山梨県甲府の桃畑・桃源郷・一宮の紹介

TopPage >一宮桃の花光景紹介

一宮桃風景

  ★20170410:桃源郷というと、山梨県の一宮の桃の花を思い出します・・・2017年も本当ならばもう満開でよいのですが、不順な天候から今年はまだ見ごろにいたっておりません。 ところで、この一宮近辺のライブカメラがあるのを見つけたのでここで紹介しておきましょう・・・直ぐに今の花の状態が見ることが出来ます。 「一宮近辺のライブカメラ」・・・これは、笛吹き市の観光情報の一部です。安心して使えます。いろいろな場所が移っているので現在を知るのにはもってこいでしょう・・・

さて、自然を楽しむ人は多いですが、ここ山梨県の一宮では、桜の花と桃の花の競演が楽しめます・・・高速道路を下りて、桃の20分程度で花を楽しめます。また、釈迦堂遺跡公園の釈迦堂パーキングからも、車を休めてこの公園まで出ることが出来るので高速からの花の楽しみもあるのです・・・お勧めの場所として紹介しておきましょう・・・

桃源郷で楽しむ人たち

  ★20160413:「甲府桃の花が満開になりました! 一宮の美しい桃の花をご覧ください・・」・・・これは私の昨年写真をとった場所の紹介です。 丁度2017年の今頃満開になっていたのですが・・・?? 今年はどうなるでしょうか・・・また、今年の「新府の桃の花」を調べてみると、まだまだつぼみでした・・・「桃源郷」も参考にしてみてください・・・

★参考情報20150408現在:  2015年の桃の花はどの時期に咲くのでしょうか!・・・以下の場所に良く出ていました。ほぼ例年通りで、3・21-4・27日ということです! 「山梨県笛吹市の春の一大イベント「笛吹市桃源郷春まつり」を今年も開催!
3月21日(土)〜4月27日(月)まで笛吹の花々と様々なイベントでおもてなしいたします」・・・しかし、今年は、天候が桜の時期から不順で曇りとか、雨の日が多くて、良い日がないのが特徴です・・・これでは、泊りがけで行けないかもしれませんね!!

甲府に行くと4月の中旬から桃の花が素晴らしく咲く・・・・★参考:「桃の花情報一覧集・・カテゴリー」 「桃の花・一覧

目を覆うばかりの美しさでこれらは咲いている。 きっと初めてみた人はその美しさに心を奪われるだろう・・・比較的広大な甲府盆地にこれらの花が咲き誇りその一帯が桃の産地として君臨している訳である。 は何は、もう一つ花桃の里といった感じの花だけ咲かせる桃の花も丁度この時期に咲くが、そのどちらに行っても素晴らしい景観があるわけでどちらが美しいとは言いがたいのである。 感じとしては、花が強い色で出るのは、花桃、そして杏の花、そしてここの桃の花だろう・・・なんといっても花びらの薄ピンクで咲き出した時の美しさは、他の花との例えようもないからである。嘗て、私はこの花のさく一宮の光景をつぶさに楽しんだことがあった・・・細かい道路ゆうぇ道無き道も多くあったが、こうゆう場所にこそその美しさがひぞんでいるのだと驚かされたことがある。

一宮の桃でもっとも美しい光景は、遠方に見える雪山の残雪とその梅の花の対比であろう・・・画家もカメラマンも喜んでこの時期の美しさを競うのである。

最新情報:2014年 新しい「一宮の桃花と新府の桃の花を見るための情報集!」 「春の花のカテゴリーもご覧ください!」  この、桃花の色は、薄いピンク色をしています。しかし有る瞬間から黒ずんだ桃色になってしまいます。それは、受粉作業が、終わったとたん、黒ずんできてしまうのです。 最新情報 山梨桃2012 


     ★番外編 ご参考: 

      桃源郷として最も有名な場所をここでは、特別に紹介しています・・・1)「花桃の里」・・・ここは自然の中で咲く花桃、きっと日本で一番美しいでしょう!、2)「すみよしやの花桃」・・・・個人でおじさんが作ったと称される花桃の里・・・山の中の一軒家でこれほどの美しい花桃が咲くのですから・・・、3)「新府の花桃」・・・・今見ている一宮地域の桃の花がもし終わりに地数いていたら、ぜひ少し北に行って、この韮崎の新府の花桃をお楽しみください。 山の残雪の美しさと桃の花の美しさは格別です・・・、4)「余里一里の花桃の里」・・・ちょっと変わった菜の花桃の里ですが、ここではしだれ桃が村全体に咲く境地です。 長野県の上田にあります。5)「杏の里」・・・ここは花桃ではありませんが、杏の花の独特の光景が望めます・・・何か白色の特徴的な杏の花が見られ、時期的には、甲府桃花と同時期です! 甲府を楽しんでから高速で長野を目指すと良いでしょう・・・


 

美しい、桃の花の咲き出ししは、乙女にも例えられて、ほんのりとした色の美しさにしばらく見とれるのである。 この色は、周辺の風景とのマッチが美しいのです。 ましてや、鳳凰三山が霞んで見えているときには、忘れられない美しさでしょう・・・・ちょっと山の名称が出たのでここで、少しこの場所を離れて紹介してみましょう。 それは、遠くに見える残雪の山・・・何かこの一宮から見るとかなり遠く感じられるのですが、そんなことはなく、今では高速道ができているので、簡単にその場所までゆくことが出来るのです。 例えば、3つ程度のICを過ぎると韮崎のICに出ます。 するとどうでしょう・・・山が可成り近付いて来てその山の姿が素晴らしく生えています。その中にも桃の花が咲き誇っているのです。 甲斐駒岳、鳳凰三山、また遠く八ケ岳が見えています・・・こんなに美しい場所はきっとないのでしょう・・・・そして、天気さえ良ければ富士の高嶺も見えるのです。 山と桃の花のコラボが、自然界でできているのです・・・・

ここは、丁度桃の花が少ない場所です。 本当に一箇所だけこうした広い場所があるのですが、きっとそのうちに木が植えられてしまうのでしょう・・・ここでは、山梨の画家も来て江を書いてい居る姿が見られました・・・最近では木が比較的低い作りなので桃の花が直ぐ目の前で見ることが出来ます。 しかしたまーにこのように小僕も見てたれますが、本当にこうした木は少ないのが現状です! 

参考: この時のたどったコースは、秩父から雁坂トンネルで降りてきて甲府に入りました。 そして直ぐにフルーツ公園に至ります。 フルーツ公園から石和温泉を目指してゆくと、一宮がその先に見えてきます。 興味深いことは桃の花は、この雁坂トンネルの地域では蕾でも、一宮あたりの桃の花は、はもう見頃になっているということです。 ほぼ一週間から10日程度のズレが有るようです・・・一宮は、ご承知のように、ぶどうで有名な、勝沼から、次のICで降りるということで、勝沼で下りて山沿いの道でゆくことも出来ます。 また、中央高速の釈迦堂から下りて見にゆくことも出来るようになっています。

▲ページの先頭へ