小来川 風景

小来川

      栃木県の日光今市のほぼ西側の所に、小来川と言う場所がある・・・・呼び名は、「おころがわ」「とか「おくろがわ」と呼ばれておりこの地には、日光から入る道、そして今市、また、鹿沼から板荷経由で入って行くことが出来る。 山の中野市図かな山村である故、魚釣りなどで太公望が来ていることが多い場所なのです。 そこには、美しい渓流があって、そこかしこで子供と戯れる場所となっているのです・・・・静かな渓流、美しい岩場、浅い渓流の流れとどれを取っても素晴らしい静かな渓流のある行楽地なのです! ここから日光高速の日光インターにも抜けることが出来るのでその点では素晴らしい場所といえるでしょう・・・・

    ☆☆☆☆ 最新情報: 日光例幣使そば街道>第一回 あるってみんべ!小来川!!・・・来る20121118日に行われる「秋の紅葉を見ながら名所をのんびり散策、お昼は小来川の新蕎麦をどうぞお楽しみください」の行事です。 皆さんお誘いの上お出掛けください!

小来川

     もう少し詳しく説明すると、鹿沼から北西に 行ったところで今市日光に属しているのですが、ここには、東武電車が走っており、ほぼそのラインに沿って行くことが出来るのです・・・・そして途中からこの渓流は、大きく西方面へ曲がり、その当たりからの渓流の美しさが倍加してくるのです。 鹿沼から板荷街道を利用しても行けるため、非常に鹿沼に近いような気がします。 いずれにしても、その入り口は先に記したように多くあって、南は大芦川沿いの有名な 「古峰ヶ原神社方面」 から入ることも出来るので、比較的恵まれた温暖な土地柄であります。 このホームページでも別のところで紹介していますが、山奥の温泉が一見だけ有って、結構人気のスポットなのです。 渓流自体はそれほど大きい流れではありませんが、四季の風情には恵まれており、特に若い人の訪れが多いようです・・・・
      私自身、紅葉の時期には忘れずに、訪れることにしていいるのです。 ここ小来川(おくろかわ または、おころがわ)は、清流が綺麗で岩場もありますが、あまり危なくないので、子供ずれが多くきているようです・・・・

     一般的に、このように川の中で魚と戯れると行った場所は、最近激減してきております! この地ならではの美しい自然にふれあえる場所なのです・・・・それ程山深い場所ではなく、今市から約20分程度でこの地に到着することが出来るのです!

小来川風景

     小来川は、山間地です・・・・道を車で走れば色々な美しい花々に出会うことも出来るのです! 小川を見て、花を見て、水で遊び戸一日をゆったりと過ごせるのもこの地域の醍醐味でしょう! 実はこの小来川の手前の板荷地域は、「鹿沼のさつき祭り」の時に販売されるさつきの一大産地が展開している場所の一つなのです・・・・

     ここでは、稲の刈り入れが一段落の美しい地方の風景を現出している小来川地域の紅葉です。 ここは温暖な地形に恵まれて地方なので、紅葉は比較的永く続くのですが、杉の林業が活発だったためやや針葉樹が多いので紅葉は、場所によって不連続です。 ほぼ一時間程度の眺めになりますが、日光連山の紅葉が終わった後に、続くこの地域の紅葉は何ともいえない物があります。 秋ともなれば柿などがたわわにみのり美しい風景を現出します

     如何ですか、この美しい幻想的な風景は、本当にあこがれるところです。 また、ここは車もほとんど通らないところで、お奨めのポイントなのです。 まだまだここの写真が有るのですが、全部お見せできないのが残念です。 そのうち、おいおい、追加していきたいと思っています。 この柿のなる左側には、小来川が音をたてて流れているのです。

周辺探索: 日光杉並木公園小来川古峰ヶ原周辺古峯神社金剛山深岩地域千手山公園鹿沼花木センター鹿沼さつきセンター日光含満ヶ淵、等々「 粟野地方のそば」 「仙波ソバ」  「出流満願寺とそば


CONTENTS LIST from 「栃木県みちくさ情報」 よりお勧め!

 

 

栃木県みちくさ情報へ戻る            次の小来川の写真へ


★このホームページ内の検索です!

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

  pagetop