鹿沼市粟野の彼岸花群生地

栃木県鹿沼市の彼岸花(曼珠沙華)群落の紹介

★2020年02月12日 かな完全を補脳に祈る録事尊大祭が行われた。 この寺は、役1190年の歴史アルテラで、中野智元と呼ばれる録事法眼を祀っている。 智元は、娘の病気を調べるため、 日本初の解剖手術を行ったと言われる名医・・・雷神の山芋直したと言われており、越和から、雪よけの寺としても有名となっている。 秋には美しい彼岸花が咲き素晴らしい光景が見られる場所・・・

粟野常楽寺

20190925: 昨日の情報で、彼岸花 遊の郷直売所 付近(群生地) [ 中粟野 ]・・・2分~3分咲き程度になりました。(例年より1週間以上遅れています。見頃は9月末頃になりそうです。)と紹介されました。

1)2019年の彼岸花の様子

 

★20190930:粟野常楽寺の昨日の様子を特集しておきます・・・

2019常楽寺1

2019常楽寺2

2019常楽寺3

2019常楽寺4

今朝の花の様子です・・・申し分なく満開です。・・・・昨日は、権現堂の彼岸花を紹介しましたが、今日は、粟野の彼岸花`遊の里、など紹介してみましょう・・・昨日は、粟野周辺を見てきましたが、今年はどこももう満開です。 10月の初旬ころまで見頃が続く予想です。 関東は、台風の影響は軽微なようです。 粟野と言うと遊の里が有名です。 遊の里の野菜販売店の前では、ちょうどカカシの展示が行われています。 園周辺の彼岸花もきれいです。 満開の状態です。 遊の里の川の縁は、駐車場がないため昨日は、手動の脇に数十台の車が置かれており、一方通行する程でした・・・かなり人気が出てきたようです。 ここに至る粟野口からの道端は、彼岸花がたくさん咲いており、かなり花が増えてきました・・・・周辺は真っ赤です。 きっと観光地となることでしょう・・・・

自宅の彼岸花が満開です。

遊の里の彼岸花の様子です・・・もう満開と言えるでしょう・・・

常楽寺の様子です。 ここはもう満開です。 粟野の近辺はどこに行っても、もう彼岸花は満開です。 安心して彼岸花の鑑賞ができます・・・・

★20190929:流石に今日は、本当の満開・・・迫力があります。 今朝の新聞では、中粕尾の遊の里の彼岸花も見頃と伝えられました・・・この粟野の中粕尾近辺は、彼岸花の多い場所です。 道の至るところで彼岸花が見られます・・・

★20190925: 今日から3日間は天候が良いようです。 家の彼岸花も開花しました・・・と入っても一本だけですが・・・・そして、今度の土日は天候が優れないようです・・・・この頃満開の彼岸花が見られるはずなのですが・・・・残念ですね・・・・

   これが2019年の今年はじめての、一年ぶりの自宅の彼岸花の様子です・・・周辺でもかなり咲きだしてきていますが、まだ満開ではありません・・・巾着田でも開花情報では、ここで紹介している様子と同じです。 特徴として、発芽から6日以上経つ歳は、彼岸花が長保ちするようです。 今年は長保ちしそうな傾向と言えるでしょう・・・・みc次回時は5日間です。 長保ちのときは6から7日間保ちます・・・・

 

粟の彼岸花

 ★20190920: 明日からまた台風の影響とか・・・・先週と同じです。 さて、彼岸花はというと急にたくさん目が出てきました。 昨日のはもう5cmほど伸びています。 順調な生育です。 何かこれを見ると、少し早く満開になりそうですが、どうでしょうか・・・

★20190919: 自宅の彼岸花がやっと発芽しました・・・・「彼岸花日記」 「彼岸花一覧」 を御覧ください!

 関連ページ: 「栃木県みちくさ情報」 「花旅」 「花旅散歩情報」・・・以上のページが主体となり、色々な旅、花情報、季節情報を 紹介していきます。  よろしくお立ち寄りくださいませ。

★20190915:今年は自宅の彼岸花の目もまだ出てきません・・・巾着田でもまだ発芽していないようです・・・・少し遅れ気味ということですね・・・・来週が彼岸ですから、それに間に合うのかと心配ですね・・・

20190911: 台風一過でなんとか青空が戻ってきましたが、今日までは暑いようです。 もう少し涼しくならないと花を見にゆく気にもなれないですね・・・彼岸花の開花もすぐですが、秋海棠が出流山で咲いています・・・・この時期は花が少ないので、色々見つけるのに苦労しますが、残暑を楽しんでみるのも良いでしょう・・・・「出流秋海棠


ここでは、栃木県粟野地域の彼岸花について、詳しく紹介しています。

0)かかし祭り

1)粟野彼岸花の状況

3)粟野常楽寺の彼岸花

4)粟野

5)秋山周辺の彼岸花

6)遊の郷の彼岸花

7)ARCHIVES:

8)2007年常楽寺彼岸花

9)2009年常楽寺

10)2007年常楽寺

11)2007年常楽寺


1)粟野彼岸花の状況・全般

●県内の彼岸花は、何処でも見頃となっています。 以下をお楽しみください!!

  ★20180922: 那須の有名な簑沢の彼岸花、そして、茶の里公園の彼岸花、最後は、茂木城址の彼岸花の楽しみ化rた、ドライブコースを紹介しました!・・・これは今年最後の彼岸花の場所となります。 明日の24日は、いずれも満開でしょう・・・参考: ここで紹介するルートのほか、 「烏山から茂木城址」 に行くコースも素晴らしいです!

★201180921: 1) 今朝は、「簑沢の彼岸花が見頃と新聞で紹介」 されました。 ・・・ということは、すべての地域で県内は彼岸花の見頃となりました・・・簑沢は、県内では最も北の端にある彼岸花の名所です・・・2)簑沢の彼岸花と茨城の彼岸花を楽しむ

★20180920: 2018年秋の彼岸花鑑賞お勧めドライブコース一挙紹介

●特記事項:  20180920: 粟野彼岸花は、昨日ほぼどこでも満開の状態でした・・・遊の里、常楽寺、全て見頃で、満開です! 今度の23日は相当混雑するでしょう・・・下に昨日の常楽寺の写真を紹介しておきます。 なお、参考として、昨日の群馬 「早川淵の彼岸花」 の様子を掲載しました・・・満開でした!

昨日の常楽寺の彼岸花の様子

★20180916:今朝の新聞でこの場所の、「遊の里の彼岸花が見頃」と紹介されました・・・・最も満開は20日ころということなので、例年並みのようです。 それでも雨のしずくのかかった写真を撮ろうと、昨日は多くのカメラマンで賑わったそうです。

2018年9月14日現在: この遊の里の彼岸花もいよいよ咲きだして、現在で3分咲き程度です。 それほど速い先出しではないようです・・・例年並みと言えそうです・・・

今年2018年は、今の所災害はないようですが、夏が暑く異常でした。 今もまだ毎日暑い日が続きます。 また、この地域では、2015年は、夏暑く、晩夏が水害ということで、自然が大夫やられていました・・・彼岸花はどうなのでしょうか・・・彼岸花はやはり開花は秋冷な気候が必要です・・・(このときは、彼岸花は、それほどやられていませんでした! 

 では、粟野近辺では、彼岸花は、いつが見頃となるのでしょうか・・・・一般的には、 「彼岸」 あたりが、粟野では、彼岸花の時期となるのでしょう・・・・・・・

  ここでは、粟野周辺で咲いている名所の彼岸花をまとめてみました・・・・淡野という地域は、素晴らしい場所が多いのです! また、自然を手入れして、彼岸花を育成している場所も多いです・・

 今回、ここで、紹介している写真は、すべて粟野の 「遊の郷の近くの小川縁の曼珠沙華」 です・・・・数年前からは、昔風の小川にかかる橋は、なくなってしまいました。 

そして・・・旧来からある、やや下流の橋を利用して、そこから降りる、しっかりと足場ができており駐車場も完備されました! また、駐車場も有料と変わりました。 花も地元の協力で増えているようです・・・・

小川が綺麗に流れていてその近くに彼岸花が美しく咲くという風景は、とても美しいのです・・・

・誰もが訪れたくなる日本の風景美でしょう! そして、粟野地域は、どこに行っても多少の差こそあれ曼珠沙華が、広大な区域にわたり咲いているので、本当にこの時期は、彼岸花の観賞地域として素晴らしい場所です 他県でもこれほど広大に咲いているのは珍しいからです・・・。

 

★参考「そば処一覧」「楽天そばランキング」★★ 特集:   「しゅうかいどうの花咲く地域」 「特集秋の花々

 しかし、彼岸花の群落となると、なかなか見つからないものなのです・・・・

  広大な場所に一度に咲く曼珠沙華ならば、県内は比較的恵まれているということになるのでしょう・・・

  伊勢原の曼珠沙華も有名ですが、その探索場所に多く咲いています。 彼岸花の群落が多いです。 そして特徴的には、やや狭いエリアに集中して、彼岸花が咲いており、観光しやすい場所と言えるでしょう・・・

  一方、粟野は、広大な場所にまんべんなく咲いていると言った方がよいのでしょう・・・ということは、あるきながらその全部を楽しむということは出来ないということです。 

 さて、開花時期ですが、一般的には、、常楽寺の彼岸花は、見頃がやや遅いようです。 他の場所がもうすでに満開なのにまだ、鐘楼の下あたりが満開にならないことも多くあるようです。 ここでは、粟野地域で見られる素晴らしい曼珠沙華を紹介しています・・・

  まだまだ街道筋を旅すると、沢山彼岸花が咲いているのですが、その全てはなかなか、ここで紹介しきれ無いのが実情です・・・今回、秋をまとめた中でこの周辺の彼岸花地図を追加しているのでぜひ見てください・・・・粟野周辺の彼岸花の場所が、おわかりいただけるでしょう・・・・

★この時期の参照情報: 「近くのシュウカイドウ見逃しなく!☆ 彼岸花最新情報那須高原ガイド」最新版参照ください! 最新情報 「花旅のブログ初めました!★参考「そば処一覧


 

2)粟野常楽寺の彼岸花

  ★ 20180920: 昨日、常楽寺を訪れました! もうすでに満開です。 多くの人で賑わっていました。 例年遅く咲きだす鐘楼周りも、すでに満開です。 彼岸花をいろいろな場所に植えたので、以前よりも楽しめるエリアが増えました・・・今週の23日は、天候も良いようで、多くの人で賑を見せることでしょう・・・昨日の様子は、上の写真を参照ください・・・

  毎年、この辺から彼岸花の開花が始まります。 粟野の常楽寺といえば驚くほど多くの人が集まるスポットです・・・・お彼岸のお参りの人に混じり、彼岸花の鑑賞者が多いのです。 この寺では、お墓と花の場所がきれいに分かれているのでその両者が混雑することはありません・・・建物と、花、そして、墓と言うようによく別れているのです。 駐車場も山の寺としては多い方です。 前方に粟野方面への街道筋が、あります。 関東の百花寺として名高い常楽寺です。 彼岸花のときが一番きらびやかに輝きます。 鐘楼の廻りに彼岸花は、かなり多いのですが、やや遅れて咲くことが多いのです。 鐘楼の彼岸花が咲いて、初めて満開といえるのでしょう・・・群馬県の常楽寺とは、同じ百花寺ですが、異なるお寺です・・・・やや坂になった境内では、その登り口周辺に彼岸花が咲き出します。 

常楽寺の2011年秋の彼岸花の写真です


 

常楽寺御朱印

建久元 (1190)年に 没した名医・中野智元を祭 った寺。 真言宗豊山派寺院 で「東国花の寺100カ寺」 に加盟しており、9月末に はお堂を包むヒガンバナと ソバの花の競演で、2月の 録事尊大祭は多くの崇敬者 でにぎわう。

智元は娘の病気の原因を 究明するため、日本で初め て解剖を行ったとされてお り、後鳥羽上皇の病気を治 癒した功により「録事法眼」 の名を賜ったとされる。 御朱印は右側に地蔵菩薩、左側に観音菩薩を示す梵 字が描かれている。 住職によると、地 蔵は「智元」を、観音は智元 の妻「桂」を表しており、 珍しい印という。

右上には「東国花の寺百ケ 寺」の印、左下には「粕尾瑠 璃光山常楽寺」の寺印。 中央 の「録事尊」は中野住職の墨 書で、日付は右下に記される。

名医・智元の所には雷様も 訪れ、おきゅうを据えて病気 を治したとされ、雷よけの寺 としても有名。水防、治水で - 「録事尊」信仰もある。 中野


住職は「智元は探求心を持ち、 後世のことを考え、力を尽く した。 先人の遺徳を粛々と伝 承、大切に守っていきたい」 と話す。

        TEL0289-83-0971 下野新聞より



 

   ★★★  最新:::上の写真は、粟野にある常楽寺の彼岸花で、以前の状況です。 このときには、思ったより早く咲き出しました。 咲きだしの時期には、この写真のように彼岸花も少なく迫力に欠けます・・・しかし、この時期には、裏の方にある城と、紫色の萩の花が見られるのです・・・詳細はこちらの粟野彼岸花2011からどうぞ

粟野の常楽寺は、少し街道筋を登ると左側に大越路峠のトンネルがあります・・・これによって永野、星野、そして栃木市の方面にアクセスが可能です。 当時の山道はなくなったのです・・・彼岸花は、そばの花の中に混在して咲いているのが特徴です。 しかし近年は、彼岸花が咲くときとそばの花の満開は一緒にならなくなっています。

 

粟野街道にて

やはり、大越路峠近辺は、美しい山村風景が残るが、「常楽寺ー2」のそばには、周辺花が沢山植えられている農村風景が有って、これを楽しみにして、私は、旅に出るのである。 真っ青な青空! そして、山々が遠く迄見えるこの秋の時期、探索には一番恵まれている時期でもあるのだ。

常楽寺と花々

さて、「常楽寺ー1」は、どのように花が咲いているのであろうか・・・・時期的に彼岸花が早く咲き出せば周辺のそばの花との対比が楽しめるのであるが、2007年は、先出しが遅かったので、この対比は、鑑賞できなかった。 そばは永黄色くなってしまい、結種してしまったのである。

常楽寺の周辺の街道筋ではコスモスが満開のときです。 ドライブはとても快適です・・・・

コスモス咲く

 

 

この粟野か移動周辺は、とにかくどこを訪れても美しく花々が咲いており、万が一花に時期に失敗したとしても、奥には行っていけば必ずや、美しい農村風景に出会えること請け合いである。 なにも計画しないで天候の良い日でも出かけて見るというのも一つの方法なのかもしれない。 それにしてもこの周辺まで来ると町のコスモスの色とは異なる、彩度の高い色合いを、見て楽しむことが出来るのだ!

 

 

さて、粟野周辺を探索していて、も諸時間が有るので有れば、「花農場あわの」等、訪れたらどうだろうか? ここは、花の農場と言うだけ有ってハーブなどを育てており、このころには百日草が満開を迎える頃なのである。 そしてなによりうれしいのが、そのハーブを用いたフランス料理が頂けることである・・・・と言っても決して一流レストランの服装で行くことはなく、庶民レベルの感覚で、おいしい料理をいただける、名所でもあるのだ。

 

蝶と花

彼岸花を思う

 

★ 絶対見逃せない・・・・20090917日 「現在の最新彼岸花の特選情報一覧の旅」・・・はここから!  


     粟野地域と彼岸花で「、最初、2006年に紹介した文章です」・・・・「鹿沼地区の粟野近辺の彼岸花がほぼ満開を迎えております。 まだあまり知られておりませんが、ここは、行くのにそれ程、遠くなく、しかも多くの人たちが集まって、写真などを撮っています。 ここは、粟野支所から、少し過ぎて行き、交差点を右折すると、ほぼ5km程度で着きます。 粟野川があって、その両岸辺に彼岸花の群生が沢山、それはそれは人工的にも、手を入れているので素晴らしいものです。 周辺の状況は、例年ほぼ3割程度稲の刈り取りが終わっていますが、彼岸花はまだまだ見頃です。 特に支所の所を曲がらずに、まっすぐ行ったところにある常楽寺(ここは、大越路トンネル入り口の手前)では、これから満開期が来るので、多分あと、三日後が満開でしょう。 本当に、あれだけ美しい花が集中して咲いている処は、本当に珍しいと思います。 ここで写真で紹介しましょう(2006年秋の情報です)」・・・この時から、早2年が経過しており、今年(2008)で三回目のこのページの改訂となります。


★  この周辺の花情報、旅情報など、発信していますので、 「最初のINDEXページ」 へ、 お立ち寄り下さい! 「出流山満願寺と出流ふれあいの森シュウカイドウ満開」情報追加! 20090913: 萩の花が見頃になった「寺岡元山大師」 尚、白萩は、9月下旬からとのことでした!
★20090917: いよいよ、待ちに待った彼岸花の時期到来です! 今日は、盛りだくさんの情報を提供いたしましょう・・・そうです、彼岸花です! 今回は、「早川淵の彼岸花」、「太田市の常楽寺」(常楽時は、粟野の寺と群馬の彼岸花の有名な寺が同じ名称です。そして花の寺です」。 粟野の常楽寺、そして粟野遊の里の彼岸花を紹介しています!


 

4)粟野

粟の彼岸花

常楽寺の彼岸花開花情報20090906現在      2008年9月23日現在:粟野周辺写真集

2008年の周辺開花情報・・・・20080918現在は、2008粟野周辺開花情報と参考リンク

 さて、私が、毎年この地域見に行っていますが、2007年度は、少し早過ぎて、再訪出来なかった場所です。 それでも、この地域の美しさは、素晴らしく、その後、「曼珠沙華ハイク」が行われたようです。 こうなると、多分毎年行われることとなるのでしょう。 ここは、彼岸花が満開を迎える頃になると、この川に人力で木橋が渡されて、皆を待っていてくれるのです。 時期が早い時には、この木橋がないため、対岸にわたることが出来ないのです。 周辺は、稲の刈り入れで美しく輝き、たいがい稲刈りとこの彼岸花の組み合わせが美しく輝くところなのです。 このような場所で、同じ様なムードに浸れるのが多分、県内では、簑沢地域の彼岸花でしょう。 小川などは傍にないにしても、広大な地形の大地が、この赤い花で覆われて、それはそれは素晴らしい場所化するのです。 もっと、欲ばって見たいのならば、それはきっと巾着田しかないのでしょうが・・・。 沢山の人が、どっと押し寄せ、訪れて、電車も満員になるのですから、驚きです。


 

遊の郷の彼岸花

★遊の郷彼岸花は、20180919日現在で、満開の見頃です。 昨日訪れましたが、多くの人で賑わっていました。 残念ながら、対岸の稲は借り入れが終わり、殺風景でした・・・ところが、遊の郷の売店の前では、かかし祭りが行われており、その周りの彼岸花が、今まさに満開です。 多分、遊の郷の川べりよりももっと有名になるでしょう・・・こちらのほうが、駐車を気にすることなく楽しめます・・・かかし祭りは今月いっぱいということです。 今朝の新聞でも紹介がありました・・・

 

遊の郷で写真をとる人々・・・満開でした・・・20190919日現在の写真紹介です。

遊の郷を散策する人たち

かかし祭り

遊の里直売所の南側で9・30日まで行われているかかし祭りと、周辺の彼岸花の様子 今年は色々なキャラが集合しています・・・ここを尋ねるときは、彼岸花が咲いているときがとてもきれいです。 今年は、まだ目が出ていないので、少し遅れ気味かもしれませんね・・・

かかし祭りの裏側にとても大きな彼岸花の郷が広がっています・・・

  以上20180919日現在の遊の郷の彼岸花の様子です。 満開です・・・


 

遊の郷は、粟野地域で最初に彼岸花が咲きだす場所です。 最初に咲くだけに多くの人が来て写真を撮る場所でもあります。 小川が流れており、そのわきの広い雑木地に彼岸花が咲き出します。 そうした場所なので変わった写真が取れると人気の場所でもあります。

粟野彼岸花

 この「遊の郷」地域を訪れるのには、2つの方法が有るといえるでしょう。 一つは、栃木インターで降りてから、北上して、星野の里地域に至り、そして大越路トンネルを抜けてから、丁字路を右折して粟野支所に行く道、また、鹿沼市内からは、少し南に下がってから、粟野街道へ、入り、粟野支所に行くのが、もっとも標準の行き方となるでしょう。 もう、ここまで来てしまえば、しめたもので直ぐこの花の地域に到達することが出来るのです。 花の時期の問題は、予測が難しく、しかもこれら群生地が、3つほど有りますが、同時に咲いてくれないのが、困りものです。 一般的には、この川沿いの彼岸花が、まず一番先に咲いて、次が,「常楽寺ー3」、そして最後が、北の奥にある寺周辺の花の開花と、続く様です。 粟野周辺地図は、こちらから!  この地図で言うと、最初に咲き出すのが、246号線の遊の里の手前なのです。 上の写真がそれですが、満開時期には、これほどまとまってこってりと咲く場所も珍しいのです。

そばの花ケイトウ

 

萩

 

 

この周辺に来ると、この時期に合わせたかの様に、萩の花が咲き乱れているのです・・・・しかし残念なのは、彼岸花が、通常満開に達しておらず、例年では、萩の花が終わりの頃に彼岸花の満開日が、くるのです。 なかなかうまくいかないのが常です。

参考にこの地域は、遊の郷に向かい、337号線に入り、丁字路を右に折れた所の寺、多分、宝城寺の境内と思われる。 何かを目的として訪ねないと彼岸花には、咲き出す時期がこちらは遅いので、なかなか、うまくいかないのである。 尚、左の白い萩は、近くの広厳寺の境内で見た花である。

しかしいったん咲き出すと、この地域も素晴らしい場所がたくさんあるので、期待して時期を選んで行かれることをお勧めしましょう。


 

粟野遊の郷周辺の彼岸花

下の写真は、「遊の郷の彼岸花」の写真の一部です・・・・2016年の9月19日あたりが、身頃と紹介されており、今日9・17日では5分咲きと紹介されている場所です・・・この場所の開花は、毎年一番早く、この後順々に、周辺の彼岸花が咲きだすのです・・・最近は、彼岸花のときに、稲刈りが終わっていますが、今年は、やや遅れとは言いながら、稲が残っているようなので、いい写真が取れるかもしれませんが、台風16号が、心配です・・・

 

彼岸花・粟野

   小川のせせらぎに沿って上のような民家の側に咲く曼珠沙華群落は、珍しいものです。 この稲は、丁度行ったときには稲刈りが始まりましたが、あっという間に終わり、だいぶ周辺の様子が変わってしまいました。 さすがに毎年見ているだけ有って、昨年より遅い咲き時期だ!と言うような、講釈が入っておもしろい一時が過ごせました! それにしても自然は、的確でそれほど大きく狂うことはないと言うことです。

萩

秋山周辺の彼岸花

さて、この周辺探索となると、忘れてはならないのが、参考地図の左の端に有る佐野市の秋山地域であろう・・・・素晴らしい空気と風景、そして、秋山川に沿って見ることの出来る数々の、花々、どれをとっても忘れられない風景となることであろう!

秋山への道にて

 私は、佐野市の秋山周辺が、昔から好きなところなのです。 多分私が銘々してしまったのかもしれませんが、この周辺の秋山街道は、素晴らしい自然がいっぱいです。 夏が終わり、そして秋の前半には、「シュウカイドウの花」でいっぱいになるのです どちらかと言うと、この花は、自然の中で咲くはずなのですが、人家のある周辺で沢山咲いており、私達の住む町中のシュウカイドウより、一回り大きくしかも、そのピンク色も美しく、綺麗なのです。 沢山咲き乱れています。 特にこの地域の、石塀などに沿って咲いている花は、素晴らしくしばらく手を休めて観賞するのです。 最近は、暖冬のせいか、夏の終わりから秋が長く、比較的以前より長く秋が楽しめるようになっています。 嘗ては、直ぐに霜などが降ってしまい、枯れておじゃんになったのですが、これでもか、これでもかと迫ってきてくれるのです。 本当に自然は素晴らしいものです。 (上の風景は、2009年に家の建て替えが行われてすでになくなってしまいました

粟野農村風景

彼岸花が咲く頃は、自然はうまくできたもので、そばの花も、萩の花もほぼ満開を迎えるのである。 そして稲も真っ黄色に色づき、会津磐梯山の詩が詠まれるような稲穂が垂れ下がり、周辺は,にわかに忙しくなるのである。 周辺探索をしていて、歴史の残る跡、そして、時の流れを感ずるとき、街道筋の営みが、心に染み渡ってくるのである。 下の写真のように火の見櫓も最近はめっきり少なくなってしまった・・・・近代的な、装いの簡単なものが増えてしまい、何かあっけない雰囲気がしてならないのである。


 

7)ARCHIVES:

●特記事項:★20170918:今朝の新聞で仙波地域の蕎麦の名所で彼岸花が見頃と紹介がありました。 粟野地域でも殆ど見頃が近づいています。  今日から青空です! 楽しく彼岸花を鑑賞できることでしょう・・・参考:「仙波地域の彼岸花を楽しむ」・・・【佐野】市北東部の山間 地域にある仙波町の「市農 林漁塞局齢者センター」周 辺で、ヒガンバナが見頃を 迎えている。23日午前11時 から、同センターで「仙波 地区彼岸花まつり」も開催 される。」と紹介されています。 この高齢者センターは、美味しい蕎麦の提供で有名です。 佐野市葛生の「秋山川近辺」から彼岸花があるので楽しめます。

 

★20170918: 粟野の上粕尾の「常楽寺の彼岸花」は、15日現在で、6-7分咲きと紹介されました・・・数日で満開になるとのこと。 今日は暑いのできっと満開になるでしょう・・・★「常楽寺の彼岸花の写真-1」 「 「常楽寺の彼岸花の写真-2」「彼岸花紹介マップ

1) 20170912:今朝は朝から小雨が降っています。北関東では、昼過ぎから雨は止むというようです。  さて、今朝の彼岸花の様子は、一番先に咲いたものが一本だけ咲き始めました! かなり早いと言えそうです・・・驚きです。 ということ位は、来週辺りから花の見頃の場所も出そうですね! ★「写真を見る」  追加情報:今朝粟野近辺の彼岸花の様子を0調べていたら、遊の郷の彼岸花の開花状態がありました。 うちの庭の状態と同じでまだ咲いていませんでした! 「写真を見る」  ★権現堂の彼岸花も素晴らしいです・・・開花情報は、 「ここから」 見ることができます。 まだ咲いていません・・・過去の開花状態は、こちらからご覧ください!  その他:群馬県の早川淵の彼岸花も、きれいです・・・まだ咲いていないようですが、写真を見てください・・・

★2017年7月6日: 昨日庭を見たら、驚くことに彼岸花が目を出していました! 今年はかなり早いことがわかります。 23日の彼岸まで持たないかもしれませんね!昨年は、9月12日でしたから・・・6日早わけですね・・・ある研究では、平均気温が20-25度になると先出すと言われていますが、たしかにそのようです・・・

2)http://www.kinchakuda.com/2016kaika-ma.htmに有名な巾着田の開花情報がありました。 今年はやはり4日に発芽したと言われ、栃木県と同じようです。 いよいよ待ちに待った彼岸花の時期が到来します・・・

★参考情報 昨年の彼岸花の成長を記録してあります・・・20160930日の「彼岸花開花情報をまとめてあります」。ご覧ください・・・

●特記事項:  今年2017年は、あと一月程度で彼岸花の時期がやってきます。 夏が夏のような天候でなく40年ぶりの梅雨のような日々が続く今日このごろ、彼岸花は、冷気に当たり咲き出すので、今年は先出しが早いかもしれませんね! このページでは、泡の地域の彼岸花の様子を詳細に紹介しています。

★20160923:現在の「彼岸花の開花状況を一覧表」にして紹介しています・・・ご利用ください・・・

★今日20160917日新聞紙上で、「遊の郷の彼岸花」が、咲いたと紹介がありました・・・5分咲きで、19日頃から見ごろとのこと・・・参考:「粟野彼岸花状況(20070913)」「粟野、遊の郷の彼岸花」「粟野彼岸花_2008」「粟野彼岸花周辺地図」「粟野周辺の彼岸花状況」など参考になるでしょう・・・

★今年2016年も気象変動が多く、彼岸花の開花が心配されます・・・そこで、彼岸花の開花について予測してみました「彼岸花2016 北関東」・・・これを参考にしてみてください・・・


 

栃木県みちくさ情報へ戻る >鹿沼市の彼岸花群落

  ★★20130928(まだ見れる彼岸花特集」  最新情報  新規追加:20130922現在の最新彼岸花開花情報   最新のブログも参照ください 簑沢地域の彼岸花 烏山彼岸花と茂木城址彼岸花満開     粟野周辺彼岸花開花情報2011  粟野遊の郷紹介  今年は、非常に残暑が長く暑い日が続いています・・・・

彼岸花一覧、       お帰り時の、「周辺温泉探索」「おみやげ品、名産品」

▲ページの先頭へ