森林公園古賀志山道のシュウカイドウ

古賀志山といえば、宇都宮市のれっきとした、最高峰の山! この山の麓に、赤川ダムがある。 作られたのは戦後、とは言え歴史は古い。 近くには栗谷沢ダムがあるが、これはろまんちっく村に近い。 ここは、市の森林公園として名高く、れっきとした管理センターも置かれている。

そのダム湖の丁度奥まった場所に、古賀志山のトリムコースがあるが、その先に林道オケラガ入線というコースが有る。 なにかおかしな名前をした場所ではあるが、とても自然の多い場所で、ダム側には、休憩所もできており、広い渕になっている。

ちょっとした東屋もできており、大方の方は、こちらのほうが、珍しく感じ、そちらで楽しむのかもしれない・・・

ちょうどその反対側には、素晴らしいシュウカイドウの山岳道路が出来上がっている。 静かな舗装された道で、オケラガ線と言った名の道には、ふさわしくない道である。

さて、シュウカイドウというと、栃木県では、出流山のシュウカイドウ、そしてあとは、矢板の寺のシュウカイドウが有名、また、近くでは、埼玉県の椚平のシュウカイドウが有名である。

以上のシュウカイドウの名所を比較したときに、この赤川ダムこのシュウカイドウは、自然の中でかなりの数の花を咲かせている。 

やや、坂になった道の両脇に咲くjシュウカイドウ、静かな自然の中で赤い小さな花を咲かせている。 シュウカイドウの咲く場所というと、日の当たらない場所が多いが、ここは、日のあたった場所も少なくないので、写真を撮る人にはおすすめの場所である。 嫌それ以上に、この時期鹿街の多いこの美しい可憐な花が、食されていないということは、本当に素晴らしいことなのである。

今日は、この赤川ダム、自然休養村森林公園の駐車場からダムをめがけてのぼり、休養村センター下を通過して、シュウカイドウの咲く場所までそ、紹介してみよう・・・

宇都宮森林公園駐車場

森林公園の駐車場もかなり広いので、ゆったりと車を駐車できる・・・

 

宇都宮森林公園駐車場-2

何か森林公園のマップは、下が剥がれていて寂しい感じがするが、ちょうどダム左中央部のオケラガ入線の場所に入り口から焼く600メートルにわたりシュウカイドウがたくさん咲いている。

森林公園マップ

駐車場から、坂が続く・・・ダムに向かう道だ・・・・途中から左と右の道に分かれるが、左がダム側で右は、湖畔の道の右回りとなる。

森林公園登り口

途中、登道から、ダムの歩道が見えてくる

下からダムの歩道を見る

上からさっき下の駐車場を見ると、美しく輝いている・・・

下を振り返ると・・・

途中から、左に曲がり、ダムの歩道を渡る。 遠くに見えるのが、管理センターだ・・・

ダムの歩道を渡る

古賀志山が大きく前面に見えてくる

 

古賀志山が大きく前面に見えてくる

管理センターから歩くこと7分程度で、左側に曲がる道が見えてくる・・・これがおけらが入線だ・・・シュウカイドウがゆうにこの場所から先出している。 いよいよシュウカイドウが見えてくる・・・

シュウカイドウ-1

シュウカイドウを楽しむ-1 とにかく多くのシュウカイドウが道の両脇に咲いているので、今までの道の雑草の生い茂る場所とはかなり異なっている・・・これだけシュウカイドウが咲いている場所は少なく、貴重な場所と言える・・・三ん学愛好家は、あまり気にしないでrあるってゆくが、花の愛好者は、写真などに狂していて、他のことはわからないようでもある!

シュウカイドウを楽しむ-1

シュウカイドウを楽しむ-2  ここのシュウカイドウは、出流さんのものよりも、手元で見えるところが素晴らしい、片方は、壁の場所も多いが、反対側は、広く光が入りこpんでいるので、いろいろな写真が撮れそうである・・・

シュウカイドウを楽しむ-2

シュウカイドウを楽しむ-3 道も舗装でしっかりしているので、雨の直後でも、ぬかるみは発生しない・・

シュウカイドウを楽しむ-3

シュウカイドウを楽しむ-4

シュウカイドウを楽しむ-4

シュウカイドウを楽しむ-5

シュウカイドウを楽しむ-6

シュウカイドウを楽しむ-6

シュウカイドウを楽しむ-7

シュウカイドウを楽しむ-7

シュウカイドウを楽しむ-8

シュウカイドウを楽しむ-8

シュウカイドウを楽しむ-9

シュウカイドウを楽しむ-9

シュウカイドウを楽しむ-10

シュウカイドウを楽しむ-10

シュウカイドウを楽しみ、今度は、ダムを一周しようと反対方向からダムを一周する

ダムの帰り道-1

ダムの帰り道-2

ダムの帰り道-3

ダムの帰り道-4

 

ダムの帰り道-5

赤川ダム日時計

赤川ダム日時計

帰り道にて

帰り道にて

▲ページの先頭へ