畑下温泉

畑下温泉・塩原

   20151030:もみじライン 那須塩原温泉 現在、紅葉は、大曲あたりが見頃ですばらしい色が見渡せる!

  「畑下温泉の春」と周辺探索は、こちら!
塩原温泉の旧道の途中に、箒川の大きく迂回する場所が、一カ所ある。 ここは、車窓から見ても美しい眺めなので、誰でも気がつく場所であるがここを降りてゆくと、今は素晴らしい遊歩道が整備されているのである。 この畑下温泉は、静かな温泉であるが過去2回程川の水位が上がり昔風の吊り橋が流されてしまったのである・・・

・塩原温泉は、これから紅葉の時期に突入するが、かなり長い川縁の道が続くので、もし芦に自信がある方は、この周辺を見て歩くことをお勧めしたい! 塩原の流れは、別名バレーラインと称されており、バレーとは渓谷という意味である。 それほど渓谷はきれいであり、時期的には、秋、そして春、そして冬の雪の時期に温泉宿から見る渓谷の冬の雪との対象がすばらしいのである。

畑下温泉は、今出来ているゆっぽの里の直ぐしたに位置しているので、比較的交通的には芽具真得れた場所といえる・・・バイパスをpバスで通過したとき一カ所だけ下を澪レオ巣ことの出来る場所がある。そこからは塩原温泉のこの畑下温泉の光景と川の蛇行する流れがすばらしくよく見えてくるのである・・・

   現在では川の橋桁をずっと高く取ってもう絶対に水が来ても橋は名がされることのないように、完璧に改修されてあのである。 その為この地域には、今は車で入ることが出来なくなってしまった場所があるが、軽い気持ちで歩き乍ら散策するには素晴らしい景観を提供してくれる場所なのである。 

  「2013年のハンターマウンティンのゆりの状況」 

全て分かる・・塩原温泉一括紹介もどうぞ!」「塩原古式湯祭り・・20130907−09日間行われる」・・★「塩原温泉一覧集

塩原畑下温泉

     この場所が、新しい橋から降りてきて、ゆっぽの里の方向に向かう散歩道路である。 大きく右方向から箒側は蛇行して、前方から左手前に流れrくる渓流人紅葉日は何とも言えない名所なのである。 因みに情報に橋が見えるがアレが一般バイパスのとおりで、あの位置から一般的にはこのしたわ眺めて塩原の美しさを堪能している場所なのである。 最近塩原を訪れるとき、この上の写真の場所が、車で入れなくなってしまったのである・・・至極残念なことであるが、この地域に宿を取るならば、置き場が提供されるのであるが、ないときには、あの有名な「湯っぽの里」にちょっと駐車させてもらって、ここへ見に来ることも可能なのである。 確かにこの周辺は旅館では、駐車場はあるが、好適な駐車場は、ないのである。 尚、塩原の役場が直ぐ側にあるので、(妙運寺のそば)そこに声をかければ、駐車可能である・・・・

 

 塩原畑下温泉は、はたおり温泉と読むが、なかなか風情のある温泉名称である。 この地は、嘗ての文豪尾崎紅葉が、滞在したと言われる、清琴楼があって、その本館は明治時代に建てられたままで残されており、尾崎紅葉の泊まった部屋が「紅葉の間」として保存されている。 勿論見学出来るように成っているが、宿泊は出来ない。

 

 

塩原畑下と青葉の湯

上の写真を見ていただきたい! ゆっぽのpさとから、丁度この河原に出た場所である。 この周辺の紅葉は素晴らしく、せせらぎの流れも素晴らしい場所なのである。 川の面に反映する色と周辺が相俟って、すこぶる情緒が盛り上がる場所なのである。ところで、あの橋のたもとが見えるであろうか・・・・そう、あそこに炉rてんぶろの青葉の湯があるのだ・・・・この様にひっそりとした佇まいのいで湯で早春の青葉、そして秋の紅色の中でゆったりと風呂に入る事を考えただけで楽しくなるではないか!誠に素晴らし場補なのである。

 

新しい橋の上からの展望も捨てた物ではない・・・・全然アングルの違いから来る美しさは、すばらしい。ゆっぽの里からは、直で10っぷんていどでけっして遠くはないのだ!

 

紅葉

塩原の紅葉は、例年11月3日が、一番素晴らしい紅葉を呈する・・・しかし最近温暖化の盛夏その見る期間が物日している様な気もするのである。 紅葉と渓流の織りなす美しさをミニ遠くから個々を訪れる人は多いのである。

 

塩原好洋

さて、この様な場所をしばし下ると、大きな吊り橋が出る。 塩原温泉は、橋を多く造り対岸に自由に行き来できるように改変したのである。そして、この場にも足湯が整備されているので、利用すると良いだろう。 ここは、駐車場もあるので、こちらに車を停めてから、ゆっぽの里に出かけるのもいいのかも知れないのだ。 いずれにしてもこの間は清流あり、旧旅館外あり、そして紅葉もベスおの地域であり、時間的にも往復で40分程度見れば十分である。 秋、春の良き日にこの地域を散策することをお奨めする。 上の写真で、対岸の橋のたもとに露天風呂が写っているのですが、お分かりですか? 周辺を区にすることなく風呂に入れるのが、素晴らしいところなのです・・・

 

この地域の散策地図と春の美しさは、こちらにあるので参考にされたい。 尚、この写真集は、ヤマユリの吊り橋が、出来る前のもので、もう、現在では、見ることの出来ない貴重な写真となってしまった)

栃木県みちくさ情報へ戻る  | 塩原から矢板への裏道案内

 

(注記) 下に紹介している 「塩原の散策紹介地図」 と次の 「写真集」 には、各リンクがあります・・・・マウス移動してクリックすればその各の場所、好きなところに行くことができます!   塩原温泉郷の概要を、十分お楽しみ下さい!

           
塩原温泉郷秋 塩原の秋紅葉美 塩原と箒川渓谷
塩原とユリの花咲くスキー場
塩原むじなの湯 塩原妙雲寺と牡丹
           
塩原足湯・湯っ歩の里 塩原足湯の里・湯っ歩の里 ハンターマウンティンとユリの花咲く頃 塩原大網温泉周辺 塩原探索 塩原畑下温泉と紅葉
           
  

塩原温泉は、四季にわたって、素晴らしい温泉地なのです! 箒川のせせらぎ沿いには、素晴らしい温泉の街並みが、続くのです。 一度にその全部の温泉を見ようと思ってもそれは時間的にも無理なことでしょう!・・・・
さて、新たに、「温泉を歩く」 と 「湯っ歩の里」 周辺ガイドも出来ましたから、是非ご覧ください! そして、温泉周辺を散歩がてら、色々な美しい風景、そして雰囲気も楽しんで見て下さい。 そして、塩原温泉の醍醐味が、そしてまた、素晴らしさが自然と分かるはずなのです!

塩原温泉探索図

     最近この場所の人気も上がって、場所を見つける方々が多いので全体図を追加したので、利用してください・・・(その他参考地図)(この湯っ歩の里周辺の拡大図

★★ 湯っ歩の里について:  塩原温泉の川は箒川と呼ばれていますが元々は豊喜川と呼ばれていたそうです。 いまの名称は、明治時代に入ってからこの名称になったのだそうです。 
  バス停から降りてきて古町方面に来ると橋があります。最も大きな端で蓬莱橋と呼ばれています。ここからは大きなホテルとか、滝が見て取れる場所です。七弦の滝渡称しているようです。水は七弦沢という沢があって底から水が来ているそうです。いわば七条の滝といったところなのでしょう・・・

   塩原温泉には、地場の湯がたくさんあって各地域で管理されておりここでは「翁の湯」という名称が掲げあられているのですが、一班の方々の入浴は禁じられているのです。 (希望ですが、他の温泉地では、宿泊者には開放されているので、是非観光のために入浴を解禁していただきたいものです・・・) 塩原温泉は11湯ということですが806年に歴史書に初めてこの場所の紹介が文献で始まったのだそうです 2006年が1200年ということでここで紹介する「湯っ歩の里」もできたのだそうです。 11湯のはじめが大網温泉で奇岩怪石がたくさんあり、そして滝が多くあったので魚が来ると登り切れずにいる魚に対して、網を張るとたくさんの魚がとれたということで大網温泉という名がついたのだそうです。 この湯っ歩の里には、この塩原温泉の11湯の紹介が板(きれいな筆字の看板)でできており見て楽しめるようになっているのです。 これは、湯っ歩の里の駐車場からだれでも見ることが出来ます・・・途中、塩釜温泉の名称は、塩原温泉では塩を採っていたことからこの地の名称ができたと伝えられています。 と言うより、これは事実です! この湯っ歩の里の裏の方に行くと地下66mから湧き出ている湯を飲むことができる飲泉所ができているのです。 一部程度の狭い建物ですがガラス張りで覆われておりゆったりとおんせんすいをのむことができるばしょなのでぜひたのしんでみていただきたいとおもいます。ちょろちょろと滴り落ちる湯を紙コップで入れて飲むのですが、結構キツイ味が胃によく聞くと言われているのです。

もう出来てからかなりなるので湯の出ている場所が赤茶色に変色してきているのです。ニホイはないのですが、高温です。

   以上紹介している「畑下温泉」探索から、「湯っ歩の里」、そして「吊り橋、駐車場」などなどの細部地図が出来ましたので参照下さい! 下の紅葉の美しい橋が、「山ゆりの吊り橋」 であり、下の7番に示したある橋の名が、「七つ岩吊り橋」 と呼ばれている場所である。

塩原畑下温泉、湯っ歩の里、吊り橋などの散策地図
畑下温泉の探索のための詳細説明

なお、ここで紹介している場所より下の温泉街(大網温泉周辺、福渡温泉周辺などの詳細は、こちらからです)

  ★★ 塩原の文学探索など: 川沿いを降りてくるとその近くに温泉があります。 これも一般の方々には、開放していない地域だけの利用であり、観光客には利用できない場所ですがそうした場所には、湯がこんこんと湧きだしてりその湯を見て楽しむこともできるのです。
しばらく下りて行き畑下温泉ニゆきましょう・・・すると、(高等中学校の学生の間貫一(はざま かんいち)の許婚であるお宮(鴫沢宮、しぎさわ みや)は、結婚を間近にして、富豪の富山唯継のところへ嫁ぐ。それに激怒した貫一は、 熱海で宮を問い詰めるが、宮は本心を明かさない。貫一は宮を蹴り飛ばし、復讐のため.・・・)その小説の書かれて紹介されている場所が、この直ぐ側にあるのです・・・ 貫一おみやの舞台となっている温泉宿がこの箒川の畑した温泉にあるのです。 いまでも清琴楼別館という名称の古びた看板が残っており当時の面影が残っているのです。 そして宿の前にはいまでの尾崎紅葉の胸像ができています。 明治時代のひとで明治35年の頃の人です。読売新聞に連載された金色夜叉で有名になったのです。貫一おみやという名を聞くと熱海の海岸が思い出されるでしょう・・・そのお宮の松も熱海では有名です。この小説はかなりの人気でなかなか終わらなかったのですが途中でなくなってしまいました。続々金色夜叉というのもあって、その中に塩原温泉の内容を含んだ小説となっているのです。イッソン12戸、温泉は5箇所にわきて、5件の宿あり・・・という書き出し分がいまも宿の前に石碑に埋められて紹介されているのです。 ここに清琴楼と呼べるは、南にありて箒川のゆるく回れる流れに臨み・・・と紹介されているのです。

そしてこの宿に貫一が止まったという設定になっているのです。いまは、もみじ橋ができており、ちょっと昔風の河の橋はなく鳴ってしまいましたがとても秋はきれいな場所の一つなのです

 

塩原概要図 案内図

      参考:上の地図には名称の場所には、「リンクがある」 のでマウスでご利用ください!

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.