孝子桜 宇都宮

城山西小学校の孝子桜

ここでは、宇都宮市の北にある有名な城山小学校の孝子桜の紹介をしています。

開花情報: 城山西小学校の情報がありました。 20190322日の情報ですが、日本全国各地より桜の開花のたよりが届きだしました。孝子桜の開花も気になるところです。
  今日の様子をみると、つぼみが少しづつふくらみ、ピンクの色も濃くなってきましたが、まだ一輪もほころんでいません。もうしばらくお待ちください。   ということです。

1)概要

2)この桜の近辺の紹介

  A)桜について

  B)大谷観音の紹介

  C)大谷資料館について

  C)多気山と多氣不動尊の紹介

3)ARCHIVES


1)概要

この城山小学校にある孝子桜と呼ばれる木は、市の天然記念物になっており450年位の樹齢と言われております。 この学校の運動場のど真ん中に植樹されており、本当にこのグラウンドの中心にあります。 いわれは、寒い冬に、病気の父をもつ親孝行の息子が、お父さんに桜の花を見せてあげたいと神様におねがいしたら、桜の花が、咲いたという民話が、いい伝えられているということから、「孝子桜」 と呼ばれているのだそうです・・・なかなか読みづらいですが、高校の親子ということで、’こうし’さくらと読みます。

★春が訪れた古賀志山の麓の城山西小学校にて、民話語りやお囃子演奏、演劇「桜が咲いた日」など、2日間に渡って様々な催し物が行われます。 また、夜には孝子桜のライトアップも行われますので、ぜひお越しください。 例年は、日 時 平成29年4月1日(土)、2日(日) となっているようです。 

TEL.090-8819-2439   「古賀志の孝子桜」   参考:この時期、時を同じくして、桜の学校の裏側では「カタクリの花」も楽しめます!

 

毎年春になると忘れずに咲いてくれる美しい桜の大木!・・・・それが孝子桜なのです。  ★ 「さくら紹介カテゴリー集」☆城山西小学校のグランドにある歴史的な、しだれ桜の巨木! それが、孝子桜の開花情報

 

 ここ城山西小学校のグランドにある歴史的な、しだれ桜の巨木! それが、孝子桜といわれる巨木。 何年もの歴史的な変遷を、この木は眺め続け、今年も来年も、新たな生徒を受け入れているのです! ここは、宇都宮市の西方に位置しており、大谷の観音さん寄りも、更に西方部にある、古賀志山の山麓にあるのです。 私も、この木について以前から、聞いたことはあったのですが、実際、ここを訪れたのは、数年前だったのです・・・・・

 と言うのも、ここ周辺の桜の開花状況が、市内から推定するのは、結構難しかったからです。

 周辺の桜は、まだ咲いておらず、これからと言うときに、この桜は、毎年咲き出すのです。 比較的早く咲きだすという感じです。 近年は、ここの桜が、県内でも有名になり、沢山の人が、出かけてくるようになったのです。 

  多分県内だけではなく全国的なのかも知れないのですが、大きなバス等で、まだ咲いていないときから、多くの人が訪れるようになって、いるのです・・・・多分、これは、福島県などの三春の桜と同格なのかも知れないのですが、なんと言っても、ここの素晴らしいところは、桜を見るだけでなく、先ほど述べたように、桜が、小学校のグランドに鎮座されており、その学校の生徒が、音楽を奏でたり、芝居をやって、その歴史を紹介してくれるという、素晴らしい演技が、ついているからなのでしょう! 

  これほど素晴らしい文化遺産が、ここに残っていることは、本当に、県民として、誇らしいことなのです。 今年は、例年よりも駐車場も増えており、ますます有名になってきていることのあかしでしょう。 この周辺でも、この桜を、過去に苗木として、自宅の庭などに植えて、いる旧家があって、これを観賞しながら、その裏にそびえる古賀志山風景を楽しんだり、また、自然と親しむ場所で、カタクリ等を鑑賞することも出来る、自然遺産が残されているのです。 多分、今後は一大観光地化する場所なのであろうと推測されるのです。 

孝子桜

 学校の入り口ですが、この様に旗がたてられて、運動会以上の盛況さで、学校周辺の祭りが、執り行われるのです。 そして、何しろ嬉しいのが、餅、ぽんぽん焼き等も嘗ての歴史を思い出すようなものが、目の前で作られており、振る舞われるので、老若男女共に、昔を思い出したりして、本当に嬉しくもあり、楽しいものなのです。 では、その、孝子桜を、鑑賞してみましょう!

 

孝子桜

 この日は、満開を迎えた孝子桜であった! はっきり言って、私も満開の桜は、見たことがなかったのです・・・・昨年は、やや終わってしまった頃のものであり、満開時期には、来られなかったのであった。 老木とはいえ、その豪華な咲きっぷりには、驚かされたのである! では、どの様な、大きさなのか全体の写真で見てみましょう・・・

 

グランドと孝子桜 グランドと孝子桜2

 かなり大きな木であり、後ろにある運動設備と比較するとその大きさが分かるでしょうが、決して背が高いわけではなく、丸くドーム型の大きなバランスが取れた、桜の木なのである。 この時は、比較的朝早くではあったが、この様に既に人だかりが、すごかったのでした。

 

グランドと孝子桜と音楽と

  ところで、これは、何をやっているところかお分かりですか?・・・・そうです・・・・この学校の生徒が、琴を弾いているのです! 当然音楽は、さくら、さくら・・・ですね。 この桜の木の元で奏でられる琴の音と桜の音楽で、一瞬、春とその息吹が、この学校の隅々まで漂うのです! 素晴らしいことではありませんか・・・・・この様な美しい文化が、根付いていることは、本当に、素晴らしいことなのです。 ここは、宇都宮市からすれば片田舎の学校ですが、それが、この様に美しく清く歩んでいるのです。 本当に素晴らしい、日本国内でも珍しい有数の学校なのです・・・・まだ見ていない方は、今年、いや来年でも是非とも訪れてみて下さい・・・・こんな美しい光景は、多分滅多に見られるものでは、ありません!!! 大きな、拍手がわき起こりました・・・・

 

演劇に興ずる 餅をつく

 演劇に興ずる生徒です。 孝子桜に基づく演劇で、美しい物語でした。 この琴の音と一緒に、演劇が行われていました。


2)この桜の近辺の紹介

A)桜について

この桜の昨エリアは、古賀志山の近くで、大谷石の里よりも西の方です。 この歴史的な学校で、桜が毎年咲き、有名な小学校なのです。 その地殻には、この孝子桜の子から育てたと言われる桜が何本か見られます。 ほぼ同時に咲くので楽しんでみてはいかがでしょうか・・・・

桜満開の城山小近く

 では、この辺で、この学校の周辺の様子を、見て見ることにしましょう! 学校から、ほんの数分西に歩いて行った所に、この様に美しい農家の中に、桜が咲き乱れています・・・・ここは、市内の指定桜の名所なのですが、ここ数日が満開であり、後一週間は、楽しむことが出来る予定でした。 この学校を訪れる時には、忘れずに、ここまで足を伸ばすことをお奨めいたします。

古賀志山と桜

 古賀志山を背にした、春爛漫の桜群、多分一番これから美しくなる時期であり、これから一週間が、このムードを保ってくれる時期なのでしょう・・・・・

この木も地元の人の話では、「孝子桜の孫」 と言うことを聞かされました・・・・・如何に歴史的に有名な桜の木であるかを、ここでも思い知らされたのです。

 この桜の木の周辺は、古賀志山眺望の地として、案内板が、立てかけられているところであり、確かに美しい場所でした!

孝子桜満開

B)大谷観音について

この大谷石の街の周辺には、観光施設として色々まとまっています。 先ず、大谷石の磨崖仏です。 大谷石の壁面に飾られた石像です。 これは、大谷寺の中にあります。

大谷観音

C)大谷資料館について

資料館と言うと何か資料が沢山あるといった感じがしますが、資料、写真展示は、ほんの一部分であり、そのようなものでなく「大谷石の洞窟を見せてくれる広大な地下壕」といえば分かりやすいでしょう・・・! 今では、この構内で音楽が行われたり芸術的な催事が行われるから驚かされるのである。・・・・

大谷資料館の中で

d)多気山と多気瑞峯院

多氣さんは、大谷の北2kmの場所にある大きな山です。 そのほぼ頂上に、この多氣さんがあります。 火まつりで有名なお寺であり、多くの人で賑わいます。

多気山火まつり

では、最後に孝子桜の大きな写真でお楽しみ下さい!    場所:ちず丸へリンク    2007年の桜は、こちらから

▲ページの先頭へ