日光竜頭の滝

竜頭の滝初夏

栃木県みちくさ情報 ->竜頭の滝初夏

 

English

  ★2015年の竜頭の滝の紅葉も見頃となり、現在は、いろは坂の上の方が見頃となっています。 今年は夏が暑かったせいか、この竜頭の滝の紅葉も少し早く来たようです。  台風にしごかれ、大変な時期でしたが、やっと飽きが来たようです・・・例年のようにここ竜頭の茶屋では多くの人が来て紅葉を楽しんでいます。 参考:「もう一つの竜頭の滝紹介」「初夏の時期のクリンソウが人気!

 

2014年 竜頭滝周辺写真集追加」「2014年の10月4日現在の竜頭滝の紅葉情報を載せました!」最も新しい紅葉情報です・・・「特設・・

竜頭滝から中禅寺湖までのハイク情報紹介中!

 

竜頭滝紅葉

★ 「201406月の現在の竜頭滝の情報追加しました」・・・日光竜頭の滝と言えば、誰でも知っているコースである。 しかしここを訪れるタイミングが大切である。

 

 と言うのも、せっかくこの地「竜頭の滝」を訪れたとしても、その「竜頭の滝近辺」だけ見たのではあまり魅力は発見出来ないからである! ・・・ではどういう時(時期)に訪れるのが良いのであろうか? それは、周辺に、花があって魅了される時、そして紅葉時、そしてこのような初夏の陽が燦爛と差し込んでくる時期が、一番良いのである。実は、この時は、地上(下界)では、梅雨のシーズン入りとなっているのが常・・・しかしここ日光では、比較的晴れが多いのです。 ★では竜頭の滝の現在を見てみましょう・・・2014年の6月の現在の様子です・・・ここは、茶屋の外から見た光景です。今年は雨が多かったので迫力があります・・・華厳の滝も同様です・・・

日光竜頭滝2014

 

 ではそれは、いつになるのだろうか? ここに、一寸初夏の竜頭の滝を紹介してみよう! この時には、もう既に新緑がやや終わり、緑が濃くなってきているが、実は日光はこのころから観光シーズンが始まるのである(実は、日光の春は、ほぼ千人行列が行われる頃から始まる)・・・あまり時期が早いと寒風が吹いて寒いからなのである。 「中禅寺湖スカイライン」 下の日光社寺(日光山内)のあたりには、もう夏の感じが漂うが、竜頭の滝までいろは坂を登りくると、登って来るとその差はあまりにも歴然としている・・・そのあまりにも違った風景と季節感で驚かされるのである。 ★茶屋の中から見る竜頭滝の状況です・・・最近は多くの外人の方々が見に来ています・・・

竜頭滝2014

 

竜頭滝も両側にあるので右側だけ大きくしてみてみましょう・・・・とても迫力があるのです・・・

2014竜頭滝

標準の竜頭滝の紹介というと下の写真が標準といえるでしょう・・・しかし上の方はかなり奥まであるので一度に写真紹介するわけには行かなのです・・・最も、目で見てもその全貌はここからではわからないからです・・・

 

日光竜頭の滝

  一寸、竜頭の滝で、その理由を感じ取ってみよう・・・と言うのは、初めての方は、なぜ「竜頭の滝」というかが知りたいからである。 その名の由来は、至極簡単であり、上の写真を見ると、両側から滝が流れ落ちているのである。決してそれも珍しくはないであろうが、その中央部に木々の生えた岩場が大きく展開しているであろう・・・この、岩部分が、龍の頭ににていると言うことから、この「竜頭の滝の名」が生まれてきているのである。 至極簡単な命名の仕方だと言って良いのかも知れない・・・

この竜頭の滝、竜頭があるように確かに見えますが、ここまで流れてきている滝は、実際この場所から上流(龍の胴体として)も滝の範囲に数えられており、その長さは、約、290メートルくらいありそこの場所に上側の車の駐車場があるのです。 下の写真を見るとこの場所から竜頭の滝まで滝が流れてしぶきを上げており、それに沿って直線的にあるって降りると迫力があります!この滝の高さが焼く50メートルといわれているので自ずとその流れが急落でないことがおわかり頂けるでしょう・・・この茶屋の右側からあるって登ってゆくとこの龍の胴体にそって登ることになる・・・最もこれを登らないと意味が無いかもしれないが・・・(参考:この時期の周辺はくるまもそれ程混雑しておらず駐車場も無論無料である・・・)

 

「☆☆竜頭滝最新版」「 「花旅のブログ初めました!」 「いいたび日本・・日光紅葉」 磐梯紅葉特集・・「裏磐梯紅葉1」「裏磐梯紅葉2」「裏磐梯から紅葉3」「裏磐梯から紅葉4」「裏磐梯紅葉5」「裏磐梯紅葉6」「裏磐梯紅葉7」等など「もうひとつの竜頭滝

それにしても日光の秋の紅葉は、ここから始まるのである。 ここの「竜頭の滝の紅葉」が報道機関で報道されると秋の始まりであり、一般的には10月の14日ごろが、例年の紅葉時期なのである。 と言っても最近は、暖冬のため少しずつ遅れている年が発生しているのだ!尚、この写真を撮るには、竜頭の滝の滝見台茶屋の中に入らないとこのようには見えないので注意! 無論この茶屋の中には無料で入れるから心配は無い! 実は、舌の登り口の左側のほうに細い道があってそこのたもとから茶屋越に滝を見ることもできるがこのような素晴らしい角度とはならない! この時期に咲き乱れる 「クリン草の美しい千手ヶ浜」(クリンソウは6月の中旬以降(20日前後)が毎年の見頃となる・・・)

 

竜頭の滝

これが竜頭滝の上側の道・・・このすぐ手前の右側には、バスなど止められる比較的大きな駐車場があり、男体山などの眺めが良い場所である・・・ここから少し登るとすぐに戦場ヶ原に到達する)

 そして竜頭の滝から数回道を迂回して(これは車の場合で茶屋からあるって登ると竜頭の滝から上の駐車場まで川にそって登って行ける・・・・このコースが素晴らしい眺めを呈するのである。 そして先ず、春のツツジ咲く頃である・・あの赤い花と、薄紫の花が輝く頃が一番なのである。 と言うわけで今日はそれ等を紹介してみましょう。 ここでは、先ず、陽光が光り輝き緑が美しい初春である。 この場所は、竜頭の滝の上側の橋のたもとであり、右側が駐車場でもある。 このような感じは、5月の第2週頃からだんだんと濃い緑に包まれるのである。 しかし、決して日光のこの辺の夏は長くはないのである。 

 

 6月に入り、下界では梅雨入りしていても、この地は陽光が輝いている日が多いのである・・・・ただ一つ注意をしておきたいことは、前線が太平洋側にあるときでないとそのような言は通用しないと言うことなのである。 もし日本海側に前線が上がっている時には、このような美しい光の光景は見ることが出来ないので、注意をした方がよいだろう・・・・ (参考:この上の写真の右手前が、竜頭の滝の上側にある駐車場となっているが・・・・この橋から下を向くと中禅寺湖と竜頭の滝の流れている飛沫を感じる有名な場所・・・)

  日光竜頭の滝を傍で見るためには、この滝見台の建物の中から見なければならない・・・・そう言う点から見れば、雨が降っていてもゆっくりと見ることが出来るからである。周辺は団子屋とか温泉とか、神社とかが沢山あって観光客には楽しく見て周辺を探索して、ここから上の駐車場付近までを歩きながら楽しむ探索コースの始めとなっているのである。 この右側には、竜頭の滝を見るためのバスの駐車場があり大変賑わっている場所なのである。 ちなみに中禅寺湖の周遊船を利用した場合には、勝負が浜と言われる場所で降りると目の鼻の先9で竜頭の滝の茶屋に到着します・・・・約、10分かかります・・・・こういった旅がきっと車よりの楽しいのかもしれませんが・・・・

 

  初夏を、満喫しようと言うならば、この時期しかないであろう! この戦場ヶ原から流れ下る渓流にそって橋の欄干から下を覗いてみよう・・・・・下には中禅寺湖が大きく弧を描いており、その両脇を若葉が囲んでありその中央部をこの竜頭の滝に至る流れが続いているのである・・・・この緑の中に飛び込んで行きたい気持ちになるのは、私だけであろうか! そして、この直ぐ右側は、一般の駐車場であり、そこに車を止めてから、この左側の川の流れに沿って降りて行けばあの優美な竜頭の滝に約20分程度で行けるのである。 やはりある程度は歩かないとその醍醐味は分からないのかも知れないのだ! そして、もう一つ、右の欄干の手前を生み議に曲がれば、もうハイカー達が好んで歩く渓流沿いの道に至り、そこからあの「戦場ヶ原」に到着するのである・・・・

 

まだ、この時期は周辺が完全に緑にはなっていないが、この時期がなんと言ってもお薦めなのである。 花が咲き始め鳥のさえずりが聞こえてくるのは、このシーズンだけだからである。 因みに、右上の写真では、木々が何か囲まれているのが、お分かりいただけるだろうか? これは鹿の食害から守るための苦肉の策の、木を網で囲ってあるのである。 ちょっと異様な光景が展開しているがこれも鹿から守るには、仕方ないのかもしれない! 「秋の竜頭の滝

竜頭滝の上流の風景

さて、ここで紹介する写真は、竜頭滝の歩道を歩かなくては絶対に見られない竜頭滝の上流の様子・・・・崎に紹介しておいた橋の欄干が上に薄く写っているのが、お分かりいただけるだろう・・・・こんなふうに竜頭滝は、複雑な流れを辿り下の龍頭の滝の流れ口に流れ着いているのである。

花咲く竜頭滝両岸の美しさ

初夏も少し早い時期に訪れるとツツジが咲いている集hジェンを散策することが出来る・・・・そしてこれらのツツジの花々は、だんだんと登って行き湯本まで続くのである・・・

ここでは、皆様の観光、そしてハイクのための有名な場所を一覧できる地図を用意してみました。 この各々の場所にはリンクが張ってあるのでマウスでクリックするとその思い思いの場所を詳細に見ることが出来るのです。 ぜひ好みの場所を見て日光の良さを十二分に堪能してみてください! ここでは、湯ノ湖、戦場ヶ原、高得意牧場、竜頭の滝上側駐車場、そして舌の中禅寺湖の様子も見られるようにワイドな展開と紹介を行なっています。

 

竜頭の滝周辺の紹介地図

竜頭の滝案内図

日光竜頭滝から湯本までの詳細地図案内: では、ここで正式な案内ガイド地図を載せておきましょう・・・・

日光竜頭滝周辺案内図

これを見るとわかるように中禅寺湖の上に竜頭滝があってそこから光徳牧場、戦場ヶ原小田代原、湯ノ湖湯本等色々な場所に行ける中継点でもあるのです!一番上の丸沼温泉近辺は、もう群馬県の領域です。 菅沼があるわけです。 丸沼温泉女峰山日光東照宮

 

近場情報

 

那須茶臼岳・・・茶臼岳を歩く 「 毎年10月近くなると北の安達太良山からの紅葉の知らせが入る・・・ (20091004現在・那須茶臼岳の 「姥が平の紅葉」 が見頃迎えたとの事です!)・・・・と言っているうちにこの那須連山にも紅葉の知らせが入るのである。 茶臼岳の紅葉は美しく、最近は多くの方々がトレッキングを楽しむようになったのです・・・続きを読む

「那須平成の森」・・・元御用邸の森でフィールドセンターにゆくと30分無料でガイドして村得る・・・・勿論、一人で自由散策も出来る!地上と一ヶ月くらいの差があるのでカタクリの花、ショウジョウバカマなどの野草も今頃楽しめる。 鳥も色々いてアカゲラ、アオゲラなども見れるかも・・・

現在8件の那須ブランドの食が楽しめる。 那須のうち弁当、那須和牛ハーブティー、等など

 

 

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

 

花情報

那須フラワーワールド・・・20070516 那須フラワーワールド初回の状況・・・「この、那須フラワーワールドは、正式には2007年6月から正式オープンと言うことでしたが、20070516日に訪れてみると、チューリップが、満開でした・・・。 素晴らしかったのです。 今年は那須連山の雪も例年より多く、この雪山と花園の対比が、非常に美しく、何か東北のとある場所を思い見るような風景の一端を味あうことが出来たのでした! 実は、ここは、嘗ては、サイロがあって牧草で覆われていた、美しい草原だったのです。 それがいつの間にか、このような「一大フラワーセンター」に変わっていたのでした! 「那須フラワーワールド」の地図情報などは、このページの最後に載せてありますが、とりあえずその美しい全貌を見てみましょう・・・」 続きを読む

那須フラワーワールド2008・・・那須フラワーワールドは、まだ出来て新しい名所で有りますが、すっかり現地に根付いて沢山の人で賑わいを見せている素晴らしい場所です。 那須の観光資源が素晴らしい上このような美しい花の楽園が出来て、名所が増えたといえるでしょう。 と言うわけで今日は、那須のフラワーワールドを紹介いたしましょう。  開花情報 20120514白河フラワーワールド  続きを読む

那須フラワーワールド2009・・・今年2009年は、どちらかというと、暖かさが急激に来てしまい、今回訪れてしまったときには、すっかり初夏となってしまっていた・・・実はチュウリップが少しは残っているかと思っていたのですが、殆ど終わりで、アイスランドポピーとリビングストーンデージ、そして目玉は、ルピナスでした! すっかり、那須の残雪は消えており、朝日岳野浦に残雪が点々と見えていたのです。 何時訪れてもその美しさが堪能できるここ、那須フラワーワールドは、素晴らしい環境に恵まれている場所なのです。 ではそういう意味合いで、今回訪れたときの内容を見てみることにいたしましょう!(20090521現在) 続きを読む

那須フラワーワールド2011・・・今年も夏が終わり那須地方にも急激に秋が近づいています。 今までの暑さが嘘のように爽快な秋がもう目の前に来ているのは事実でしょう・・・・今日はそうした時期に入ったゆえに今冬でも有数の花の世界にお誘いいたしましょう! 秋の那須フラワーワールドの状況です。 この地はご承知の方も覆いと思いますが東北道の白河インターから降りると比較的近いのですが、マウントジーンズスキー場にゆく途中に位置しておりいろいろな動物ランドのある場所です。 小高い丘の場所にある花の里ですが、ここから見る那須連山の美しさは格別です。 いつも言うようですが那須の山を見るには、山に登って茶臼岳を見るか、あるいはこの那須フラワーワールド(俗称:那須フラワーパーク)辺から見る山の風景がもっとも美しい・・・続きを読む

那須岳早春・・・・ 栃木県の那須には、有名な茶臼岳、朝日岳があるが、以前、白河付近からこれらを見た風景を紹介しておいたが、今回、その時のお約束のとおり、もっと接近した、茶臼岳と朝日岳の様子を見てみたいと思う。 ここが、最も一般的な場所と言えるかも知れないが、一般の方々は、多分、ここまでは、こないで那須の有料道路周辺だけを見て帰ってしまう方々が、多いようである。 どちらかというと、関東の山々は急峻な山々が多く、富士山のように遠くから眺めて、だんだん近づいて行く様な旅は難しいのである。 従って有料・・・・続きを読む

那須岳早春・・・・那須岳は、春は花、秋は紅葉、そして冬は雪山と素晴らしい景観を見せてくれる栃木県内の名山である。 私は、那須岳の登山はあまりやらない方だが、周辺からこの山の姿を見に、冬から早春にかけて行くのである。 山には当然その時々の美しさが潜んでいるが、特に早春2月頃の山肌に雪を沢山被った美しさは、何とも例えようのない美しさなのである。  栃木県内から・・・・続きを読む

花のお城・・・・・那須インターから那須温泉を目指すと、直ぐに右側に大きな「お菓子の城」が出てくる。 この裏側に、今日紹介する「お花の城」があるのだ。  多分このお花の城は、花の庭程度に考えている人も多いと思うが、実はこれ「ベゴニアの素晴らしい、温室庭園」なのである。 一度見た人は、きっと再びあの花のすばらしさを見てみたいと思わずには、いられないだろう・・・・ と言うのも、このベゴニアは、南洋の国から、はるばる持ってきて、改良されている品種が、展示さ・・・続きを読む

那須森のビール・・・・ 本日は那須にある那須森のビル園について紹介してみましょう・・・・最近、WBAというイギリスの世界ビールを選定するところで、この那須森のビールの、ビアーアワード2012で、ここのビール 「ナインテイルドフォックス」(この名称は那須の九尾狐に由来している名称・・・)が受賞したそうである・・・・続きを読む

その他関連情報

★ その他日光関連

以上、那須ガーデンアウトレットの概要です。 尚、先の紹介した駐車場道路事情などは、こちらからご覧になれます。

那須アウトレットに行こう!(20081205) 軽井沢アウトレットと周辺紹介

「軽井沢アウトレットモール」     宇都宮のアウトレットモール

周辺温泉一覧  、ユリ満開の塩原ハンターマウンティン、  濁り湯の塩原温泉新湯を探索

那須アウトレット・秋:最新情報追加(20081103)

素晴らしい観音沼の秋            那須地域に「白鳥が飛来しました!」

最新の「那須茶臼周辺紅葉」20081010を、どうぞ!   「ロマンチック村秋・2008」    「周辺の紅葉状況

真っ赤に燃える 「那須フラワーワールド」 20081010もどうぞ!  ベルモール宇都宮

「真っ赤に燃えた那須茶臼岳トレッキング!」20081010   「佐野プレミアムアウトレット」   八ヶ岳アウトレット

イオンレークタウンファッションクルーズ紹介 御殿場アウトレット紹介|春は、佐野インターから30分程度で行ける、「太田芝桜公園」へ!|チュウリップ満開の「ぐんまふらわーパーク」へ!道のり、約一時間程度|矢板インターからは、「市貝芝桜」 もどうぞ! | 春の花咲く軽井沢アウトレット・2009

 

栃木県みちくさ情報へ戻る

温泉関係

湯治場一覧    日光温泉   

     那須七湯:那須には7つの素晴らしい温泉があってその全体を七湯と称している・・・・中でも三斗小屋温泉(山を登らなくてはダメ)以外は車でも歩きでも行けるので人気が沸騰している。 ちなみに七湯は、三斗小屋温泉大丸弁天八幡高雄鹿の湯ということになっており湯量豊富で素晴らしい景観を伴っている! 中でも、やはた温泉の春は、ツツジが満開の時には最高でしょう!

     北温泉:これは最も野趣的にも魅了できる温泉・・・大丸から少し下った場所を左折する・・・・今は幻の滝を見る観瀑台もできたのでそれもお薦めの一つ。 昔この北温泉は、岐路が多いということで「岐多温泉と呼ばれていたが現在では北温泉の長定着している1200年前からの湯場・・・温泉プールもある。 天狗が発見したということで、風呂には天狗の面が2つも飾ってある湯が特徴・・・・

     那須シャトルバス・・・・鹿の湯の上の観光案内所から出るが、切符もこの案内書で購入できる。乗り降り自由で¥1000.ーとリーズナブル!

 

 

 

★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集  

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!