福渡温泉 周辺 景観

塩原温泉周辺の見所 撮影スポット

 

20151030:もみじライン 那須塩原温泉 現在、紅葉は、大曲あたりが見頃ですばらしい色が見渡せる!

塩原渓谷は、関東の人ならば、誰も知っている名所でしょう。しかし、ここがなかなか奥が深いのです。是非皆様も、今度訪れるときには、この様なビュウポイントがあるということを、忘れないでください。 ・・★「塩原温泉一覧集

 かなり塩原は、旅をすると、奥が深いのです。是非皆様も、今度訪れるときには、この様なビュウポイントがあるということを、忘れないでください。奥が深いのです。是非皆様も、今度訪れるときには、この様なビュウポイントがあるということを、忘れないでください< 奥が深いのです。是非皆様も、今度訪れるときには、この様なビュウポイントがあるということを、忘れないでください<> まずここで紹介しているポイントですが、車に乗ったりバスに乗ったままでは、決して目に入りません。といって有名どころで降りたとしても見つからないでしょう。まず概略の下の地図を参考にして、探索してください。 美しいこと保証いたします ・・・もっと塩原温泉の細かい地図はこちらで見られます!

塩原温泉に塩原那須インターから入り右手に千本松牧場を見てしばらく走ります。途中やや右に大きく曲がる道が現れますが、ここが今まで通過していた関谷への旧道ですが、現在はそちらに曲がらなくとも直進で塩原温泉の入り口に達することが出来るようになりました。最近では、この周辺にいろいろな食物店とかレストランそしてホテルまで出来ているのでかなり賑が出ています。 昔は殺風景な場所をバスでいやというほど長い距離、この長い道のりで長い時間バスにのせられて到着したのです・・・そしてやっとを 温泉街に出たのです・・・そこが最初の温泉、大網温泉です。 街道筋です! 尤もその頃は、道の傍に杉の木を繰り抜いて作った温泉の配送管があって、それの繋ぎ目から出湯が流れだして道のあちこちを濡らしているのを見たことを思い出します・・・・今は地中に配管が埋められているのでそうしたものは見る陰もありません・・・

しばらくゆくと十字路に出て後はそのまま直進すると塩原渓谷に達します・・・このへんはとてもきれいな渓谷美を貼ると秋に見せてくれる名所です。昔はもみじの紅葉を見るのにも車を停める場所さえ見当たらず苦労しましたが現在では道幅も広くとってあるので駐車領域もできているので安心です!

塩原温泉まつり :暑い夏が過ぎ、9月中旬になると、 温泉祭りが行われます!   塩原には大正天皇の塩原御用邸がありました。 塩原温泉まつりは、大正天皇の即位の大礼が行われた大正4年11月、人々が人形を載せた花屋台(山車)を仕立 てて御用邸にお祝いにかけつけたのが起源です。現在は6地区から山車が繰り出して、お囃子をにぎやかに奏でながら細長い温泉街を練り歩き、 塩原温泉に秋の訪れを告げる祭りとして地域の人々がもっとも楽しみにしている祭となってるそうです。

最初は、大網温泉が現れますが、次が福渡温泉です。 もうこのへんまで来ると渓谷美は最高に達します。そしてだんだん遠くにゆくに従い、この渓谷は道の高さとおなじになって行き深さがなくなりいつでも道から川の流れを見ることが出来るようになります。そして途中から、再度、渓谷は深くなって町中で橋を渡るとまた浅瀬になってこの箒川は流れてゆくのです。 この手前に回るように眼下に見える温泉街があります・・・尾崎紅葉の金色夜叉に出てくる旅館の有る、温泉街、畑下(ハタオリ)温泉です。 

福渡の対岸に有る露天風呂

福渡には、こうした美しい露天風呂があります・・・川沿いには、やや小さめな一般的な風呂そして少し山間に5分程度歩くとこうした素晴らしい温泉が待っているのです・・・

対岸の奥にある足湯

風呂はどうもという方々には呼応した素晴らしい足湯も近くにあり反対側の道からは絶対に見えない場所にこうした素晴らしい施設が有るのです・・・

福渡の吊り橋

一般の道からはこのような頑丈な吊り橋をわたって対岸にゆくのです・・・これもちょっと旅館の影になってしまいちょっと良く見ていないとわからないのが残念ですが・・・福渡温泉にはこうした昔からの名残りの風呂が今もこんこんと言う音を山車ながら茶色の源泉を供給し続けており、皆を楽しませてくれているのです・・・・

塩原には温泉で名をす病院があります。 その反対が葉には、アウトドアーで楽しむための場所も現在はできており温泉に入りことも泊まることもできます。 アウトドアーはには、最も好まれるエリアといえるでしょう・・・・そういう場所だからこそ写真などを取る人には素晴らしいエリアとなってこのへんから素晴らしい景色が続くのです・・・このへんに来ると時期にもよりますが、太公望たちが喜んで魚を釣っている風景にも出逢えるでしょう・・・

会うとどーあーはが好むエリアから秋の光景を見ています・・・このように塩原温泉全体が秋の美しさに見舞われる頃、北関東の紅葉は、終わりを告げてゆくのです・・・

ここで紹介している赤いいエリアが、なんといっても素晴らしい景観の残る場所です。露天風呂もあって、多くの客が来ている場所です。 自分もやはり風呂に入りたくなり、写真どころではなくなる境地です・・・どちらかと言うと、昔風の小さな旅館が多いのですが、古来から有名な歴史的旅館も残っているのでお勧めです。 福渡のエリアを通過すると、左に曲がる広いバイパスに出ますが、ここを左に曲がってしまうと渓谷美が見られなくなるのでまっすぐ旧道を進むのがお勧めです! 白い場所が温泉、外風呂そして吊り橋といろいろ湯に関連した施設がある場所です・・・下に至る高速道路とありますが、これは那須塩原インターを表しています。 左側に矢板とあるのは、裏道で小太郎ヶ淵の近くから矢板に抜ける山道があります。 あまり開けた道ではありませんが、矢板につく頃から山岳の眺めが良くなる裏街道筋です・・・福渡温泉外は、門前と同じく昔、大火にあっている場所です。それがなければもっと古風なイメージの温泉街が多かったのでしょう・・・今では、それほど古いといった感じはないのでしょう! 個性的なこじんまりした温泉が多いのが特徴です。

塩原温泉もなかなか道のりが深く、会津街道に出られたり鬼怒川川治温泉の方に出られたりとその道筋には変化があります。 この変化は、渓谷美の龍王峡として有名です!ハンターマウンティンのスキー場のユリの花を見るコースが、この抜けるコースとなります。 丁度、この山中は、高原山の裏手を走り抜けているのです。 見た感じはそれほど大きいやまとは思われませんが温泉、そしてセ雨竜の水、そしてダムなどとこの地には多数の恩恵を与えてくれている山なのです。

現在塩原温泉では知らないうちにトンネルが掘られています・・・・登り口でも素晴らしいトンネルを通過したのを覚えているでしょう・・・もっと全般的なトンネルがわからないように掘られているのです。 これが完成すると、雨量が多い時の交通制限などの解除ができやすくなるとのことです・・・