節分草を見る

節分草を見る

毎年、節分になると節分層のことが気になりだす・・・誰もそうなのでしょう! 北関東の栃木県あたりは、石灰岩の粉を多く含む土地柄か、節分草がたくさんなる場所がある。 それをたずねるのも春の楽しみといえるのでしょう・・・

★20170205: 星野のセツブンソウが少しですが咲き出しました・・・

 

出流で見つけた節分草

数年前、暖冬のときでした・・・意外と早く節分草が咲いたという情報でたずねてみると、以外や以外、鼻紙ナチじれているではありませんか・・・良く調べてみると、少し巧拙があったのです・・・その雪の影響でせっかく咲いた節分草が、みなちじれてしまったのです・・・今年2016年は、やはり正月から暖かくいろいろな花が早めに咲いています・・・こういう年は、意外と危険な年なのではないでしょうか・・・

 

たとえば、梅の花が割いた後、降雪で花びらが、やはりやられる・・・といったことが北関東で葉、とても多いのです・・・

では、北関東の節分草の咲く場所などを紹介してみましょう・・・


   北関東では、やはり星野の里(星野村)周辺が節分草のメッカです・・・かなりたくさんの見る場所が点在しています。 一日で見るのが大変なほどたくさんあります。 時期的には、ほとんど同じなのですが、少し遅れて咲く場所が多いようです。 基本的には、星野の里の四季の森周辺が開花条件として最もノーマルな場所といえるでしょう・・・出流万願寺近辺は、やはり山の中ということで開花が少し遅れるのが通例です・・・満開を見ようと考える人は、2度行かないと楽しめないのです・・・

下に節分草の、開花がすばらしい場所を、地図入りで紹介してみましょう・・・

 栃木県の節分草の咲く名所紹介図

   上の写真には、リンクがありますから、場所がわからないときにはそちらから細かく見ることができるでしょう。 こんなに節分草がたくさんある区域も珍しいのかもしれませんね・・・・いよいよ節分草の時期です。  今日は、もうすぐ節分草が咲き出すので関連の情報をここに細かくご案内してみたいと思います。 例年節分草が咲き出すのは、北関東では2月の中旬以降です!★参考:その他のエリアについては「花情報カテゴリー集」を参照ください。★「セツブンソウ纏め


節分草開花場所の詳細紹介:

   では、上の案内図で紹介した 「節分草の咲く場所」 を基本にして、細部の紹介を進めていきましょう・・・

   「柿平の節分草」 この場所は、葛生町から200号線に沿って秋山街道をさかのぼった場所にある比較的道のよい場所のグランドのそばにあります。 駐車場もあり、自由に散策でき、楽しめる場所といえるでしょう・・・ここには、 菜蟲館のある場所(さいちゅうかんと読みます)で、かなり広範に節分草が咲く場所です。 しかし、この店は、毎日営業していないのです・・・ここは、佐野市からのアクセスがよいでしょう・・・かなり広大に咲いているのですが、砂利石が多いのが難点でしょう・・・

   「星野の里エリア」 いわずと知れた、歴史的な星野遺跡に咲く節分草です。 誰もが、知っている名所といってよいでしょう・・・咲いている場所も驚くほど多く、見る場所も大きく分けて3箇所もあるので、その好きな場所に行き楽しむことができます・・・ やや、写真にするのに困難なのは、山の細い道に点在している場所も多く、光線状態が、少し悪いことでしょう・・・それでも午前中に行くと、比較的陽光が当たるのでその反射も利用できるでしょう・・・午後に入ると、山陰に入ってしまう場所で、残念な場所が多いkロトなのです・・・それでも開花場所がいろいろあるので、いい場所を見つけて写真家には喜ばれる場所といえるでしょう・・・

   「華蔵寺の節分草」 華蔵寺は、北関東36不動渡渉されている有名な寺です・・・その境内に策節分草は、野趣的な満足感の得られる場所といえるでしょう・・・場所的には、栃木ICに程近い場所であり、比較的狙いやすい場所に咲いています・・・寺の場所を見つけるのにやや困難があるかもしれませんが、出流に採石場を求めて行き来するダンプカーが多い場所とも言えるでしょう・・・寺の場所は、静かそのものであり、寺の駐車場も十分あるのでおまいりしてゆったりと楽しむことができます・・・

   「船越の節分草」 この場所も地方の方々まで有名になっているようで、横浜の方面からわざわざ訪ねて来ている人も多いようです・・・それだけ有名なのでしょう・・・この場所はもっとも西側に寄った地域で、柿平からは一山超えたばしょにある、節分草の名所です! ここは、初回の方々には、案内看板も何もないので苦労しますが、床屋さんが目印になるようで、そこから行く方が多いようです・・・欠点としては、駐車場がないので走路脇の駐車しかないのが、大の欠点でしょう・・・しかし道路の少し広くなった場所にとめることもできますので、早い者勝ちといえるでしょう・・・比較的情緒のある静かな地域であり、交通量は少ない場所にあります・・・

   この他セツブン草を見る場所・・・ スケールは小さいのですが都賀の大柿という場所で見ることができます。 そこは、栃木のインターから少し星野の里に向かう時に都賀の方向へと向かいます。 「花之江の郷」 に至る手前に 「大柿の花の里」 があります。(もっと詳しく言うと生出宿があり(下の(7)項で説明あり)で、ここでは、そばとか天然野菜が販売されている場所です) ・・・この大柿花の里は、昔呼ばれていた個人の有料の公園とは異なります。 この個人の花の宴は、現在は名称が、「栃木植物園 大柿花山 」(参考地図)となっています。

  少し遅れますが、北のほうでもセツブンソウが咲いている場所があります。 それは大田原のエスポワールです。 ここでは、大きなホテル方研修施設の裏に広大な庭があってそこで春のザゼンソウ、セツブンソウなどを見ることが出来ます。 広大な探索地となっているので驚きます!

柿平で見られる節分草の花々

大柿花の山

     花之江の郷に至る手前に「大柿の花の里」という場所があり、ここは小さな地元の農産物販売の道の駅の小さい場所といえばよいのかもしれません・・・生出宿と呼ばれておりそばなども食べられる施設がありますがこの裏側に広大な自然の地域があってそこでもセツブンソウが咲きます。 開花時期は、やや遅いようです。 無料で見られる場所なのでぜひ尋ねてみてください。決してセツブンソウが多いわけではないのですが、カタクリ、アズマイチゲ、などの自然野草が咲いている場所です。

   参考地図: 大柿花の里

最後になりますが、以前、収集した節分草の開花場所です。

場所 節分草の咲く場所
北関東の節分草 ここでは主に栃木県の栃木市近辺の最も多くの節分草が咲くエリアの全体的な紹介が行われている。 写真付きで紹介してあるので比較的都心からも尋ねるのに好適地といえるだろう・・・・ここは、山に入らなくとも見れるのでそういう点では車で行きすぐに見て、しかも直ぐに帰れるといったメリットがたくさんある・・・
長野県戸倉地区jの節分草 長野県の戸倉温泉の近くの節分草群落地で、千曲川のちょうど東の山側に位置する広大なエリアに咲く節分草の群落地です。 ご承知のように長野県はさすがに自然が広大なのでここの自然がいっぱいtぽ行った感じが見て取れます。 長野県内のセツブンソウ群生地では戸倉地区が最大級となっている・・・また暮らしな地区の節分s気宇も素晴らしいと紹介されています。戸倉の1万2000平方メートル・・・・倉科の約2000平方メートルも素晴らしいらしい・・・
倉科の節分草 ここで紹介したページには、地図があるのでよくわかるでしょう・・・と言うのも、倉科とは、あの杏の里で有名な場所であり、やや東側の山中ということになります。 セツブンソウが咲いた時には、まだまだあんずの花は咲いていませんが、こういう早い時期にこの暮らし名を訪れるのも良いのかもしれません。ここから長野県の有名な山々が見えてとても綺麗です。 あの鬼無里で有名な戸隠山も綺麗に見えます・・・
戸倉地区の群生地 この戸倉地区は、温泉地です。 駅前の反対側が、有名な上山田温泉でこちらが我が戸倉温泉です。中央を千曲川が流れておりそれはそれはきれいな風景の場所です。 この寒い時期に咲く花、節分草を見るのには、きっと温泉が一番適しているのかもしれません・・・花を愛でてその後温泉で癒す・・・誠に好適地といえるでしょう・・・上に紹介した人のHPですが地図もよく出ているので遠くから旅をする人にはとてもよいページとして紹介しておきましょう! 場所の紹介は、このページが良く出来ています!
美作(みまさか)の節分草 瀬戸内海の美作(みまさか)と読むそうです・・・ここに節分草の群落地が有るということです・・・ちょっと関東からゆくのには遠いのですが、やはり貴重な場所といえるでしょう・・・田殿神社の社殿正面へとのびる参道を挟んだ境内の両側にセツブンソウが開花します・・・
庄原市 総領町下領家の節分草 この南の方でも節分草が勿論咲きますが、やはり貴重なようです。 ここでも2月の中旬から3月にかけてさsクそうです・・・・暖かな広島でも節分には咲かないようです!(やはり旧暦で咲く)
滋賀県米原市大久保の節分草 滋賀県の節分草も見つけました・・・
埼玉県両神村小森堂上 節分草群落地 ここも有名な場所で秩父の山といえどもここだけです。 比較的温泉なども傍にあって山間の場所であっても交通は楽な方です。 いろいろな施設が周辺にあるので楽しめる場所の一つでしょう・・・
山梨県市川美郷町 の節分草 山梨県の身延山の方の節分草・・・・やはり花は貴重なようで、沢山の人が早くから訪れるという・・・
蛾ヶ岳麓のセツブンソウ群生地 ここでは貴重な緑の節分草が咲くとのこと・・・色々あるものだと驚かされるブロッグである・・・
辰野町・セツブンソウ 長野県の辰野方面の節分草・・・・場所:辰野町上島地区「がおん伝承館」が駐車場、群生地へはそこから歩いて鑑賞・・・MAP
市川三郷町, 山梨県の節分草 この山梨県でも、紹介では、「セツブンソウは、山間を流れる川のふちに立つ民家の裏斜面に群生している。山梨県では、ここ以外のこの花の発生地は知らない・・・」と紹介されている。 これらを見ると栃木県は比較的節分草を見るには適している場所といえるでしょう・・・・
三珠町の「琵琶首」地区の節分草 この場所の説明に「当日は精進湖線側から訪れました。逆コースからでは、道路工事中で時限付きの通行止めですので目的地にたどり着けません・・・」とあります。 富士山の見える周辺ということが分かりいます・・・・これも貴重な場所といえるでしょう・・・・
木曽地方の日出塩地区の節分草 殆ど知らないような場所の節分草でその群落は素晴らしいようです・・・
星野に咲く節分草 とりわけ、早春の花は、県内では、栃木市に有る星野の里が有名です。 と言うより、簡単に見て歩く場所が他にないからかもしれません・・・ここは本当に交通事情も良くなって栃木ICから降りて10分もかからないくらいで早春の花を色々見ることができる・・・・
星野に咲く節分草など  早春に、星野の里を訪れるのは、決まった行事になってしまいました・・・先ずなんといっても蝋梅の花が年末から咲き出しそれが1月の中旬から2月まで周辺を楽しませます・・・・そしていよいよ梅の花が開花してきます。 梅の花が開花すればもう占めたものでいろいろな場所から、いろいろな花の頼りが聞こえてくるからです・・・
星野の黄色の節分草 近くの喫茶店では黄色のセツブンソウを生やして展示していました・・・・本当に美しい色です・・・
星野の紹介 やっと梅の花も咲き始めましたがまだまだ例年より遅れています。  数日前に熱海の観梅の状況が報道されましたが、まだ3分先とのこと、これでは北関東は、花の見頃ではないのです。 然し少しずつセツブンソウも咲き出したので、3月に入ると少し温暖になるというので、これを期待いたしましょう。 那珂川町では、もう福寿草が見頃になってきたそうです・・・・
星野の里と節分草 栃木市の北部に星野の里という場所がある。 この地域は古い遺跡があることで知られているがそれだけでなく早春の「節分草」などが早くから咲き出すことでも皆に知られているところなのである。 ここでは、星野の里から直ぐ奥にある出流山の麓の節分草の有名な蕎麦屋さんの紹介も兼ねています。 この頃になると、いろいろな場所で花が咲き出すのでさて、何処に行って良いのやらその選別に困りますが・・・
星野の里 この「星野の里」に、何時行こうかと思っていたのですが、多分、大丈夫だろうとの予想で、星野の里を探索したのです。 実は天気予報では、天候は、ここ一週間程度、曇りと雨で、寒い日が続いていたのです。 当然星野の里も、開花は遅れ気味と予想はしていたのです。 この星野の里は、訪ねてみると沢山の車で駐車場は、ごったがいして、いたのです。
星野の里の春  この星野遺跡周辺にも3月の初旬ともなると、春の梅の花、節分草が咲き始めるのです。 沢山の人たちが、これらの花々を木ながら探索する為に来ていたのです!  しばらくは、こうした花々は、見られそうです・・・・・。  是非ここを訪れて見ては如何でしょうか・・・
四季の里星野 ご承知のように今年2013年は、とにかく寒くて今も冬の強い風が吹いており、いつもの春とは異なっています。 1月28日の状況を紹介しておきましょう・・・やっと梅の花も咲き始めましたがまだまだ例年より遅れています。  数日前に熱海の観梅の状況が報道されましたが、まだ3分咲とのこと、これでは北関東は、花の見頃ではないのです。 然し少しずつセツブンソウも咲き出したので、3月に入ると少し温暖・・・・・
星野の里と周辺紹介一覧集 このページは、もうかなり長い間星野の里を見続けた汗の結晶版です。 こよなく愛する筆者がかなり長い間の星野の里とその周辺の記録を紹介しています。 毎年の開花時期などこのページをよく見るとその辺かが分かり今年の開花情報なども予想できることでしょう。 実際、筆者もそのように利用しているページの総集編です・・・・・

   以上、節分草の咲く場所などの特徴を紹介してみました・・・

 

▲ページの先頭へ