日光とは

日光紹介

・★20161003:「日光紅葉情報始めました!

★参考「日光特集一覧

★20160713:一般公開 を始めた奥日光•中禅寺湖畔 の「英国大使記念公園」 が、開園から10日間(1〜10 日)の入園者が489人と なり期待 以上人気とのこと・・・参考:「中禅寺湖」「光徳牧場」「竜頭の滝」「湯元温泉」「イタリヤ大使館跡」「日光について

★20160616:注意:世界遺産の日光東照宮で修理のため国宝「眠り猫」が取り外されました! ただし、複製品が取り付けられています・・・12月に完成して、戻されるそうです。 三猿は7月から修復に入り、9月まで修理となり、修復の様子は、西回廊で、見ることができるという・・・


三猿、眠り猫などをデザインし たオリジナル御朱印帳=写真=を 浅草、北千住、東武日光、鬼怒川 神社巡る」と紹介されています。  ★「日光関連パンフレット 参考先」・・・ここでは、旧日光関連の場所もパンフレットを見ることができます。


  ★★「秋特集 関東」 「日本いい旅で日光から湯西川が紹介されました」  ☆ 今年2013年の遂に行楽の秋が近づきました・・・戦場ヶ原では、もう草紅葉が色づいて皆が楽しんでいます!・・・・先ず 「日光について紹介」 

するとき、非常に広範に渡るエリアなので、どの範囲、程度まで紹介すればよいのか、実はとても難しいのです! 各人の好みもあるでしょうし、季節の趣向もあります。 そこで、全般的な日光エリアの地図から、皆様の好きな地域に飛んでいって頂き、また見て歩ける様な ページを作ってみましたので是非ご利用下さい。 (このページの中央部に日光全体の概念地図があるので参考にしましょう!) 最新情報 「花旅のブログ初めました!
先ず概念的には、日光市内から、湯の湖周辺までを一括して紹介しており日光全般を見ることが出来ます。 日光について紹介する、或いは、「日光とはどういうところか」を広範に、しかも簡単に見るのには多分利用しやすいページだと思います! そして、関連ページへも飛ぶことが出来るようにしたので、これで有名な日光の主なテーマを頭に入れてから、是非現地を訪れてみて下さい! ・・・・関連ページとしては・・・・「日光東照宮を歩く」 「日光東照宮の裏道を歩き楽しむ!」 「日光市内を歩く!」    クリン草咲く千手が浜(20090620)    「最終版:20090621 「最終完成版「千手ヶ浜とクリン草を見る!」 等々多彩です! 20090629 「速報日光霧降高原・キスゲ咲く様子!


      ☆ 一寸、ここで紹介してみますと、旅の目的が何かによって大きく紹介内容も変わるのです。 例えば、社寺を見る。 美しい風景を見る。 温泉に行きたい。 湖水を見たい。 牧場を見たい。 滝を見たい! 等です・・・以上、各人の好みは多様なのです・・・一応ここではそれらのページに行けるようにしてみましたが、要は、日光全般を知らないと、何から手を着けて良いのか分からないでしょう・・・・そこで、下の地図から、ほぼ有名なコースと場所の全貌が分かります・・・是非そこから見に行って下さい! 多分皆様の探している主な場所が、次々と現れてくることでしょう! 「☆☆竜頭滝最新版
「美しいクリン草咲く日光湯本温泉と湯の湖」・・・・というように、日光はとても興味深い場所であることには、違いないのです・・・・

 

三猿のある陽明門前にて

     この日光に来るにも色々なルートがありますが,車の他は、東武電車スペーシアで来る方が多いのでしょう! 電車を降り立ってすぐ売店に行くと、驚くような弁当があるので先ず驚かされるのです。 値段がなんと¥157、500.ーという価格設定です・・・・理由は,この弁当箱が日光彫で出来ているからなのです。 そしてまた驚かされるのは,この弁当一式が、すでに1ヶ月先まですでに予約でいっぱいだということなのです・・・・これはこの日光彫が人の手で行われているために、間に合わないという事情があるためなのです! そして日光市内へ栃木の名産品へ! 上のリンクから市内を見ると東武日光線から歩きながら世界遺産の日光への街並み風景が紹介されています。そして神橋へと誘われていくのです。 この神橋で丁字路に至りますが、ここからまっすぐの山中に入るのが常道なのですが、右に回りこんでゆくコースもあるのです・・・・そちらの案内は、この日光裏街道めぐりの方から見てみましょう! これを見ると日光市の神橋をやや上からみている風景に出会えて,静かな明治の館の方向絵と誘われるルートが紹介されているのです。 そのどちらから行くことも素晴らしい自然がいっぱいですが行き着く所は、同じところとなるのです!すなわち輪王寺周辺です。(2013年からは、丁度、修理修復中の時期ですが、ちょっと変わった角度で見るのも良いでしょう・・・・)陽明門なども裏を剥がした姿を見ることが出来るのです・・・・とても興味深いことです!

  • 日光中禅寺湖を歩く_2
  • 日光中禅寺湖を歩く_1
  • (注記) ここで紹介している地図には、文字および図の部分に「リンクが張ってある」ので、マウスをそこへ持って行けば、その関連ページに飛ぶことが出来ます! その他、情報検索は、こちらから!「特選 情報検索窓へ

    日光輪王寺周辺にて

         日光周辺は、たくさんの土産店、食事場所がありますが、そういった場所を狙いたい方々は、先程の神橋丁字路を左に曲がるといいでしょう・・・・やはり遠方から来た人には,湯波料理(湯波膳)が、いいのかもしれません(日光のは湯波,京都のは湯葉です・・・作り方が異なるためです)。 しばらく歩くとだんだんと多くの土産店などが乱立してきます! 特に二荒神社入口辺りに来るとその道筋には沢山の商店が集まっているのです。 日光はどちらかというと観光の名所が一箇所に集まっている場所と言えるでしょう・・・全体をゆったりと歩きながらすべてを見るには約半日はかかると思ったほうが良いでしょう。 それにしても回りやすくまとまっているところなのです。 ☆ 裏街道筋に穴場ですが、この周辺から街道筋をまっすぐ少し登ると含満ヶ淵と呼ばれる千体地蔵尊のいる場所に出ることができます! こちらはまた静かな場所で大谷川のほとりで佇む地蔵尊と渓谷を満足することが出来るでしょう・・・また,この地蔵尊の対岸には、東大の日光植物園があるのです。 特に春と秋には美しい日光の自然の花々が名称をつけた名札と共に鑑賞することが出来る穴場スポットなのです! この写真の広場から、奥に行くと二荒神社に行きますが,ここでは今人気の若返る水、酒の水,知恵の水といった名水を汲んできたり飲むことが出来るのです! 水の持ち帰りのぼっとるも販売されているので,それを利用することも出来ます。 また,上で紹介した栃木の名産品へ!でもこの名水を使用した市内の羊羹、とくに水ようかんが有名です。 味はそれほど強くないのですが、これらの名水で小豆の味が美味しくなって、羊羹の味が生きてくるのだそうです・・・・羊羹販売店では座って一本だけでも食することができるので,それから購入するのもよろしいでしょう・・・・☆ 日光の紅葉についてみたい方は、こちらを先に観るのもよろしいでしょう・・・・また,紅葉の時期には、うまくいくと初雪を見ることも出来るのです! 日光初雪

    ☆輪王寺では、写経をすることも出来るのです(予約必要)。 

          湯の湖: 湯の湖は、この日光の一番奥にある湖水であり、標高1478メートルの場所に位置しているのです。 5月から9月まで短い期間とは言え、鱒釣りの解禁が行われます。 貸しボートが沢山あるのでそれに乗って楽しむこともできるのです。 また、ここから群馬県へ抜ける起点となっているのです。 一般的には、日光市内からあの有名ないろは坂を上らないとここへはとうちゃくできません。 今まで、このいろは坂は、有料道路だったのですが、今では無料化されており、沢山の人がこれを利用して、栃木県内外におうふくできるようになったのです。 今ここでは、日光湯の湖に来ているとして説明していますが、温泉が豊富なので歩いていると硫黄の匂いが至るところから発散しているのが分かります。 一般的には、この一番奥の湯の湖を楽しんでからまた下に戻るというような旅が多いのですが、ここを越えてから群馬県の方向へ抜けて行くこともできるのです。    

           そして、この金精峠道路にはいると、金精峠に近づくに従い急に高度を取るため、見晴らしは素晴らしくこれら湯の湖、戦場ヶ原を展望するのに絶好の場所となっているのです。 是非、トンネルの手前まででも登って今来た道を振り返ってみてみましょう・・・・絶景が広がるはずです。 男体山が自分の目線に近くなるまで登れるのでその迫力は何とも言えない醍醐味なのです。 そして、足湯などもあるので忘れずに入ってから帰りましょう! また変わった点では、この場所に温泉寺と言われるれきっとした寺があるのですが、ここでは、非常に温泉の湧出場に近いのですが、寺の温泉にはいることが出来るのです! 多分お寺の温泉にはいると言うことは、国内でも珍しいことなのでしょう。 尚この温泉寺は、輪王寺の別院でありS48年再建の薬師堂が併設されているのです。 この寺の境内から木陰を通して遠くを見ると何か湿原が見えるはずです・・・・そして、そこまで木の橋が有るはずです! そうです木の葉史を渡って温泉の湧出する賽の河原のような場所に行くことが出来るのです。 一寸小ぶりの家のような建物が建っていますが、これらが各旅館への配泉設備なのです! 是非、この源泉も見逃しの内容にしましょう・・・・そしてここ迄来れば足湯は、もう目と鼻の先です! ・・・・・・・・「花と旅は、みちくさ情報へ!」

    湯元温泉: 湯の湖の来たに広がる平坦な場所に温泉街と民宿が出来ており、なんと言ってもこの西側には、かって隆盛を見た日光スキー場が有るのです。 温泉一覧

         光徳牧場: 光徳牧場は、丁度戦場ヶ原の途中から右折して男体山の山麓に入り込む位置になっており、此路を進むと、10っぷんていどで静かな場所に出る・・・・特にこの高原の牧場は、乳牛製品が人気であり、学生達も多くここを訪れており、素晴らしい閑静な場所であり、温泉もあって、十分自然を堪能して行ける場所なのです。 この紹介している写真は、丁度初夏の一番美しい時期のものですが、これも2から3週間程度で葉の色が黒ずんでしまい、このように透き通ったいろはまた来年までお預けと言うことになってしまうのが残念なのです! このところには渓流とせき止められた小さな湖があるので、そこで静かに佇むのも良いかも知れませんが、運が良ければ牛馬などの自然放牧を見て楽しむことも多いようです! そして忘れてはならないのが、この地に来たからには乳製品のアイスクリームは、絶品中の絶品でしょう・・・・勿論この場は、学生達の自然観察の地点にkなっているの出沢山のバスが駐車しており、子供達が白樺の間を歩きながらその一時を楽しんでいる光景に出会うはずなのです!

         戦場ヶ原: 上に紹介した、場所から少しにしに行った場所に開けた場所で廻りが囲われている場所・・・・そうですそこが戦場ヶ原と呼ばれる処です。 ここは春と秋がなんといっても色が変わっており素晴らしいところなのですが、まあ、何時訪れても見るものは多いので大丈夫です。 春がやっと来たと思いきや、秋になってしまい下界が未だ夏の時にはもう赤トンボが飛ぶのですから、一寸考えられない様子です・・・・戦場ヶ原は、この地域に来れば見逃すことはないでしょうが、東に何体山を見ながら、時期相応の美しい花々が、咲いており、多分冬以外は、いつでも花が咲いている植物の楽園といえる場所であり、時間さえあれば、ゆったりと歩きながら散歩、ハイクを楽しむことが出来る場所なのです。 一寸道路側から見ていると中に入れないようになっていますが、実は、竜頭の滝入り口から先ほど紹介した湯の湖の奥まで探索道路が出来ておりこの草原の中を楽しくあるって行き来する事が出来るのです・・・・
         
          また、この戦場ヶ原の手前から無公害バスで丁度中禅寺湖の西端にある千手ヶ浜まで行くこともでき、今ではマイカーのはいることが出来なくなっているので、このバスの旅は素晴らしいものの一つです! またこの千手ヶ浜からご箱根などにある遊覧船が出ており、これで中禅寺湖に東端に戻ることもできるので季節の良いときにはこれもお勧めのコースなのです! 下の地図をクリックして、少し周辺の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか? また、この遊覧船は、下の中善寺(別名で立木観音)に立ち寄ることもできるので、その他のシミは倍加されるでしょう! ここからは湖畔に沿って中禅寺湖周辺を楽しみ華厳の滝へと行くコースも素晴らしいコースです・・・・下にその写真を紹介しておきますが、これがその全貌です! 

    日光クリン草咲く頃

         丁度ここは、中禅寺湖の西の端に位置するところなのですが、割合に知られていないのです。 花の咲く時期には沢山の人が、ボートで来たり無公害バスで来たりして込み合う名所なのです・・・・ハイクが好きな方々には、多分絶対のお勧めのコースでしょう・・・・また、中禅寺湖の立木観音の咲を湖岸に沿って約一キロ程度進むと旧イタリヤ大使館の別荘跡に出ることが出来ます。 ここは現在綺麗に改修されており冬以外は無料で公開されており素晴らしい境地を見ることが出来るようになっています・・・・・ここから見る男体山の眺望は抜群です!

    男体山を見るベストスポット

    日光の全貌紹介図

    (注記) 下の地図と写真集には、リンクがあります・・・・マウス移動してクリックすればその各の場所、好きなところに行くことができます! 日光概要を、お楽しみ下さい!

    日光紹介図 竜頭の滝 中禅寺湖 大笹牧場 含満ヶ淵 日光市内 東照宮周辺 中禅寺と半月山そして、中禅寺湖スカイラインへ 日光戦場ヶ原

     

    (注記) 上の地図と下の写真集には、リンクがあります・・・・マウス移動してクリックすればその各の場所、好きなところに行くことができます!   日光概要を、お楽しみ下さい!

     

    日光観光写真集

               
    日光龍頭の滝春 龍頭の滝春 神橋 日光五重塔 含満ヶ淵 龍頭の滝を歩き楽しむ!
               
    日光植物園 日光杉並木公園 光徳牧場 大笹牧場 中禅寺湖スカイライン 中禅寺湖
               

     旧情報 ★20150331:日光で東武鉄道が、日光400年大祭を記念した御朱印らりーを 開催するそうです・・・「東武鉄道は4月1日、浅草神社、 上野東照宮、日光東照宮の と連携し、日光東照宮の400年 式年大祭を記念した「徳川家康公 奉斎400年記念御朱印ラリー」 を始める。・・

    ★このホームページ内の検索です!

    関連情報

    新情報は、「TOP Page」 から!

    花情報ろうばいとドライブ情報1

    ろうばいとドライブ情報2ろうばいとドライブ情報3

    佐野インター中心  北関東自動車道路 観光

    花開花時期 北関東

    北関東自動車道路群馬周辺

    北関東自動車道路栃木周辺

    北関東自動車道路茨城周辺

    花情報

    秋の花情報集

     

    その他の区分による情報紹介:

    関連情報(カテゴリ)一覧集

    関連情報(カテゴリー)秋

     

    初めての方へ

    Site Map

    サイト紹介

     

    このホームページのTOPへ

    このサイトの全内容(全貌)

    あまり上の紹介量が多いと感じる時には、こちらをどうぞ!

     

    ▲ページの先頭へ