山梨桃源郷

山梨の桃の花 

 

最新情報:20170415:山梨の桃の花も昨日の暖かさでほぼ満開を迎えました・・・特に高地でない限り素晴らしい桃の花が咲き誇っていました。 やはり甲府市は、桃の花が咲かないと初夏が来たという気分にはなりません・・・それがようやく来たのです。 下にその写真を紹介して見ましょう・・・花鳥の里公園からリニアー路線を見ながらの光景です。 甲府は、山肌を高速道路とリニアーのコンクリートの路線が、区切りをつけているのです。邪魔といえば邪魔ですが、これも近代化の流れ絵なのかもしれませんが・・・大きなビルがある辺りが、石和温泉卿になります・・・

昨日は、大分暖かくもやが出ており、遠く南アルプスの残雪もあるのですが、もやっていました・・・山の残雪がきれいに見える日は少ないといえるでしょう・・・これから日に日に残雪は少なくなってゆくのです・・・

20170410:山梨の桃の花は、咲き出しましたが、今年は大分遅れているようです・・・桜と同じで開花が思わしくありません。 例年ですと、そろそろ満開の時期なのですが・・・今週のイ終り頃から満開になるのではないでしょうか・・・明日もまた雨のようですから・・・

情景: :甲府の一宮、御坂周辺の桃の花がほぼ満開を迎えています・・・南斜面では、もう花粉の振付が行われており、大忙しです。 北側斜面では、少しまだつぼみが見て取れます・・・いずれにしても甲府盆地は、花いっぱいの時期を迎えていました!ここ、有名な釈迦堂の博物館周りでも素晴らしい、見事な風景をかもし出しています・・・ここは例年と比べると混雑が少なくなっていました・・・これは、裏側の駐車場を増やして車が整然としたせいなのでしょう・・・ガードマンが素晴らしい景色と美術館を見るためにパーキングへと誘導してくれます・・・確かにこの釈迦堂周辺から見る光景は、甲府の名物風景なのでしょう・・・

桃の花と中央アルプスの残雪風景

       ★この写真は、以前撮影のものです・・・ 「旧来の桃の花の情報は、ここから見ることができます! 」

それでも、ここにきてまさに4・18日現在の釈迦堂周辺の桃の花の咲き具合は、ほんとうに素晴らしい!満開を迎えたのである。 今お山梨の桃を鑑賞するときに、いつも利用するのが勝沼インターである。

 ここで降りて直ぐに国道筋から釈迦堂方面へと登れば交付しないから山梨暇での桃の開花の全貌がわかるからである。 今まさに釈迦堂周辺は、春のピンク色一色に塗りつぶされているのである!  やはり山梨の美しさはここにあるのかもしれない・・・・☆関連情報 「長野のあんずの里も美しい!

 

釈迦堂の春

   上の写真は、釈迦堂博物館からの眺めです。 遺跡などの博物館で花の絵画などの展示も随時行っている場所です。 高速道路から釈迦堂パーキングでここまで登ってくることも出来ます。ここに来るには、下りのPAから登るのです。 下りPA線施設は山梨県中巨摩郡昭和町に本社を置く株式会社アルプスが運営している。 釈迦堂遺跡博物館が下り線施設に近接しているため、上り線よりも立寄率が高いということです。

   釈迦堂は、ご承知のように中央高速の勝沼インターと一味やインターとの間にあるパーキングである。 高速での休憩舎がこの釈迦堂の博物館まd登って桃を楽しんでいる姿が多く見受けられる。 パーキングで楽しめるのはここが一番豪華であるからだろう・・・・広場一面桜が散りだしており桃の花との競演が楽しめる。

参考: 山梨で日本一のものとして、宝石でしょう・・・色々楽しめるものから宝石販売では「ラッキーオープン」が有名です・・・

また、以外のものとしては、「織物のネクタイ」が有名!・・・「羽田忠織物ネクタイ」が有名・・・

その他、驚くことは、こんな海のない場所で、すし屋が多いこと・・・中でもオリオンスクエアーの「魚そう本店」は、大きなねたで沢山食べられる独自の方法で、提案・・・荘牛王30年の歴史で、養蚕が発達したので、その労働力を補うために大きな握りとか・・・醤油と砂糖の独自のたれを塗って提供してくれる・・・HPでは、魚そう  本店
創業明治30年の老舗。当店のお寿司はひと味違う。  ・酢のきいた、つやつやのシャリ! ・少し甘めの秘伝のたれ!
・握りの大きさ、なんと2倍!! 山梨の小説家、熊王徳平の「甲州商人」の中でもとりあげられた、本格寿司をさぁ、召し上がれ。 ・・・と紹介

 

桃の花は、町中はそろそろ選定も終わり負けており、花びらが落ち始めているが、まだまだ丘の中腹よりうえはこれからが見頃であり、心配はない・・・・かなりすももの花が今年は遠くから目立って美しかった!

 

釈迦堂へと登る

釈迦堂に上り詰める人たち桃の花と黄色の菜の花に囲まれてここでパーキングした人たちには一時の休息を与えられる境地でもある。 遠くは勝沼塩山方面を見ている。

 

このあたりはかなり山の中腹まで登り付いているので眺めは抜群に良い・・・・それでも毎年新しい屋根の家などができてきて様変わりしていることもわかるが、桃の木は結構たくさん植え付けられており今までよりも増えてきているようでもある・・・・

 

釈迦堂で楽しむ

釈迦堂周辺は、ちょっとした桃の鑑賞するコースができており楽しんで散策できるので時間があればそれを狙うのも良いのかもしれない・・・・

 

何か遠くがぼけてしまっていっるようだが、これほど美しく咲いているということがお分かりいただければ十分であろう・・・・小野路広場の中にある桜、今まさに満開を迎えて散り始めて綺麗である・・・・


 

★参考:今までの情報まとめ 

  1. 最新情報:2014年 新しい「一宮の桃花と新府の桃の花を見るための情報集!」 「春の花のカテゴリーもご覧ください!」  山梨県の桃の花は、数年前、なかなか咲かなかったが昨年4月18日になり、ようやく見頃を迎えてた。 どちらかと言うと今年の天候が不順で寒さがなかなか遠ざからないため、花がうまく咲ないためと思われる。 ★参考:「桃の花情報一覧集・・カテゴリー」 
  2. 桃の花・一覧
  3.   --->★★★いよいよ2015年の「余里の一里花桃の里」開花が始まりました・・・「 長野県上田市武石余里(より)地区でハナモモが咲き始めた=写真。集落の農道沿いや民家の庭先など約4キロにわたって約2千本が植えられており、地元の 住民グループ「花咲(はなさか)じいさんクラブ」が世話をしている。濃淡のピンクや白色の花が、新緑の季節を迎えた山あいの集落を彩っている・・・」と信毎新聞で紹介されました! 
  4. ★参考情報20150408現在:  2015年の桃の花はどの時期に咲くのでしょうか!・・・以下の場所に良く出ていました。ほぼ例年通りで、3・21-4・27日ということです! 「山梨県笛吹市の春の一大イベント「笛吹市桃源郷春まつり」を今年も開催!
  5. 3月21日(土)〜4月27日(月)まで笛吹の花々と様々なイベントでおもてなしいたします」・・・しかし、今年は、天候が桜の時期から不順で曇りとか、雨の日が多くて、良い日がないのが特徴です・・・これでは、泊りがけで行けないかもしれませんね!! 

 

釈迦堂の公園で満喫

釈迦堂裏の公園・・・・ここで多くの人が休んで静かなひとときを迎えている・・・・この釈迦堂はそれほど広くないので車があふれているが農道の一分に車を止めて楽しめる・・・・

花山の一本杉あたりの桜はまさに今が満開・・・・ちょっとしか高度が違わないのにこれほどの差が出ている・・・・宴会をやっている人達が多かった・・・・・ここかrた見下ろすと甲府一面のピンク色の美しい光景が広がっている・・・・ここに登ってくるコースは、以前は普通車でもやっと出会ったが、今では道が広がり舗装されてラクラクと登れるようになり花を楽しむコースも出来上がっており昔と一変してしまっていた・・・・・

桃の花全開

釈迦堂となりの持っ者花農園の様子・・・さすがにここはパーキングがあるから多くの人が来てごった返していた・・・いろいろな食事もできて楽しめるので気兼ねなく港交流できるのも好まれている樣である・・・・

一宮から登ってくる一般コース・・・バスでもなんでmおここを通るコースであるが、夏の桃のシーズンには、桃狩りで混雑する場所の春の様子である・・・・今まさにその桃の木が満開を迎えている姿なのである・・・・

桃の花全開

釈迦堂近くのもも園

まあ、こんなふうに花が満開で色とりどりの色を楽しめて苗木も販売されているので首都圏からきた人たちには、うれしいひとときとなるのでしょう・・・・・

 

▲ページの先頭へ