日光湯元・紅葉

湯元に秋来る

 最近日光は、前年と同じく暖冬気味であり、そう言う点では比較的長く日光の紅葉を楽しめるのだ! ご承知のように湯元に到達するには、首都圏からの方々は、必ずやいろは坂経由で来ると思う。  ☆☆☆ 「NEWクリンソウ紹介」 一般的には、日光の竜頭の滝が紅葉を始めた時に、奥日光湯元も紅葉が見頃となり、美しいシーズン到来となる・・・・ここでは、そう言う意味合いから、竜頭の滝の様子を見てから湯元を展望しようという訳なのである。 ご承知のように ここは、観光客が多いので、心を落ち着かせてゆっくりと見ている事ができない所でもある。 しかしこの時には早朝である故にゆったりとした気分で紅葉を満喫できたのである。   それにしても、この竜頭の滝の周辺には外国人の方々も来て見入っており国際色豊かになっていることには驚いたのである・・・・それにしてもカメラマンが多いことにも驚かされるのである。 下の写真は、竜頭の滝のやや上流からの写真であり、ここならば展望がとても良い場所なのである。「日光竜頭の滝紅葉」 これは、滝の上側の駐車場から直ぐ行ける名所なのである・・・・竜頭の滝1 竜頭の滝2 竜頭の滝から光徳へ 竜頭の滝3 光徳、湯元 以上の写真は、春から秋にかけての湯元と光徳牧場周辺をまんべんなく見ることが出来る・・・・ ★  この周辺の花情報、旅情報など、発信していますので、 「最初のINDEXページ」 へ、 お立ち寄り下さい!
・ ★  その他、情報検索は、こちらから!「特選 情報検索窓へ」 「彼岸花簑沢」「彼岸花粟野」「巾着田曼珠沙華

龍頭の滝秋

 

 ご承知のように日光に紅葉は、湯元周辺から始まるのであるが、冷風の流れががあって、 竜頭の滝近辺は、普通に行ったのでは、決して紅葉を見ることができないのである。 竜頭の滝の紅葉は先に(ここから)紹介してあるので、今回は、湯元に焦点を当ててみよう・・・・この写真はほとんどが湯元湖畔であるが、丸沼方面への分かれ道周辺での撮影である。 大変多くの人たちがここへ集まってきていた。 紅葉は最高のときであった。「中禅寺湖スカイライン」 「くりん草咲く湯の湖畔!

 

これだけ絢爛豪華に紅葉していると、誰もが車から降りて、ここで一枚というように、記念撮影をしたくなるところでもある。

 

この時期には早いとは言え、このように紅葉は進んでいたのである。 今朝(20071026)日光の紅葉が最盛期であり、多くの車がごったがいしていると報道された・・・・これは、中善寺湖地域の紅葉が始まったことを意味している。 後は、ゆっくりとイロハ坂方面へ紅葉は下り始めることとなるのである。

 

少し湖畔を歩き回るとこのように、紅一点の美しい紅葉が見られる。 しかし、こういうところは、沢山のカメラマンが集まっていてそれはそれは混み合っていた。

 

奥白根の冬支度

ここ奥白根は、寒々とした山肌を露出していた。 手前の木々の紅葉とあいまってそれはそれは美しいコントラストを見せていた!

 

日光湯元を訪れる人は必ずここを通り抜けるが、ここを歩くとわかると思うが、温泉の臭いが強く鼻に感じられるところだ・・・そして、湖面も湯の花で白濁しているのがお分かりと思う。

湯の湖早朝の反映

ふと帰りがけに湯の湖の湖面を見ると水鳥が線を引き朝日を浴びて美しい紅葉とすばらしい絵巻を作っていた。 なかなかこういう風景は、早朝でないと、見られないものである。

 

栃木県みちくさ情報へ戻る