ビューポイント 小名浜漁港周辺

小名浜港

 今回は、福島県「小名浜漁港」周辺を紹介いたしましょう。 茨城の海岸から、地図上でも連なっている海辺、そしてその連なる海水浴場を越えると、もうそこは、福島県の小名浜の広い海が、展開しているのである。 今では、高速道路が出来ていて、ここへの旅も大変楽になった!・・・・そして、嘗てのコンビナートの多い、小名浜のイメージから、観光の小名浜へと脱却が行われているようである。 そして、何よりも「小名浜漁港」は、私にとって何かしら不思議な魅力が、沢山漂っている様な気がしてならないのである・・・多分それは、嘗ての昔風(思い出)のフィーリングと現代的なフィーリングが、混在しているのかもしれないのである。 そして、この漁港を訪れるたびに、静かな海面を実ながら、往時の美しさなどを思い出しながら、思い出にふけるのである・・・・

 

小名浜港にて

 茨城の海はどちらかというと、水泳で訪れることが多かったのだが、ここ小名浜は、「海と船の風景」を楽しむということが、出来るのではないだろうか? 特に、船に限って言えば、その種類は、沢山あって、大いに楽しめるところである。 そして、最近はヨットのマリーナも出来ており、海を飾ってくれているのだ! 来てみれば分かるが、小名浜は、広大な地域であり、最初訪れた時には、多分何処に行っていいのか、きっと分からないであろう・・・・・


 
  それ程、広い広大な地域であり、それ故、見て歩くのには魅力いっぱいの場所とも、言えるのである。 以前には、漁港近辺で味わった、美味しい魚定食等を、食べたが、今ではららみゅーと言うような大きな複合施設が出来ており、そちらにバスなども行って食するようになっており、そういう観点での地域マッピングが、大きく様変わりしているのである。  また近くには、アクアマリーンふくしまなどが出来ており、それは々、小名浜は素晴らしい場所に変貌を来してしまっているのである。

 

小名浜漁港

 小名浜漁港は、朝の競り市が終わるとこのように比較的静かな漁港へと急変する・・・・ここから見ている漁港の風景は、対岸からの小名浜漁港の全体風景である。 右がその漁港の姿・・・・そして、そこから数本のバースが出ており、おおきな船の直ぐ傍まで行ってみることが出来る・・・・素晴らしい漁港だ! 今見ている地点は、対岸の漁港からは、直接来ることは出来ない・・・・・・ずーっと山側を迂回しながら、こちらに来なければ巡り会えない素晴らしい風景である。 この手前には、ヨットの停泊地もあって、最近では、帆を張って整備している風景も見られるようになってきている・・・・海なし件に住むものにとって、誠に魅力のある風景なのである。

 

小名浜漁港と夕暮れ

 漁港も夕暮れ近くになると、その風景は激変するのである・・・いつか私は人に聞いたことがあったが、イタリーのモナコ風景は、ヨットがあってその後ろに近代的なビルが建ち並び素晴らしい風景が展開するが、この写真を見るとこれが日本のモナコ風景なのであろうといつも思うのである・・・・多分多くの方々がそういう視点でこれらの風景を見ていないだけだろうと思うのである・・・・誠に素晴らしい風景である・・・・

 

 今回、私の紹介するのは、表題にあるように、海辺の旅をしながら、夢のような漁港の旅を目指している・・・・そう言うと、中には、そんな所は、ないだろうとおっしゃる方がいるかも知れないが、ここ福島県の「みちのくの海岸縁」には、未だまだ関東では考えられない様な小さな漁港が、沢山点在していて魅力がいっぱいなのである。 

 

小名浜と艦船

小名浜漁港から少し西に向かうと、このような海上保安庁の船が係留しており、船のファンには誠に美しい風景を呈しているのである・・・・お子様ずれの方には、手に取るように見て取れるこういった風景は、海なし県では、決してみることが出来ない風景なのである。
 
 一方、下の写真は、小名浜漁港の競り市からやや東に回り込んだ場所で、ここから見られる遠望は、誠に素晴らしく、遠く コンビナートなども見ることが、出来また沢山の釣り人が、この界隈で釣っているのが目撃されるのである。 夕景に傾斜した陽光の作り出す独特の海の雰囲気は、さすがに美しく、見入る人の目と心に感動を与えずにはおかないのである。

 漁港の楽しみ方は千差万別であろう・・・・釣りを勤しむ人、泳ぎ回る人、周辺回遊する人・・・人それぞれの楽しみ方があるはずだ。 それにしても夏の暑い時に何故、海は、皆を誘うのだろうか? 最も、ここは何時訪れても美しい風情があって、魚も美味しい場所であり、温泉も近くにあって、本当に素晴らしい場所なのだ。 ここの古い船が、何か小名浜の歴史を物語っているような気がしてならなかったが、何時とはなく、この地から消え去っていたのであった・・・・・。

美しい船と水の反映、 中之作漁港、 小浜漁港、 いわきサンマリーナ次の写真集

 さて、このページの最後に、この周辺の概要図を掲載したので見ていただきたい・・・・実はこの周辺は、高速を利用して、いわき湯本ICが、出来ているので、そこから下りると、ほぼ30分程度で、この地域に到達することが出来る。 そして、この地域を見てから、常磐温泉施設に行くことも簡単にできるのである。 また、海岸縁を中之作漁港などを見ながら北への道程を行くのも、これまた、小さな漁場(上に紹介する小浜漁港、そして、この先の中之作漁港など)が、沢山あって楽しい旅路となるのである。

さて、ここでちょっとコメントを付け加えると、地図上の通りを通過しているだけでは、決していい漁港には到達できないのが常で、酔い漁港は、あわてずに海岸線を静かに辿ることによって、発見できるのである・・・・最も私の経験では、この中之作漁港を過ぎると、かなり北まで行かないと酔い漁港はないことを付け加えておこう・・・


 

 

 小名浜周辺地図

栃木県みちくさ情報へ戻る、  栃木周辺の温泉もどうぞ! |那須アウトレットララミュウアクアマリーン福島福島観音沼いわきサンマリーナ

 

 

Copy Right Copyright(C) 2006-2007 hpmonda. All Rights Reserved.

 

栃木県みちくさ情報 > 小名浜漁港