巾着田 周辺

 巾着田 彼岸花

★20180926: 今朝の様子を見ると、中間地点も終わり、 下流地域でも見頃を過ぎたそうです・・・・いよいよ彼岸花も終わりですね!!

★20180923日: 巾着田を訪れました・・・中間地点でも7割位が満開で下流地域は満開でした・・・

20180917: 今朝開花情報を見たら、ドレミファ橋近辺ぽ開花が進んでいて見頃と出ていました・・・だいぶこのエリアは、満開に近いようです。 ドレミファ橋と言われてもわからないので調べてみました・・・すると、以前は石が置いてあった場所なのに現在はその上に板を貼った橋になってしまいました・・・これではドレミファの音は聞こえてこないようです・・・

     参考 1)ドレミファ橋、 2)ドレミファ橋

2018年09月14日: 今日は、巾着田の様子を見てみました・・・「平成30年9月14日時点で、ドレミファ橋付近で見頃を迎えています。」・・・・これはかなり早い開花と言えるでしょう・・・しかしここはすべての場所で咲くには、まだ時間がかかります。 まあ、とりあえず、場所によっては一番花が、咲き出したと捉えてよいのでしょう・・・今年の彼岸は、満開でしょう・・・

今年2018年の巾着田の開花予想

毎年行われている巾着田の観光、本当に彼岸花が素晴らしく咲く地域です。 しかし、これを北関東から行くとなると意外と遠いのです。 JRで新宿まで行、そこからまた乗り換えて、というように大変です。 そこで一層のことバスの旅でというのもありです・・・・・・

2018年08月12日

この下をご覧ください・・

★: 2018年の開花状態: 「平成30年9月8日時点、ドレミファ橋付近で発芽が進んでいます。」  また、自宅の彼岸花の芽も出てきました・・・「彼岸花日記」参照ください。

巾着田を観光するとき、困るのが、北関東からの交通の便が良くないことです。 車で行っても日高ICから、おりてもノロノロ状態が続きます。 それに耐える必要があるのです。またJRで行くにしても、乗り換えが多く大変です。 しかし混雑はそれほどでもないようです・・・そこで、考えることは、観光バスで行くことです。 これならば、乗ったまま安心してゆくことができるからです。 

実際、この観光バスを利用するとなると、申し込みが必要になりますが、もう 「すでに申し込みが始まっている」 のです。 今から9月の15.18,24日といった時期が選定されており、申込受付が始まっているのです。 例を上げてみると、「日高巾着田」として、「らく旅Aspo」では、受付を開始しています。

また、9・16,23日の予定で、東野交通でも申し込みの受付が始まっています。 

ということで、この巾着田の素晴らしい彼岸花を見るには、今から用意していなければならないのです・・・以上、予定を立てる方はお急ぎください・・・


 

巾着田は、素晴らしい彼岸花の花の楽園です。 毎年ここを訪れようと思っているのですが、時期を見逃してしまい尋ねることが出来ないのです・・・東京都内からここを訪れるのは比較的楽なのです。 しかし少し北関東の地域では交通手段がうまくいかないのが欠点です・・・ちょっとこの名を聞いたときなんと難しい名称かと思うのですが、巾着田でいいのです。 ここは日高市にある素晴らしい華の境地でしょう! 高麗川(高麗川)の流れがちょうど巾着の形をして蛇行している地域一帯に彼岸花が群生しているのです。 そしてかなり広大な敷地に咲き誇っているので入り口もたくさんあり駐車場も色々あって最初は困る方もいるでしょう・・・最初は電車で行くほうが楽かもしれません・・・ 西武鉄道で池袋ー飯能ーそして目指す駅の高麗駅に行くコースが一般的です。 電車もこの時期は、花に合わせて連絡良くできていました。 そして街中わ歩きながら花の場所まで行くのですがこの歩きの楽しみがなんとも言えない雰囲気です・・・楽しめるところです。 街中を歩きながら感じるところは、色々な花々が植えられている家があってそれを鑑賞しながらゆくのですが、道の所々に彼岸花が植えられておりこれ方楽しめる環境です。 きっと車でゆくとこういう雰囲気は味わえられないことでしょう・・・周辺を見ると、川越、狭山、そして毛呂山、飯能、名栗渓谷、そして南に青梅が控えている地域です。 首都圏からのアクセスは非常に恵まれていると言えるでしょう・・・では、早速花の状況を見てみましょう・・・・ 粟野周辺彼岸花開花情報2011

巾着田

 

     巾着田に到達すると高麗川に沿ってだんだんと彼岸花が増えてきます・・・・それにしてもこちらから入るとなかなかその中央を見渡す場所に至りません・・・・どんな形状の場所に咲いているのかと心はずませてゆくことになります。 それにしても川端担っている彼岸花のため栄養状態が良いのか彼岸花の伸び状態は素晴らしくこんなにおおきく背が高くなっているの彼岸花は見たことはなかったのです・・・・それほど大きい丈なので初めての人は驚くことでしょう・・・・

   巾着田到達時の川べりの巾着田の花の咲き具合はこんな場所でした。 この周辺を見る限りそれほど驚くことはないのですが、ここからだんだん遠くに入ってゆくとそれはそれは素晴らしいマンjy社げの花が咲き誇っているのです。 川の中に彼岸花が植えられていましたが、これはきっと飾りなのでしょう・・・・入場券販売近くにこの樣に植えられていました・・・・

 巾着田にて

     少し先に山が見えていますがあとから分かったことは、この山々は、ハイクコースができていて皆に愛されている場所の一つなのでした・・・首都圏の方々がきっと探索に来るのでしょう・・・・

巾着田にて巾着田にて

     だんだんと歩くと川の幅は広くなりその巾着の中央部にこのように彼岸花が咲いているのです。 そして暫く行くと着でできた太鼓橋ができていてこの周辺全貌を見渡すことができるのです。 ここまで来るとほぼコースを見渡せるのですが、周辺は、それほど彼岸花は咲いていないのには驚かされます・・・・民家もたくさんあってやはりこの場所だけがとても際立って咲いているのが分かります。

巾着田の彼岸花

    これだけ彼岸花が沢山咲いているとほんとうにどれを見てよいやらわからなくなります・・・・殆どの人が写真を取りにきtげいるようですが、その半分はお楽しみといった感じです! 花をよく見るkァ、写真を取るかにわかれるようです。

巾着田の彼岸花と日高地域日高風景

    橋の上の方から遠くを見渡すとこのように貼ったけというかひろばに沢山車が置かれています。 こういうような場所なので帰るときには細い道が混雑してくるわけです・・・・本当に田圃はあまり見かけられませんでした・・・・

巾着田の彼岸花

     彼岸花の咲いている場所を鑑賞するには、川べりのコースとか花の真ん中を通過するコース、そして反対側の山のよく見えるコースと沢山あるので、これらのコースすべてを見るには、きっと一日あっても足りないかもしれません・・・・それほど広いということです。

巾着田の彼岸花を見てひとときを楽しむ

    途中には、テント小屋があってそのひとときを過ごせるようになっています。 花を見て足を休めるといったことができるのも大変良いアイデアでしょう! 最も駅まで帰るコースでは、珈琲屋があったり土産屋があったり、彼岸花の販売は、きっと首都圏の方が、小さな庭に植えて楽しむのでしょう・・・・

巾着田の彼岸花と楽しむ人達

     彼岸花が咲く山側の道をたどるとこうした場所に来るのです。 まあ、ちょっと花は少ないようですが、ここはこれでその美しさがあるので楽しめる区域と言えるでしょう!

巾着田の彼岸花巾着田の彼岸花

     ここはきっとこれら彼岸花がない時にも河原で遊び楽しむコースなのかもしれません・・・・こうしたトーテムポールもできていて彼岸花鑑賞のためだけではないようでした!

巾着田の彼岸花

     中央部の通りを通過してみるとこうした道になりますが、全部見ているとこの彼岸花に飽きるくらい沢山、次から次へと花に出くわします・・・・本当にここはコースが広く大きいのです。

巾着田の彼岸花を描く画家巾着田の彼岸花を見に来るバス巾着田の彼岸花

     彼岸花の楽しみ方は、人それぞれです・・・・・こんなに多くの人達が集まってくるのですからこの時期の日高地域は、すごい観光資源になっているのでしょう・・・・彼岸花様々といったところです。

巾着田の橋の上から見る

     先ほどの間悪い橋の上から見ている風景です・・・・かなり広くしっかりした木橋です・・・・ここ橋の上から下を見ると上と下ではすっかり花の様相が異なっていることが分かります。 上にはほとんど彼岸花は咲いていないのです・・・・

巾着田の彼岸花巾着田の彼岸花

   帰り道筋ですがこんな用水が流れていて水車小屋があったり、コスモスが咲いていたりと、この周辺も楽しめるエリアになっているのがありがたいです! ここは子供連れでも多くの方々が来ており決して大人だけとか子供だけといった鑑賞地ではないので本当に楽しめる曼珠沙華の里であることがよく分かります!

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

▲ページの先頭へ