どまんなかたぬま道の駅 佐野市

ここでは、佐野にある「道の駅のどまんなか田沼」を細かく、紹介しています。

どまんなかたぬま道の駅

★ 20150106:ど真ん中で、「ガーデンイルミネーション」 が行われている・・・今月いっぱい!

私がここ「どまんなかたぬま道の駅」を訪れたのはかなり前のことでした! 参考:「佐野グルメマップ

     この「どまんなかたぬま道の駅」の外観の色は素晴らしい色で、何か丸いターコイズブルーの色をし、変わった建物で運用を開始したのでした・・・しかし田沼と聞くとなにか遠い感じがして佐野の中心地からは遠い感じでした。 毎年、夏になるとお化け屋敷が出来て子供らがこれを楽しみにして良く「どまんなかたぬま道の駅」を訪れたのです・・・・

     しかし今では、超有名な道の駅として、沢山の買い物客でごった返しているのです! とにかく訪れてみれば分かるのですが、この「どまんなかたぬま道の駅」は、時間的に少し遅れるて訪れると、殆どの棚の品々が売り切れているのですから驚きなのです。 そういう現象が続くので早めに買い物を済ませるといったことになっているのでしょう・・・

 


★最新情報:

  • ★20150910:「りようもうグルメシールラリー」・・・・・足利?佐野そばやラ一メンなどご当地グルメを通して両毛地域の魅力を発信するラリ一が9/11日?12月22 日、栃木、群馬両県11市町の計219店で行われる 都市圏総合整備推進協議会の主催。 ラリ一加盟店を巡って応募シールを集めるイベン卜で、シールは各市町1種類ずつ用意。3種類(3市町分)以上のシールを集めて応募すると、枚数によってゲーム機、旅行券、両毛地域特産品などが計86人に当たる。 足利市企画■課 0284-20-2104 に問い合わせすると良い・・・

         今では、宇都宮からこの地を訪れるのは簡単ですが、多分佐野インターを利用してと考えるでしょうが、実は、都賀から293号線経由で会沢トンネルを抜けて葛生に出れば直ぐなのです! 今は、この会沢トンネルもトンネルが改良されて二本になっているのでダンプカーに押されて走るといった感じはなくなってきています・・・

         すでに、東北道佐野藤岡インターから北西へ9キロ程度の所に、今度北関自動車道路の「田沼インターが開通したので、そこからならば、2キロ程度で直接、到着出来る様になったのです  

         ★参考情報:  星野の里のろうばい満開!紅梅咲き出しました! その他、情報検索は、こちらから!「特選 情報検索窓へ」 「出流山満願寺と出流ふれあいの森シュウカイドウ満開」情報追加! 20090913: 萩の花が見頃になった「寺岡元山大師」 尚、白萩の開花は、9月下旬からとのことでした! 「佐野厄よけ大師」  「青竜岳と万葉自然公園かたくりの里」 (NEW) 20100819最新佐野アウトレットと交通事情 

         どまんなか田沼道の駅は、佐野の中心地から離れているとはいえ、主道の一角にあり、車の混雑はすごい・・・まあ、このたぬまエリアでは、一番混雑するエリアです・・・そして色々な名物品が紹介販売されていることが最も魅力なのでしょう・・・・

     

    佐野どまんなかたぬま

         駐車場は四方にあるのですが、道路の十字路側(南側)は、殆どと言ってよいほど満杯で、待っている人も多いので、北側wのより広い駐車場に止めたほうが賢明です。 場所としては、安心して買い物が出来る事、子供の遊び場ができていること、足湯があること、食事場所が多いこと、レストランの味はとても良いこと!等があげられるでしょう・・・ 

         シーズン中は、イチゴ栽培の店が裏側にあるのでここで購入することも出来るので混雑する。 表入り口付近は、子供の遊び場が大きく出来ており、ちびっ子たちが買い物の間をここで過ごしていることができる・・・ここは毎年夏になるとお化け屋敷でにぎわう場所でもある・・・

     

       この田沼にある「どまんなかたぬま道の駅」は、どちらかというと飾り気のない道の駅です・・・というのは、周辺は田舎の生活がにじむ広大な場所の一角にあるからです・・・多分ここは田畑の一角だったのでしょう・・・そして、この周辺を囲んでイチゴ狩りなど出来る場所が自然に出来あがり、一つの町を形成しているのです・・・

         それがかえって「どまんなかたぬま道の駅」の自然を演出しており、地産地消の生活を保障していると言えるのです。 素晴らしい場所なのです! このエリアから、観光目的では、両毛エリアと呼ばれており、みかも山佐野厄よけ大師佐野プレミアムアウトレット足利フラワーパーク足利学校名水の赤見温泉、等々の旧跡などが軒並み見て行けるのです。 地域的には、非常に恵まれていると言わざるを得ない素晴らしい場所なのです・・・★参考:「栃木そば街道栃木のリンゴ街道

    佐野どまんなかたぬま

         ここは、比較的子供達には素晴らしい遊び場を提供していると言えるでしょう・・・・先ほども紹介しましたが、「どまんなかたぬま道の駅」では、お化け屋敷が、毎年夏に行われる行事ですが、このように子供ランド風の遊び場が道に面して広く取ってあり、親子で楽しめるように出来ているのです・・・・

         はっきり言ってみれば、佐野市は、新しい新興都市の場、即ち佐野アウトレット周辺には、みかも山を中心とする子供ランドが沢山ありますが、この西側の地域では、やはりここが一番頼りがいのある場所なのでしょう・・・・周辺生活に密着している素晴らしい場所・・それが、「どまんなかたぬま道の駅」といえるのではないでしょうか!

         とにかく遊ぶためには事欠かないばしょであり、佐野インターから少し離れてはいるが一本道でくることが出来る! 故に佐野プレミアムアウトレットにここから行くことも出来る好都合の場所でもあると言えるのです。 この東側には、有名な唐沢山城址が見えるのです。 そしてその奥の方に三毳山、佐野アウトレットが位置している。 そして、あの高速の岩舟インターからの長いトンネルは、実はこの唐沢山の中を貫通している道路なのです! その上には唐沢城址があるわけです。

    佐野どまんなかたぬま

         では、此路の裏側を見てみましょう・・・・自然がいっぱい残っています・・そして、直ぐにこうした駐車場と農村田園地帯が、雑居しているのです。 この雰囲気が、あまり手を加えられていない自然を残し、何とも言えない雰囲気を醸し出しているのでしょう!

        では、内部を少し見てみましょう! こうしたレストランが沢山あるのです・・・そして、入ってみると味が大変良いのです! 良くドライブイン風であり、一般的な食事が出されますが、ここでは、ちゃんとした美味しい料理が色々と味わえるようになっていたのです・・・私の食した範囲では、とても味美、値段良し!でした・・・・これなら又、行ってみよう!と言う気になるでしょう・・・・内部には座椅子なども沢山あって休む場所も沢山提供されていました! 道の駅の雰囲気とレストラン街という雰囲気が感じられました! それにしても来ている人達が多いことには、驚きなのでした・・・・

     

    佐野どまんなかたぬま

         これが道の駅の裏側にあるイチゴ狩りの農家です! 一般的には、かっこの良い店構えで商売をやるのでしょうが、こうした自然の形で商売しているムードが、この地の良さであり、新鮮な感じを醸成しているように思いました! ここから反対方向を見ればかの有名名、唐沢さんの山々が見て取れるのです・・・・

     

          中は、このように色々な商品が販売されており、道の駅ではあるが、何かデパート級の商品が並んでいるといった感じなのです。 丸いドーム上の建物が対であったのですが、今は、農産物などの販売所が南側に建っており、そこが主な販売所となってきているようです・・・・そしてレストランの味もよいとの評判で色々なメニューが掲げられており、そのひとときを楽しんで帰ることが出来るのでです。

         これら販売方法は、一般的な道の駅とそれ程違いはないようです。 各人各様、老若男女に対応しているものが商品として並べられているようでした・・・・ここはとにかく立地条件がよい場所であり、佐野の歴史がある市内からは少し離れてはいるが、かえってその方が車で来る楽しみがあり、なんといっても高速道路の二つのいインター(佐野インターと佐野たぬまインター)からここ、「どまんなかたぬま道の駅」に簡單に直線的にくることの出来るエリアなので、とても恵まれているといええるのです!

    佐野どまんなかたぬま

           駐車場の裏から見た風景です・・・・こんなに広い駐車場が、殆ど車でいっぱいになっていました・・・・如何に多くの人達が、ここを訪れているかが、分かります!右側がこの道の駅の駐車場であるが、その左側に見えるのがイチゴ栽培の農家のビニール小屋である・・・・時期ともなるとここで新鮮なイチゴを摘み取ることが出来るので評判である・・・・

          さて、ここが別棟の新鮮野菜類の販売所です! ここでは、珍しいこの地の生産物や、珍しい和菓子類が並べられているのです・・・・よく見るとこの地の生産物ばかりでなく近隣の地域の有名ブランド品もここで購入することが出来るのです・・・・

         棚を見ると分かりますが、私の訪れたときにはやや遅い時間だったので、殆ど売り切れの様相を呈していました! それ程人気の場所なのです・・・・丁度ついたときが遅い時間だったのであるが、評判道理ほとんどの新鮮な農産物は売れており、本当に数点だけが亜棚の上にある状態であった・・・・それほど人気の道の駅なのである。

    佐野アウトレット

          ここから15分程度で行けるあの有名な「佐野アウトレット」、本当にこの地は色々と見栄えのするもの、購入するものが多いのには驚くばかりなのです! 佐野アウトレットがこの様に美しく紅葉する頃(概ね11月初旬から中旬)、ここ「どまんなかたぬま道の駅」から見える三毳山の木々も、真っ赤に紅葉してその姿を見せてくれます・・・そして長い冬に向かってまた来年の片栗の花に向けて山は、静かな眠りにへとつくのです・・・・

         販売所から外を見ていると中と外の様子がうかがわれます・・・・遊ぶのもよし、買い物もよし・・・本当に時間をつぶせる憩いの場所としても適している「どまんなかたぬま道の駅」の様子です。

    佐野厄よけ大師

         そして一方、ここから近い、「佐野厄よけ大師」これも非常に近くにあり、佐野インターと相俟って素晴らしい観光地を形成しているのです! みかも山良し、唐沢山よし、湧水の里赤見温泉良し! どれを取ってみてもここから直ぐ行ける立地条件は、やはり、自然の恵みも素晴らしく貢献していると言えるでしょう・・・・

          佐野は、佐野ラーメンで有名ですが、佐野の芋フライなどもここで購入することが出来るのです・・・今日は、何処に行こうか?等と考えるときに、この地は色々とその選定の場所を提供してくれることでしょう・・・よく考えてみれば栃木、足利、等々有名歓呼おうちが目白押しです・・・そして、館林などこの近隣地です・・・・

         最近はフルーツ街道なども整備されており、夏の果物の産地として、路上販売も行われているのです。 良く纏められた、成功した町として、今後の発展が期待されているところ・・・それがこの佐野市であり、「どまんなかたぬま」なのです!

          物産特産品コーナー・ 本格中華料理「花と華」・ セルフレレストラン・ ジェラードクラブなど揃っている!

    栃木県みちくさ情報へ戻る    「イチゴ日本一の道の駅にのみや


     

    参考:周辺の案内

         ここで、周辺の探索の参考にめぼしいところを紹介しておきましょう!

          実は、この地域には、201003月には、岩舟インターチェーンジからこの「どまんなかたぬま道の駅」に至る北関のインターが出来たのです。 そのため、今後は佐野まで行かなくともこの地域に直接アクセスできるようになるので、この 「どまんなかたぬま道の駅」 へは勿論のこと、足利へのアクセスが素晴らしく良くなったのです! では、周辺の探索ですが、何を見るかによっても異なりますが、主に観光を目的として紹介しておきましょう・・・・

        1) いちごかり・・・・・・これは説明する必要もないでしょうが、直ぐ隣がイチゴ狩りの出来る農家の施設が駐車場の場所にあるのです。

        2) 佐野プレミアムアウトレット・・・・・ここは、この場所から大通りを南下して行けば直接20分程度で行ける広大なアウトレットです。 これも特別説明の必要はないでしょう・・・・

        3) 宇津野洞窟・・・・これは、無料で見ることの出来る鍾乳洞の施設です。 葛生にある施設であり、本当に無料で見れる場所はそうないでしょう・・・・そして、もう一つ見忘れてはならないのが、学術的にも素晴らしい、葛生化石館です。 これも無料で見ることが出来る石の「博物館」です。 石といってもなんまん象まで展示しているので、おどろかされます・・・・因みに有名な博物館へ展示品を貸し出しているようです・・・・それほど展示品には、自身があるわけです。

         4) ソバ好きの方々が通う「出流満願寺周辺」と仙波ソバ・・・・これまた、超有名でどちらを紹介して良いやら分かりませんが、社寺とソバと言うならば勿論、出流満願寺でしょう。 そして片田舎のソバと言えば、それは「仙波ソバ」と言うことになるでしょう・・・・

         5) 一方、湧水の里、赤見温泉周辺も素晴らしい風光明媚なところです。 綺麗な名水がわき出ていて、日本名水百選に選定されている場所がこの近くにあるのです。 弁財天もあります。

         6) 花が好きという方々には、東にそびえる「みかも山」がお勧めでしょう! また、歴史を感じるならば、「佐野の唐沢城址」と言う手もあります。

         7) もっと、古風な田舎田園風景で花を楽しむコースもあります・・・それが「星野の里」です。

         8) また、せっかくこの地まで来たのだから「厄をはらって帰りたいという方」には、「佐野の厄除け太師」 が有ります。

         以上、色々紹介しておきましたが、あまりにも沢山の施設があるので、お楽しみは各人各様にと言うことになるのでしょう! 足利もここからならば30分程度で行けるので歴史探索も楽しめることでしょう・・・・ 

         注意:尚、以下の地図で、田沼インターから先も今は完成しています・・・・

     

    足湯の入り口付近

    上は足湯に入る人達です・・・楽しんでいる様子が伺われます・・・

    新たに出来た足湯施設

    このお時には足湯を子どもたちが楽しんでいました・・・多分大人は買い物をしていたのでしょう・・・

    有名なレストランの案内板

    有名な花と華の店の看板・・・かなりのメニューが揃っています・・・

    佐野周辺のガイド、案内がたくさんあるのでここから周辺チェック!

    丸い中央ドームの中の様子です。 お化け屋敷は、このへんが利用されるようですが・・・

    大きな建物内の販売所

    デパート級の商品が展示されており道の駅といった感じが強いです。

    いつ訪ねても人気のジェラート販売所

    地元の人気のジェラート店・・・多くの人が並んでいるのが分かります

    色々な商品、農産物が購入できる店舗

    レジ風景です・・・列が多くあるのでそれ程待たなくともOK!

    佐野の人気商品がたくさん並ぶ店内

    何時の言った時に買う有名なまんじゅうです・・・新井屋のみそまんじゅうです。 参考リンク:「栃木県の名産品

    どまんなかたぬま インターからの地図北館道路周辺の旅紹介地図

         さのどまんなか道の駅 詳細周辺地図  下車ICは、佐野田沼IC          佐野市全体周辺図(北関東道路から 北関東周辺図と行楽地紹介

    出流が原弁天赤見温泉紹介 「隠れた都賀大柿のかたくりの里紹介

    特徴:この道の駅の近くに日本列島の 中心点があると考えられることから、このどまんなかの長名が付い たそうである。

    ★飲食コーナーの 「ばなパナ」で、佐 野ラ一メン500円や,地方色豊かな名品、 いもフライ2本150 円など8級グルメが味わえる。「朝採り館」では、、朝取り野菜がそろう・・・これが何といっても有名で本当に昼ごろ行くとなくなってしまうほどの人気の場所・・・また、「あきたこま ち」、魚沼産コシヒカリなど、各地のブランド米1kgで390円前後もある、1キ単位で販売されているという・・・

    佐野駅を挟んで.反対側に、佐野厄除け大師の名 前で知られる惣宗寺がある。 朝、9時30分?19時/水曜休(祝日の場合は営
    業) 290台、 WC男小8大3、女10、障害者用1、東北道佐野藤岡ICから県道9、16号経由15kmととてもアクセスが良い。

     


    その他美術館探索:

    田中正造・・・民衆のために立ち上がり、生涯を通じて共に?った、稀有の政治家「田中正造」の生家。現在は建物がそのまま資料館になっています。
    公開日時/火?木?土?日曜曰
    午前10時?午後4時佐野市小中町975 TEL 0283-24-5130

    たぬまふるさと館・・・・市内の歴史?産業?芸術?文化?生涯学習の拠点施設です。1暗には、覲光施設の紹介や伝統産業、特産物
    などを展示。2陏は、市内外の皆様が利用できるギヤラリーで企画展、発表の?としてご利用いただけます。休館曰Z年末年始佐野市栃本町2237-1 TEL 0283-62-8080入場無料

    佐野東石美術館・・・館内では写真の北大路魯山人「銀彩色絵竹に雀花入」他、近現代の曰本美術が四季に合わせて展示されています。
    休館曰/木曜曰?年末年始
    その他臨時休館曰あり佐野市本町2892 TEL 0283-23-8111

    安藤勇寿「少年の日」美術館・・・ 何でもない日常の大切さに気づいてほしい… 「少年の曰」をテーマに色鉛筆で描き統けている児童画家?安藤勇寿氏の個人美術館です。
    休館曰/月曜曰?毎月第1火曜曰?年末年始
    その他臨時休館曰あり佐野市御神楽町623-1TEL 0283-67-1080

    郷土博物館・・・佐野市出身の偉人「田中正造」の遣品や関係資料を始め、「佐野の歴史一原始から近現代へ一」をテーマとして地域の考古?歴史?民俗等に関する資料が多数展示されています。
    休館曰/月曜曰、祝日の翌日、毎月末日、年末年始佐野市大播町2047 TEL 0283-22-5111

    人間国宝田村耕一陶芸館・・・佐野市出身の陶芸家、田村耕一氏の作品を代表作から未発表作まで数多く展示。観光 .|t案内コーナーもございます。
    休館曰/年末年始、その他臨時休館曰あり佐野市高砂町2794-1 まちなか活性化ピル「佐野未来館」1F TEL 0283-22-0311入場無料


    葛生か石棺・・・ほほ完全な形で発見された「ニッボンサイJ の復元骨格を始めとする第四紀更新世の哺?動物化石や、佐野市葛生地域特産の石灰岩、その石灰岩を造った古生代べルム紀のフズリナ、ウミユリなどたくさんの化石が展示されています。
    休館日Z月曜日?祝曰の翌日?年末年始、その他臨時休館日あり佐野市葛生東1-11-15 TEL 0283-86-3332入場無料

     

    吉沢記念美術館・・・江戸時代?現代日本の絵画?近現代の陶芸を、親しみやすい視点でご紹介しています。【主な作品】伊藤若冲《菜蟲譜>、川合玉堂《孟母断機》、東山魁夷《山湖>、板谷波山《彩磁呉州絵香炉》ほか。
    ※いずれも展示期間が限られていますので、事前にお問い合わせください。
    休館曰/月曜曰?祝日の翌日?年末年始、その他?時休館曰あり佐野市葛生東1-14-30 TEL 0283 86-2008

    葛生伝承館・・・栃木県指定文化財である「牧歌舞伎」や「吉澤人形首」など文化、芸能に関する貴重な資料が展示されています。

    休館曰/月曜日?祝日の翌日年末年始、その他臨時休館曰あり佐野市葛生東1-11-26 TEL 0283-84-3311入場無料

    ★このホームページ内の検索です!

    関連情報

    新情報は、「TOP Page」 から!

    花情報ろうばいとドライブ情報1

    ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

    佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

    花開花時期 北関東

    北関東自動車道路群馬周辺

    北関東自動車道路栃木周辺

    北関東自動車道路茨城周辺

    花情報

    秋の花情報集

     

    その他の区分による情報紹介:

    関連情報(カテゴリ)一覧集

    関連情報(カテゴリー)秋

     

    初めての方へ

    Site Map

    サイト紹介

     

    このホームページのTOPへ

    このサイトの全内容(全貌)

    あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

      pagetop