烏山、根本宅のバラ園

烏山、根本宅のバラ園

★20210525:今年もついにバラの時期に入りました。 ここ根本家のバラは、昨年はコロナの影響で救援していましたが、今年は、営業を開始しています。 今年は、6・6日までの開演予定で、800hmの敷地で350本を栽培しています。 今年は、例年よりも一週間ほど見頃が早く、温暖化の影響もあるのでしょう・・・月末頃は、満開を迎える予定だそうです・・・山間地のバラ園で、自然とバラの空気感がよく合う個人のバラ園です。

烏山根本宅バラ園の庭にて

 

20190531: 根本宅のバラが、満開になったというので昨日、鑑賞に行く・・・新聞紙上では、今年からバラ園が広くなったという・・ 訪れてみると南側の畑が見事バラ園と花に変身していた・・・基本的には昔のバラが基本で構成されており、新たに加わった場所が、多くなり、鑑賞の幅が広くなったと言えそうです・・・

 

nemototakubara1

nemototakubara2

 

nemototakubara3

nemototakubara4

こちらが、広がったバラ園の写真・・・

nemototakubara5

nemototakubara6

 


 

今年2019年も烏山のバラガーデンがオープンする。自然豊かな那珂川沿いの農村地帯だけあって、この地のオープンーガーデンは多い。 この場所は、街からかなり入る場所では有るが、自然を広大に使いバラを美しく鑑賞できる場所で交換が持てる・・・今年もまたその時期が来たらmいにゆきたいと考えています・・・この時期バラが鑑賞できる場所は、全部で烏山には3箇所有る。

 全体を見たければぜひ堪能すると良いかも・・・「烏山バラステファーニ」・・・」これは本格的なバラガーデンで、家全体がバラガーデンで染め上げられている。 コーヒーなども飲める設備が完備されている・・・「烏山野バラオープンガーデン」 ここは昔からのコーヒーショップ。 建物を囲うようにつるバラが囲う・・・コーヒーショップで飲食すると、無料で鑑賞できる。 。 いずれも、烏山の場所なので開花時期は揃っているので好都合である・・・・・・・

★20190517:那須烏山市横枕の根本健さん(68)は、バラ約SOO本が咲 き誇る自宅庭園を24日から6 月10日ごろまでー般開放する。
根本さんは10年以上前から夫婦でイングリッシュローズやつるバラなどの栽培に取り 粗み、友人などの助言を受けな がら徐々に規模を拡大。オープ
ンガーデンを始めて7年目の今年は、約770平方までに 広がった。  「オンリーワンの庭」を目指 して昨年新設したボーダー ガーデン(小川に沿った帯状の
庭)もさらに拡張。根本さんは 「里山の新鮮な空気や小鳥のさえずりと共にヽ優雅に咲<バラ の形、香りを楽しんでくださ い」と呼び掛け「駐車場の関係
上、平日の方がゆっ <りご覧いただけます」と言葉を添えた。
那須烏山市横枕647 (旧やまびこの湯から北へ800m)。午前10時ー午後4時。入園 料は募金制。
        (問)根本さん TEL090ー 2731ー 4615


 

☆20180523: いよいよ今年もこの根本亭邸のバラが見頃となりました! 今朝の新聞で、見頃との紹介もありました。 烏山のバラは、やはり宇都宮市と比べると満回見頃が一週間程度ずれるようです。 昨年は、見頃が、20170603日だったので、かなり早まっていることがよく分かります。 場所地図: ここです!

☆20180518: 井頭公園のバラがほぼ8分咲きとなり、もう満開と言っても良いでしょう・・・とてもきれいに咲いており、これならば楽しめると言えます。 バラの販売も一律で1200.-として販売されていました! 周りもグリーンに覆われ、初夏の面持ちです。 子供らがハイキングに来ていました・・・今年は暑いので、午前中の訪問がおすすめです。 大きなバスによるバラの鑑賞も来ていました・・・・ここにその時のバラの様子を紹介しておきましょう・・・

これは、大きなバラのつるバラ用の鉄の枠です。 中を歩きながら楽しめる場所です・・・北の端に位置しています。   参考: 「有名な益子の川田宅のオープンガーデンの様子

20170603日現在: 烏山には、バラ園が多い・・・全部でこれを含めると3箇所ある。 どうせ行くならば、全部この時期に見てくると良いでしょう・・・いずれも個人邸宅のバラ園であり、大体有料です。 この根本宅のバラ園だけが、募金制でした。

烏山根本宅バラ園の紹介

 この場所も意外と分かり図来場所だ! 烏山の街中から行くには、那珂川大橋を渡り対岸に出てから、曲がらないで真っ直ぐ走り、峠を越えるのです。 約10分程度かかります。 山間の道を越えると、「やまびこの湯」があります。現在は営業を終わってしまい、何か廃校の様に見えてきます。 一寸した変則十字路道路であり、よく見るとその左側に角に「ばらはこちらと言う矢印」があります。 但し、あまり目立ちません。この廃墟のような広い運動場が、やめたやまびこの湯の後なのでしょう。 驚くほど広い運動場です。 やめたと肺っても人は見えるのです。 住んでいる人達がいる様です。 

根本宅バラ園の紹介

そのコーナーを左に曲がると、後はもう、農道が続区のです。 ばらの咲く場所まで焼く5分程度のドライブです。 道がだんだんと狭くなってきます。 すると真正面にバラ園が見て取れます。

烏山根本宅バラ園の庭にて

一般の住宅で農家の造りではありません・・・その庭に沢山のばらが咲いて輝いています。 休みの日に伺ったので、車も沢山来ていました。 駐車場は、そのバラ園の奥にあります。 この日は、車の誘導をやっていました・・・・駐車場がないと言うことはないでしょう・・・

烏山根本宅バラ園の中庭で

 さて、やまびこの湯から、そこを左折して約10分程度農道を走ると、右側にバラ園が見えてきます。 

烏山根本宅バラ園の外側の造り

この邸宅の裏手は、もう民家はないようです。 静かな農村田園風景の中にこのバラ園は、位置しているのです。 比較的分かりやすい場所であり、この宅の裏が駐車場で、家の人がガイドしてくれます。  

烏山根本宅バラ園 バラ園らしく

このバラ園の特徴は、民家の前川の広場を全部バラ園に仕立ててありました。 正面玄関から入ると、募金箱がおいてありました・・・そこに募金をしてばらを見学する分けです。 

ばらのアーチをくぐると・・・

烏山の町内のバラ園は、土地の関係でこれほど広く取っていないようですが、ここは農地が多いので、色々なばらのアレンジメントをすることが出来るようです・・・また、いろいろな方向から入り楽しんでまわることが出来るようにバラ園が、出来ていました・・・手入れは良く行き届いており、きれいなオープンガーデンです。 これだけ手入れするのは至難なことでしょう・・・

 

真っ赤なばらが満開に・・・

     参考: これらのバラ園を効率よく巡るのには、烏山の街中から2軒のバラ園を見て、そこから根本宅の方に行き、それから街中に戻って、今度は、294号線で茂木に南下して、目的地に向かいます。 294号線は、ほぼ道は南下するだけでトラックも少ないので走りよいです。 

写真家も多い

茂木では一息入れて、「茂木道の駅」に寄りましょう。 そして、そこから益子を狙うのです。 

そして、最後は、益子に行った帰り、誰でも高速道路に出たいでしょう! 益子から真岡に向かいます。 真岡に行ったときには、「井頭公園のばら」も現在満開でした。 無料です。 これを見てから側道で、北関東自動車道路に10分で到着します。 効率が良いのでこの道をお勧めします・・・

道なりに行くと、この風景が目に入ってくるから良く分かる

残念ですが、烏山から直接の高速道路はないのです・・・このコースでまわって全体的に150KM程度でした!

 

入り口玄関風景

ばら園の入り口ガイド

 

 

 

この日は、とても涼しい日で、ばらの鑑賞には素晴らしい日でした。 多くの人が、鑑賞に来ていました・・・烏山には、このほかに2つバラ園があるので、見てくると良いでしょう・・・いずれも優良です。 ここだけが、募金制でした・・・

▲ページの先頭へ