしい昔からの桜の並木があって、誰もがここを目当てに来る場所の一つです。 きっと今では温泉と桜というような組み合わせが、似合っているのかもしれません!

 

☆ 本格的な温泉をしょもうの場合には、左の高速道路側の西那須野塩原インターから約30分で行ける「塩原温泉」も魅力的なのかもしれません・・・今では、日本一と言われる足湯もあるのでこれに浸かり探索するのも良いのかもしれません!

塩原温泉

10)塩原温泉の旅

 

名産品、 塩原温泉一覧、 那須温泉一覧

 

 

大田原周辺観光地図

     ☆以上ここでは大田原市中心に紹介しましたが、まだまだ楽しみは多いのですが、このページだけではとてもその全てを紹介しきれません・・・・時期を追ってだんだんと紹介していきましょう!  ご期待ください。

     ☆唐辛子の郷大田原: とうがらしレジャート、唐辛子ラーメン、唐辛子餃子、唐辛子せんべい、コロッケ、どらやき、羊羹、まんじゅう、パンなどに利用されています。 那須与一の郷道の駅では、 「レストラン館」 があって美味しい食材を用意して販売しているようです。

     ☆ 大田原市は地酒も有名で六つの酒蔵を持つと言われてえいます。 ここは那須からの冷水が流れ自然豊かな環境からこうした歴史が残っているのでしょう・・・・因みに、大田原英主六つ蔵とは、池錦、たんやの酒、天鷹、蔵の盛、鳳鸞、旭興、というように純米酒と吟醸酒が多いようです。

     ☆ 那須神社 龍城公園 大田原七福神 芭蕉の館 黒羽城址公園 那珂川の鮎釣り 座禅草群落 羽田沼の白鳥 雲巌寺 黒羽城址のあじさい祭り 御殿山公園の紅葉 那珂川すいゆう園 下侍塚古墳 上侍塚古墳

     ☆観光簗: 寒井観光ヤナ 黒羽観光やな 那須与一観光ヤナ 松原梁 佐久山観光やな

     ☆温泉施設: 黒羽温泉ご峰の湯 湯けむりふれあいのおか・やすらぎの湯 大田原温泉 那須野が原温泉 ペインず温泉 ベルビュー温泉 与一温泉 佐久山温泉きみの湯

☆ 参考「GOOGLE地図」へ・・・・

     ★2015年4月30: 那珂川のアユ釣り解禁を1 力月後に控えた1日、大田原市黒羽向町の黒羽観光やなで、レストハウスが先行オ一プンする。黒羽橋下の那珂川河川敷に立地する開放的な店で、アユ料理を味わうことができる。やなの設置は7月中旬〜10月31日まで・・・アユ釜飯(1320円)が定番メニュー。このほかアユ刺し身、あらい、うるかなど一品料理も多彩。塩焼きやフライなどアユ4匹が付く色蕉定食(2000円)などの定食メニューや、ろばた焼き(4人以上、1人2000円)もできる。イワナ、ウナギ料理もある。やな設置後は、アユのつかみどりが楽しめるというから楽しい!

11)大田原温泉 旅 

ここでは、太田和の温泉を紹介します。 その前に大田原を見てみましょう・・・、大田原地域と言ってもかなり広いのです。 端的な紹介としては、那珂川と蛇尾川と、そして箒川の合流地域と紹介するのも良いのかも知れない。そして塩原温泉から降りてくる場合には、真っ直ぐ東に進むと自然と大田原に入るという紹介も良いのかもしれない。 今日はそういうことで温泉と旅の醍醐味を紹介してみましょう・・・20150811: 大田原地域で秋の花ミソハギが見ごろという・・・紫の美しい花が咲き出している。 中田原の巻川沿いで美しく咲いているという・・・」 周辺地図


 

 

大田原市エリアというと、大田原自体と、湯津上地域、そして黒羽エリアというように紹介されている。 正式には、「平成17年10月に湯津上村、黒羽町と合併した『大田原市』は、鮎の漁獲量日本一の清流那珂川・箒川に挟まれた中・西部の那須野ヶ原の平野部と東部の八溝山系の山間部に大別されます。  中・西部の平野部は、大田原市の市街地を構成する都市機能の集積度が高い活力あふれるエリアで、栃木県北部の拠点地域です。」と紹介されています。 参考:「大田原エリアの紹介

こうしてみると、やはり平成の大合併で大きな都市機構として新たな発展をしている場所といえるでしょう・・・今日は、その中でも温泉と周辺の旅情報を中心にして紹介してみましょう・・・

それでは、太田和の温泉を見る前に、その概要を見てみましょう・・・・・・下の地図で、北は、那須の黒田原に近く西は、塩原温泉に近く、南は矢板に近いといった感じの場所です。 街を上げて那須与一のテーマで紹介している場所が多いのです・・・道の駅では、与一の郷道の駅、羽田沼の白鳥、那珂川が中央を走っているので鮎街道を構成している場所でもあります。

 

又温泉郷という点では、意外と温泉地ではないにしても地方色豊かな温泉が掘られており、こんなに温泉が点在してあるのかと驚かされます。 こうした結果、温泉水を利用して虎ふぐの養殖にも成功しており、海無し県で温泉のとらふぐの養殖が達成されているのです。

では、ここでのテーマの大田原の温泉の地図を見てみましょう・・・下には、大田原市の周辺の温泉を紹介しています。 ここで見ると8つの温泉があるのが分かります。 461号線の周りに固まって温泉があることがよく分かります。 勿論、この温泉の周囲には色々な名所旧跡も点在しています。 大雄寺なかがわ水遊園富士ぼたん園道の駅那須与一の郷

大田原温泉の紹介図

パインズ パインズは、心豊かに健康で楽しく生きるをテーマにした、プール・フィットネスジムなどの本格的スポーツジムを併設した温泉宿泊施設です。全ての世代のお客さまに満足していただけるよう・・・ここでは早朝朝6時から入れる温泉施設。
太陽の湯 効果抜群の湯「大田原温泉」唯一の大型温泉施設「日帰り温泉 太陽の湯」 を併設する「ホテル龍城苑・・・サウナ、岩盤浴など施設が充実している。
ホテル青木 健康・美容・薬用としてこうかも幅広く、日帰り入浴もでき食堂を兼ねた休憩室で一日をのんびりとお過ごしいただけます。 露天風呂・大浴場・サウナ各・・・
ベルビューホテル 大自然の中の露天風呂を吹き抜ける緑の風が、疲れきった心と身体を癒してくれます。湯の中で思いっきり手足を伸ばしてください・・・ゴルフ場の中にあって、日帰り温泉を開放している・・・
やすらぎの湯

東日本大震災の影響で、平成23年3月12日から臨時休館とさせていただいておりました「湯津上温泉やすらぎの湯」が、この度施設改修を終え、営業を再開することになりました。 この温泉は、震災に遭い、深刻な被害を受けたが1989年にオープンしたもの。2011年12月に再開したもの・・・神経痛にはよく効くと言われており、八溝山系がよく展望できる施設。

五峰の湯 那須岳・大佐飛山・女峰山・男体山・高原山の五峰(ごほう)が一望できる雄大な自然環境から、その名がつけられました。 黒羽地域であり、いろいろの歴史的施設があり、駐車場の側には、無料の足湯が併設されている。 
与一の湯

平家物語の屋島の戦いに登場する有名な挿話、源義経の命を受け愛馬と共に海に乗り入れて、40間(約70m)先の軍船に乗った平家の女官が持つ竿の先の扇を見事に弓で射当てた那須与一(なすのよいち)。その与一ゆかりの地にある与一温泉与一温泉ホテルの風呂は・・・自身のダメージのため宿泊業務を断念して、日帰り温泉として再開。 1990年に開湯下と言われ、作山地域の温泉神社大祭に湧きでためでたい湯と言われている。厳選は毎分330LでPH9・・・湯の中で体をこするとぬるぬるするほど!ここは、県内でも有名な飲泉が出来る湯であり、遠方からも多くの人が来るという・・・この温泉を使って販売されるコーヒー¥200-も有名です。 

 

きみのゆ 鮮魚店の直営の温泉施設・・・刺身定食、などの食堂も有名。 TEL0287-28-0374
大田原温泉 ホテル龍城苑 効果抜群の湯「大田原温泉」唯一の大型温泉施設「日帰り温泉 太陽の湯」 を併設する「ホテル龍城苑

その他参考として、「温泉関連の地図の紹介」 しておきましょう・・・

 


 

大田原地域の観光情報は、ここで下に紹介しておきます。

大田原 名所、観光地
大田原周辺 紹介 確かに、この場所は、民家の裏庭といった感じの場所で色々手が加えられているのですが、毎年少なくなってきているのは確かなのです。 駐車場もそれほど広くはないのですが、観光客は、那須神社とか道の駅の裏手なので簡単に来られる春の風物詩として、人気が高い場所なのです・・・ 「光丸山の大天狗の面」「那須ガイド」 ここでは、栃木県の大田原周辺の地図を紹介してい
北金丸 座禅草 そこに車を止めて、民家の庭を通過して、その民家の裏庭に入るわけである。 民家の裏にはと言っても国で認めている地域なので歩くための歩道橋が木でできており、完全に遊歩道が整備されており、座禅草の群落地に間違っても入ってしまう事のないようにできている。 驚かさっれることは、その東側には、素晴らしい井川の流れが認められまるで水車小屋でもあるようなきれいな水の流れが認められるのである。 その水の底には、
光丸山法輪寺 栃木県の北に大田原という場所がある。 毎年新春を迎えるとき、大きな天狗の面が飾られている有名な寺の紹介がなされる。 今年も同じようにこの光丸山法輪寺が紹介された! 実は、この寺の存在は前から知って履いたが、なかなかこの場所がわからなかった。 周辺は、地図で見るとなんか以下通過し
富士ぼたん園  富士牡丹園と初めて聞いた方は、多分これは富士山の近くにあるのだろうと思うに違いない。 昔から日本人は、自分の地域に富士をあがめ祀る風習があり富士山は至る所にあるからだ・・・・ここもその一つであろう・・・・
東山道伊王野 東山道周辺を旅するには、かなりの時間が掛かる。 と言うのも栃木県内だけであれば、それ程でもないのであるが、・・・
大田原市 白鳥
栃木県内の白鳥の見える村  ところでこの白鳥、それらの総てに住み着いているわけでは無いのです。 私が前に訪れたときには、この周辺の沼には、ある時は数匹程度しかおらず、何か 寂しい思いをしたこともあるのです。ところが、この羽田沼には、沢山の白鳥が飛来しており、驚くばかりなのです。 それにしても、ここは、 一度訪れると分かるのですが、その他のかも類もたくさんいて、沼の縁に行くと足で踏んでしまう程、鳥類がいるのです。 そして、この白鳥に餌付けしてい
白鳥を目の前で見る事のできる羽田沼 秋がそろそろ終わりの頃になり11月の終わりとなる頃、早い者たちはこの羽田沼に飛来してきているのです。 今日、20101130日には、 群馬の多々良沼にも飛来しており五羽程度の集団を見て取れるようです。 この白鳥は,池と川ではどちらが観るのによいか比較してみると、やはり沼のほうが 美しく観ることが出来るのです。 川の場合はさざ波が立ってしまい,また川の奥のほうに飛来しているためちょっとすぐそばで見るというようなムードはない のです。 
白鳥が見られる村 皆様の中で栃木県内で 「白鳥の見れる場所」 は何処? と聞かれれたら、どこと答えますか・・・・多分、新潟の「漂湖」と答えるか または 福島県の 「猪苗代湖」と答えることでしょう。 このいずれもが、沢山の白鳥集団で来ており、餌やりの時には、それはそれは多くの白鳥が群がった姿を想像することで しょう・・・・実は、栃木県内でもこのような姿を見ることが出来る場所が、有るのです。  例えば、東北道を利用して、東京方面から那須塩原地域にさえ来れば、白鳥を直ぐに見ることが出来る場所なので
白鳥250羽来たる!

   「ご承知のように栃木県内にもそれほど大きくなくても美しい沼が点在しています。 ところでこの白鳥、それらの総てに住み着いているわけでは無いのです。 私が前に訪れたときには、この周辺の沼には、ある時は数匹程度しかおらず、何か寂しい思いをしたこともあるのです・・・・」今年2013年は、いつ頃から白鳥が来るのでしょうか・・・・待ち遠しいですね! 大体11月中旬ころからを目安にしておけばOKでしょう・・・

大田原にある羽田沼の白鳥 ここの羽田沼には、白鳥の沼としtれ知られてえいます・・・・白鳥飛来と聞くと寒い風を押しのけてその白い白鳥を見に出かける人が多いようです。 ここでは、白鳥のほかにかなりのカモが生息していてとても楽しそうに遊泳しています。 2013年もまた羽咋町の時期が直ぐ参ります・・・
羽田沼の水鳥たち この羽田沼に案内看板として水鳥たちの案内があったのでここに紹介しておきます。 知らなかったのですがこんなに来鳥、野鳥がいるのです! この時は、羽 田沼を目指したわけですが、まず、東北道で那須塩原ICまで行き、そこから同じ緯度の場所なので東に向かうことにしたのです。 ICを降りてから東に雪4 号線に出てから今度は左に曲がり、暫く行くと野小屋という交差点に出ます。 そこを右折すると、広い農道に出ます。 そこを右
湯殿大橋の白鳥 白鳥で有名なのは湯殿大橋の白鳥であろう・・・・最初羽田沼を訪れその他の白鳥の地を射観察したくなった時なかなかこの湯殿大橋がよくわからない・・・・ 地図でかなり調べたらやっとわかった! 那珂川のかなり下の方にあることが分かる。 先日このすぐ蕎麦を通過して彼岸花を見にゆきました・・・その時は秋 だったのですが、も直ぐ白鳥の時期になってしまうのです・・・
琵琶池の白鳥達 この池は実を言って大変見つけるのに苦労しました。 車で大体の場所をナビで入れてゆくと途中でその場所が消えてしまい、細い道がなくなってしまうといった状態でした。 色々周辺で聞きながらたどり着いた場所です。 道からは見ることができないため田んぼのある場所から急に山中に入るとこの人造湖が現れるのです。 それほど山奥ではないので遠くではないのですが小があるような場所ではない場所にあるから見つけるのが難しいのです。 
白鳥がいる羽田沼と周辺案内図

  栃木県にも羽田沼(ハンダヌマ)と呼ばれる白鳥飛来地があります。 これは県北でありかなりたくさんの白鳥が来るのです。 そして驚くのがあまりにもかもの数も多いということです。 餌やりの時間に当たるとまるでエを演る人が鳥の群れの中に潜ってしまうほどです・・・良く冬新潟では、瓢湖と呼ばれる場所で雪とこおろの中で白鳥 がいる写真が紹介されますが、ここは栃木県・・・そうした寒さの心配はなく見ることが出来ます。 そしてこの地域の良いことは見

大田原周辺 紹介  確かに、この場所は、民家の裏庭といった感じの場所で色々手が加えられているのですが、毎年少なくなってきているのは確かなのです。 駐車場もそれほど 広くはないのですが、観光客は、那須神社とか道の駅の裏手なので簡単に来られる春の風物詩として、人気が高い場所なのです・・・ 「光丸山の大天狗の面」「那須ガイド」  ここでは、栃木県の大田原周辺の地図を紹介しています。 大田原は栃木県の県北地域にある比較的広い地域です。 下の地図では、緑色で示している部分が 大田原地域です。 上の方から見てみると那須連山の地域にレベルがあることが分かるでしょう。 そうして見るとかなり遠いと考えますが、ここには、自動車 などでは、焼いたから入るコ
白鳥のいる村、羽田沼 例年12月初めから3月の半ば頃までが、白鳥の見頃となります。今年2013年は、もう飛来していますが、通常並みのようです・・・・・・・まあ、言って みれば寒い時期が、白鳥到来の時期といってよいのでしょう。 この周辺は大田原ですが、那須地域であり那須連山が直ぐ側に、輝いて見える場所です。 しか し、よく見ると雪山ばかりでなく温泉が非常に多いこともわかります。 関連事項でも紹介しているのでぜひそのリンクから、訪れてみてください!・・・・白 鳥を見にゆく頃は毎年寒い時期です。 この周辺は、東北自動車道路の高速道路からも近くなので、そこから那須の温泉とか塩原の温泉地などにゆくこともでき ます。 そして白鳥三昧をやるならばここ

▲ページの先頭へ