竜頭の滝・散策

四季の花と旅 花開花情報、名所案内、紅葉情報など紹介

日光の竜頭の滝周辺散策

参考情報: 

    ★「竜頭の滝とトウゴクミツバツツジ」 の様子: 今年2018年もいよいよ開花が始まり、とても素敵な5月が演出されています。 下に紹介している場所は、竜頭の滝の下でなく、上の駐車場から奥に左側から入る道筋にあります。 それほど奥でないので、誰でも入れます。 意外と知られていない場所なので、下の駐車場でなく、上の駐車場に車を止めてから訪ねてみてください・・・・楽しめるコースです。 ここから、上まで登ってゆくと、戦場ヶ原に出られるのです・・・


 

毎年この花が咲くと初夏が始まります。 今年はやはり少し遅れている羽陽ですが、つぼみがはじけてきたそうです。 今週5月27日の末あたりから見ごろになるかもしれません・・・参考サイト「日光の戦場ヶ原からこんにちは」  

         ★竜頭の滝の周辺案内図を先ず見てください・・・

竜頭の滝付近で見るつつじ 竜頭の滝とつつじの頃

日光竜頭の滝は、一番日光でも人気の場所です。 もう直ぐ、こうした初夏のムードが、始まるのです・・・

春の竜頭の滝の美しさ

     そして、毎年、戦場ヶ原では、10月頃になると「草紅葉」が色づいて皆が楽しんでいます!毎年繰り返される自然の風物詩です・・・中でも竜頭の滝は、最も早く紅葉が始まります・・・そこを歩きながら楽しむには、最も良いコースです!★20161003:「日光紅葉情報始めました!」   竜頭の滝と言えば、日本遺産の日光にあることについては、特別な説明はいらないでしょう。 ★ 2015年10月20:現在中禅寺湖の紅葉は一番美しく輝いています! 旅に出かけましょう・・・八丁出島もすばらしく色付いているそうです・・・・・・

   ★参考「日光特集一覧」 ★20160616:注意:世界遺産の日光東照宮で修理のため国宝「眠り猫」が取り外されました! ただし、複製品が取り付けられています・・・12月に完成して、戻されるそうです。 三猿は7月から修復に入り、9月まで修理となり、修復の様子は、西回廊で、見ることができるという・・・「☆☆竜頭滝最新版」 「美しいクリン草咲く日光湯本温泉と湯の湖」 20090629 「速報日光霧降高原・キスゲ咲く様子!」・・・★参考「日光特集一覧」 20130729日光中禅寺湖の紹介 ★「秋特集 関東」 「日本いい旅で日光から湯西川が紹介されました


     この竜頭の滝は、春夏秋冬から冬を除けば、大方の観光客に好まれるベストポイントなのです。 特に春は、この周辺から戦場ヶ原を通り、光徳牧場へ抜けるコースは、最も一般的なコースとなり、学生達の修学旅行コースで道が学生でいっぱいとなるのです。 

     まあ、交通のある両側土手で咲いていますから鑑賞するには十分注意してください! 竜頭滝は、人気があるスポットなのでこ見に来る人が多いのです 

参考:「日光中禅寺湖の紹介

     しかし現代のように車やバスで来る人達には、この様なコースはなかなか選べないのが事実なのです。 と言うのも一度通った道を再度引き返さなければならないからです! しかしその様な場合でも、それ程遠くないあるポイントまで行き、そこから戻れば、その周辺の醍醐味は十分に分かって頂けるのだろうと思います。 とりあえず、今日はこの竜頭の滝と周辺の何処がいいポイントなのかを見て見ようと思うのです。 ここは、先ほど述べたように、それ程広いエリアではないので安心して探索出来るのがこのコースの特徴なのです。

    

竜頭の滝を歩く

     

 先ず、この竜頭の滝の周辺の概要を頭に入れてお来ましょう・・・・下の案内地図を見ながら、日光いろは坂を登り詰めて最初に見えてくるのは、多分中禅寺湖でしょう・・・・ そう、この中禅寺湖は、周辺が、数年前に改良されて、今は、車を周辺に、おけなく(駐車出来なく)なってしまっているのです。
      その分、足で歩く必要がある・・・・そういう人達には、きっと最高の観光地だろうということです・・・この道の右側にそびえる男体山麓に大きな、正式な駐車場が出来ているのです。 そして、この周辺を暫く進むと、前に赤い鳥居が見えてくる・・・これが、二荒山神社である。 

     そして、今日は、ここを大きく左折すると、暫くは、林の中を心地よく走るが、また、大きく右に曲がるカーブに出るのです。 するともうそこは、竜頭の滝の入り口になります。  一般的に言って、この二荒神社から竜頭の滝に至る道は、中禅寺湖に面していて素晴らしい環境であるが、あまり人がハイクしている姿は見当たらないのです・・・・ほとんどバスを利用しているようです。 (また少し道が複雑になるが、途中金谷ホテルのボート乗り場跡から中禅寺湖湖畔が歩けるのでここを通過して湖畔際を通りぬけてプリンスホテルまで歩き、そこから竜頭の滝を目指す歩き方も素晴らしいコースとなるので、もしお好みならば、おすすめできるばしょのひとつでしょう。)

 

     この竜頭の滝に至る道程はといえば、男体山の山麓を迂回して来たのである。 それほど中禅寺湖と男体山は、深い関係にあるわけです・・・・そして、その脇腹の処に、この竜頭の滝が位置していたのです。 そしてこの最初の信号の処をカーブして左に曲がらずに、直進して入れば、もうそこは「竜頭の滝の観光駐車場」であり、ここから楽しい散策が、出来るということになるのです。 実は、この竜頭の滝駐車場に入らずに少し先に行くと、ジグザグの道になっていて、暫く登ると竜頭の滝の上流に出るが、この左脇にも駐車場がある。 しかし、ここは30台程度の駐車場なので昼間、特に観光時期は、多分満車なのかも知れない(グリーン時期では、いつも開いているので心配はないのですが・・・。 ・・と言う意味では、先ほどの下の大きな駐車場に車を止めて竜頭の滝を見て、鑑賞するのがいいのかも知れないのです(もし車2台ならば、上と下で車のキーを交換しあって登り降りすれば、効率は良いのかもしれない)。 

ちょっと、竜頭の滝を上まで登り、下を端からのぞいて見ましょう・・・効した初夏の光景が、美しく緑の葉の中から見ることが出来るでしょう・・・

初夏の竜頭の滝上側歩道にて

参考: 「ここから竜頭滝に向かい、揚げ餅雑煮を食べましょう・・これは、龍頭之茶屋の名物、お雑煮というものであり最近有名になっている。 雑煮に山菜と醤油をかけたものだが雑煮には油であげたものなのである。 竜頭風お雑煮と呼ばれている・・・」・・・もっと見る

  • 日光中禅寺湖を歩く_2
  • 日光中禅寺湖を歩く_1
  •  

     (参考) お帰りに、宇都宮インターから温泉のある 「 ロマンチック村 」 は、如何ですか?「花と旅は、みちくさ情報へ!」

          竜頭の滝茶屋

         この竜頭の滝は、この駐車場の直ぐ西側に位置しており、ちょっと石階段で上に見える店の中に入ると、そこから竜頭の滝を見ることができる。 そこには、展望台が用意されているのでゆったりできるが、紅葉の時には、ここから写真を撮る人でいっぱいになる・・・・・。 多分観光の時期(特に秋)には、あまりにも混雑するので、その点覚悟しておくと良いだろう。  ここでは、軽食、団子、コーヒーなど好き好きに楽しむのも良いであろう。 土産品もここで売っているので、その点心配は無い。

     

         そして、ここから希望があれば竜頭の滝の下に紹介する地図上でオレンジ色の道で滝の上流まで上るハイクコースを楽しむといいだろう・・・・時間的には、片道25分以上と見るが良い・・・。 決して健脚型のコースではないので、皆でわいわいやって登っていくと若ければ多分20分程度で上の駐車場まで行くことが出来る。 春には、ツツジ花が咲き乱れており美しい場所なのである。 右に見えるのが男体山で非常に近いところからこの山の頂上を迫力ある形で望むことが出来るのである。 しかし秋の紅葉は、この地域では一番先陣を切って紅葉するので、その日その時の見定めは、地元の人でも非常に難しいのである。(ハイクするとこのような竜頭の滝に流れ込む川の流れが見て取れる・・・・) ここで頂ける名物の施無畏(せむい)団子があります。 よくTVなどで報道されるものです。2種類あって、 つぶあんのよもぎだんごと、みたらしだんごです。 私は、甘党で、やはり』粒餡の方・・・ところで、 施無畏(せむい)とは、施無畏者と呼ばれる観世音菩薩が由来で、 多くの人に安らぎを与えるという意味があるそう名のですが、難しそうですね!!

    日光竜頭の滝探索の時の流れ

         また、私のお薦めは、この上の駐車場から 道路を横切って少し戦場ヶ原の方(北へ)まで行くことをすすめよう! ・・・と言うのも約100メートル程度であるが、行けば、この竜頭の滝の流れが、非常に幅広になって、岩場がなくなりこのたりからの風景は、見晴らしが素晴らしいからに他ならない・・・・そして、これより上は、登っていけば戦場ヶ原に出るのであるが、それをやると、今度は戻る時間が、大変掛かるので、良く時間と相談して行って欲しいのである。(この場所の写真が、一つ上で紹介した花のある大きな写真の場所である)

     

         と言うわけで再度「竜頭の滝を歩くコース」を辿って下に降りるのだが、最後のお奨めは、下の駐車場に降り、(A)着いたら信号の場所まで行かないで手前の店の前の細い道を右に曲がると、小さな橋がありそこから竜頭の滝を下から見上げることができる・・・(B)そこをそのまま過ぎてゆくと直ぐに南に折れる丁字路に出るのだが、 ここを是非降りていって欲しいのである。 勿論車で降りても差し使いない・・・・要はこの道、プリンスホテルへの道程である。 そして、周辺は、紅葉は、この上なく美しい場所であり、、春の新緑もまた素晴らしく美しい場所である。 出来ればプリンスホテルの玄関に出て、ホテルフロントで許可を取り、ホテル裏の中禅寺湖を見ると本当に疲れを癒されるほど素晴らしい展望が待ている・・・・!

    竜頭の滝周辺地図

        ★上に示す、竜頭の滝周辺地図で、オレンジ色のマークが歩行探索コースです。 竜頭の滝の場所の駐車場は、無料で駐車できます。 また図に示す上の駐車場も無料ですが、シーズン中は、バスなどで混雑しているのが常です。 車2台で行くときには、一台ずつ上下において、各グループが反対方向に行けば、戻る時間の節約になるでしょう・・・一般的に、TVで紹介される、竜頭の滝は、この茶屋から見る風景であり、渓流沿いに探索路(オレンジ色)がもうけられているので、それで上に登ったり下りたり出来るのです。

    学生の日光旅行では、戦場ヶ原とこのコースは定番なのです・・・参考:上に示す「日光プリンスホテル」は、現在営業を休んでいます。


     

    その他、[歩く場所紹介一覧へ]、   「早春の竜頭の滝周辺」  「初夏の頃の竜頭の滝周辺」 初夏に咲き誇る「日光クリン草の美しさ!」   「美しいクリン草咲く日光湯本温泉と湯の湖」 20110519富士芝桜5分咲き・見頃に入る

    ☆☆☆ 「NEWクリンソウ紹介」 20110515日光 明智平から見る初夏のつつじ群落・満開 毎年恒例の山ゆり祭りが行われている「日光の大谷川公園」・・・今年2013年は、昨日(7月13日)「山百合ユリの花の祭り」が始まりました。 ここでは、これに合わせてすたんぷらりーや大道芸のショウが行われています。21日までが開催期間です・・・現在は3500株になっているということでその迫力は素晴らしいものとなっているのです! 多分まだ知らない方々がおられると思うのですが、今流行のゆりと異なり山百合の迫力は素晴らしく近くでよく観察してみてください・・・そのゆりの構成美は、特に美しいものがあります・・・このゆりは、実際は、塩原温泉など高速で行かず地上でゆくと、矢板の北辺りから街道筋で咲いている百合と同じです・・・

    ▲ページの先頭へ