日光霧降のニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲが見頃となりました・・・・自宅のキスゲは、まだ、4分咲きくらいですが、ここでは4日ころから咲きだして、今が見頃・・・今週いっぱいが最高の見頃です・・・・

日光霧降高は、春から秋にかけて、大変人気があり、沢山の人で賑わうのです。 高原ですから色々ありますが、この時期は、ニッコウキスゲの花と大笹牧場がなんと言っても有名です。 そして、車で山の頂上付近まで行くと、そこには大笹牧場がありここも多くの人でごったがいすのです。  特に小、中学生の林間の場として多般に利用されており、そういう関連施設も多く整っている。 ここは、動物たちとのふれあいも忘れてはならない場所の一つであります。 そして、ご承知の方々も多いと思うのですが、ここから鬼怒川、川治温泉へのルートが裏側から非常に良い道で行けるようになったのも嬉しいことのひとつででしょう。  嘗ては、道が悪く苦労してていたが、今では爽快にこのルートを通過して今市市(今の日光市)に抜けることの出来るルートの一つとなったのです。 下に霧降高原の場所を地図で紹介しました・・・参考: 参考: この場所のGoogle Map

[

         「園内の散策マップ ニッコウキスゲを楽しむ

 

 

霧降の概要図

霧降遊園とニッコウキスゲ

ニッコウキスゲを見るためには、 特に装備が必要なわけっではありません。 普通の服装ででかけて構いません。 ただし、かなりの階段を登るので、覚悟が必要です。 昔は、ロープウエイがあったので気楽な旅でしたが、現在はロープウエイは撤去されており、階段を有るって登るしか方法がありません・・・

最も、上まで行かないのならば下で楽しんでも構いません・・・それはその人の体力と疲れで勝負すれば宜しいでしょう・・・昔は、どんなお年寄りでも頂上まで楽に行けたのです・・・・

車で、霧降高原を周辺の山々を見ながら楽しみキウルまでドライブを楽しんでゆくと、霧降の滝が右に見えてきます。 無論この時期に行ってもよいのですが、今日は、キスゲを見る旅ですからもう少し上まで登り、キスゲ平の駐車場に止めましょう・・・・無料です。 そこから道の左の方に登ってゆきます。 すると、階段が見えてきます・・・これを登ればよいのです・・・・

かつては、ここにロープウエイがあったのです・・・・

キスゲ咲く1

ニッコウキスゲは、最近鹿の害となっており、かなり少なくなってしまいました・・・鹿にとっては美味しい植物なのでしょう・・・

キスゲ咲く2

キスゲは、この高原のいたるところに咲いている植物です・・・

きすげ咲く3

キスゲは、花が毎日一回だけ咲いて次の日は枯れてしまいます。 毎日朝咲き出します。 次の蕾がないと咲きません・・・・

‪きすげ咲く4

遠く連山を見てキスゲを楽しむのが最もオーソドックスな楽しみ方です・・・・この時期は、色々な木々の葉な葉が色づいておりとても綺麗です・・・・

ニッコウキスゲ佐咲く

リフトに乗ってキスゲを見たという記憶がある方も多いと思いますが、リフトは平成22年にすべて廃止されました。
現在は遊歩道と天空回廊と呼ばれる1,445段の階段が整備され、ゆっくり眺望や草花を楽しみながら歩いて園内を散策していただけます。

園内の中腹までは階段を使わずに、遊歩道のみを利用して行くことが出来ますので、階段はちょっと自信がないなと思う方も安心して園内を散策していただけます。

 

★以下、昔懐かしい光景を紹介してみましょう・・・

きすげ咲く4

霧降高原キスゲ平

     今は運転終了したキスゲ平のリフトです・・・・こうして初夏の美しさを堪能できたのですが今は昔となりました・・・・

霧降高原キスゲ平

     キスゲを見ながら空中散歩が出来ていつの間にか天空の楽園に行ことができたのですが・・・・残念です!

 

  この高原は、この地から数キロ登れば、こうした霧降高原に出ることが出来る・・・この周辺山々の自動車道路の頂上付近には、「大笹牧場」が有ってちびっ子等が沢山集う場所なのである。 キスゲ咲く時期は、6月の下旬から7月始にかけてなので、霧が多い時期に訪れることとなるが、リフトで登るのでそれほど問題はないようである・・・・赤薙山を登るハイカーは、昔からこうした場所を見ながらハイクを楽しんでいたのである。

(夏-秋用) 

秋の花情報集

▲ページの先頭へ