わんぱく公園と初夏の花々

初夏の花の美しい場所

 壬生にある’わんぱく公園’は、花が美しい公園で有名である。 今年も初夏の風物詩を飾る各種花々が、咲乱れており初夏のシーズン到来といってもいいでしょう。 毎日沢山のちびっ子等が、来ていました。 ここは、花が多いので、それを見ているだけでも満足できますが、公園としても、遊び場、散歩の場所、等としても素晴らしいところなのです。 多分、全部このエリア見るのには、最低一時間程度は必要なのかも知れません。 それでも見る価値は、十分ある場所の一つでお奨めコースです。

     ★最新情報 20150323:「わんぱく公 園文化祭」を初めて開く。  同 公園が本年度実施した体験プ ログラムや各教室の参加者の 作品を展示する。29日まで。 展示コーナ一は同公園内 「ばなぱなのまち」「こども の城」「メルヘンハウス」の 3力所。陶芸教室やガーデニ ングスケッチ講座展、 写真コ ンク一ル展など多彩だ。 また、子ども向けに塗り絵 の体験コーナ一も設置。同 公園のキャラクター 「ピッビ」の 塗り絵作品は、期間中展示す る予定というから訪れてみてはいかがだろうか・・・

 この時期、毎年決まって咲き出すのが、川辺に咲くこれらの背の高い、美しい花ウド花でしょう。 ある時には、川縁を一面に覆い、それは素晴らしい花の群落を作るのです・・・・それが今の時期なのです・・・・初夏の到来です! これは壬生の姿川の土手です・・・・至る所にこの様に、花ウドの群落があって、素晴らしい景観です。 この時期は、何処を訪れても、この様な場所があり、非常に見応えが有るのです。 但し、5月の花ウドは食べるな! と言われるように、この時期は、有毒種が多いそうです・・・・ご注意のほどを! (20080526日現在)

初夏のわんぱく公園

 この時期になると春の花と一変して、この公園内は、花の植え替え作業が進み、全く新しい色相に変わってしまいます。 一時のチュウリップの豪華な色は、姿を消して夏の花えと橋渡しが行われていくのです。

 もう、露草が咲き出していました・・・・最も今日は、だいぶ梅雨の時期らしく感じられますが・・・そしてダイアンサス系の花々も所々で見かけました。 これらは、南側の公園入り口付近で見つけた花々です。

 この公園は、壬生公園、グランド、そしておもちゃ博物館、わんぱく公園と多種類に亘り隣立している公園です。 初めて、訪れた方々は、多分方向が分からなくなってしまうかも知れませんが、決して、迷路では無いので、心配ご無用でしょう。 とにかく花の綺麗な広い公園なのです。

 ・・・・・何か素晴らしい花・・・多分シャクヤクでしょうか? きれいに咲いていましたが、そろそろ終わりのようでした・・・・

 初夏の花々ばかりでなく、草、そして緑を楽しむ物が、沢山植えられており、だんだんそれらの色が出て(現れて)きていました!

シャクヤクの花が緑の中で燃えておりました・・・魅力的な花です。

ここ、バラの公園では、一本立ちに仕立てられたバラがあって、その足部をアンスリウムが咲き乱れていました。

近接して見て見るとかなりの花びらがあることが分かります。

このバラは、毎年ここで咲きますが、本当に素晴らしいしぼりのバラです。 沢山見いっている人達がおりました。

この美しさは、皆のために手入れを怠らないこの人達のおかげです・・・・・ありがとう!

ちょっと名は、分かりませんが、素晴らしい花々です。

カラタチの木が、ここに沢山あるのです。 しかし花は、未だ見たことがないのです。

遠方から見る花床、おもしろいものですね!・・・・

この時期には、水がだんだん恋しくなる季節です。 一日花の 黄色水仙が、我を々と咲き誇っており、その下を綺麗な水が流れていました。 昔は、農村地帯に行けばこうした花が沢山あったのですが、今は、あまり見られなくなってしまいました・・・

この時期、きんけい草が、ほぼ満開を迎えているのです。

はいとり草と、きんけい草の組合わせです・・・・沢山、豪華に咲いており、毎年ここで目を楽しませてくれるのです。

ちびっ子等も、花を観賞しながら、きょろ々しながら、散歩を楽しんでいました。

とにかく綺麗な花が沢山ありますが、残念ながら名称は分かりませんでした・・・・

 以上、わんぱく公園は、初夏の花々が咲き乱れており、本当に綺麗な季節に入りました・・・・これから秋迄、夏の数々の花が皆様を待っていることでしょう。 

栃木県みちくさ情報へ戻る    わんぱく公園の年間一覧は、こちらから

 

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.