那須 観光

那須 観光 ガイド

★2017 観光講座、初回は芦野宿・・・那須地域の専門家と共に歩き、観光 資源を実感してもらおうと始まったそして、観光客へのおもてなしの心を育んでも らうのが狙いと言う・・定員25名で25日まで受付・・TEL0287 . 7 6 . 2619 那須観光協会まで・・・・

 いよいよ今年も春ですね!「白河フラワーワールド」「白河南湖公園

那須高原について紹介するときに、この地域の広大な場所を一度で紹介することは難しいのです。 「那須フラワーワールド秋」「茶臼岳を歩く」今年も段々と紅葉が降りてきて那須の町中が見頃に近づきました・・・那須は実際には山を登る楽しみが多いのですが、町中の温泉街でゆったりと楽しむのも良いのかもしれません。

 ★20150901:早くも那須連山でリンドウが見頃と新聞で紹介されている。この報道があると後一ヶ月足らずで山の上は紅葉が始まるのです・・・ 「那須高原秋」  

★ 芦野紹介:那須連山が冬のよそおいになる時季です。でも那須町は広い。ふもAJの黒田原、芦野、伊王野地区では里の紅葉が見頃。加えて一年の収穫を祝うお祭りも行われます。 十一月二十二日(日〕には、芦野地区の遊行庵直売所収穫感謝祭が開催されます・・・芦野の遊行柳はかって西行や 松尾芭蕉が訪れた風情あるとこ ろ。柳の近くにある大いちよう は樹齢四〇〇年以上、高さ三十五メートルの巨木

那須の観光についてここで何処まで紹介できるのか、ちょっと難しいのですが紹介してみましょう・・・・とにかく那須の観光は広大です。そして色とりどりの名品が揃っています。 そこで概要地図をここで最初に紹介してそこから順々に好きな場所を探索するといった方法が良いのかもしれません。 この那須の紹介は、首都圏の方々が対象になっていますので、東北道の高速道路 で季節の良い時に訪れれば、それはそれは素晴らしい那須高原を満喫することができるのです・・・「那須森のビール」「那須花のお城」「2013年9月現在 那須これは、お得情報・・・クーポン券がゲットできる!・・・・那須の観光協会のページから!」(2013107現在・那須茶臼岳の 「姥が平の紅葉」 が見頃迎えたとの事です!今年は寒さがなかなか来ないので姥ヶ平の紅葉が長続きします!)「那須連山西端の観音沼を旅する秋」「雪割橋の紅葉紹介

 

    先ず、下の那須高原観光ガイドの紹介地図と写真を見てください。 私の紹介はこの場所からです! これ以外にももっと素晴らしい場所が目白押しですが、それ等はこのページからリンクをたどっていってみてください。 きっと素晴らしい場所にたどり着けるはずです。 一般的に地図の真ん中にある那須インターで降りてから那須を目指すのが王道ですが、最近ではスマートインターがあるので下の4ヶ所から自由に降りてゆくことができるようになりました。 下から行くと、 千本松牧場の近くの「那須塩原IC」,次が那須アウトレットに一番近い黒磯PAに新しくできた「黒磯すマートIC」、そして、一番一般的に利用される,しかも一番栃木県の端の那須高原PAに出来た、スマートインターの「那須高原IC」という4つのアクセス方法があるということです。参考:「那須初秋」 「那須姥ヶ平と紅葉の旅

注: 下の写真には、リンクが張ってあります・・・好きな写真をクリックしてみましょう・・・尚、地図でより大きな地図は、「那須初秋」から見ることが出来ます!

 

春の那須フラワーワールド

那須観光といってもかなり広いエリアですから簡単にそこ、ここというように紹介できないのもお分かりいただけるでしょう・・・・しかし寒い冬に訪れるよりやはり早春から花が咲き出す頃を狙ってたびに出るのが最もお勧めでしょう。 那須の早春で残雪の残る頃は、ほんとうに美しい空気感につすまれるからです・・・

ナスの名峰旭岳

那須高原の旭岳の秋の光景です。 こうした光景は、空中ケーブルに乗らないと見られませんが・・・首都圏から那須に訪れるときには殆どが東北高速道路を利用するでしょう! そして那須ICから降りて那須の街道筋をだんだんと山に向かって進むのが定番です。 またこのコースが最も綺麗な那須岳の光景を目にすることが出来るのです。 途中いろいろな店がありますがこれらをその都度見て回るのもひとつの楽しみとなるでしょう。 勝手気ままにこれらの店に寄って楽しむのもひとつの方法ですから・・・

東北道 那須PA東北道 那須PA

また那須に行くのに高速の那須パーキングから降りるといった方法もあります。 ここはやや那須の北の方からのアクセスとなりますが、自然を満喫しながらの旅が楽しめるでしょう・・・なスパーキングは、スマートICですから降りることも乗ることもできます。 なスパーキングも最近新しくなったので寄ってみると良いでしょう・・・

 

有名な那須のソフトクリーム鮎の塩焼きなども食べられる・・・・

那須パーキングでも色々なグルメが販売されていますが、注意することは上り側と、下り側の個々の紹介では多少の店の構成が変化しています。 例えば、上り側では、最近サンフランしずこで使用されていたトロリーバスが展示されておりその中でトロリーバスワッフルを食べることおができます! また、テラスレストランでは、NEXCO 東日本の新しいメニューの「那須の撫子」¥1200.ーを食することも出来るようになりました! この中には、チキンクリーム、栃木和牛ステーキ、クルトンボールなど数々の名品が並んでいるシッシをいただくことが出来るのです。

 

☆☆ ところで、この辺から紹介方法を変えて地図上で紹介してみましょう・・・ここで紹介しているのは、この那須地域からの行ける近隣の山、花、温泉などの施設、そして那須のアウトレットなども紹介しておきました! こうして見ると意外といろいろな場所に行けるものだと驚くばかりです・・・

 那須高原ガイド地図

 参考情報:那須八幡のつつじ那須茶臼岳那須フラワーワールド那須ガイド那須花のお城那須森のビール那須アウトレット那須リゾートショップ那須りんどう湖牧場那須鹿の湯散策那須白河より那須八幡つつじ那須岳早春那須友愛の森道の駅那須高原盛夏千本松牧場那須初秋

 

     1)それでは、上で説明した場所を順を追って紹介してみましょう・・・・この地図の一番上のスマートインターの「那須高原IC」から見てゆきましょう! ご承知のようにこのパーキングは、この周辺では一番大きく給油も可能ですが、なんといっても色々なスイーツが手に入るということでしょう。 お好みの那須周辺から県内の珍しものは並んでいるのでわざわざ道の駅まで逝かなくとも高速道路側で手に入るといった購入方法が可能な場所です。那須のジャージー牛の美味しいソフトクリームなどもここで売っていますからぜひ試食してみましょう・・・・ただここは、那須の連山を見てみようという方々には、ちょっと不便であまり見晴らしは良くなくこのパーキングに来るまでに西方向によく見えた山々が那須連山ということになりそのあたりが一番の展望地なのです。 もしこれ以上北に走り白河まで行くと山の形がガラッと変わり普段みている山の構成と異なってきてしまいます。 「白河から見る那須連山の様子

 

     ただし、この那須高原スマートインターから降りて那須に向かうと何処の道を通過しても多分一番美しい那須の山の風景を満喫できる場所が、いろいろな場所で見ることができるのです。 このパーキングからおりて、一番近い観光地は、右にある「那須フラワーワールド」の広大な自然美でしょう! 那須連山が此処に来るまでにみえていれば、そのフラワーパークに行くと花の後ろに広大に広がる那須連山でまるで絵のように美しい花と自然に触れることができるのです。

     2) さて、那須フラワーワールドからどちらに向かいますか・・・この地域は、比較的どちらを向いても素晴らしいところでしかもアクセスがとても良いところです。 では、やはり山の上の方に向かってみることにしましょうか! この那須フラワーワールドの山に向かう真西の道路(305号)をさかのぼってゆくと、マウントジーンズスキー場に向かうことが出来ます。 ここは春には水仙の花がたくさん咲き乱れ、6月にはゴヨウツツジが咲き乱れますが、秋は紅葉というように色々な四季の美しさを満喫できるところです。 もちろん冬にはスキーということですが・・・・(・尚、地図でより大きな地図は、「那須初秋」から見ることが出来ます!)

 

     3)このスキー場に近くには「那須どうぶつ王国」もあって動物たちと触れ合うことも出来るのです。 さあ、皆様ならば何処にゆきますか! そこから丁字路に出ますが,この道が、ナス科っし有料道路なのです。 最も今は県道となっており無料で通行できます。 ここから左にゆけば、那須高原有料道路につづいているので簡単に那須茶臼岳などの方面にゆくことも可能です。 園周辺では、那須温泉の鹿の湯、温泉街をゆったりと温泉気分を味合うことも出来ます・・・・また、春であれば素晴らしいツツジの群落を鑑賞することも出来るのです。

 

     4) このスマートインターで降りてから東に行くと東山道にゆくことが出来ます・・・・義経街道です。 この歴史街道は、黒田原の道からしばらく東寄りになりますが、一番大きな道の駅が大きな水車で有名な道の駅東山道伊王野ということなのです。 そこでは名物蕎麦をいただくことが出来ます。 那須与一などの歴史もこの周辺で楽しむことが出来ます。 また、ここには、芦野温泉と呼ばれる約湯の温泉で首都圏の方々には大変馴染みの温泉も散在しています。 そして秋には、彼岸花で有名な簑沢の彼岸花は圧巻です! 那須にゆく観光バスもこの時期には、わざわざこの地域まで立ち寄ってこの彼岸花を見てお帰りになるコースが多いようです!

     5)此処で紹介が遅れましたが、那須のもう一つの有名なアウトレット「那須アウトレット」は、このインターからは少し離れていますが、もちろん街道筋を南に下れば行くことが出来ます。 しかしこのアウトレットに行くには、黒磯PAから降りてゆけば5分で行けるように出来ています。 

     6) 那須アウトレットが出来てしばらくになりますが、ここでは、休日には那須どうぶつ王国からの動物が来ていて子供たちが一緒に触れ合って遊ぶことが出来ます! それほど広いエリアではありませんが亀とか鷲とか、今流行の動物たちが着ています・・・・こちらは、どちらかというと那須塩原インターか那須インターから降りていった方が近いのですが、今は那須板室インターが出来たのでここからならば、あっという間に行くことが出来るようになりました! ここからなす周辺を旅するときには、比較的広いエリアになるでしょう・・・・下の塩原温泉方面、千本松牧場、等それから静かな温泉ならば板室温泉というようなところも視野に入ってくるでしょう・・・・何しろ那珂川の源流ですから魚釣りなどもお楽しみのコースに入ってきます! 参考: 温泉一覧、 湯治場一覧、 那須温泉一覧、 塩原温泉一覧

     この地域は、那須塩原市ということで一緒になっているので、昔風に考えると分かりにくくなってしまいましたが、かなり広大なエリアに渡るということが言えるでしょう。 白濁した温泉ならば那須温泉(那須の温泉も全て白濁とは限りませんのでその点、知っておきましょう!)、そして塩原温泉の新湯、ということになるのでしょう・・・・

     7) 一方那須の東方面では、芭蕉の通過した歴史街道、義経のたどった歴史街道があります。 東山道と呼ばれており、伊王野地域です。 ここでは大きな水車の廻るソバの名物である道の駅があります。 この周辺は、北に行くと福島県の白河に行く道になります。 途中白河の関も有名ですね! 白河に着くと白河城と美しいバラのある城に到着します。 ここでは南湖公園が有名ですがここからも美しい那須連山が見て取れます。 途中には、その他、簑沢の彼岸花なども最近有名となっています・・・・。 ちょっと脱線しますが,この街道筋は、比較的奥州街道から外れています。したがって現在の4号線から離れているので、高速道路は遠いのですが、福島の白河まで出てからに死に戻り白河インターから戻ればこのコースも十分楽しめるコースとなるでしょう・・・・途中狭い道もありますが全線舗装ですから、往時の面影を見ながら探索してゆったりと旅をするといった方々には、垂涎のコースとなることでしょう。

その他:那須チーズ紹介
栃木県も牛乳の生産量がいつの間にか全国第2位になっている。あまたにチーズ工房という場所がある。ここは家内工業でチーズを作っている店である。 こうした場所はかなりこのナスには多いのであり、山羊のチーズなどというものもあるので楽しんでみてはいかがだろうか・・・別荘地のようなところを入ってゆくと石で作られた階段がある。その道を少し登ってゆくとこのチーズ工房がある。契約農家からの乳牛を利用してチーズを作っているのです。販売も小さな陳列台一つといった家内工業の感じが出ている。こうした場所でできるチーズはやはり特徴があるのである。一般家庭の感じの玄関で販売が行われており、6種類程度のチーズが毎日作られているのです。フレッシュモッツレラー660-、フロマージュフレ、540-など、興味深い。コレッらは皆手作りなので美味しいのです。一番人気商品は、もゼラーチーズのさけるチーズのたまり漬け、が特によく売れるそうです。570-、たまりづけというのは、たまり、醤油などにつけて一晩おいて漬け込み、なにかきゅうりのtsすけこみみたいな感じの作り方なのです。其の他,澄城、フレッシュモツレラ、660-、ところで、モッツレラという言葉の意味はイタリヤ語で引きちぎるという意味だということです! 製造工程で大きな塊から引きちぎって小さくして作ることから由来していれうということです。
作る工程を見ると何か白い粘土を桶の中から持ち上げて引きちぎってゆくという動作を続けているので面白いです!
間t,国内で優秀賞をとったというリコッタ860-もお得です。 もつれらチーズを作っている時に乳清(ホエー)というのが出るのだそうですが、(いわゆるヨーグルトの上澄みの黄色い液体のことです)、これに牛乳を入れてもう一度煮詰めて作るとこうしたものができるのだそうです。 いわゆる熱で凝固するスタイルのチーズなのだそうです。 こうすることで牛乳のオシ引いところが固まったチーズができるということです。感じとしては、牛乳を食べるというい事です。、このリコットはラーメンなどにかけて食べるのも良いそうです。其の他ミルクソースなどというものもあるので良かったら食べてみてください。
TEL0287-76-2723 那須町湯本206-530,
其の他、自社牧場のしぼりたてミルクチーズを作る、ハーレー牧場、ブラウンスイス牛のの横行なみるく100%のチーズが自慢のチーズ工房ナスの森、(大谷石の建物で荘厳な感じの工房)、又、山羊のチーズで有名な今牧場チーズ工房等があるのです。

那須りんどう湖LAKE VIEWという名称になってりのでご注意を、大人1600-、子供3歳から小学生が800-3歳未満は、無料ということです。どうぶつとのたいけんができ、牛乳を飲ませたり、乳搾りをしたり、ミルクあげ体験いっかい300-、乳搾り体験が一人200-、何か茶色の色をして子供っぽいかをの乳牛、これはジャージーー牛と呼ばれており志望度の高い濃厚なミルクが取れる牛なのです。子どもたちもこの傍を通るのですがやはり小さな子はこのやさしいうしでもそばにくるとなきそうになるのです・・・ここでは、その濃厚な牛乳を利用いしてゴーダチーズを作っているのです。1337-、この名称は変わっていますがオランダのゴーダーという地域で作られているチーズなのでゴーダチーズと読んでいるのだそうです。やや固めのチーズで美味しくいただけます。又ワクワク体験館もあっていろいろな体験ができるのです。ここでhあカッテージチーズを作る体験もできるのです。この作り方はジャージ牛乳ー0、レモン汁、バター塩少将を利用して作り3名一組で一セットで1200-ということなのでたいけんしてみてはいかがでs放火・・・
又、ホテルエピナール那須でもチーズを楽しめます。この屋上のラ・ヴェルヂュールのレストランでも、ディーナーコースでル・ボワ・ル・ヴァン7560-、ということです。TEL0287-78-6000

参考情報: 昼食を凝ってみたい方・・・リストランテ ラ・ヴィータ・エ・ベッラ、その他お楽しみ情報:チーズケーキ工房MANIWAFARM 、パン工房ドリーム 、馬に乗って楽しむ・・千本松牧場、 その他専門的には、アドバンス・ホース・パーティー 、そして、ハーブを楽しむには、那須高原HERB'S  等々

那須は、人口は26628,年間観光客数は、480万人と言われる。 牧場はもちろん色々なテーマパークもできているが、その中の那須フラワーワールドは比較的新しいパークで春に咲き出すチューリップの豪華な岡、その姿は既に紹介してあるが、一見の価値がある。入園料は700-で開演期間は、季節の良い時期限定で5月から10月まで。岡一面のチューリップが楽しめる。 そしてなんといってもその背後に那須連山の茶臼岳が残雪を残してみることができるので素晴らしい景色の場所といえる。 勿論冬以外は営業をしているので見逃せない。秋にはケイトウの花が、辺り一面を真っ赤に染める光景は圧巻である・・・夏はヘロもカリスヶ丘をうめている・・・

春は、特に、25万株のチューリップが植えられておりその他リビングストーンデージーなどの花もある。

★ ここから比較的近い場所になす動物公園がある。 ほとんど那須連山の麓であり、ここまで行くと那須連山を見るというより本当に山の裾野と言って良い。そしてここにはマウントジーンズのスキー場が眼前に見えてくる。その右側にこの動物公園はあるのだ。 先ほどの那須フラワーワールドから来るまでおよそ10分程度の旅となる。
ここは、道際から見ることのできる報告であり動物王国と大きな馬のイラストとともに名称が大きく書いてあるので見逃すことはないだろう・・・NASU ANIMAL KINGDOMと紹介されている。 ここは、東京ドーム10個分というほどの広さの中に、600位上の動物が暮らしているという生き物パラダイスと紹介されています。 レッサーパンダなどとのふれあいができるのが特徴。アルパカも各種・・・アルパカに餌やりもできる。 又、そばのレストランではアルパカの形をしたご飯でカレーがかけられているアルパカレー880-というようにリーズナバウルな価格で楽しめるのです。 耳と鼻はらっきょう、眼や口はノリで作られている。ここでは人気の動物が今ひとつ・・・カピパラの森に住むカピパラが有名。

以上色々紹介しましたが、かなりたくさんの場所が有名なので選ぶのに苦労します・・・・

★20160520:「那須八幡のつつじが、ついに見ごろを迎える!」

 ★20160422: 4月17日いよいよ白河フラワーワールドのチューリップが見頃を迎えました。  豊富な品揃え、新鮮なチューリップのポット(3~5株植え)格安で販売中!   4/10(日)~先着3000名様にもれなくチューリップのポット株が1鉢
プレゼントされます。

 

▲ページの先頭へ