栃木県内節分祭神社一覧

節分豆知識

今年は、県内各所下記で節分祭が執り行われます。 最近節分の時には恵方巻の伝統が、増えています。 「福は内、鬼は外」ということで、邪気を追い払い、 —年の無病息災を願います。 そして各神社仏閣で、「追儺式」、「厄除け」•「方位除け」を行う慣わしなのです・・・

厄年の人は早く1年が過ぎるように 豆をひとつ多く食べると良いそうです・・・そして、最近の豆まきでは、さやつきの落花 生を使うことが多くなりましたが、 これは下に落ちた豆を食べるのは 気が引ける、という理由からなのだそうです。 節分とは季節の移り変わる時の意味で、冬と 春の分歧点・・この日どこの社寺でも、惡鬼を追いネムい舂を迎える 意味で追_(ついな)式が行われます。  家庭でも邪気を払い福を招くために鰯の頭や 終(ひいらぎ)の桉を户口にさし,恵方巻を食べたり豆をまいたります。

☆足利:「節分鎧年越 」・・・足利に春を呼ぶ伝統行事「鎧年越」が節分の夜に行われ、坂東武者に扮した市民200人余りが参加する行列が勇壮に繰り広げられます。平成29年2月3日(金)午後6時30分頃~※毎年同日開催

豆まきには、炒った大豆を使うのが 一般的です。妙った豆を使うのは、生 の豆をまいて拾い忘れたものから芽 が出ると縁起が悪いから、と言われ ています。

福豆には、「まめ(健康)に過ごせる ようにとの願いが込められており、 歳の数だけ食べると、1年間病気に ならず健康に過ごせると言われています。

★ ご参考・・・ここでは、神社関連のページが4つあります。 一巡するといろいろわかります。 ぜひご覧ください。
     「神社仏閣一覧」「神社一覧」「花の神社仏閣一覧」「節分関連神社」「初詣神社仏閣

☆節分のイベン卜「鬼怒川温泉鬼 まつり」が2017年2月45日午前10時から・・・温泉駅前で赤鬼 「キヌちゃん」、青鬼「力ワちゃ んJが参加。 「福は内、鬼も内」 と独特の掛け声で行われる・・・温泉に入ったり豆まきしたりはいかがでしょうか・・・「鬼怒川温泉」「川治温泉

1)恵方ブ-ムが栃木県内でも・・・・ ことしの恵方の南南東を示す「磐裂根裂神社の恵方神 社」(参考:下に細かい説明あり)、壬生町安塚では、縁起物にあやかり、「恵方ロール」「恵方まき」が人気があるそうです・・・る米や特産のかんぴょろな どで作った「福巻き」を毎 年300本用意するが、こ としは既に200本の予約 が入る人気ぶり。恵方まきを使った厄除け祈願祭を毎年開催・・・伊勢神宮に奉納するという、米や、かんぴょうで作った恵方まきが、とても人気とか・・・

2)節分鎧年越・・・足利で毎年おこなわれる有名な節分際・・・鑁阿寺 、鑁阿寺2、鎌倉時代中期に足利氏4代 目m民、坂東武者500騎を 同寺南大門に勢ぞろいさせ、 勢力を誇示したことに由来する行事で鎧姿の人たちが集う節分際・・・

3)那須温泉神社 節分祭・・・那須で行われる節分際・・・温泉など入りながら楽しめる行事・・・那須那須温泉神社、3 日午後4?5時。疾病など を追い払う「鬼やらいの豆 まき」と呼ばれ、特別祈祷 を受けたかみしも姿の年 男、年女らが豆をまく。

★那須からの立春の便り・・・紙上で、「1月下旬に降っ た雪で、那須湯本周 辺はすっかり雪景色に なりました。 ここ、
恋人の靼地那須高原展望台に 、カッブルの雪だるまが登場。 パレンタインデーが近くなるこ の時季に良く見られる光景なのだそうで す。 殺生石園地にある「千体地 蔵」も雪の中。 寄居地区の櫛田さ んは、四十年前からお地蔵さん を彫り続けています。
こんな雪景色が、広がる二月三 日は、ここで紹介した、節分。 那須湯本の温泉神社 では午後四時から毎年恒例の節 分祭が開催されます。 まだまだ 寒い那須ですが、ちょつとだけ 春を感じてみませんか。  二月四日は、りっしゅん 二十四節気の「立春」」という言葉がありました・・紹介しておきます。

温泉一覧 、 温泉一覧那須 、湯治場一覧

 

二荒山神社の様子

「 暦の上ではもう春ということです」・・・・ということは、「立 春」 という季語によるわけですが。 ところで、子ども時 代に節分でまいた豆を 年の数だけ食べたという様な経験があるでしょう・・・、最近では、都市の数だけあつめるのも対へ、そしてあつめたとしても、方場って食べるの尾は、至極大変・・・せいぜい食べると胃を悪くしてしまうことが落ちなんではないでしょうか! 

 

関東では、あまり見かけない行為ですが、長野県では、節分のとき、その豆を紙にくるんで、十字路の真ん中に捨てると、厄払いができるといった迷信もあるのですが・・・こうした行為は、現在は関東ではあまりないようですね!

近年 はこの日に「恵方巻 き」を食べるというの がはやっている様で、たぶん商売人が宣伝してそうした行為を行わせてきたのでしょう・・・。

鬼はそと  福は家(内)  邪気を追い払い、 一年の無病息災を願います。 「追儺式」、「厄除け」?「方位除け」の 祈祷はぜひ県内の神社・寺院に おいで下さい・・・という宣伝も多く見かけます。 ご承知でしょうが、 節分とは季節の移り変わる時の意味で、冬と 春の分岐点。  この日社寺では、惡鬼を追い私い舂を迎える 意味で追儺(っぃな)式が行われるのです。 家庭でも邪気を払い福を招くために鰯の頭や 柊(ひぃらき‘)の枝を戸ロにさし、豆をまいたり恵 方巻を食べる風習があるのです! 一方、「恵方巻き」と いろ呼び名が広まった のも、どうやら1990年の終わりごろか ら或るコンビニチェーン が全国で販売を始めたことによ るもののようです。 元は「巻きず し」などと呼ばれて販売が開始されたとか・・・良く歴史は分かっていないようです・・・。 では「恵方」とは何かと いうと、これは陰陽道にいう歳徳神のいる方位の ことだそうで、十干によって導き出 されるというようで、栃木県の壬生にある、磐裂根裂神社 壬生町安塚が、発祥の地と称されています・・・ここは、意外と分かりやすく、壬生の栃木街道の入り口にある神社で分かれ道の右側のtら過大にあります・・・「詳細 神社一覧より

色々な販売店デパートの食品売り場でもこれにあやかるために巨大な恵方巻きが販売されています。 鬼は外、ふくわうちの行事もいろいろな場所で行われます。 節分とは、季節の遷り変れの意味であり、冬の時期と春の時期の丁度季節の分かれ目のことです。この日に合わせて神社仏閣では割る鬼を追い出して、春を迎えるといった歴史的な観点から、追儺(ツイナ)の四季が行われるのです。 各家庭でも邪気を追い払って福を着たらしめるための行事が毎晩行われ、新たな春を迎え入れる行事です。鰯の頭とか、柊の木を玄関にかざして、豆をまいて恵方巻きを食べるといった風習が最近増えてきているのです・・・恵方巻きはここ10年く依頼前から各商店の宣伝戦に利用されているようです・・・そして、各神社仏閣ではその年の厄除け方位除けを実施しています・・・豆まきの豆は言ったもので生のものは使いませんが、生豆から芽が出ると縁起が悪いからだそうです。 最近ではさやつきの落花生を利用するところも増えてきているとのこと・・・下に落ちた豆を食べるのは気がひけるためとのことです・・・色々人は言うものです・・・福豆には、豆に暮らせるようにといった意味が込められているそうです・・歳の数だけ食べるとその年は病気にならず健康に過ごせるとのこと・・・年取った人はいくらなんでも食べられないということになるのでしょう・・・約年の人は、早く一年がすぎるよう願いを込めて一つ多く食べるのだそうです・・・・

--------------------------------------------------------------------------------------------

★下記神社が主体ですが、これらの神社へのリンク集は、「神社一覧から」 行くことができます。

成田山大田原分院 ・・・節分会』と称して、2・3日午後1時から行われます。 平成29年の酉の守護本尊は、不動明王ということです。 「鬼も内、福はうち」というように行われます。 厄除け祈願も同時の行われます。 交通安全自動車祈祷は随時行なわれます。  地鎮祭・上棟式・生児命名・七五三・結婚式・開運運勢判断等に応ずるお寺です。 おおたわら七福神 でもあり、特別ご開帳は1月・5月・9月の1日~7日ということです・・・「弁財天様」が祀られています。 案内地図

  1. 日光二荒山神牡 御本社 ・中宮祠
  2. 古峰ヶ原神社(古峰神社)
  3. 安住神社
  4.  
  5. 宇都宮二荒山神社
  6. 日光大室高お神社
  7. 今市瀧尾神社
  8. 大前神社
  9. 今泉八坂神社
  10. 芳賀延生神社
  11. 白蛇弁財天
  12. 磐裂根裂神社壬生
  13. 多気山不動尊
  14. 栃木県護国神社
  15. 紫雲山壬生寺
  16. 日光山輪王寺・・・節分会追儺式・・平成29年2月3日(金) 12:00
  17. 朝曰森天満宮
  18. 佐野の天神様
  19. 西明寺節分護摩
  20. 益子鹿島神社節分祭
  21. 羽黒山神社
  22. 延生地蔵
  23. 金乗院
  24. 白蛇弁財天
  25. みかも不動尊
  26. 多気山不動尊
  27. 壬生寺
  28. 白鷺神社

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

これらの神社のリンクのない部分は、詳細の紹介は、神社一覧集をご覧ください。

     ☆  その他の神社仏閣紹介

★★ 参考: 神社仏閣を楽しむための旅情報をご提案します・・・

神社仏閣を楽しみながら、その途中、また少し足を伸ばして少し観光をしたい、旅をしたいという方々は多いものです。 それほど遠い旅でもなく、至近距離でと願うのは、みな同じことでしょう。

1) まず神社仏閣を訪れついでに、温泉などを楽しみたい方々には、「温泉一覧」が適しているでしょう・・・寒い新年の時を外風呂で温まり手足を温めてみてはいかがでしょうか・・・」

2) せっかくだから、少し遠くなってもというかたがたには、「湯治場一覧」で、名湯に浸り、ゆったりと腰を落ち着かせてみてはいかがでしょうか・・・

3) 神社近辺には、いろいろなめ移転も多いものです。 そうしたときには、有名そばところがたくさんある山間の神社などを訪れるのはお勧めです・・・「粟のそば」 「仙波そば」 「栃木県食の回廊」 「八溝そば」 また、この時期、ロウバイが見ごろになっている場所が多いので、鹿沼のロウバイ園、そして、羽黒山のロウバイが見られるでしょう・・・「花情報一覧

 

▲ページの先頭へ