2016 梅の開花

2016 梅の開花について

ご参考

---------------------------------------------------------
★20160219:セツブンソウが、柿平で見ごろとなりました! この周辺では、もう幅広い地域で咲いています! 今日から、暖かくなるということで、いっそう咲き出すでしょう・・・セツブン草が柿平で見ごろを迎えました!  ★20160216:星野の里で「セツブンソウが咲き出し」ました! 今年2016年はとても早いです・・まだ少量ですが、これから徐々に暖かくなるので、開花が促進されるでしょう・・・ ★20160211:鹿沼と錦鯉センター梅の花と周辺ドライブ ★ 20160211:2016年2月の10日の錦鯉センターの梅の花開花を紹介 ★20160204:気象庁などから桜の開花予想が発せられました・・・そこで、ここではそれを細かく見てみましょう・・・「ウエザーマップ」から・・ここでは、一口解説というのがあって良く分かります!「今年のさくらは、平年並みか遅めの開花となるところが多いでしょう。一番予想が早い福岡で3月23日、多くの地域では25日を過ぎてからの開花となり、見頃は4月に入ってからとなりそうです。
 昨年の11月から1月半ばにかけて気温が高い状態が続き、記録的な暖冬となりました。このため、桜の花芽が休眠から目覚めにくかったと考えられます。・・・
★今年2016年も節分草の時期が、近ずきました・・・そこで「北関東の見所と特徴を纏めて紹介」します・・・  ★ 2016年1月の追加情報として「'星野の里の花の光景'」改定しました・・・

-----------------------------------------------------------

★20160115: 星野の里の2016年の最新情報をお届けします・・・

今年2016年も暖冬のようできっと梅の花も早めに咲くことでしょう・・・とはいっても、よく調べるとそれほど早く咲いているわけではないのです。 早いとしには梅の花が、本とぷに正月明けに咲くのですが、まだまだ遠い南の地域の梅の花が咲き出したという情報だけです。

 

関東地域の梅の名所は多いのですが、開花はまだということになるのでしょう。ところで梅の開花の情報源を探してみると、毎年の開花の様子がよくわかります。

やはり気象庁の梅の開花実績表を見ると、今の開花と、昨年の実績が書いてあるリストがありました。 これを見ると、よく埋めの花の開花予想が立てられると思うのです・・・「気象庁梅の開花日」

これですべて、今年の春の予想もできるというものです・・・

現在ろうばいが、見ごろで推移しています。これは、栃木県も群馬県の有名なろうばい園もです。 例年一月の終わりことに訪れるとよいのですが、今年は、もう今から見ごろが始まっているのです・・・ろうばいの花は、比較的長く咲くので、見るのには時期を決めるのに安心です・・・生めは、意外と散るのが早いので、うかうかして見逃すこともありますから・・・

 

しかし、春は意外ととこのように遠いこともあります・・・それは雪害です・・・春の暖かい暖気が過ぎて、台湾坊主の低気圧の暴走で、一夜にして雪の原になることがあるからです・・・

こうなるとろうばいも色が茶色になってしまいすっきりとした黄色の色から変色してきてしまうのが、残念です。

上の気象庁の実績リストで見て、今年の梅の開花はどうなるのか、疑心暗鬼続くことでしょう・・・

梅咲くころ」「梅一覧」「梅咲くころ」「例年の春から咲く花をたずねる

pagetop