塩原温泉の秋

塩原の秋

全て分かる・・塩原温泉一括紹介もどうぞ!」  「ハンターマウンティンのゆりの状況」 

     塩原温泉は、栃木県の北の方に位置しています。 最近は、この傍に那須のアウトレットが出来たので沢山の人が訪れるようになったのです。 正式には、栃木県の北部、高原山の麓にある箒川の渓谷美の多い場所にある温泉であり、泉質は、単純泉、弱食塩泉、そして元湯温泉の方には硫黄泉もあります。 また新湯温泉も火山の湯の噴出口が見える温泉地帯です・・・ この中には黒湯として珍重されている秘湯も人気になっています。 胃腸病とか、リウマチに効能があると言われている温泉です。 日光国立公園の一部であり、鬼怒川温泉、日光方面への道路が通じているので観光には便利な場所なのです。・・★「塩原温泉一覧集

 この塩原インターからおりると直ぐに千本松牧場がありますが、そうした場所でやったりと過ごすことも出来るようにありました! そして、この地域は今で話す塩原市と日光が一帯となって観光誘致をしているのです・・・・日光、那須、塩原温泉、都外勝してみても以下にこのエリアが多般に渡る観光名所であるかが、直ぐお分かり頂けるでしょう・・・・千本松牧場を過ぎると暫くして十字路に出ますが、この十字路を右に曲がると田舎風景の中に牛舎が目立って多くなりますが、この界隈は沢山のペンションなども沢山あるので散策してみるのも良いのかも知れません・・・・ここからは、那珂川の大きな鉄橋を渡り広谷地と言う那須の一番大きな交差点に出ますがこのあたりは沢山の土産品や地産池消の生産品が販売されているところであり、そこを左折するとナウ連山へ向かう正規の道となるのです。 ここではそちら方向の説明はここまでと致しますが、塩原はこのような街道筋に恵まれている素晴らしい温泉地なのです。「塩原古式湯祭り・・

     先ほど説明した塩原の最初の十字路付近からそろそろ登って行く塩原街道筋です・・・・ここには秋ともなればそれはそれは綺麗にいろ随手楓の木が道の両脇を彩り秋の気配が、直ぐにも満喫できるところなのです。そして最近ではここにもイチゴの摘み鳥の場所とか道の駅もできており行きがけによるか帰りがけによるかは、貴方の判断次第なのです・・・・用は、温泉三昧するのか色々なこうした地域の生産物を物色するか、多種の選択肢があると言うことなのです・・・・

     ある秋の気配がちかずいた暖かい日でした・・・・暫くぶりでこの温泉街を訪れようとこの坂を少し上ったところにこのような風景が展開するのです。 塩原はなんと言ってもその箒川の渓流の美しさが最高なのですがこのあたりからは川が下の方に言ってしまい、ダムが出来ているところから見ることは出来ないのです・・・そして遠くに見える坂の先から車を停めて下におりる探索道路があるのですがここが秋にはとても素晴らしいエリアのはジャまりとなる場所なのです。 最も、最近では、もみじ大橋と言われる物が有料ですが出来ました・・・これを伝わって対岸に行くのも良い旅路の思い出になることでしょう・・・・こちらは高いところから眺める素晴らしい橋なので目のやり場に困るくらいのすごい高さから見る風景が出現するのです・・・・バスなども先ずこの辺から泊まって皆様に案内ガイドすると言った方法が最近では多くなっているのです・・・・

では、ここでこの紅葉の美しさを近寄ってみてみましょう・・・・最近は、温暖化が進んだせいでしょうか、いつまでも葉が落ちないで色好く塩原の渓谷の紅葉が続くのです・・・・これは観光客にはとても良いことですが、この渓谷はくねりくねっているので、風が弱まり葉が落ちるのを防止してくれてもいるのです・・・・そして高い元湯温泉から温泉街までは1週間から10陽ぐらいはずれて興酔おうが始まりますから、早めに紅葉を楽しみたい方はそのように設定すれば長く紅葉が見られると言うことになるのです・・・・

     少し先に行った場所にはこのような美しく紅葉する樹林帯が待ち受けています・・・・そして滝、そしてその谷間を下りて行きましょう・・・・素晴らしいダムと渓流の美しさがいっぱいの場所に出ることでしょう。 塩原の美しさはこの辺から始まるのです。 

     この渓谷はバレーラインと呼ばれていますが、上流で小さな渓流が集まってだんだんと大きな川幅となりこのような大きな渓谷美を作っていることを知ると本当に素晴らしい塩原温泉なのだと言うことがお分かり頂けるでしょう! 運良くこの地はダムが一番下にあるので良いのですがもし上流にダムなど有ると渓谷が水なしというような観光地になってしまうからなのです・・・・これは避けたいものです・・・・

     では、この塩原温泉の温泉の魅力にせっまってみましょう・・・・先ず、最も温泉で簡単に体験できるのが「湯っ歩の里の足湯」でしょう。 日本国内でも有数の大規模な足湯施設です・・・・きっと初めての人はその大きさに驚嘆することでしょう。 ここでは足湯の他に塩原温泉の源泉の飲湯の場所が綺麗に整備されており、是非とも源泉の味を堪能していただきたいと思います・・・・

     こんなに大きな温泉の足湯施設があってゆったりと温泉を足から堪能できる場所なのです!

     一方塩原の温泉街は、高速道路からだんだんと山の中に入っていきますが、どちらかというと、静かな渓流の流れと温泉郷と言った方がしっくりするのです。 実は、温泉の最も開けている場所は、この温泉街の奥の方に位置しており、門前、古町などのある温泉街が昔から最も反映している場所なのでした・・・・今は、そのところに地元で親しまれているボタン寺がの残っていて初夏にはボタンが咲いてとても賑わいを見せるのです。 ここで塩原の温泉街楊子を見てみましょう・・・・インターから大網温泉、福渡温泉、畑下温泉、そして湯っ歩の里、門前、古町温泉街そして一番奥が元湯温泉新湯温泉などとなって行くのです (新湯温泉を歩き探索する)・・・・・この街道筋は紅葉の時には、遠く鬼怒川、川俣温泉の方面へ抜けていくのが常道となっていますが、残念ながらあまり見晴らしが利かないのです。 写真など撮ってやろうと意気込んで行くと見晴らしが少ないのでがっかりするでしょう・・・・

    以上、概念的に紹介しましたが、いかがだったでしょうか?・・・・塩原温泉の魅力に多少なりとも理解を示されたならば、とてもうれしく思います・・・・どうぞ、各人の好みを交えてこの美しい温泉郷をお楽しみ下さい!

栃木県みちくさ情報へ戻る

カスタム検索