大芦川と紅葉

鹿沼から大芦川周辺の秋の景色、紅葉

2013年も、鹿沼を流れる大芦川の流域の紅葉が始まります。

 ここは、古峰ヶ原神社から流れ出ると言ってもよいほどこの裏の高原からの水の流れで始まるのです。  大芦川は、鹿沼市から古峰ヶ原方面へ行くとき、その道の左側に平行して流れる美しい渓流です。 ここは、特に、古峰ヶ原神社で名高い「古峯神社」を訪れる時に、その道際を流れる美しい渓流なのです。 冬を除けば、殆どのシーズンに亘り、多くの太公望達が、この周辺にあこがれ、釣りを楽しむところなのです。 「大芦川紹介1」「大芦川紹介2」「大芦川紹介3」「大芦川紹介4」「大芦川紹介5

私は、どちらかというと、渓流釣りはあまりやりませんが、そのせせらぎの美しさ、そしてその、流れを楽しむ方なのです。 これから紹介する所は、その渓流の流域の秋の紅葉を、紹介してみたいと思っています。 
  実は、私も知らなかったのですが、この大芦川のページを、かなりの数の人達が、定期的に訪れているのです・・・これほどまでに、大芦川が、皆に好かれている有名なところとは、最近まで知らなかったのです。 本当に多くの方々が、このページを見に来てくれているので、このページを新しい写真など入れて、大きく改訂してみようと思もったのです。(20081125)
         ☆ 関連追記: ここでは、美しい秋の状況を主に紹介していますが、春も夏もこの川沿いで遊ぶことには事欠かない場所です。 そしてこの川の一品北側にある小来川地域もお子様連れで遊ぶには手頃なのかもしれません。 今は、往時にあった施設もかなり淘汰されてなくなってしまいましたが、逆に静かな川と岩場で遊ぶのにはこの地域の川の流れのほうが楽しいのかもしれません。
尚、(20081117日の川上流の紅葉情報は、こちらから)     ★ 20101111「白井平大橋のモミジの紅葉

 

大芦川と流域の紅葉

 さて、皆様、この写真に見覚えはないでしょうか? そうなのです・・・もう、そろそろ古峰ヶ原の一の鳥居に近づく頃、この道路脇を流れる大芦川は、左に大きく蛇行いたします・・・そして、この周辺から特に美しい紅葉が始まるのです。 また、川は、荒々しく流れ初めて大きな岩石が沢山、奇岩として見え隠れするのです。 最もこの川の特徴として、左の川は、深いところを流れている分けではなく、簡単に車を停めて、河原に降り立つことが出来るのも、この周辺の特徴となっているのです。遊ぶによし、釣りによし、何の目的でも使える川なのです。しかも車は、何処へ停めても、片側である限り許容されているのです。

 

 この地域のアクセスは、一番早い方法は、東北道の鹿沼インターからでしょう。 しかし時期によっては、都賀インターからでもそれほど変わりません・・・・と言うのも都賀の里近辺も、花がたくさんあるスポットが多く、これを楽しみながら現地に行くという手もあるからです。 では、この川は、何処え、流れていくのでしょうか! 実はこの川、先ず、荒井川と合流し、ダム建設でもめていた、南摩川、粟野川、嫁ぎ次に合流して、最後に、足尾の山から流れ来る思川とごうりゅうして、桜で有名な金崎提を通り、小山の思川となって下るのです。 面白いのは、鹿沼市内を流れている、大きな川は、黒川であり、この周辺では、相互には、関連がないのです。

 

 

大芦川流域にて

 だんだん美しくなる紅葉の色! やはり古峯神社近辺に近づくに従い、その色の美しさが、倍加されるようです。 この周辺は、川幅もあって静かな流れです。 山肌は、現在では嫌われている杉の木が沢山植えられています・・・これも、国の制作で植えられて様ですが、一つの自然破壊であったのでしょう・・・・少し残っている、山肌の美しい紅葉は、この杉が植えられていない場所にか限られているのです。

 

 時々、対岸に亘る村の架け橋が有ります・・・そういうところは、すかさず見に行くことに致しましょう・・・・きっと新しい発見がたくさんあるはずなのです。 しかしあまり山奥は注意が必要です・・・・と言うのも最近は、この周辺まで熊が出没しているからです・・・・現地の人たちは、犬の散歩でも、鈴を身につけて、山入りしているからです。

 

 道の脇を止まって、後ろを見てみましょう・・・流石に順光で見る山々の素肌はきれいです。 こんなに紅葉が綺麗かと、驚くほどです。 運転中は、目が周辺に慣らされており、あまり感激しまっせんが、こういうときには反対方向を見てみることです・・・周辺の美しさにあっと驚くことでしょう。

 

 川は淡々と流れ行き、歴史を刻んで行くのです・・・・そして、それにつれて自然の今の一時は、二度と見ることは出来ないのです。 また、来年もあるからと思っていると、その時来てもこのようには見ることは絶対出来ないのです・・・・もし、自分で撮った写真で比較してみれば、この辺のことが如実にお分かり頂けることでしょう・・・

大芦川紅葉

大芦川で最初に見る美しい谷間、この辺が一番最初の部分で深いところ・・・・ここを過ぎると川と道は非常に高低差がなくなり、みじかなかわとして、長く続くのです。

 

ここは、穴有名な白井平橋の近辺です。 鹿熊が生息する周辺と合って、自然は素晴らしいです! この中に明んかがぽつんと一見あるのですから、生活は、大変でしょうが、素晴らしいと思います。 犬を曳きながら、おばさんが、周辺探索のガイドなどしていました。 それにhしても素晴らしい紅葉でした!

大芦川上流にて

 

 周辺は、自然が素晴らしく、たわわになる自然の宝庫です・・・清水も飲めるようになっており、おいしそうでした。 このような自然の中で秋の一時を過ごすのです。 また、ここから日光の山を目指して登ると有名な対の群落があって、結構沢山の人で賑わっているのです。

 

 今回の紹介は、ほぼ鹿沼から大芦川を遡上して、風景がどのように展開して行くかを、その道なりに表したものです。 最後は、白井平橋の紅葉で飾ることに致しましょう! 周辺まだまだ見るべきものがありますが、その他は、別のページで紹介することと致します。 いずれにしてもこの周辺は春の新緑秋の紅葉が素晴らしい場所であることには、間違いないようです。

白井平橋周辺の紅葉

では、最後になりましたが、白井平橋近辺の秋の様子を最後にお別れにしましょう。 この日は、丁度麻まで雨が降っていたのです。青空に映える紅葉は、見ることは出来ませんでしたがしっとりとした紅葉が展開していたのです。

栃木県みちくさ情報へ戻る  次の大芦川紹介へ  春を主体の大芦川はここから!  佐野アウトレット  岩舟周辺紹介

岩舟山高勝寺

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.