日光イタリア大使館別荘 記念公園 周辺

イタリア大使館別荘 跡

 

  ☆20180427: このイタリア大使館別荘公園とイギリス大使館別荘公園は、最近の日光への行楽観光の増加で、連休中は入場制限を行うそうです・・・また、ティールームも時間制限で開業するということです。 ご承知のように、栃木県のデスティネーションキャンペーンで、JRが、「この場所からの吉永小百合のラウンジを楽しむ光景が映し出されています」・・・また、赤い橋の近くで撮影している場所は、「大田原の雲巌寺」です! ともに栃木県の観光名所です・・・・・・参考:日光イタリヤ大使館別荘跡地の夏


 

☆アクセス:

   ここは、イタリヤ大使館別荘地跡(イタリア大使館)に行く時に、下の図のように、中禅寺湖の鳥居を見たら直ぐ左に曲がる必要があります。 このガイド地図の下には、写真で、最初に曲がる道の一段上から見た美しい、7月下旬の中禅寺湖を挟んだ展望しゃしんをしょうかいしています・・・。  ところで、普通の旅では、一般の人たちはどちらかというと、この右側を、男体山の麓を超えて、竜頭の滝方面へと、迂回しながら、旅を楽しんでゆくのである。  故にこの大使館別荘おあとは知らない人が多いのです。 今回は、栃木県のDCをやっているので、JRで魅力的な写真を紹介しているので、急に人気が出ているというわけです。  では、この場所を詳しく紹介してみましょう・・・・・


 

☆20180503: お得な情報:参考:ベルギー大使館別荘特別公開について:  現在も現役で別荘として使われ ている「ベルギー王国大使館別 荘」。今年で建築90周年を迎えた ことから、DCに合わせて初公開さ れます。 この建物は、ホテルオークラ創 業者の大倉喜七郎が建て、ベル ギー国王に贈ったとされるもの で、中禅寺湖畔の別荘群では唯一 の、純洋風建築が特徴です。公開 されるのは、別荘1階のホール、サ ロン、テラス、ベランダなど。内部 を見られる貴重な機会ですので、 お見逃しなく! ?期間:6月の土日'月曜(6/30を除 く)※公開曰以外は立入禁止?時 間:午前10時~午後4時 無料


 

いろは坂を登り明智平に至りそこからトンネルをくぐりしばらく走ると道が細いながらカーブのところでy字路になる。 下に、その概要図を紹介しておこう・・・4-5番が、ここで紹介する場所なのです。 ちょうど中禅寺湖の南側湖畔となり、一般的には、人の入りが少ない場所となっているのです・・・3番の方へ行くと、中禅寺湖スカイラインに行くことができます。・・・★参考「日光特集一覧」  すると、暫く左側には、小さなホテルとかラウンジが見えてきます。  右には、素晴らしい湖畔風景、ボートハウスが見られるでしょう・・・が続きます・・・この辺は冬は氷でカチカチです。 

 

  「イタリア大使館別荘記念公園(イタリアたいしかんべっそうきねんこうえん)は、栃木県日光市にある公園で、もとはイタリア大使館別荘で、建物を修築、復元した上で公園として整備し現在一般公開しているわけです。 今回県のDCイベントがなかったら、それほど人が集まる場所ではないのです。 

   明治期以降に中禅寺湖沿岸に建てられた数多くの各国大使館別荘のうち、一般公開されている唯一の例として貴重である。 本邸は国の登録有形文化財に登録されている。」 ・・・とwikipediaで、紹介されています。 現在は、この直ぐ側に英国の記念館も出来ているので、ますます人気を博してきているわけです・・・

  日光市内から、色は坂を上り、中禅寺湖が見えてくると、大きな鳥居がある。 その手前を左に曲がるとこうした風景となる・・・ 

  ここはホテルが左側にある場所であるが、この細い道を左方向(立木観音方面) 曲がるのである。 するとすぐに道幅は狭いにしても、下の写真光景に出会えるのである。 一般的な道ではないが、こんなに良い中禅寺湖の風景の見える場所は、ほんとうに少ないからである! 

  遠く対岸には金精山の山並みが見えており白根山一帯を見渡すことができる。 実はここは少し残雪がある頃が素晴らしいのであるが、夏に訪れた方は、残雪を見ることはできないであろう(5月初旬まで出ほぼ雪は、消え去ってしまうからなのです・・・・・・・この風景をしばし見てから、立木観音方面へ向かい、そしてイタリア大使館別荘跡へと行くことができるのだから、こんなショートカットの道は少ないであろう・・

   箱根あたりと比べると、湖畔を車で巡れるが、ここは、車が入れないのでハイクとなる! ハイクで一周することもできるが、箱根と比べると、かなり自然が残っているので、手ごわい探索道路となっているのです・・・

     ここ、中禅寺湖の南側からの展望は、男体山を背にして素晴らしいところである。 

   そしていま見えているのが中禅寺湖、そして、その遠方には、ボート乗り場ということになる・・・・昔風には観光汽船乗り場ということになる。 しかし興味深いことに、今見えている場所から船に乗ろうとすると駐車場が道の裏側まで行かないと、ないのである。 そこでこの立木観音前の駐車場を利用すれば、すんなりと観光船に乗って中禅寺湖の旅をすることもできるので、しかもイタリア大使館別荘跡へと行くこともできるので、一石二鳥ということになるのでしょう!

     一般的な愛称で呼ばれているこの寺は立木観音(木でできている名観音)であるが、「中禅寺」とも呼ばれているのでちょっと紛らわしいのかもしれない・・・

   しかしこれらを見るのには十分な価値があるので、ここまで来たらこの寺をお参りするとよいだろう・・・・必ずやそのすばらしさが分かるはずだ! さて、別荘から見る中禅寺湖の風景・・・ちょっと反対側から見た光景とは俄然変わってくる美しさである・・・

     上の写真は、イタリア大使館別荘跡からの眺め・・・、こうした美しい水辺でまるでヨットを走らせているかのような錯覚を受ける様は、そのバースが残されており、誰でもゆったりと時を過ごすことができる別天地なのである。

   実際今JRの宣伝で湖面にヨットがたくさんある光景が、紹介されているが、それほどヨットは浮かんではいない・・・ ごみごみした対岸の混雑から静かな湖畔の漣を十分に堪能して日焼けして帰るといった楽しみ方もできるのである! 

   とにかくここで写真をとってみるとわかるが、いかに紫外線が強くなっているかがお分かりいただける・・・・それだけ空気が素晴らしく綺麗だということなのである・・・・


 

さて、イタリア大使館では、その周辺が自然公園です・・・自然が沢山残されており、周辺を探索するとよいでしょう・・・勝手は、ここまで車では入れたのですが現在は、残念ながら、自然保護という観点で入ることができなくなりました・・・

イタリア大使館別邸から見ると、中禅寺湖はこのように美しく輝いて見えます・・・普段の中禅寺湖とは打って変わった光景がご覧になれるのです・・・実際に昔の大使が使っていた古臭い木々のバースが、残されておリ、そこからの眺めも素晴らしく、特に夏休みには、お得な避暑地となることでしょう・・・

湖畔から見る別荘跡地の光景は、静かで夢を誘ってくれるでしょう・・・昼でも薄暗く電気のついているさまは、何か幽玄な感じを都会の人たちに与えてくれることでしょう・・・

一方、ここか新少し歩くと、こうした対岸の男体山が、現れます・・・いつもの見慣れた山ではなく、何か新たな感覚に浸れ得るのは、私だけでしょうか・・・都会の喧騒をはなれて、ぜひうここに来て楽しんでみてはいかがでしょうか・・・

ここから夏休みに見る風景は素晴らしく、目新しいものばかりです・・・この天候も、もう直ぐ秋の気配が来ることなのでしょう・・・日光の夏は短く、トンボも飛び出しており、秋浜じかということが感覚的に感じられる時期なのです・・・

 

     ここは、イタリヤ大使館別荘跡からの対岸を見ている美しい風景である。 多分、こんなに美しい湖畔展望は、通常の中禅寺湖周遊では見ることができないであろう・・・・この展望は、竜頭の滝方面から、中禅寺湖を見る普通の方向とは異なりだいぶ趣が異なるのである。 別世界絵でも迷い込んだような風景がここ中禅寺湖南端にはあるのである・・・・ということはいかにイタリア大使館は、素晴らしい場所にあったのだということがお分かりいただけるだろう・・・・

    上の写真は、大きな鳥居を右に曲がると直ぐに、こうした光景に出会える・・・ 最初の紹介した写真から本通に出て中禅寺湖の周辺を走ると、美しい風景に出会えるが、これは決して珍しい風景ではないだろう・・・・右側には中禅寺湖が見られこのカーブを進むともう直ぐに立木観音が見えてくる。

     またしてもここで紹介するが、イタリア大使館跡地で見る水辺の風景である。 ここには、ボート用のバースがあるが、きっと現地の人達が許可を得てボートを停泊しているものと思われる! ほとんどここからボートが出たような風景は見たことはない・・・・カッテは若人がボートを車につけてここから発信していたのであるが、今は許可車両のみ入れるのでそのような楽しみ方は自然保護の観点からなくなってしまったのである。

  

ARCHIVES:

  参考:今まで知らなかったのですが、毎年ここでは9月の中旬ころから(閉館のまえ)に、夕日の沈む中禅寺湖の鑑賞企画があるそうです・・・ちょっと紹介しておくと、「「イタリア大使館別荘・ボートハウスで夕景を楽しみませんか?」ということで、昨年の様子は:

  参考: 過去のイベントなど・・・・9月19日(土)~9月27日(日)の9日間、イタリア大使館別荘記念公園及び中禅寺湖畔ボートハウスでは通常の開館時間を延長しますので普段は施設から見ることのできない中禅寺湖に沈む美しい夕日を楽しんでみませんか?

なお、開催期間中は音楽会や観察会などイベントも開催いたしますので、秋の奥日光に是非お出かけください。
 
☆開催期間☆
平成27年9月19日(土)~27日(日)イタリア大使館別荘記念公園及び中禅寺湖畔ボートハウスの開館時間を延長します。(通常閉館16時⇒最大18時まで延長)
☆イベントスケジュール☆
◇9/22(火)祝
16:20~イタリア大使館別荘記念公園音楽会 MCFオーケストラとちぎメンバー ヴァイオリン・クラシックギターのトリオ 渡邊弘子・多佳子姉妹・渡邊洋邦
18:00~自然観察ナイトツアー(演奏会終了後 イタリア大使館別荘出発)
 
◇9/23(水)祝
14:30~歴史ガイドツアー(歌ヶ浜出発~イタリア大使館別荘記念公園まで)
16:20~イタリア大使館別荘記念公園音楽会 ボサノヴァ弾き語り 西澤沙苗
 
◇9/24(木)
15:00~西六番別荘記念公園 地元有志による「ハンスハンター忌」
 
◇9/26(土)
16:20~中禅寺湖畔ボートハウス音楽会 トランペット・打楽器・ピアノのトリオMCFオーケストラとちぎメンバー 林美智子・クロス理絵・長島佑希
 
◇9/27(日)
14:30~中禅寺金谷ホテル 講演会 中禅寺湖畔は「魂のうるおい」~『碧い眼に映った
日光』より~ 講師 駒沢女子大学教授 井戸桂子氏
16:20~中禅寺湖畔ボートハウス音楽会 ジャズコンサート CHEKA
 
◇9/22・23・26・27の4日間
イタリア大使館別荘記念公園内で夕景鑑賞時間に日光レークサイドホテルによるミニカフェを出店
 
◇9/26・27の2日間
中禅寺湖畔ボートハウスで中禅寺金谷ホテルによるオリジナルカクテル提供
各イベントの申し込みは9月1日よりメールフォーム・FAXで受け付けます。
イベントに対するお問い合わせは日光自然博物館 0288-55-0880まで ・・・というように色々な企画があるようです・・・かなり沢山の行事が行われていることがわかります・・・

  


★このホームページ内の検索です!

 

関連情報

新情報は、「TOP Page」 から!

日光の全紹介カテゴリー

花情報ろうばいとドライブ情報1

ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

花開花時期 北関東

北関東自動車道路群馬周辺

北関東自動車道路栃木周辺

北関東自動車道路茨城周辺

花情報

秋の花情報集  

 

その他の区分による情報紹介:

関連情報(カテゴリ)一覧集

関連情報(カテゴリー)秋

 

初めての方へ

Site Map

サイト紹介

 

このホームページのTOPへ

このサイトの全内容(全貌)

あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!